【全力未完成】手抜きではなくて未完成アップロード全力を尽くす

作業する女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『未完成と手抜き』について書いていきます。

あなたは、サイトをアップロードするときに、「手抜き」をしていませんか?

僕自身は、アフィリエイトにおいて大事なのはアップロードだと思っています。

だから、こちらの記事でも。

【未完成はムダ?】下書き保存よりアップロードを繰り返す重要性

【世界に何かしらの影響力を】優柔不断でもアフィリエイトだけは迷わない

未完成でもいいから、何かしらのアップロードをすることの重要性を書いています。

でも、当然のことですけど、未完成と手抜きとは全然違います。

今回の記事では、そうした未完成と手抜きの違いに焦点をあてて書き進めていきます。

apa
未完成でも、いいけど手抜きではなく、本気で書いた記事をアップロードすることが大切です。

 

未完成?手抜き?

モン吉
スパパパパン!

 

apa
お!モン吉くん。

 

調子よく手が動いているみたいだね。

 

アフィリエイト、うまくいっているのかい?

 

モン吉
やぁ。あぱさん。

 

そうなんだよ。

 

まえにあぱさんから、

 

『未完成でもいいからアップロードをするように』

 

といわれたのをおもいだして、いまはまず、アップロードをゆうせんしようとおもっているのさ。

 

apa
いい感じだね!

 

どれどれ、見せてごらん。

 

サイトA

このしょうひん、いいね!

 

サイトB

このしょうひんはおすすめだよ!

 

サイトC

ぼくがおすすめしてるんだからまちがいなしだね!

 

apa
うーん、モン吉くん。

 

モン吉
なに?

 

apa
これは、「未完成」っていうよりも単なる「手抜き」だね・・・

 

モン吉
へ?ちがうの?

 

apa
うん。未完成と手抜きは似ているようで全然違うよ。

 

未完成でもいいからアップロードする。

 

これは、アフィリエイトにおいてはとても重要なことだと思います。

 

完全で、完璧な形でアップロードできれば、それがもちろんいいんですけど。

 

多くの案件を扱うアフィリエイターにとって、ひとつひとつの案件に割ける時間には限界があります。

 

そうしたときに。

 

ある程度のところでアップロードしてしまうと言うのは、アフィリエイトのテクニックと言えるくらい大事なことなんですけど。

 

でも、下手をすると。

 

未完成ではなくて、手抜きの状態でアップロードしてしまう危険性があります。

 

もちろん。

 

時間がなく、やむなく中途半端な文章で終わってしまう場合もありますけど・・・

 

それでも、未完成と手抜きの違いをしっかりと認識しておかないと、いくらアップロードしても順位が付かない、報酬も出ないという悪循環に陥ってしまいます。

 

手抜きじゃなくて未完成

モン吉
どういうことさ?

 

「てぬき」と「みかんせい」はどうちがうのさ?

 

apa
うーん、言葉で単純に表せるものではないけれど・・・

 

apa
僕の中では、

 

時間がなく、やむなく短い文章になってしまったけど、書けるところまでは全力で書いた文章を「未完成」。

 

時間があってもなくても、適当な文章を書いてアップロードしてしまうのが「手抜き」だと思うよ。

 

apa
つまり、時間の有無や環境の問題ではなくて。

 

限られた条件の中でどれだけの力や気持ちを注ぐことができるかどうか?

 

というのがポイントになると思うよ。

 

モン吉
ぼく、むずかしいこと、よくわかんないや・・・

 

未完成

僕も、ちょくちょくサイトをアップロードするときは、未完成の状態でアップロードしていました。

 

特に副業でアフィリエイトをやっていたときはその傾向が顕著にありました。

 

会社員で、全然時間がなかったので、限られた時間の中でサイトアフィリエイトの作業をするのには、全部を完璧に詰め込んだサイトでアップロードするのには時間が到底足りませんでした。

 

だから、未完成の段階でアップロードしていました。

 

それこそ、1行2行でアップロードしていたりもしました。

 

もちろん、いくらいい中古ドメインを使っていたとしても。

 

1行2行では順位が付かないので、その後追記やテコ入れは必要になります。

 

それでも。

 

未完成でもなんでもアップロードするクセをつけるように心がけていました。

 

でも、それは、僕の中では手抜きをしたという気持ちはありません。

 

100%その時その場で書ける全力の文章

を書いていました。

 

例え、それが1行や2行であっても。

 

手抜きをせずに、全力で書いていました。

 

副業時代。

 

会社の最寄り駅のベンチに座って、遅刻にならないギリギリの時刻まであと1~2分・・・

 

本来だったら、もうパソコンを閉じて会社に向かった方がいいんだけど、

 

その1~2分で1行か2行でも書いてアップロードできるなら・・・

 

とギリギリまで文章を書いて、結局会社までは全力ダッシュしていました。

 

会社につく頃には息も耐え耐え、肺が苦しかったことも何度もありました。

 

脚も痛くなっていました。

 

結局遅刻ギリギリになってしまって、上司に怒られたことも何度もありました。

 

でも、それでも。

 

使える時間は全部使って、本気で文章を書いていました。

 

未完成の文章だけど手抜きせずに本気で書いていました。

 

「未完成」は「適当なもの」をアップロードしていいわけではない

ここまでも何回も書いてきましたけど。

 

「未完成」でもいいから、アフィリエイトにおいては「アップロード」することがとにかく大事だと思います。

 

でも、それは。

 

決して適当なものをアップロードしていいわけではありません。

 

報酬が発生していようとも、いなかろうとも。

 

アフィリエイトサイトをアップロードした時点でプロのアフィリエイターです。

 

サイトをアップロードした時点で、見ず知らずの第三者にサイトを見られる可能性を秘めています。

 

そのときに、適当なサイトをアップロードしてしまうのは、言語道断です。

 

もちろん、1行や2行しか書いていない文章のサイトは、ユーザーからすると手抜きにしか見えないと思うのですが・・・

 

せめて、自分の中では本気で、全力で文章を書かないとならないと思うんです。

 

読み手がどう思うかは別としても。

 

限られた時間や場所、条件の中で、今の自分にできる全力を尽くすことがプロのアフィリエイターとしての責務だと思います。

 

未完成でいい。

 

とはいっても、適当なものをアップロードして言い訳ではありません

 

今の自分にできる精一杯をアップロード

することが本当に大切です。

 

そして、その上で、アップロード中心のアフィリエイトスタイルを貫くこと。

 

それが欠かせないと思います。

 

もし、この記事を読んでくださっているあなたが。

 

「未完成でもいいからアップロード」

 

しているつもりでも、実は振り返ってみたら、

 

「手抜きのサイト作成&アップロードをしていた」

 

と思うのであれば。

 

もう一度改めて。

 

明確な正解やボーダーラインがあるわけではありませんが、限られた条件の中で自分なりにできる精一杯をこなす、「全力未完成アップロード」に注力するべきだと思います。

 

まとめ

 

モン吉

そっか・・・

わかたよ!

 

  • 未完成と手抜きは別物
  • サイトをアップロードした時点でプロのアフィリエイター
  • 未完成でも全力で作成&アップロードするのがプロの役目

 

なんだね。

 

 

 

apa

そうだね。

未完成と手抜き。

その切り分けはカンタンではないかもしれないけど、

とにかく今の自分にできる、できる限りの全力を尽くすことが大切だと思うよ。

 

 

モン吉
わかた!

 

ぼく、もういちどがんばってみるよ!

 

ありがとね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です