【mixhostで解決】MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。エラーが出たときの対処法

胸に手を当てて安心する女性 サーバー

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『サーバーの注意点』について書いていきます。

WordPressが追加できない!

初心者a男

あわわわわ、どうしよう・・・

 

 

apa

どうしたんですか?

 

a男さん。

 

慌ててますね。

 

 

初心者a男

あ、apaさん。

 

そうなんです。

 

実はここ最近、WordPressでsite:をつくるようにしたんですけど、急にサイトが作成できなくなってしまったんです。

 

ど、どうしよう・・・

 

apa

落ち着いて。

 

焦る気持ちはわかりますけど、まずは落ち着いて対応しましょう。

 

深呼吸を。

 

初心者a男

は、はい、そうですね・・・

 

ふー、はー・・・

 

ふー、はー・・・

 

はい、少し冷静になりました。

 

apa

よかったです。

 

では、ひとつひとつ確認してみましょう。

 

設定の方は間違っていないですか?

 

初心者a男

はい、設定は特に問題ありません。

 

apa

では、契約状況はどうでしょうか?

 

初心者a男

契約状態も問題ないようです。

 

apa

では、もう一度WordPressを立ち上げようとしてみてください。

 

どんなエラーが出ますか?

 

初心者a男

えーっと、WordPress簡単インストールの画面で、

 

『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』

 

という表示が出ています。

 

apa

なるほど、原因がわかりましたね。

 

初心者a男

いったいこのエラーはなんなんですか?

 

apa

データベース数の上限に達してしまったようです。

 

初心者a男
??

 

最近、僕自身、WordPressを使い始めました。

 

本格的に。

 

「いや、このブログ、WordPressじゃん!」

 

っていう人もいるかもしれませんkど。

 

僕はWordPress、今まで避けてきたんです。

だから、一回塾で習ったWordPressの作り方で、そのまま継続して北に過ぎません。

 

WordPress、わからないことだらけでした。

 

今までは、SIRIUSでサイトを作ってきたんですけど、ここ最近、WordPressでサイトを作るようにしています。

 

慣れないことダラ変えなので四苦八苦していますが、なんとかやっています。

 

バンバンサイトをつくっていたのですが、突然上記のエラーが出てきたんです。

 

MySQLエラー画面

 

こちら。

 

『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』

 

というエラーですね。

 

WordPressの扱いとか、パソコンの扱いに慣れている方なら、

 

「なんだデータベース数が上限に来ただけじゃないか。どうってことはないさ。」

 

と、冷静に対処できるかもしれません。

 

しかし、前述のように、僕はパソコンが苦手で、WordPressもどちらかといえば、不得意でした。

 

なので、いつもの要領でWordPressでサイトを作っていたときに、このエラーが起こったときはさすがに驚きました。

 

「あわわわわ、どうしよう・・・・」

 

まさに前述のa男さんと同じ状態になったんです。

 

と、このブログは前置きが長いことで有名(?)なんですけど(笑)

 

そんなこんなで。

 

今回は、僕自身が、データベース数が上限になってしまったときの原因究明と、対策について書いていきます。

 

データベース数が上限数に達したときの対処法

初心者a男

なんなんですか?

 

データベース数の上限って?

 

いったいどうしたら解決できるんですか?

 

apa

今、a男さんが使っているサーバーはXサーバーですよね?

 

初心者a男

はい、僕はXサーバーを使っています。

 

apa

で、今後はa男さんは、WordPressでサイトを量産しようとお考えですか?

 

初心者a男

はい。

 

今後はWordPressでサイトを量産しようと考えています。

 

それが関係あるんですか?

 

apa

はい、おおいにあります。

 

結論から言うと、今回の問題を解決するためには、サーバーを変えるしかないですね。

 

初心者a男

そうなんですか?

 

データベース数の上限

いや~、おはずかしいことに、僕自身。

 

このデータベース数というのを知らなかったんです。

 

  • 今までSIRIUSでサイトを量産してきた。
  • 元々、Xサーバーでサイトをつくっていた
  • WordPressはこのブログ1個だけ運営
  • 今度はWordPressでサイトを量産しようとしていた
  • 中古ドメインでバンバンサイトを量産実践

 

今回の、僕の経緯をまとめるとこんな感じ。

 

今まではSIRIUSでサイトをつくっていたのですが、今後はWordPressでサイトを作ろうと決意しました。

 

ただ、今までまともにWordPressでサイトを作ってきたことがなかったので、サーバーのなんたら、WordPressのなんたらというのが全くわかっていませんでした。

 

データベース数のことを考えずにWordPressでバンバンサイトをつくてっていたんです。

 

SIRIUSと同じ要領で。

 

そこで起きたエラーが、

 

『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』

 

でした。

 

「で、そのデータベースとはなんぞや?」

 

ということに関しては、初心者の僕があれこれ説明するよりも、こちらのサイトをご覧になった方がわかりやすいと思います。

 

エラー「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」の対処法!
こんにちは、あおやまです。 今回はエックスサーバーでWordpressを自動インストールしようとしたときに発生…
XサーバーでMySQLデータベースが上限数に達するとワードプレスをインストールできません。|じぶんライフ
今回は「MySQLデータベース&ユーザの削除」についてお話しします。 この記事をご覧いただいているということは恐らく、X

 

要は、MySQL(データベースの種類)の容量分しか、WordPressが作成できない。

 

ということなんですね。

 

え?

 

基本的なこと?

 

いや~、知りませんでした(汗)

 

ちなみに、MySQLというのは、上記の通り、データベースの種類のこと。

 

ブログに例えると、

 

データベース(=ブログ)

MySQL(=アメブロ)

 

みたいなものです。

 

で、僕の契約していたのは、Xサーバーのx10のプラン。

 

データベース仕様一覧 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|データベースのご利用に関する仕様の一覧です。

 

つまり、単純計算で50個までしかWordPressがつくれないプランということです。

 

そんなこと知るよしもない僕は、Xサーバーを契約した当時、

 

apa

プラン?

 

どうせ、WordPressでサイトはつくらないんだし、一番低いプランでいいっしょ!

 

としか考えていませんでした。

 

まさかそれが、今更になって(Xサーバーを契約したのはもう3年前くらい)こんな問題が出てくるとは思っていませんでした。

 

ということで今回のエラー。

 

『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』

 

というのの、原因は、つまり。

 

XサーバーでWordPressを作れる上限数に達してしまった。

 

ということだったんです。

 

はい。

 

アフィリエイト歴4年、専業歴3年のアフィリエイターがこんなことも知らないなんてお恥ずかしいです。

 

穴があったら入りたい気分です・・・

 

結論:対策はサーバーをmixhostに変えよう

で、結論から言うと。

 

対策は、サーバーを変えるしかありません。

 

で、僕のおすすめはmixhostです。

 

いろいろ調べたんですよ。

 

あ、そうそう。

 

そもそも、WordPressでサイトを量産するわけではないのであれば。

 

ただ単に不要なWordPressを削除すればいいだけですけど。

 

これからバンバンサイトを、WordPressで量産していくのであれば、やっぱり、サーバーを変えて対策するしかないわけです。

 

で、

 

「データベース 無制限」検索結果

 

こんな感じで、Googleで、

 

『データーベース 無制限』

 

で検索してみたんです。

 

WordPressでサイトを量産するなら、無制限の方がいいかな?

 

と思いまして。

 

で、検索結果1位に出てくるサイトがおすすめしているサーバーが、

 

『エックスツー』

 

というサーバーだったんです。

 

Xサーバーの系列みたいですね。

 

「お!それなら互換性もあるから何かと楽そう!」

 

と思ったんですけど、リンクを踏んでもページが出てこない・・・

 

『エックスツー』

 

でGoogleで検索しても、いまいちヒットしない。

 

よくよく調べたら、エックスツーはもうやってないみたいですね。

 

「Google、終了しているサービスを紹介しているサイトを1位にするなよ・・・」

 

と思ってしまったわけですが・・・

 

とにかくXサーバーとはもうオサラバのようです。

(データーベース無制限のプランが個人ではないみたいなので)

 

で、いろいろ調べてたどり着いたのが、

 

mixhostに決定!

mixhostでした。

 

いろいろ悩みました。

 

  • 123サーバー
  • FUTOKA
  • ConoHa

 

など。

 

データベース数無制限のサーバーはいくつかあったんですけど、価格の安さ、レビューの評価の良さ、機能の多さ、安定面でmixhostを選択することにしました。

 

若干、レビューを見ていると、

 

「Xサーバーと比べて使いづらい」

 

という意見がありましたけど、とりあえず、30日間返金保証もあるので試しに使ってみることにしました。

 

30日返金保証って、なんだか物販商標みたいと思えてしまうわけですが(笑)

 

あ、そうそう。

 

「mixhost」で検索するとよく出てくる、

 

「10日間無料お試し」。

 

あれ、去年の年末で終了しているみたいですね。

 

Mixhost サービス内容大幅強化 2019年12月
レンタルサーバーMixhostのサービス内容が大幅に強化されました。レンタルサーバー業界では、新規参入と既存の会社のサービス内容の強化が継続的に行われていますが、今回のMixhostの強化内容はこれまでと異なり大幅なものとなりました。

 

でも、mixhostの公式サイトをドコを見ても、10日間無料お試し終了のアナウンスが見つからない・・・

 

それどころか、

 

『mixhost 10日間お試し 終了』

 

でGoogleで検索すると、

 

「mixhost 10日間お試し 終了」検索結果

 

こんな風に、いまだに無料お試しのおすすめがトップに出てきてしまう。

 

おいおい・・・

 

僕も、mixhostを契約する際に、どうやったら無料お試しにできるのか?

 

いろいろ探してしまいました・・・

 

とにかく。

 

コスパ的には一番高そうだったので、操作面には若干の不安があったものの、30日間返金保証にひかれてmixhostを使ってみました。

 

もちろん、データベース数は無制限です。

 

プランと契約期間は?

これまた結論から言うと、僕は、

 

  • スタンダードプラン
  • 12ヶ月

 

で契約しました。

 

mixhostのプランは、

 

  1. スタンダード
  2. プレミアム
  3. ビジネス
  4. ビジネスプラス

 

と種類があります。

 

mixhostプラン一覧

 

とりあえず、プランはスタンダードで大丈夫そう。

 

足りなくなったら、プラン変更すればいいだけだしね。

 

その辺は、mixhostは簡単にプラン変更できるらしい。

 

で、問題は契約期間。

 

スタンダードを選択すると、次の画面で、ドメインを入力。

 

次に契約期間の選択を迫られます。

 

mixhostの契約期間1

 

mixhostの契約期間2

 

ムム・・・

 

どうしたものか・・・

 

36ヶ月契約にした方が、月額で考えると安くはなるけど、まだ使ったこともないサービスで36ヶ月契約をするのは不安。

 

かといって、3ヶ月だと、逆に高くなってしまうしな・・・

 

こういうときはGoogleにヘルプを求める。

mixhostの利用料金を詳しく!初期費用、月額料金、オプション料金
mixhostを利用する際に、初回契約時などには実際どれぐらいの料金がかかるのか気になりますよね。 Webや公…

 

こちらのサイトで、

 

「3ヶ月契約がおすすめ」

 

と書いてあったので、3ヶ月契約で試してみようと思ったのですが、イマイチ踏み切れない。

 

で、こちらのサイト。

初心者向け!MixHostの料金プランから申し込み・登録方法まで解説
レンタルサーバーMixhost(ミックスホスト)の料金・申し込み方法を、初心者向けに解説します。Mixhostは最初の10日間は無料お試し体験してから、登録できますよ。WordPressにもおすすめのレンタルサーバーです。

 

『12ヶ月くらいにしておくのがおすすめ』

 

とのこと。

 

まぁ、これ以上考えても仕方ないということで、結局12ヶ月で契約することにしました。

 

まぁ、決定の理由なんて何でもいいんです(笑)

 

その後、なにをするかの方がよっぽど重要だから。

 

結論:アフィリエイトサイトを量産するならサーバーはmixhost一択

で、結論を改めて言うと。

 

WordPressでサイトを量産していて、

 

『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』

 

というエラーが出てきてWordPressのサイトが作成できなくなってしまったら・・・

 

サーバーをmixhostに変更するのがおすすめ

 

です。

 

プランはスタンダードで、契約期間はまずは12ヶ月

 

そういえば、いろんなセミナーに出る度に、mixhostの伊丹社長や社員の方がいらっしゃって、宣伝してたなぁ~・・・

 

と思い出しました。

 

でも、その当時は、セミナーでmixhostの説明をされても、

 

「??なんのこっちゃ?」

 

という感じで聞き流していました(笑)

 

まさか、自分が実際にmixhostで契約することになるとは思ってもいませんでした(笑)

 

料金的にも、機能的にも、データーベース数的にも。

 

WordPressでアフィリエイトサイトを量産するならmixhost一択です。

 

mixhost

 

ちなみに、この記事を書いているのはmixhostを使い始めて2日目なんですけど(笑)

 

今のところ問題なく使えています。

 

「操作性が悪い。」

 

という意見もいくつかあったものの、実際に使ってみるとそんなに大変じゃないかな?

 

少なくとも、エックスサーバーの操作に慣れているのであれば、その延長線上で使えるんじゃないかと思います。

 

また、使っていく中で問題とか気づいた点があったら、記事で書いていきます。

 

まとめ

初心者a男

そういうことだったんですね・・・

 

  • 『MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。』
  • このエラーが出たら、プランかサーバーを変更するしかない
  • WordPress量産でアフィリエイトサイトを作るならmixhostが一番おすすめ
  • プランはスタンダード、契約期間は12ヶ月間がおすすめ

 

ということなんですね。

 

apa

ですね。

 

これから、WordPressでサイトをつくっていくのであれば、それが一番手っ取り早いですよ。

 

初心者a男

わかりました!

 

さっそく、mixhostで契約してみます。

 

ありがとうございます!

2020年4月29日追記

で、mixhostでサイトを運用しはじめたのですが、その2~3ヶ月後に、mixhostのとある注意点が発覚しました。

サブドメインが自動生成されてしまうんです。

=アクセス方法が分散してしまう・・・

詳しくはこちらの記事で書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

mixhostの落とし穴?サブドメイン生成とメモリ。エックスサーバーとどっちがいい?
サーバーをどれにするかという問題はかなり多くのアフィリエイター、ネットでビジネスをする人を悩ませる問題ではないでしょうか。僕も今までmixhostを使っていたのですが、メモリの容量が切迫してきてしまい、いろいろ調べ直してみました。すると、サブドメインの問題が生じてきました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました