戦う意識で臨む年末年始のアフィリエイト

八王子メソッド

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。八王子ケンジです。

今日は、『手を動かし続ける』について書いていきます。

休みはない?

超初心者p子

な~んで、わたしたちは元旦から働かされないとならないんだよー・・・

 

初心者a子
え?

 

超初心者p子

元旦だろう?

 

なんで今日くらい休ませてくれないんだよ!

 

チキショー!

 

パワハラだよ・・・

 

初心者a男

いや、パワハラってなんだか違うんじゃないのかな・・・

 

超初心者p子

とにかく!

 

わたしは元旦まで働きたくないんだよ!!

 

初心者a子
順番でそうなったんだから仕方ないでしょう・・・

 

超初心者p子
順番?

 

八王子ケンジ

やはりどれだけ時間をかけるのか?

 

その意識が大事だろうな。

 

初心者a子
あ!

 

初心者a男
八王子ケンジさん!

 

超初心者p子

今年の初めがアンタとは・・・

 

年末年始ってやっぱり休みたくなりますよね。

 

僕も、このブログで何回か書いてきたんですけど、Googleが年末年始、「休みます宣言」でもしてくれればいいんですけど、残念ながらそんなこともありません。

 

Googleは絶えず、動き続けています。

 

そんなアルゴリズムの中で戦い続けるアフィリエイターって、考えてみたらすごいですよね。

 

休みなんてあってないようなものとも言える毎日。

 

毎日、常に。

 

アルゴリズムのことを意識しながら作業し続けないとなりません。

 

常に、明日がどうなるかわからない状況で戦い続けるのがアフィリエイターです。

 

疲れてしまいますね・・・

 

だから、正月くらい休む人がいても悪くないと思います。

 

もちろん、僕も。

 

さすがに、今日は、このブログだけは続けますけど、作業自体はたぶんやらないと思います。

 

中古ドメインは探しますけど・・・

 

まぁそんな話しはともかく。

 

アフィリエイトは常に闘い続けないとならない、厳しい戦いということが書きたかったんです。

 

特にこれといって、今日特別なことを書くつもりはないんです。

 

というか、いつも以上に、今日は無計画に書き始めることになりました。

 

だから、オチがどうなるか、自分でも正直まだよくわからないんですけど(笑)

 

とにかく大事なのは。

 

やり続ける覚悟。

 

いつもいつでも、どれだけでも、やり続ける姿勢を持つことは大事だと思います。

 

戦い続けるアフィリエイト

超初心者p子

んだよ!

 

グチグチうるせぇなあ!

 

元旦くらい休んだっていいじゃねぇか!

 

バチあたんねぇよ!

 

八王子ケンジ

もちろん、休むことをとがめているわけではない。

 

ただ、常に戦う姿勢を持っていないとならないだろうな。

 

全然関係ない話しなんですけど。

 

昨日、年末最後のセールということで、ディスクユニオンのセールに行ってきました。

 

別に欲しいレコードがあったわけではないんですけど。

 

ちょっと用事があったのでついでに並んできました。

 

で、よくよく知り合い(何回も言っているのでそれなりに知り合いというか話し相手ができるw)に話しを聞いてみたら、

 

「徹夜しました。」

 

という方がいました。

 

年齢は60代前後くらいでしょうか?

 

年末、30日から徹夜してレコードを買うって言う、その根性がすごいと思います。

 

正直、一昨年から去年にかけて、オリジナル盤のレコードにはまりはじめて。

 

だいぶレコードに関する知識はついてきた自負があります。

 

でも、まぁ。

 

実生活の面ではなんの役に立たないですね(笑)

 

でも、上には上がいるというか。

 

年末に徹夜してレコードを買い求める。

 

っていうのは本当にすごいと思います。

 

もちろん、レコードの知識面でも。

 

レコードに興味のない人にはほとほと、どうでもいい話のように聞こえると思いますけど(笑)

 

でも、何が言いたいかって。

 

趣味でも、そうして戦う姿勢を持っている人がいるんです。

 

言うなれば、ただの趣味です。

 

でも、その趣味にも。

 

戦いの気持ちを持っている人がいるんです。

 

情熱を傾けている人がいるんです。

 

30日にも、実は御茶ノ水のレコードセールに並んだんですけど(笑)

 

それは、大学からの友達をつれていきました。

 

壮絶なレコードのもぎ取りあいに、

 

「ここまですごいとは思っていなかった・・・」

 

 

と、愕然としていました。

 

ぼくはもう、ある程度、見慣れてしまいましたが、確かにものすごい勢いで、ものすごい額のレコードがバンバン抜かれていくんです。

 

初めて見る人にとっては間違いなく衝撃的だと思います。

 

その話自体はどうでもいいかもしれなしんですけど、アフィリエイトもそういう戦う姿勢というか覚悟が必要だと思います。

 

なんかこういう精神論的な話しだと、どんどん離れてしまうようにも思うのですが・・・

 

でも、そういう気持ちと姿勢というか。

 

アフィリエイトで戦い続ける覚悟も必要です。

 

何かを犠牲にする

何かを犠牲にするという言い方。

 

あまりよくないかもしれませんけど、変な意味ではなくて。

 

何もかも今と同じままで結果を出し続けるのはむずかしいんだと思います。

 

朝早く起きるのが苦手な人でも。

 

Expired Domainsで中古ドメインを取得するなら、やはり朝の早起きは必要です。

 

副業でアフィリエイトをやっている人であれば、休日返上でアフィリエイトに取り組むことだって大切です。

 

いずれにしたって。

 

何かしら、現状からの変化が必要なのは確かです。

 

ずっと、今までと同じままで結果を出し続けるのは正直、むずかしいと思います。

 

あなたはどうですか?

 

これまでのアフィリエイト+人生、アフィライフでどれだけ結果を出すための努力をしてきましたか?

 

現状を変えるためには、やはりなにかしらの犠牲は必要です。

 

考え方とか、犠牲にするものは人それぞれいろいろですけど、何かしらを現状から変えていかない限り、変わらないものがあります。

 

もし、これまで、あなたがアフィリエイトをやっていて、思ったように結果が出ないことを嘆いているのであれば。

 

今までどれだけのことを犠牲にしてそれに取り組めたのかを考えてみることも大切かもしれません。

 

成功曲線

少し結局、根性論的な話しになってしまうんですけど、アフィリエイトで結果を出すためにはやはり、時間が必要です。

 

かけた時間が、多かれ少なかれ、アフィリエイトの結果に影響をもたらします。

 

休日だったり、遊ぶ時間だったり、あるいは寝る時間だったり。

 

そういう時間を返上して、犠牲にしてでもアフィリエイトに取り組む。

 

そういう時間を積み重ねることで、成功曲線が変わっていくんだと思います。

 

【成功曲線】目標額に見合った努力ができているか?
アフィリエイトでは努力していくことが大切です。でも、努力すれば成功するとは限りません。成功曲線があるので、その努力と結果の線が交わるまでがんばらないとなりません。もし目標額に見合った努力ができていないのであれば、無理のない範囲で力を尽くすことが大切です。

 

休む時間ももちろん、大事ですけど、どれだけアフィリエイトの作業時間を増やすことができるかどうか。

 

それを考えることは、アフィリエイトでの結果を出す上では考えるべき重要なことです。

 

成功曲線を変えるために。

 

今までの過去を変えるためにも。

 

どのようにして、アフィリエイトの作業時間を増やすことができるか。

 

戦う意識と覚悟を持って、その時間の使い方を変えていくことも大切です。

 

2020年。

 

始まったばかりですけど、目標と目的をしっかりと持って、全力でアフィリエイトの荒波を生き残り、結果を出していきたいですね。

 

まとめ

初心者a男

そういうことなんですね。

 

休日、休み、遊び、何かを犠牲にしてアフィリに取り組む覚悟と意識を持つ

成功曲線を変えるために作業時間を増やす

戦う意識を持ってアフィリエイトに臨む

 

ことなんですね。

 

八王子ケンジ

うむ。

 

常に、戦う意識を持って、何かを犠牲にしてでも、アフィリエイトに臨む姿勢。

 

そういうのは常々大切だろうな。

 

初心者a子

わかりました。

 

私ももっと、結果を残せるように、作業時間を増やしていきます。

 

ありがとうございます。

 

超初心者p子

ちぃ・・・

 

わかったよ・・・

 

わたしも早く結果を出したいから、もっと作業、がんばるよ。

 

年末年始も大変だぜ・・・

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました