サイト

作業全般

小さな希望の光にフォーカスをあてて研究・実践

今回の変動に限らず、アフィリエイトって、常にそうした順位に苦しめられる部分があると思います。だけど、そこで手を止めるのではなくて。生き残っているサイトにフォーカスを当てる。生き残っているサイトの共通項を見出して、今後のサイトに活かしていくことが大切だと思います。
サイトタイトル

【メッセージ性】不自然な定石よりも自然で想いを伝えるサイトタイトルを

サイトタイトルについて悩む方も多いと思います。アフィリエイトを勉強すると、いろんなサイトタイトルの付け方があるからそれで悩む方もいるんじゃないかと。確かに定石はいろんなものがありますけど、不自然なサイトタイトルは読みにくいです。それよりも、自然でメッセージ性のあるサイトタイトルが大事です。
サイトの質

【強み】サイトの独自カラーで魅力を前面に打ち出して差別化

ここ最近のアルゴリズムの変動で心が落ち着かない日々を送っている方が多いと思います。もちろん、僕もそのうちの一人。でも、結局。大事なことは、ただ似たようなサイトを量産することじゃなくて。そのサイト独自のカラーをきちんと打ち出すことだと思います。それが何よりもの差別化につながると考えます。
構成

型破りなサイト作成で文字ではなくて情報を届ける

僕たちアフィリエイターはつい。サイト内にキーワードを敷き詰めることばかり考えてしまいます。もちろん、それも大事なことなんですけど。最も大事なことは情報。今までの型を捨ててでも。ユーザーにとって必要な情報を届ける努力をすることが、何よりも大切です。
未分類

ウェイト型のアフィリサイトにプッシュはいらない?過去と未来の邂逅が新たなストラテジーを生む。

自分の過去を振り返りたくないという気持ち。よくわかります。僕もそういう過去、たくさんあります。だけど、今、過去を振り返ることで新たにわかることがあります。そうした過去と未来の邂逅によるストラテジーの創造もすごく大事なことです。
八王子メソッド

hタグなど構成の基準は自分=ユーザー目線が有利?

SEO上、何が大切かどうかを考え出すと、アフィリエイトサイトにおいては正解が全く見えてきません。それよりもユーザー目線=自分の目線で見やすいサイトを作っていくことの方が大事なことです。
サイトアフィリエイト

【客観基準】中古ドメインの善し悪しを見分ける3つの質

中古ドメインの運用はかなりむずかしいですよね。せっかく満を持して取得した中古ドメインが、「手動ペナ」を受けていたなんてザラにあることです。そんな中古ドメインだからこそ「3つの質」をうまく見極めて、質の良い中古ドメインをゲットしていきたいですね。今回はそんな方法をご紹介します。
サイトアフィリエイト

商品のマイナスの面も伝えて「購入の選択権」を読者に握ってもらう

アフィリエイトサイトはつい、商品のいいところばかりを伝えてしまいがち。もちろん、僕も。だけど、本当に重要なことは、商品の悪い点、マイナスの面もきちんと伝えてユーザーに納得して買ってもらうことです。あくまでも購入の選択権は自分が握っていると思ってもらうことで読者に本当の意味で信頼してもらえます。
キーワード

【矛盾?】キーワード網羅、詰め込みの本当の意味

「アフィリエイトはキーワードの網羅が重要。」こういう意見は多々聞きますけど、その本当の重要性がわかりづらくなっています。ユーザーのためのサイトなのに、キーワードを詰め込む必要性。この矛盾で悩む人もいるのではないでしょうか?今日の投稿では、そんなKW詰め込みの重要性について書いていきたいと思います。
サイトアフィリエイト

【限界を超えた効率】効率を求めて作業を優先

アフィリエイトは、とにかく効率が大事です。効率を高めることができなければ、ずっと同じ位置に留まってしまう危険性があります。だからこそ、効率を求めて作業を優先する気持ちと体制を重要視していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました