【最悪と目的】恐怖を乗り越えるために最悪と目的を思い返してみる

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『最悪と目的』について書いていきます。

昨日の投稿で、

【木を隠すなら】恐怖が埋もれてしまうくらいの数をこなして推進力をつける

サイトのテコ入れや修正には慣れも必要と言うことを書きました。

でも・・・

サイトのテコ入れに限らず、アフィリエイトでは恐怖を覚えてしまうようなことはたくさんあります。

厳密にはアフィリエイトに限らず、怖くて仕方ないようなことはたくさんあると思います。

そういうとき。つい、恐怖で手が止まってしまうこともあると思います。

いったいどうやったらその恐怖を乗り越えることができるのでしょうか?

今回の投稿では、そうした恐怖を感じたときにどう動けばいいのか?

ということについて書いていきます。

apa
最悪と目的を考えると、ほんの少しだけ勇気がわいてくるかもしれません。

 

逃げたくなる気持ち

超初心者p子
ミスったー

 

apa
どうしたんですか?

 

なにかあったんですか?

 

超初心者p子
会社でミスっちまったんですよ。

 

apa
え?

 

超初心者p子
とんでもないミスを犯してしまって、たぶんこのままじゃ上司に大目玉食らいます。

 

apa
なるほど・・・

 

そういうの本当イヤですよね。

 

僕も、会社員時代はしょっちゅうミスして上司に怒られていました。

 

超初心者p子
そうなんです。

 

しかも、ウチの上司はやたらとうるさくて、

 

「日頃の行いが悪いからだ」

 

とか揚げ足を取ってくるんですよ。

 

うーん、どうしよう。

 

このままバックレようかな。

 

apa
え?ダメじゃないんですか?

 

超初心者p子
apaさんもかたいな~。

 

いいんすよ。

 

怖いのは逃げてしまえばいいんです。

 

もしくは退職代行に頼んじゃおうかな。

 

apa
怖い気持ちはよくわかりますけど、そこから逃げていたらダメだと思いますよ。

 

超初心者p子
説教はやめてくださいな。

 

こうして、自分で文章を書いていても。

 

会社員時代の苦い思い出が蘇ってきます。

 

僕は本当に要領が悪かったので。

 

やたらと上司に怒られていました。

 

もちろん、責任は僕にあるんですけど。

 

今考えれば、キャラ的に。

 

あまり喋らないから上司からしたら怒りやすかったのかな?

 

なんて思ったりしています。

 

むずかしいものですね。

 

いずれにしても。

 

でも、会社の恐怖の報告にしても。

 

アフィリエイトの作業にしても。

 

「怖い」と思えることは多かれ少なかれあると思うんです。

 

最近のある芸能人の記者会見でも、

 

「ウソをついたことでより恐怖が押し寄せてきた」

 

というようなことを言っていましたね。

 

恐怖って、つい逃げたり目を背けたくなるんですけど。

 

そうすればそうするほど、どんどん肥大していくんですよね。

 

アフィリエイトにおいても。

 

「このサイトにこのテコ入れをしたい。でも、そうしたら順位が飛んでしまうんじゃないか?どうしよう・・・」

 

と怖くなってしまうことがあると思います。

 

そういうときに。

 

どうしたら勇気が持てるようになるのか?

 

僕自身、最近そうやって考えることがありました。

 

恐怖は最悪と目的で乗り切る

超初心者p子
逃げちゃダメなのはわかってるんですけど、

 

そんなにp子は強くないんですよ。

 

apa
うーん、そうなんですよね。

 

僕も、つい逃げたくなる気持ちはよくわかるので、偉そうなことは言えないんですけど・・・

 

そういう。

 

やるべきことに恐怖を感じて、つい目を背けたくなってしまうようなときは。

 

逆に、最悪と目的を考えると勇気が湧いてくるかもしれません。

 

超初心者p子
最悪と目的?

 

最悪

ここ最近。

 

僕も、怖くて仕方ないことがありました。

 

それこそ、会社員のときに、上司にミスを報告するときのような恐怖を思い出しました。

 

怖いんですよね。

 

今考えれば・・・

 

会社員のあのとき。

 

誰か一人でも、

 

「ミスを報告してくれてありがとう。」

 

と言ってくれる上司がいたら、少し自分の人生も変わったのかな?

なんて思ったりするのですが、叱責されるばかりでした。

 

まぁ、ミスする自分が悪いんですけど(笑)

 

とにかく。

 

アフィリエイトにしても、人生にしても。

 

つい逃げたくなるような瞬間って多かれ少なかれあると思います。

 

そうしたときに、おすすめなのは、最悪を考えてみること。

 

仕事でミスをして、それを上司に報告するのは凄く怖いです。

 

できれば、ごまかしてしまいたいです。

 

できればなかったことにしてしまいたいです。

 

でも、ウソをついたり、ごまかしたりしても、結局それは自分に返ってくるので、あまりいいことがなかったりします。

 

そうしたとき。

 

最悪の場合を考える。

 

「確かにこのミスを報告するのは怖いけど、別に死ぬわけじゃないし・・・」

 

と。

 

最悪の場合よりもまだマシ

 

と考えると、案外気が楽になったりします。

 

それは、アフィリエイトも同じ。

 

何かテコ入れをして、追記をして、サイトの順位が落ちてしまうのは凄く怖いことです。

 

でも、そこで半分開き直り。

 

サイトの順位が飛んでしまうのは確かに怖いけど、でも、そうなっても最悪死ぬわけではないし、またやり直せる。

 

そう思うと、以外と勇気がわいてきます。

 

今から、あなたが何か大きなことをやろうとして。

 

すごく逃げたくなってしまったり、恐怖を感じてしまったときに。

 

少しそうして、最悪の状況を頭の中で切り替えてみるだけで、勇気が湧いてきたりします。

 

もちろん、それだけでなんでも行動できる超人になるということもないですけど・・・

 

目的

あと、もうひとつ。

 

目的に思考を巡らせてみるのも手だと思います。

 

確かに、このテコ入れをするのは怖い。

 

サイトのテコ入れをすることによって順位が飛んでしまったら大打撃・・・

 

そう考えたら、落ち着いて対処なんて出来ないかもしれせませんけど。

 

そこで目的を考えてみる。

 

自分がアフィリエイトをやる目的はなんなのか?

 

このサイトを飛ばさないことなのか?

 

それともこのサイトを上位表示することが目的なのか?

 

大局で見てみると、目的は全然違うはずです。

 

あなたがアフィリエイトをやる目的はなんですか?

 

もしかしたら、ただ単にお金持ちになりたいだけかもしれません。

 

会社をやめて独立したいのかもしれません。

 

お店を開きたいのかもしれません。

 

家族に不自由なく生活させたいのかもしれません。

 

そうした、目的レベルで考えると、今恐怖を感じていることが、すごく小さく見えてきます。

 

確かに、恐怖を感じることがあっても、目的がその先にある。

 

今、恐怖を感じている物事の先に本来の目的がある

 

そう考えると、今、ここでとどまっている場合ではないと考えられるはずです。

 

まずはそうして思考の転換をすることが大事なのかもしれません。

 

まとめ

超初心者p子
  • 恐怖を感じたときは、最悪と目的を考えてみる
  • 最悪の事態に比べれば今の状況は乗り越えれる壁のはず
  • 本来の目的(ゴール)を考えると、恐怖を乗り越える勇気がわいてくる

 

ということですか?

 

 

apa
そうですね。

 

恐怖を感じたくなるようなことはたくさんあると思いますけど、そうして思考を転換するだけでも、だいぶ気が楽になったり勇気がわいてきたりするはずです。

 

ダマされたと思ってやってみてください。

 

超初心者p子

うーん、ダマされるのはイヤですけど・・・

でもわかりました。

やってみますよ。

あんがとうございます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【最悪と目的】恐怖を乗り越えるために最悪と目的を思い返してみる” への2件のフィードバック

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    「最悪を考える」は今の私にとって救いとなりました。
    たとえ最悪がすぐそこまで近づいてきているとしても、
    今はまだ「最悪」ではないのですから。
    本来の目的を見失うことがないように、
    続けていこうと思います。ありがとうございます。

    • apa より:

      ありがとうございます。
      そうなんですよね。
      そうして、自分を鼓舞していくことがアフィリエイトにおいては大事なのかもしれませんね。
      こちらこそ、ありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です