ライティング

商品知識

「先生」じゃなくてコナンや金田一、カイジのように、面倒を肩代わりして感動を伝える

アフィリエイトサイトにおいて、重要な要素のひとつと言える成分や効果の記述。あれ、相当知識があるならともかく、知識がない状態でやるのってすごく大変なんですよね。でも、別に先生になる必要はありません。同じ生徒の立場で学びながら、調べる面倒を肩代わり。感動を伝えることが大切です。
タイピング

言葉はナマモノ。大切な想いを言葉に乗せて相手に伝えるアフィリエイト

アフィリエイトの「命」と言えるのは文章です。そしてその文章。ただ適当に書き綴ればいいわけではありません。きちんと、本来、自分が伝えたかったことを言葉に乗せて書く。文章に想いを込めることが大切です。言葉はナマモノだから、鮮度の高い状態で相手に読み手に想いを伝えることが大切です。
アルゴリズム

【アハ体験】感情が動くまで商品を学んだ上でサイト作成

商品の勉強とか理解って、どこまですればいいのか、わかりづらい面があります。だけど、しっかりと感情が動くまで、アハ体験ができるまで学んだ上で書く文章と。そうでない文章では差がでます。量産のために焦らないで、しっかりとそうして学んで文章を書くようにすると思いも寄らない熱のこもった文章が書けます。
構成

型破りなサイト作成で文字ではなくて情報を届ける

僕たちアフィリエイターはつい。サイト内にキーワードを敷き詰めることばかり考えてしまいます。もちろん、それも大事なことなんですけど。最も大事なことは情報。今までの型を捨ててでも。ユーザーにとって必要な情報を届ける努力をすることが、何よりも大切です。
サイトアフィリエイト

サイトの型を捨ててでも、商品の魅力を全力で読者に伝えることに走る

アフィリエイトサイトはつい。量産を意識して型に頼ってしまいがち。だけど守破離も大切です。型を捨ててでも、読者に何を伝えるか。どんな思いを伝えるかを改めて意識することが大切です。そうすることで、本当に大事なサイトの本質ができあがるんだと思います。
ストーリーテリング

【説得より納得】A→B、肉付け・加工、型にはめないストーリーテリング

ストーリーテリングってすごくむずかしいと思います。特に文章が思い浮かばないとき、とても苦労します。でも、そんなときでも。ムリヤリ型にはめない。A→B、肉付け・加工の考え方で、文章の密度は更にまして、読者に納得してもらいやすい文章が書きやすくなります。
サイトアフィリエイト

【書くことが浮かばない?】意思力を、絶やさないこと

アフィリエイトサイトを自分で書いてつくっていると、「ネタが尽きてしまう」という悩みを抱える人もいると思います。でも、ライティングもアフィリエイトも、「できるできない」ではなくて「やるかやらないか」の意思力が大きく関係しています。まずは自分の意思力が十分か?見つめ直してみることが大切です。
サイトアフィリエイト

【命吹】学びながら、学んだことをそのままメモする感覚で記事にする

アフィリエイトにおいては知識が大切です。商品知識もしかり。だけど知識がないと文章を書けないなんていうことはありません。逆に商品知識がないことは、他のサイトには負けない強みになることがあります。知識を付けながら、学びながら記事を書いていく。それはまるで文章に命を吹き込むような行為なのかもしれません。
サイトアフィリエイト

想いと気持ちを込めた文章を不器用でも下手でも書き綴る

文章ってとっても簡単で、むずかしいと思うんです。書くだけなら誰でもできます。ウソだって書けます。だけど、気持ちを相手に伝えるとなると途端にむずかしくなる。言葉はあくまで想いを伝えるためのツールに過ぎません。だからこそ。そんな言葉を真剣に考えて、相手に気持ちを伝えることを優先してみませんか?歌のように
サイトアフィリエイト

心から集中力を借りて『ゆとりライティング』。時間を定めて作業する

心に生があるとしたら。やっぱり正直者が好きだと思うんです。自分で定めた時間内できちんと作業することが大切です。ゆとりを持って記事を書くことで本当にすばらしい文章が書けるようになります。だからこそ、時間を定めて作業に取り組むようにするのがおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました