M75q-2 Tiny Gen2メモリ・ストレージ換装&増設の注意点!挿し込みが甘いとBIOSエラーになる

パソコン

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2のパーツ換装』について書いていきます。

さて、長いシリーズとなってしまったのですが、今日はその続きです。

最強のデスクトップパソコンThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2について(注文前編)
今、デスクトップパソコンを購入するのであれば、ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2が一番おすすめです。最強のスペックのパソコンが、超安値で購入することができます。そのことを考えたら、今までの高値で、重い、大きいデスクトップパソコンを買っていたのがなんだか馬鹿らしく思えてくるくらいだと思います(笑)
ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2おすすめカスタマイズとメモリとストレージはこれ!
ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2のおすすめカスタマイズとメモリとストレージについて書いています。これから、ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2を購入する方、カスタマイズに悩んでいる方、どのメモリやストレージを購入すればいいか悩んでいる方は参考にしてください
M75q-2 Tiny Gen2納期と注意点!楽天リーベイツが優先されるって本当?lenovoに訊いてみた
ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2を実際に購入した僕の納期の流れと注意点を書いていきます。これからThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2を購入される方は必ずチェックされることをおすすめします。

ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2パーツ換装

基本的に、ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2の一番賢い買い方は、

 

価格ドットコム経由で購入する

Ryzen7を選択する

こちらの記事などを参考に最小構成で購入する

 

このような購入方法がベストです。

 

で、ストレージやメモリは、Amazonなどで安く購入するようにすれば、最高級と言っても過言ではないスペックのパソコンが10万円以内で手に入れられるようになります。

 

・・・と。

 

思ったのですが、この記事を書いている時点では、なぜかThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2が購入できなくなっています。

 

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 5 Pro・8GBメモリー・256GB SSD搭載 パフォーマンス 11JJCTO1WW 価格比較 - 価格.com
Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2 価格.com限定 AMD Ryzen 5 Pro・8GBメモリー・256GB SSD搭載 パフォーマンス 11JJCTO1WWの最安値を見つけよう!全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります...

 

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 | 小さなボディでパワフルなパフォーマンス | レノボジャパン
ThinkCentre M75q Tiny Gen2 は、最大AMD Ryzen™ PRO プロセッサー搭載可能な、ビジネス向けの小型1LデスクトップPCです。

 

今、こちらの記事を書きながらチャットでlenovoに問い合わせているのですが、人気ゆえ、終売してしまったんですかね?

 

判明次第追記します。

 

で、そんな構成でこのThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2を購入することになるんですけど、一つ心配になることがあると思います。

 

「メモリやストレージの換装なんてできないよ!」

 

と。

 

あ、ちなみに順番前後してすみません。

今、lenovoからの回答が来たので内容をそのまま転載すると、

 

大変恐縮でございますが、現在世界的に部材供給不足発生しており、
ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2の生産目途が現在立っておりませんので、
現状ではしばらくご注文いただけない状況でございます。

1月22日 lenovoチャットでの返答

 

とのことです。

 

まぁ、もともと2ヶ月以上の納期で示されているくらいだから、かなりギリギリだったんでしょうね。

 

昨日までは通常通り注文ができる状態だったんですけどね。

 

話を戻します。

 

基本、いろいろなサイトで書かれていますが、

 

ThinkCentre M75q Tiny Gen2レビュー:5万円台でRyzen 7 4750GE搭載
以前レビューした「M75q-1 Tiny」の上位モデルとして「ThinkCentre M75 Tiny Gen2」が登場。8コア16スレッド「Ryzen 7 Pro 4750GE」搭載で5万円台です。注文して1ヶ月、ようやく届いたので詳しくレビューします。

 

ThinkCentre M75q-2 Tinyに2.5インチSSD/HDDを増設する
レノボの小型デスクトップPC「ThinkCentre M75q-2 Tiny(M75q Gen2 Tiny)」には、2.5インチのSSDやHDDを増設可能です。購入時のカスタマイズオプションでも追加できますが、自分で取り

 

※3/31販売再開!【M75q-2 Tiny】ThinkCentre M75q Tiny Gen 2を安く買う方法を解説【Ryzen 7 PRO 4750GE搭載で59,290円】
ThinkCentre M75q Tiny Gen2を安く買う方法を解説。スペックに対して価格が安すぎ。

 

こういうサイトを参考にして、あるいは

 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

こういう動画を参考にすれば、基本メモリやストレージの増設や換装は簡単にできます。

 

もちろん、僕も今までメモリやストレージの増設、交換なんてやったことはありませんでした。

 

でも、ここまでいろいろなサイトや、2chなどで、

「簡単にパーツの増設や換装ができる。」

と書かれていたので、しかも、そうしたサイトの画像を見てみたところ、

 

「これなら、俺にもできそうだから、やってみようかな?」

 

と思って買ってみたんです。

 

では、本当に、ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2のパーツの換装や増設は初心者にも簡単にできるのでしょうか?

 

結論:簡単だけど注意が必要

結論から言うと、換装、増設は簡単だけど注意が必要です。

この注意点は、どのサイトも書いていませんでした。

 

メモリとストレージの増設・換装方法

正直、いまさら自分のThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2を解体して画像をアップするのは面倒なので、

 

あ、いや、当初画像を撮ったの忘れていましたw

1↓

2↓

解体するとこんな感じになっています。

 

基本的に、僕みたいに

 

メモリの増設or換装

M.2ストレージを換装

 

するだけなら、「1」の面をいじることになります。

2.5インチストレージを増設するのであれば、「2」の面をいじることになります。

 

開け方は簡単で、ドライバーでネジを回して、グッと力を入れて蓋を外すだけ。

 

で、この状態になります。

 

2.5インチストレージの増設だったら、

この矢印の部分に、2.5インチストレージを差し込むだけでOK。

シンプルですね。

ちなみに、2.5インチストレージはこんな感じ。

で、何回も書いてきたように、僕は2.5インチストレージは増設しなかったので今回は対象外。

 

で、メモリとM.2を増設、換装することにしました。

こんな感じで、メモリとストレージを増設、換装していくことになります。

 

ええ。

 

簡単でしたよ。

 

基本的に、メモリ増設は、開いているスロットに購入したメモリ

をぶっ刺すだけ。

 

初めてやるので、ちょっと心配でしたけど、ちゃんとハマれば、「カチ」って音がなるのでOK。

 

続いてストレージ。

 

こちらも簡単でした。

 

もともとついていたストレージを取り外して、

 

 

この購入したSSDを挿すだけ。

 

先程のこの画像

はすでに、ストレージの換装が終わった状態の画像です。

 

ググッと押し込んで、M.2SSDの上の方にある青いフタを閉じればOK。

換装、増設、ともに簡単に完了しました。

 

換装・増設完了!いざ再起動!・・・あれ?

「なーんだ。やっぱり簡単じゃん。」

 

と、思って起動したら。

 

こんな感じの画面になってしまいました・・・

 

順番前後してしまって恐縮なんですけど、僕がパーツの換装を行ったのは、まずは通常起動したあと。

 

購入したままの状態で起動して、念の為、リカバリーディスクを作成したあとでした。

 

リカバリーディスクの作り方、Windows 10でのリカバリーディスクの作成方法をご紹介|ドスパラ通販【公式】
リカバリーディスクを作成しておくと、Windowsが起動しない場合やHDDドライブそのものに問題が発生した場合などに対応が可能となります。この記事では、Windows 10でのリカバリーディスクの作成準備や作成方法、他のバックアップとして回復ドライブの作成方法などもご紹介します。

 

で、最低限、通常通り起動することを確認したあとに、上記前述のメモリ増設、ストレージ換装をしたわけです。

 

ワクワクした気持ちで起動したら

 

 

これですよ(笑)

 

かなり焦っていたようで、その当時の画像を撮影し忘れました。

 

厳密にはもう少し違う画面でした。

 

全く操作できない。

 

「え?・・・?」

 

しばらくフリーズしました。

 

ネットで解決策を求めても全然わからない。

 

まさか、メモリ増設、ストレージ換装でやっちまったか?

 

と、思いました。

 

念の為、元の構成に戻してみても全く同じ。

 

サポートに問い合わせて修理依頼するも早くて12月29日

11月26日(土)17時45分くらいの話。

 

ギリで、サポートセンターがやっていたので問い合わせてみる。

 

しかし、色々教えてもらったけど、全く解決できない。

 

リカバリーディスクをとっていたので、それで復旧を試みようとしてみたものの、リカバリーの途中でエラーが起こってしまって進まない。

 

やばい・・・!

 

で、結局、修理してもらうことになって、電話したのが土曜日だったので、早くても来れるのは12月29日とのこと。

 

まぁ、仕方ないので修理に来てもらうことにしました。

 

原因はSSDの差し込み不足

12月29日、修理の業者の方に来てもらいました。

基本的にlenovoの修理って家に来てもらう感じみたいですね。

 

まぁ、送って送り返されてっていう余計な工程がないので楽でいいんですけど、ちょっとこのご時世、不安ではありますね。

 

結論から言うと、今回の僕の症状。

SSDの挿し込み不足が原因でした。

 

SSDを換装したときに、差し込みが甘い状態で起動してしまったから、正常に起動することができなくて、BIOSにエラーが起こってしまったみたいです。

 

たぶん、よくわかりませんけど、こんな感じの状態になってしまったんじゃないかと思います。

 

Windows 10のパソコンが起動できない!「Operating System Not Found」の文字が出ている時の原因と対処法は?
パソコンが起動できず、黒い画面に「Operating System Not Found」の文字が。仕事ができない、書類も取り出せないなど、困った時の対処法を紹介。エラーコードの意味、BIOSの設定変更/初期化、MBRの修復、システムファイルの修復、HDD/SSDの交換など。解決できずデータ復旧が必要な場合の注意点も紹介...

 

「原因はSSDの差し込みが浅かったことですね。」

 

と、修理の業者の方にも言われました。

 

本来であれば、リカバリディスクがあればそれで復元できるんですけど、そのリカバリディスクの復元も、SSDの接続が甘い状態でやっていたので、リカバリディスクそのものが破損してしまいました。

 

つまり、990円くらいで購入したUSBを一個破損させてしまったことになります。

 

まぁ、990円くらいいいんですけど・・・

 

で、結局、修理業者の方に再度SSDを接続し直してもらって、業者さんが持参したリカバリディスクでBIOS復元。

 

問題なく使えるようになりました。

 

不幸中の幸い

まぁ、こう言っちゃなんですけど、不幸中の幸いだったのは、

 

まだ、ギリlenovoが営業していた(年末休業前)

まだ何も操作をしていない状態だった

 

ということです。

 

なにかしら操作をして、データを入れている状態だとちょっと面倒だったなと思います。

 

まぁ、大体の必要なデータはDropboxに入っているので問題はないんですけどね(笑)

 

まとめ

長くなってしまったんですけど。

 

基本的にThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2のメモリやストレージの換装・増設はとても簡単です。

 

でも、簡単だからといって、油断しているといけません。

 

っていうか、油断しているわけではなかったんですけどね・・・

 

とにかく、今回の失敗から学んだ教訓は、

 

ストレージを換装する時はきちんと差し込むこと。

 

差し込みが甘いと、今回みたいなエラーになってしまうみたいです。

 

僕で言えば今回、

 

 

ストレージのこの矢印の部分に、ちょっとだけ、金属が見えていると思うんですけど、これが行けなかったみたいです。

 

「差込口の部分にちょっと金属が見えている状態でしたからね。差し込みが甘い証拠です。」

 

と、修理業者の方に言われました。

(厳密にはもっと穏やかな口調。すみません、厳密になんて言ったか忘れました。)

 

繰り返しますが、ThinkCentre M75q-2 Tiny Gen2のパーツの増設や換装はとても簡単です。

 

でも、どのサイトでも載っていなかったことなんですけど、(少なくとも僕が調べた限りでは)

 

メモリやストレージの差し込みが甘い状態で起動するとBIOSエラーを起こす可能性があります。

きちんと差し込みをしてから起動するようにしましょう。

 

と言っても、僕みたいな素人だと、これだと差し込みが甘いのか十分なのかわからないんですよね・・・

 

ただ、今回のケースで言うと、思い返すと、

 

 

この矢印の青いキャップの部分が、

「ちょっとズレて」

いました。

 

それを無理やり押し込んだ形だったんですけど、本来は穴にピッタリ当てはまっている状態になっているはずです。

 

言葉で表現するのは限界があるのですが・・・

 

とにかく、ストレージはきちんと押し込んでから、起動するようにしましょう。

 

僕みたいな大変な目に遭います。

 

ちなみに、今回は保証の対象内なので無料の修理でした。

 

ただ、保証期間が1年で、それを過ぎたら有償での修理になってしまいます。

 

僕みたいな素人でないと起きないミスだとは思いますけど、これから僕みたいに初めて増設や換装をする方はご注意ください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

  1. 若ちゃん より:

    自分でできることがすごいですね。
    やり方も失敗談も出していただいているのでありがたいです。

    また寄らせていただきますね。

    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました