AirPods Pro vs WH-100XM4比較②外出時はAirPods Pro、家での作業はWH-100XM4だけど甲乙つけるならWH-100XM4

AirPods Pro

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『WH-100XM4とAirPods Pro』について書いていきます。

昨日の続きはこちら。

AirPods Pro vs WH-100XM4比較① パソコンにのめり込むような集中力を発揮するのはどっち?
AirPods ProとWH-100XM4を比較したレビュー記事を書いていきます。思いもかけず文章が長くなってしまったので、今日のところは第一回目となってしまいましたがノイズキャンセリング機能の比較をしています。結論から言うと、WH-100XM4はパソコンにのめり込むような集中力を発揮することができます。

 

紹介しているガジェットはこちらです。

 

こうしてみると、だいぶ値段が変わってしまいましたね。

僕が、WH-100XM4を買ったときは(といっても3日前の話ですが)32,000円だったので、AirPods Proとの価格の差はかなり少なかったんですけど、今はWH-100XM4が値上がりして6,000円差。

 

結構違いますね。

さらにWH-100XM4、値上がりする可能性もあるので、買おうかと悩んでいる方はぜひ今のうちに手に入れたほうがいいかもしれません。

 

ということで、昨日の続き。

WH-100XM4とAirPods Proを比較した内容を書いていきます。

昨日は、WH-100XM4とAirPods Proのノイズキャンセリングの比較をしました。

単なる「ノイズキャンセリング」の機能だけで考えたら大差はないものの、音楽をかけたときは、WH-100XM4の圧勝。

圧倒的に周りの音が聞こえなくなりました。

タイピング音すら聞こえなくなってパソコンに飲めるこむことができるようになりました。

 

ちなみに、今はこの文章を耳栓しながら書いているのですが、やはりタイピングの音が聞こえます。

WH-100XM4、耳栓よりもノイズキャンセリング率が高い。

すごいですね。

 

ちなみにこれまた余談ですが、昨日、久しぶりにあった大学時代の友人がこんなイヤホンを使っていました。

 

で、お互いにイヤホンを交換して聴き比べたりしたんですけど、正直ノイズキャンセリング能力、そんなに変わらないな、という印象でした。お互いにそう思っていました。

 

やはり、オーバーイヤーのノイズキャンセリングが圧倒的にすごいんだなと改めて実感しました。

 

通話品質

で、続いての比較は通話品質。

WH-100XM4とAirPods Pro。

 

WH-100XM4はまだそんなに使って期間が経っていないので、正確な比較とは言えないのかもしれませんが、通話品質としてはAirPods Proの方が良さそうです。

 

というのも、1週間くらい前にアップルウォッチの問い合わせでAppleに問い合わせました。

その時使っていたのはAirPods Proだったんですけど、通話は全く問題ありませんでした。

 

ですが、数日前、全く同じアップルウォッチの件でAppleに問い合わせました。

そのときに使ったのがWH-100XM4。

 

すると、担当者の方から、

「音が割れて聞こえます。」

と言われて、少し大きめの声で喋る必要が出てきました。

 

まぁ、たまたまの可能性も考えられますが・・・

ちなみに場所は全く同じ場所、自宅の作業場所から電話をかけました。

 

基本的には、通話品質はAirPods Proの方が上みたいですね。

 

バッテリー持ちは圧倒的にWH-100XM4

まぁ、比べるまでもないんですけど・・・

バッテリー持ちはWH-100XM4の圧勝です。

 

AirPods Proは4.5時間。

WH-100XM4は30時間。

 

全然違いますね。

ちなみに、実は仕事上、どうしても必要なので、AirPods Proを2つ使っていました。

というのも、1つだと4.5時間しか持たないので、作業している最中に途中で充電が切れてストレスを感じてしまうのがイヤなので、2つのAirPods Proを使い分けて作業に取り組んでいました。

 

そもそも、AirPods Proを使っていた理由は

Endel VS 耳で飲むお薬徹底比較!ジャーヴィスになりうるのはどっち?
この記事では作業用BGMの決定版。Endelと耳で飲むお薬の比較をしていきます。どちらもいいところがたくさんありますが、今回一番のポイントになるのはアベンジャーズシリーズのジャーヴィスになりうるのはどっちか?というところでした。

 

こちらの記事で書いたように、Endelをジャーヴィスのように声でモードチェンジさせたかったから。

 

別に格好つけているわけではなくて。

作業中は集中モード。

休憩中はリラックスモード。

大休憩中は睡眠モード。

 

で、音楽を使い分けたかったからです。

 

それが、つまり、

「声でEndelのモードチェンジ」

ができたのがAirPods Proだったから、最初はAirPods Proしか選択肢がありませんでした。

 

だけど、昨日の投稿でも書いたように、

 

 

あ、と思ったけど書いてなかったかも(笑)

とにかくこの動画。

 

この中で音楽そのものは集中力が下がる。

人間はなんの音だろうと雑音として捉えてしまうという話をしていました。

 

 

こちらの動画でも語られていましたね。

というか、こちらの動画の方が的確に表しているかも。

 

記事でいうとこちら。

 

効果のある「ながら勉強」
勉強は集中してするべきもので他の何かをしながらするべきではないとよく言いますが、科学的には完全に正解とはいえません。 全 ...

 

で、とにかく。

僕は結構影響を受けやすいタイプの人間なので(笑)

 

こうやって、実は音楽はなんであっても人間の脳は雑音として捉えてしまう。

という話を聞いて、最近Endelも耳で飲むお薬もやめて別のアプリを使うようになったんです。

 

そうすると、ふとしばらく経って気づきました。

「あれ?AirPods Pro、いらなくね?」

と。

 

で、そこでWH-100XM4を候補に入れるようになったんです。

 

というわけで、WH-100XM4を買ったんですけど、やっぱりいいですね。

バッテリー持ちが圧倒的です。

 

接続の利便性はAirPods Pro

まぁ、これは当然といえば当然かもしれませんけど。

iPhoneを持っている僕としては接続の利便性はAirPods Proが圧倒的です。

 

iPhoneとAirPodsの接続の利便性は最強ですね。

 

AirPodsを耳に付けるだけど自動的にすぐにiPhoneともアップルウォッチとも接続されます。

 

それに対して、WH-100XM4は最初に「電源」ボタンを押して電源をつけないとなりません。

意外と、AirPods Proの「耳につけるだけで電源オン」に慣れると、電源ボタンを押すのが億劫になります。

そして、iPhoneとアップルウォッチに接続されるまで時間がかかります。

正確には2台に別々で接続することになるので、2台分の接続に時間家が借ります。

 

AirPods Proは、繰り返しになりますが、iPhoneとアップルウォッチに同時に接続されるので、すぐに使うことができます。

 

当たり前かもしれませんが、接続性において言えばAirPods Proの圧勝です。

 

装着感はAirPods Pro。だけどWH-100XM4も慣れる

当然のことですが、AirPods Proはイヤホン。

WH-100XM4はヘッドフォン。

装着感で言うと、WH-100XM4の方が圧倒的にいいです。

 

正直。

WH-100XM4を買って使って、一番最初に感じたことは、

「オモッ!」

というものでした。

というか、生涯の中で、ヘッドフォンを使った経験がほとんどないからかもしれませんが・・・

 

「おいおい、こんな重さでずっと作業し続けるのか?首、痛いわ・・・」

 

と思いました。

でも、それも当然ですよね。

 

WH-100XM4は254gに対して、AirPods Proは5.4g。

圧倒的な差ですね。

 

なので、単純な「付け心地」と言う観点で考えると、AirPods Proの圧勝ですが、WH-100XM4をつけるようになって3日目の現在。

慣れました(笑)

別に対して「重い」と感じることはないですね。

少なくとも、1日WH-100XM4をつけて作業していても首が疲れる。

というほどのことはなさそうです。

適度に休憩しているからかもしれませんが。

 

結論

で、長々と書いてきましたが結論としては、

外出時はAirPods Pro、家での作業はWH-100XM4

という使い分けが一番なんじゃないかと思います。

っていうのも、ちょっとした外出のときにWH-100XM4を使いのはさすがに重い。

ふらっと出かける時、例えば買い物のときなんかはAirPods Proで十分。

それに対して集中して家で作業したいとか、あるいはカフェで作業したいとか。

あるいは長旅のお供に、と考えるのであればWH-100XM4がいいのかもしれません。

 

まぁ、要するに、どっちもどっちでいいところもあれば、イマイチな面もあるということなんですが。

 

でもあえて、白黒はっきりさせるのであれば、WH-100XM4の方がいいです。

 

やはり、僕として一番重要視するのは作業の没入感。

集中力向上。

ということが最大重要要素なので、その面では圧倒的にWH-100XM4が勝ちます。

 

今も、耳栓からWH-100XM4に付け替えて作業しているのですが、やはり、作業への集中力はかなり高まります。

 

あと、音量を指で簡単に下げられるのもいいですね。

AirPods Proの音量調整は、Siriか、iPhone、アップルウォッチで調整する必要があります。

つまり、AirPods単体では音量調整ができません。

 

それって意外と、かなり大きなポイントなのかな?

と思います。

 

WH-100XM4は、タッチパッドの部分を指で下になぞれば音量ダウン。

上に上げれば音量アップと、音量調節が可能です。

 

総合的にはWH-100XM4が上だと思います。

 

Sony WH-1000XM4を購入したのでAirPods Proとの比較をレビュー
お疲れ様です。satimoです 9月4日に発売されたWH-1000XM4を購入したのでレビューしていきます。 価格が4万円とお高めですが、満足度は◎です! まず、伝えたいことはノイズキャンセラーが最高

 

こちらの記事でも書かれているように、利用配分は大きく、変わっていきそうです。

 

まとめ

モン吉

そういうことか・・・

 

  • 作業に集中したいのであればノイズキャンセリング機能付きのイヤホンやヘッドフォンがおすすめ
  • ノイズキャンセリング機能だけで見ると、AirPods ProもWH-100XM4も大差はない
  • WH-100XM4で音楽をかけたときの没入感は圧倒的(無音感に感動)
  • 通話品質はAirPods Proに軍配
  • バッテリー持ちは圧倒的にWH-100XM4
  • 接続の利便性はAirPods Pro
  • 装着感はAirPods ProだけどWH-100XM4でも慣れる
  • 外出時はAirPods Pro、家での作業はWH-100XM4という使い分けがベスト
  • 甲乙つけるならWH-100XM4

 

ということだね。

 

apa

そうだね・・・

とにかく集中して作業に臨みたいなら、WH-100XM4の方がいいと思うよ。

 

モン吉

わかたよ。

ぼくも、WH-100XM4、つかってみることにするよ。

ありがとうね。

 

apa

考えてみたら、ヘッドホンを付けてアフィリエイト作業するサルって相当珍しいよね・・・

 

繰り返しになりますが、WH-100XM4。

 

今、Amazonで値上がり傾向にあるようです。

 

 

WH-100XM4を買うなら今のうちのほうがいいかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

タイトルとURLをコピーしました