【木を隠すなら】恐怖が埋もれてしまうくらいの数をこなして推進力をつける

恐怖に怯える女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『サイトテコ入れへの恐怖』について書いていきます。

あなたは、サイトをテコ入れするのに、恐怖を覚えたりすること、ないですか?

アフィリエイトにおいて、サイトのテコ入れというのは当然必要なものになります。

ただ、一言でテコ入れするといっても、カンタンにできるものではありません。

確かに、テコ入れをしないと上位表示もできないし、仮にできていたとしても、そのまま放置していては順位が下がってしまいます。

かといって、サイトのテコ入れをするとますます順位が落ちてしまいそうな感じがして、なかなか恐怖は拭えないと思います。

サイトをテコ入れすることに対する恐怖。

いったいどうやって克服したらいいのでしょうか?

今日の投稿では、そんなサイトテコ入れの恐怖の克服について書いていきます。

apa
結論から言うと、圧倒的な数、母数が必要になります。

 

サイトにテコ入れするのが怖い

初心者a子
私、やっぱりダメなんです・・・

 

apa
いきなりどうしたんですか?

 

初心者a子
はい・・・

 

初期サイトで文章を作ることそのものは慣れてきたんですけど、そこからテコ入れするのがどうも怖くて・・・

 

apa
というのは?

 

初心者a子
いろいろ手を加えて、それなりに順位がついてきたのに。

 

ここで下手なことをしたら、また順位が落ちてしまうんじゃないかと心配になってしまうんです。

 

apa
なるほど・・・

 

そういうことだったんですね。

 

確かに、サイトにテコ入れする恐怖って、なかなか拭えるものではないですよね。

 

初心者a子
そうなんです。

 

いったい、どうしたら、テコ入れの恐怖から抜け出して、バンバンサイトの追記や修正ができるようになるのやら・・・

 

apa
うーん・・・

 

こういうのも忍びないんですけど・・・

 

サイトをテコ入れする恐怖からはカンタンに抜け出せないんじゃないかと思います。

 

初心者a子
え?

 

サイトのテコ入れ。

 

これに恐怖を感じている人も多いんじゃないでしょうか?

 

確かに。

 

サイトはバンバンテコ入れしていかないと、上位表示していかないと言われたりしています。

 

だけど・・・

 

そうとわかっていても。

 

カンタンにはできないですよね。

 

全くなんにも順位がついていないならいざ知らず。

 

仮に、それなりに順位が付いてきている状態だと。

 

テコ入れすることで逆に順位が落ちてしまうんじゃないか?

 

と恐怖を覚えてしまいます。

 

そういう恐怖を感じると、なかなか大胆な追記や修正、コンテンツの追加が出来なくなってしまうのも事実です。

 

いずれにしても。

 

サイトに手を加えるというのは多かれ少なかれ恐怖を伴う行動になって。

 

なかなかその恐怖を拭い去るのもカンタンではありません。

 

ではどうしたら、そうしたサイトのテコ入れへの恐怖を抜けて、自由奔放にサイトのテコ入れ、追記や修正ができるようになるのでしょうか?

 

結論からいうと。

 

具体的な裏ワザみたいな方法はないんですけど・・・

 

とにかく数をこなすしかないと思います。

 

テコ入れへの恐怖は絶対的な数で立ち向かう

初心者a子
どういうことですか?

 

サイトのテコ入れへの恐怖って拭い去ることはできないんですか?

 

apa
極端な話。

 

アルゴリズムがずっと一定だったら気にしなくていいと思うんです。

 

でも、アルゴリズムは常に動き続けています。

 

今までは通じていた手法が、今日通じなくなってしまう危険性は十分にあるビジネスモデルです。

 

apa
だから、ずっと同じやり方で、恐怖を感じることなく、作業に没頭するというのは、きっとカンタンにできるものではありません。

 

初心者a子
そんな~・・・

 

apa
ただ、できることは。

 

恐怖を感じても、怯えなくなるくらいの・・・

 

絶対的な数をこなすしか、ないと思います。

 

初心者a子
数?

 

絶対数

極論になってしまいますけど。

 

アフィリエイトにおいては数が絶対必要です。

 

ただ、むずかしいところで。

 

数をこなせば絶対に成果が出る。

 

というものではなくて。

 

数をこなすのは絶対必要ですけど、

数をこなせば絶対成果が出る。

というわけではありません。

 

そこが、本当にむずかしいボーダーラインのように思えますけど・・・

 

でも、とにかくサイトアフィリエイトにおいては数をこなすことは絶対に必要です。

 

で、話を戻して。

 

サイトのテコ入れへの恐怖。

 

これを完全に拭い去ることはできないと思います。

 

常に、サイトの変更や追記への恐怖というのは、多かれ少なかれつきまとうものだと思います。

 

でも・・・

 

数をこなしている内に、段々と、恐怖を感じる暇すらなくなります。

 

サイトのテコ入れに対する恐怖というのは拭えないけど、

恐怖を感じて、手を止めている、そんな暇がなくなるくらい、良い意味で忙しくなります。

 

木を隠すなら森の中

あまり例えは良くないかもしれませんけど・・・

 

 

僕はこの悪の教典という小説が好きです。

 

というか貴志祐介さんの小説に一時期ハマって読みふけっていました。

 

この小説・・・

 

というか小説に出てきたかは覚えていないんですけど、

映画の中でこのようなセリフが出てきます。

 

『木を隠すなら森の中、○○を隠すなら○○の山を作れば良い。』

 

本当に怖いので○○の部分は隠します(笑)

 

例えとしては全くそぐわないんですけど(笑)

 

ふと思い出した言葉がこれだったのでお許しください。

 

サイトのテコ入れへの恐怖はカンタンになくせるものではありません。

 

さっきも書いたように、アルゴリズムがちょくちょく変わり続ける限り、そうした恐怖が拭えることは恐らくずっとないんだと思います。

 

でも、絶対的な数をこなしていれば。

 

その恐怖は自然と薄れてきます。

 

サイトテコ入れへの恐怖が消えることはないんですけど・・・

 

でも、サイト数が10や20よりも。

 

100、1,000となっていった方が。

 

ひとつひとつのサイトへの恐怖というのは薄れてきます。

 

恐怖が薄れればいいというわけではないんですけど。

 

少なくともサイトテコ入れに恐怖を感じて手が止まってしまうと言うことが少なくなります。

 

まさに、木を隠すなら森の中。

 

の状態。

 

つまり・・・

 

サイトのテコ入れや修正、追記に恐怖を感じてしまって、手が止まってしまうのは。

 

サイトの数が少ないからという理由も起因していると思います。

 

数をこなして、今やるべきことに集中する環境を作る

繰り返しますが、サイトのテコ入れに対する恐怖がなくなることはありません。

 

でも、サイトのテコ入れに恐怖を感じて、手が止まってしまうのは、恐らくサイト数が少ないからというのも一因だと思います。

 

サイト数が増えてくれば、自然と手を止めている暇すらなくなります。

 

やることをやるしかできなくなります。

 

まずは、手が止まってしまう前に。

 

圧倒的に数をこなす。

 

恐怖が埋もれてしまうくらい、数をこなしていけば恐怖に負けない推進力がついてくるはずです。

 

まとめ

 

初心者a子

そういうことだったんですね。

 

  • サイトのテコ入れに恐怖を感じて手が止まるのは数が少ないのも一因
  • 木を隠すなら森の中。数をこなしていけば恐怖を感じている暇すらなくなる
  • 恐怖が埋もれてしまうくらいの数をこなして推進力をつける

 

ことが大事なんですね。

 

 

apa

そうですね・・・

僕個人はそうしてやっていくしかないのかな、と思っています。

 

初心者a子
わかりました。

 

まずはそうして、今できることに集中していきたいと思います。

 

ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です