タイピング

セルフコントロール

城之内くんを倒さずペガサス倒せず?段飛ばしタイピングはあまりに危険

文章を入力しようとするとき、どうしても焦ると1文字1文字の入力がオザナリになります。まるで、遊戯が最初、城之内くんを相手にしていなかったときのように。でもそうした段飛ばしタイピングは非常に危険です。まずは1文字1文字をしっかりと入力する感覚を養うことが大切です。
タイピング

AfterShokz Aeropex骨伝導イヤホンで聴覚頼りにタイピング

タイピングの精度を上げるためには、集中できる環境をつくることが大切です。そのためにリラックス音楽を聴くことは大切ですが、耳を塞ぐと聴覚を封じられてしまいます。そうならないように、AfterShokz Aeropexで聴覚を頼りにリラックス音楽聴きながらタイピングすることがおすすめです。
セルフコントロール

【一心】考えすぎのロックをせずに、リズムをとる

頭の中で考えすぎると、結局結果は悪い方向に進んでいってしまいます。できるだけ思考はシンプルに。その方が行動にロックをかけないのでいいことが多いと思います。そして耳を解放してタイピングのリズムをとる。結局それが物事を良い方向に進めるための鍵となるように感じます。
作業全般

焦りが生む歪み

物事がうまくいかないとき、大抵人は焦っているのかもしれません。まずはその「焦り」に気づくことが物事の成否を分ける重要な鍵なのかもしれません。大事なことは、まず焦りに気づいて冷静に臨むこと。それが結果的に成功確率を高める手段となります。
作業全般

人生の始まりである朝のルーチンを速く適当にではなくて正確に早く終わらせる

マインドっぽい話しになってしまいますが、本当にそれが大事だと思います。1日を人生に例えると、朝にしっかりと作業することができれば、効率よくルーチンを終わらせることができれば、その後の人生も輝きます。けどそこで焦ると逆効果。朝のルーチンは正確に早く終わらせることが大切です。
セルフコントロール

現状でベストを尽くす。足りない物事に目を向けるのではなくて今ある自分で

アフィリエイトもタイピングも人生も、つい理想を描くと現実の自分に苛立つことがあると思います。だけど大事なのは、現状の自分でベストを尽くすこと。足りないことばかりに目を向けるのではなくて、今ある物事でできることをすることが結局結果を出すためには大切なことなのかもしれません。
八王子メソッド

ムヒAZに学ぶ。平常心を『取り戻す』重要性

アフィリエイトにしても、タイピングにしても。感情は乱れるものです。サイトの順位が落ちたら尚更ですよね。だけど大事なことは、感情にそのまま流されるのではなくて、平常心を取り戻す力。ムヒAZに倣って、平常心をいかに取り戻すことができるのか。というのを考えることが大切です。
セルフコントロール

理想の自分から脱皮して現実の自分を受け入れる

失敗したときに苛立ちを覚えるのは、理想の立場を守ろうとしているから。自分は理想の方にいて、現実の自分に責任転嫁しているから。だけど、そうして。理想の立場を守って現実の自分を受け入れないようにしていたら、成長はできません。大事なのは責任転嫁することではなくて、受け入れて前に進むことです。
セルフコントロール

【なのに】執着を捨てる

執着はときとして足かせになってしまいます。理想の自分を高く持ちすぎることで現実を受け入れることができず、パフォーマンスを低下させてしまうかもしれません。大事なのは執着を捨てて、目の前の現実をしっかりと受け入れること。苛立ってしまいそうなときに、「執着しない。」と自分に言い聞かせることです。
セルフコントロール

次にうまくいけばいいだけ。成功への過剰な期待をやめて失敗を前提に取り組む

アフィリエイトに限らず、タイピングに限らず。成功への過剰な期待は逆にパフォーマンスを低下させてしまいます。大事なのは、失敗を前提に。失敗しても次にうまくいけばいいや。くらいの気持ちで、冷静に。それでいて果敢に物事に挑戦することだと思います。
タイトルとURLをコピーしました