タイピング

タイピング

【最新版】タイピングが上達しない3つの理由と対策

タイピングの練習をしているはずなのに、一向に成長しない。こういうもどかしさを感じる方は少なくないと思います。そしてそれらの原因は実は正しい努力をできていないから。正しい努力を出来るだけでタイピングの効率は遥かに上昇します。ここでは、正しいタイピングの努力のポイントを解説します。
セルフコントロール

イライラや、ストレスの本当の原因は想定外!

人はちょっとしたことで苛立ったりしてしまいますけど、だけど。実はそれらの原因、もとを正すと「想定外」というところにあります。人は想定外な出来事が起こったときに苛立ちを感じます。だからできるだけ、想定の幅を広げられるように、常にそういうミスの原因などを把握する努力が大切です。
タイピング

タイピングが上達しない3つの原因と対策

タイピングって毎日やっているものなのに自動的には成長していかないんですよね。その一番の原因は間違った努力をしてしまっていること。ホームポジションを守るなど、基本的なことを知っていないと成長はできません。今回の記事ではタイピングが成長できない3つの原因と対策について書いていきます。
セルフコントロール

苛立ちを感じたら6秒待つ&タイピング上達の3ステップ

こんばんは! いつも応援していただき、ありがとうございます。 apa(あぱ)です(^^) 今日は『怒りを感じたら6秒待つ。タイピングの3段階』について書いていきます。 苛立ちを感じる朝 ...
セルフコントロール

腹をくくった苦手はきちんと向き合う。感情でフタをしない

苦手なことって誰でも多かれ少なかれあると思うんです。そういう苦手なことから目を反らすのは簡単ですけど、でも、自分が腹をくくった苦手はきちんと向き合う必要があります。そうして、苦手と向き合うことで始めて、本当の意味で成長できるのかもしれません。
セルフコントロール

【上原ひろみ】焦ってもミスしない能力を選択するか?焦らない能力を選択するか?

焦りは物事のパフォーマンスを大きく低下させます。うまくいかないと思っている物事は大抵焦っていることが原因。焦らずに成功できる能力を養うか、それとも焦らないか。どちらの能力を選択するかで物事の成否は大きく変わることになります。
作業全般

【大丈夫】顕在意識に語りかけて潜在意識で現実引き寄せ?

あまり抽象的な話しはしたくないんですけど、でもそういう話しではなくて。頭の中で、潜在意識で考えていることは現実に起こると思います。だからこそ、不安や恐怖を抱えてしまってうまくいかないことが多いのであればできるだけ顕在意識に語りかけて潜在意識を塗り替えることがうまくいくための法則なのかもしれません。
タイピング

接続詞のタイミングで変換キーで、タイピング速度アップ

タイピングの速度でなかなか苦労しているのであれば、それはもしかしたら、エンターキーの押しすぎが原因なのかもしれません。そのエンターキーの入力のタイミングで「変換キー」を押すようにすれば、きっとタイピング速度は上昇するはずです。慣れるまではすごく時間が掛かりますが、ぜひそれを習慣にしてみてください。
セルフコントロール

原因をフラッシュバックして反省する重要性

うまくいかない物事があるとつい苛立ってしまいます。その気持ちはよくわかるのですが、そういうときに苛立っても問題は何も解決しません。大事なことは常に冷静になること。原因をフラッシュバックして反省すること。何が問題だったのかを見極めることだと思います。
集中力

朝の調子は徐々に上がっていくもの。プラス思考で物事を捉えて取り組む

悪い方向に物事を考えると、実際にそっちの方に進んでいってしまいます。大事なのはプラスで捉えること。朝の調子を徐々に下がっていくものと捉えるか。それとも徐々に上がっていくものと捉えるか。それによってもパフォーマンスは大きく変わってきます。まずはプラスの方向で捉えるように切り替えましょう。
タイトルとURLをコピーしました