理想のタイピングを見て、指でREALFORCEでタイピング

パソコン

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『またタイピング』について書いていきます。

ウマイ入力方法

超初心者p子

差別だと思うんだよ・・・

 

apa

??

どうしたんですか?

 

超初心者p子

しらばっくれるない!

a男とa子には、タイピングのコツを教えているんだろう?

どうしてわたしにだけそのタイピングのコツとやらを教えてくれないんだよ?!

 

apa

ああ・・・

別にタイピングがなかっただけですよ。

他意はないです。

 

超初心者p子

タイって・・・

今、魚の話しなんかしてないだろう?

急にお腹が減ってきたんですか?

 

apa

あ、いえ・・・

その・・・

なんかすみません。

 

で、タイピングの話しでしたよね。

 

初心者a子

はい、そうです。

どうしてわたしにだけタイピングのコツを教えてくれないんですか?

 

apa

別にコツというほどのものでもないですよ・・・

ただ、気をつけた方が良い点みたいのはあるかもしれませんね。

 

超初心者p子

だから、それを教えてもらいたいんですよ!

 

ここ最近、またタイピングのことについて書いています。

 

すみません。

 

でも、タイピングってとても大事だと思うんです。

 

アフィリエイトもそうだし。

 

アフィリエイトをやっていなくても、なんの仕事であっても関係のある技術。

 

やっぱり僕は、なんであれ、タイピングの技術向上は常に考えておかないとならないな、と思っています。

 

そんなこんなで、最近は以前にも増して、タイピングの練習や工夫に思考を使っています。

 

あなたはどうですか?

 

タイピング、速いほうですか?

 

僕はここ最近のブログでも書いているように。

 

以前まではそれなりに自信がある方だったんですけど・・・

 

テレビで日本一タイピングが速い小学生の動画を見て、絶句。

 

正直、ヤキモチを焼きました(笑)

 

自分なんて、井の中の蛙だったんだなというのを改めて思い知らされました。

 

少し話しが変りますけど、やっぱりそういうのって大事だと思うんです。

 

もちろん、以前から自分のタイピングにそんなに自信があったわけではないんです。

 

というか不満だらけでした。

 

タイピングはやっぱり遅いと思うし、何よりミスタイピングだらけ。

 

どうしたらもっとタイピングが速くなれるんだろう、と考えていました。

 

同時に、自分なんてまだまだだ。

 

というのは頭の中ではわかっていたものの。

 

実際に、想定できるものではありませんでした。

 

自分よりタイピングが速い人の姿を実際に目で見たわけではなかったので。

 

「たぶん、きっと。当たり前だろうけど、自分よりもタイピングが速い人っているんだろうな。」

 

くらいにしか思っていませんでした。

 

見たことがないから想像しかできなかったんです。

 

でも、この前。

 

本当に偶然、テレビで見てガックリきました。

 

こんなにも違うものなのか、と。

 

で、やっぱりそういうの。

 

頭の中で考えているだけじゃなくて。

 

実際に自分よりもレベルの高い人に会うこと。

 

その姿を目にすることって大事だなと思いました。

 

アフィリエイトも普通のビジネスも同じ。

 

自分よりもスゴイ人と会うことで、自分のレベルを再確認できて。

その、自分よりもレベルの高い人の背中に少しでも追いつこうと努力することができる。

 

エフィカシーを高める。

っていったら、少しそういう表現がキライな人には合わないかもしれないんですけど・・・

 

でも、とにかく。

 

そうして、自分よりも本当に実力が上の人の姿を。

 

たまたまとはいえ、テレビで拝見することができたのはラッキーでした。

ゴールの先にいる人と姿勢とキーボードと指と力と

apa

気持ちはわかりますけど、タイピングもアフィリエイトもやっぱり技術みたいな面はあって。

 

練習して積み重ねていくことでしか身につかない部分は多いですよ。

 

超初心者p子

あん!

もうわかってるってばさ!

 

それでも、なんとかわたしにも言えることあるでしょうに!

 

a子やa男に教えていたことをわたしにも教えてくださいよ!

 

ゴールの先にいる人

大前提として。

 

さっきも書いたことなんですけど、やっぱりアフィリエイトもタイピングも人生全般も同じで。

 

自分が目指すゴールの先の姿を知る事ってとっても大事なことであるように思えます。

 

アフィリエイトで言えば。

すでに、アフィリエイト報酬で月収1,000万円以上いっている人。

 

タイピングで言えば、そういうテレビで取り上げられるくらい有名な人。

以前ブログで紹介したこの方々あたりですよね。

 

 

って、この隅野さんの動画は見たことなかったな。

今度見てみよう・・・

 

なんか最近、この動画をブログでアップしまくっているので、フリークみたいになっていますけど、別にそういうワケではないです(笑)

 

そうやって、自分が目指すゴールの先の姿を見ると、改めて自分のレベルというのを再確認できます。

 

自分が目指すべき先にいる人と、自分の差というのを知ることができます。

 

アフィリエイトにしても。

 

すごい稼いでいるという人がセミナーをやるようだったら、多少スケジュールを縫ってでもそれに参加する。

もちろん、現状で言えば、ウェブセミナーという形になるのでしょうけど。

 

タイピングにしたってアフィリエイトにしたって。

ただガムシャラにがんばるだけじゃなくて、自分が目指すゴールの先にいる人たちの姿を実際に目の当たりにすることはとても大切です。

 

その大前提で、また今日もタイピングの話し。

 

キーボードと指

あくまで、ここ最近。

 

僕がタイピングについて思うことなんですけど・・・

 

やっぱりキーボードと指の動きというのが大きいのかなと思うようになりました。

 

キーボード

キーボードについては、まぁ、この記事で紹介した内容。

 

【大正解】キーボードはR2TLA-JPV-IVが一番おすすめ!
いろんなキーボードでかなり四苦八苦しましたけど、最終的にREALFORCEのR2TLA-JPV-IVに落ち着きました。使い始めてまだ間もないんですけど、これ。かなりおすすめです。おすすめポイントが多いのでまとめるのも大変なんですけど。キーボードで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

このキーボードを買って、かれこれもうすぐ2週間?

くらい経とうとしているんじゃないかと思います。

 

あ、別にこのキーボードをアフィリエイトしたくて記事書いたわけではないですからね。

 

ああいうサイトタイトルにすると、まぁそうとられても仕方ないかもしれないですけど、他意はありません(笑)

 

でも、本当にこのキーボードにしてよかったなと思っています。

 

不満がないわけではありません。

 

特に顕著なのが、「スペースキー」が大きくなっていること。

 

このREALFORCE、第2世代になってスペースキーを大きくしたんですよね。

 

 

こちらの記事でも書かれているように、まぁその背景にはいろんな事情があるようなんですけど。

 

そのおかげで、ちょっと変換キーの位置に慣れるのに苦労しました。

 

無変換キーはそんなに押す機会がないからいいんですけど。

 

変換キー。

 

普通のキーボードだったら「M」キーの真下にあるはずなんです。

 

指もその感覚で覚えています。

そういう人がほとんどだと思います。

 

だけど、このREALFORCE第二世代のキーボードは、「、」キーの真下に変換キーがあります。

 

なので、変換キーを押すときにいままでのキーボードの感覚よりも少し右側に親指を動かして打たないとなりません。

 

ちょっとその感覚に慣れるまでが大変かもしれません。

 

一瞬、

 

「ダメだな・・・やっぱりまた買い換えようかな?」

 

と思いましたが・・・

 

動画を調べて、隅野貴裕さんもこの「スペースキーが長いREALFORCE第二世代のキーボード」を使用していたので、まぁいいか。

 

ということでそのまま使い続けることにしました。

 

今では、まぁある程度慣れてきたんですけど、また別のキーボード。

変換キーが「M」キーの真下にあるキーボードに変ったときが大変だなと思います。

 

でも、そんな欠点もあるものの。

 

基本的には打ちやすいキーボードです。

 

 

こちらの記事でも書かれているように、セブンイレブンの銀行ATMのボタンと同じ静電容量無接点方式を採用しているかららしいですね。

 

まぁ、打鍵感はすばらしいキーボードだと思います。

 

 

あ、ちなみに、僕が買ったキーボードは厳密には少し型番が違って、打鍵の高さを調整できるタイプなんですけど・・・

別に必要ないと思います(笑)

念のため、それで購入しただけであって、上記のamazonリンクの機種で十分。

 

っていうか、これ。

 

1週間前と比べて1万円くらい値下げしてる・・・(笑)

 

買うタイミング間違えたかな・・・

 

とにかくキーボードとしてはやっぱりこのキーボードがおすすめです。

 

 

指と力と姿勢

で、もうひとつ。

 

ここ最近、指の動きについても多く考えさせられています。

 

ぶっちゃけ、姿勢についてもここ最近書いてきたんですけど・・・

 

まぁ、大事は大事なんですけど、そこまでこだわりすぎないでいいのかな、と思います。

 

 

だいたい、

 

  • ヒジをハの字に
  • 腕を120度に

 

タイピングの基本のフォームを確認
私たちが普段、当たり前の様に行っているタイピング。このタイピング。つい疎かにしてしまいがちですけど、フォームが大切です。何事にもフォームの基準というのはありますけど、タイピングに関しても同じ。僕がここ最近学んだ、タイピングのフォームについて、少しシェアしていきたいと思います。

 

前回のこちらの記事で書いた内容をある程度守れていれば、そんなに細かく姿勢にこだわる必要はないのかなと。

 

それよりも大事なのは指の動き。

 

【カスリ撲滅】「手」じゃなくて「指」タイピングで精度向上
タイピングの問題って、パソコンを使う人であれば、多かれ少なかれあると思うんです。僕がずっと悩んできたのはカスリミスによるミスタイピング。このミスタイピング。「指」じゃなくて「手」を動かしてタイピングしていることが原因でした。カスリミスによるミスタイピングを撲滅する方法を書いていきます。

 

手の動きよりも指の動きに注目する。

逆を言えば、手を動かすんじゃなくて、指を動かすことに従事する。

 

って言うことを自分自身に言い聞かせて、指でタイピングをする意識を持つことの方がよっぽど重要です。

 

そして、できるだけ指の力を抜く。

手の力を抜く。

 

長い時間タイピングするとなると、指に力を入れていると疲れてしまいますし、その力によってタイピングの誤差が生じてしまいます。

 

姿勢よりも、指。

手を動かさないで、ホームポジションのままキープ。

 

で、指のみを動かしてタイピングするイメージを強く意識。

 

することが何より重要であるように思えます。

 

で、指の力を最小限に。

 

できるだけ力を抜いて、指だけを動かして、タイピング。

 

それが何よりも重要であるように思えます。

 

結果的に、

 

インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピング
ウェブ上で無料のタイピング練習ができます。基本からじっくり学びたい方、もう一度練習し直したい方、ぜひご利用ください。楽しくタイピング練習しませんか。

 

このe-typingでの腕試しテスト、

 

 

 

以前の記録を大幅に更新することができました。

 

まぁ、以前の記録を載せていないので、参考にならないんですけど(笑)

 

以前はもっと見る影もないくらいひどい数値と順位でした(笑)

 

確か200位以上だった気がする・・・

 

それを考えたら大躍進。

 

正直、自分の実力というよりも・・・

 

この新しいキーボードの力がかなり大きいと思います。

 

とにかく。

 

キーボードはREALFORCE。

 

タイピングは指で、力を抜いて行う。

 

ということが大事なように思えます。

 

繰り返しますけど、タイピングは、どのビジネスでも重要なスキルの一つなので、何かしら。そうして。上の人の実力を知って、自分を叱咤激励。

 

自分の実力を知って、上を目指して進化していくということは大事なことであるように思えます。

 

まとめ

超初心者p子

そういうことなんですか。

 

  • キーボードはREALFORCEがおすすめ
  • 手は動かさず、指だけ力を抜いて動かす
  • タイピングも理想の先にいる人の姿を見ることで刺激される

 

apa

ですね。

 

特に、タイピングの場合はほとんどの人が我流でやってしまっていると思うので。

 

そうして、自分よりもすごい人の動画を見るだけでも、すごく勉強になりますし、刺激にもなりますのでおすすめです。

 

超初心者p子

ふぅ・・・

先は長いですね・・・

 

わかりましたよ。

これからも地道に練習していきますよ。

 

ありがとうございます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました