【価値のアドオン】自分にしか提供できない価値を探して

何かを探す子供

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『価値のアドオン』について書いていきます。

 

後ろめたい

初心者a子

はぁ、やっぱり私、アフィリエイトには向いていないのかな?

 

apa

アフィリエイトに向き不向きなんてないと思いますけどね・・・

 

何かあったんですか?

 

初心者a子

そうなんです。

 

なんか、自分のサイトの中で商品をおすすめしきれなくて悩んでいるんです。

 

apa

どういうことですか?

 

初心者a子

サイトの中で、本当は私、商品を強くオススメしてあげないとならないんですけど、

 

「この商品とってもおすすめです1」

 

なんて強く言えないんです。

 

初心者a子

だって、本当にその人におすすめできるか、なんて、相手によって違うじゃないですか。

 

それをおすすめっていうのはなんだか、後ろめたいというか、背徳心みたいのがあるんです。

 

apa

なるほど・・・

 

確かに、a子さんの気持ち、よくわかります。

 

 

アフィリエイトは当然、読み手に商品を紹介するビジネスです。

 

読み手に商品を紹介する以上、おすすめすることになります。

 

特に、アフィリエイトというビジネスモデルになれていないと、この、

 

「人にお勧めする」

 

ということに抵抗を覚える人がいます。

 

確かに、僕も最初、これが慣れませんでした。

 

顕著なのは、フェイスブック。

 

以前までは、フェイスブックでビジネスをやっていこうと、フェイスブックのアカウントで、いろんな投稿をしたことがありました。

 

といっても、怪しい勧誘の投稿ではないのですが。

 

とにかく、フェイスブックで自分の生活を亜sら蹴出して、ビジネスモデルを築こうと躍起になっていました。

 

で、問題なのは、おすすめできないこと。

 

自分自身が価値を感じたことでも、フェイスブック状に何かの商品を紹介するときに、アフィリエイトリンクを貼るのが怖くて仕方ありませんでした。

 

だって・・・

 

アフィリエイトリンクを貼って、それで商品が売れて、それで収益が自分に入るって・・・

 

なんだか屋らしくないですか?

 

人に紹介しておいて、その実、自分に・・・

 

紹介した方に実入りがあるなんて・・・

 

しかも、紹介された側はそんなこともつゆ知らず、その商品リンクを踏んで商品を買ってしまう。

 

最初はそのビジネスモデルになれなくて、何度も、アフィリエイトリンクを貼らずに、人に何かを紹介したりしていました。

 

人に何かを紹介するって、気楽なものではないと思うんです。

 

人に何かを紹介して、相手が気に入ってくれたらいいかもしれないけど。

 

気に入ってくれなければ、相手を悲しませてしまうかもしれない。

あるいは、自分のところにクレームが入るかもしれない。

 

そう考えると、人に何かを紹介するのって、本当に怖いことだな、と思ったら石真下。

 

だから、人に何かを紹介するのが怖くなってなかなか、アフィリエイトリンクが貼れないことがありました。

 

あなたはどうですか?

 

アフィリエイトリンクを貼る事への恐怖。

 

胸の内に抱えていませんか?

 

気持ちはよくわかるんですけど。

 

紹介する側は、思い切って紹介することが当然大事です。

 

そして、逆を言えば、それができるくらいになるまで、商品を熟知する必要があります。

 

アフィリエイトのポイントは、商品の移動ではなくて、価値の移動なんです。

 

アフィリエイトは価値の移動

apa

a子さんの気持ち、よくわかるんですけど・・・

 

よくわかるんです。

 

だけど、アフィリエイトは、商品を相手に横流しするビジネスではないんです。

 

初心者a子

え?違うんですか?

 

apa

はい、違います。

 

むしろ、商品を他人に横流しすると考えるから、気が重くなってしまうんです。

 

アフィリエイトの本質は、価値の横流しです。

 

横流しっていう言葉が、あまり良くない感じもするんですけど。

 

でも、便宜上、とりあえずこのまま使っていきます。

 

アフィリエイトというビジネスの本質を考えたときに。

 

つい僕たちは、商品をそのままお客さん、読み手に伝えることに注力しがちです。

 

それは、長い間、自分の中に築かれていた固定観念のせいで。

 

お金を払って、商品を受け取る。

 

というのが当たり前のものとして、すごしてきたから。

 

コンビニいって、欲しい商品を手に取って、レジにいって、お金を払ってその商品を受け取る。

 

生まれてからずっとそんな環境で生きてきたから。

 

そうした商品の横流しが当たり前のように固定観念に培われています。

 

でも、本当は、僕たちは。

 

商品を、商品そのものを受け取っているのではなくて、価値を受け取っているはずなんです。

 

水を買うなら、水を買うことが目的ではなくて、水を飲んで、喉を潤すため。

 

コンビニでお弁当を買うのであれば、お弁当を買うことそのものが目的なのではなくて。

 

お弁当を食べてお腹を満たすため。

 

そうした目的があるためなんです。

 

商品そのものが欲しいから人は商品を買うのではなくて。

 

商品の先に目的があるから。

 

その目的を満たすために、商品を買うんです。

 

アフィリエイトもそれと全く同じです。

 

見ず知らずの人に商品そのものを売ろうとするから、肩肘張ってしまうんです。

 

でも、本当に僕たちが相手に伝えるものは、売る物は商品じゃなくて、価値。

 

目的のはずなんです。

 

 

そう考えたら、アフィリエイトの意識も変わってくるはずなんです。

 

商品じゃなくて、目的価値を売る

例えば昨日の記事で言うと、

 

 

ご存知の方も多いともいますが、昨日のこの記事はアフィリエイトリンクです。

 

この記事経由で、ミックスホストに契約した人がいれば、僕にアフィリエイト報酬が入ります。

 

特に何も特典を付けているわけではないので、単に商品を紹介しているだけです。

 

でも、僕は、これを自信を持ってアフィリエイトリンクを着けています。

 

もちろん、アフィリエイト報酬を得るためにこの記事を書いているわけではありません。

 

たまたま、自分自身、ミックスホストを使う機会があって、その中で便利を感じたからアフィリエイトリンクでmixhostを紹介しているだけです。

 

特典もつけていないのに。

 

でも、僕はmixhostに価値を感じました。

 

実際に、エックスサーバーで困っていた状態の解決策としてmixhostを選びました。

 

そしてその経緯を・・・

 

エックスサーバーのエラーで困って、時間をかけてサーバーを探して、ようやくたどり着いたmixhost。

 

そのmixhostを自信を持って紹介しました。

 

言うなれば・・・

 

確かに、僕自身。

 

昨日の記事を書いたことによって、現実的に失ったものはありませんが・・・

 

  1. エックスサーバーのエラーで困ったときの対応
  2. 原因の究明
  3. 新しいサーバーの探索
  4. 経緯の記事作成

 

これらの時間と経験を経て、僕はmixhostを紹介しました。

 

例えば、僕と同じように。

 

WordPressでサイトを作ろうとしたのに、MySQLが上限に達してしまってサイトが作れなくなってしまった人が、僕の昨日の記事を見れば、

 

上記4つの流れを経ずに、mixhostにたどり着くことができます。

 

合計でいうと、上記4つの流れを完成させるのに、だいたい半日くらいかかっています。

 

短くても半日。

 

その時間を無駄にせずに、昨日の記事を読んだ人は、mixhostにたどり着くことができるんです。

 

mixhostをただ紹介しているわけではありません。

 

この違い、わかりますか?

 

ただ、mixhostを紹介するだけだったら、僕もしません。

 

でも、エラーで困って、対策を探してmixhostを見つけて実際に契約する。

 

ここまでの時間を探索する「価値」を提供しようとしているんです。

 

うーん、こう書くと、なんだか偉そうな響きになってしまってイヤなんですけど(笑)

 

アフィリエイトでも全く同じ事が言えます。

 

ただ商品を紹介しようとするから、後ろめたさとか背徳心が生まれてしまうんです。

 

例えば、同じ商品を紹介するにしても。

 

あなたが必死になって調べた商品の情報を載せて、アフィリエイトリンクで紹介すれば。

 

あなたは、

 

ユーザーが、商品について調べる時間を省略して届けることができている

 

ということです。

 

それだけでも、ただ商品を紹介するだけじゃなくて、あなたが価値を上乗せしていることになります。

 

ただ、商品を紹介しようとするだけなら、

 

「○○というダイエットサプリいいですよ!」

 

だけでもいいんです。

 

でも、これだと本当に商品の横流し。

 

なんの価値もアドオンしていません。

 

僕たちアフィリエイターの役割は、商品に価値をアドオンしてあげることなんです。

 

商品に価値をアドオンして、ユーザーに商品を紹介する。その見返りとしてアフィリエイト報酬を頂戴する。

 

僕たちのアフィリエイトビジネスとはそういうものなんです。

 

商品に価値をアドオンする

なのでもし。

 

この記事を読んでくださっているあなたが。

 

自分のサイトのアフィリエイトリンク経由で商品を売ることに、a子さんのように背徳心を感じているなら。

 

あなたが、自身のサイト経由でユーザーにどんな価値を届けることができているか?

 

考えてみるといいと思います。

 

昨日の僕の記事だったら、たぶん。

 

パソコンに詳しい人だったら何も響かないかもしれません。

 

けど、僕のように、パソコンに初心者でサーバーとか、データベースに疎い人だったらもしかしたら響くかもしれません。

 

そういう人だけに響く価値を提供している。

 

自分にしか提供できない価値がきっとあるはずなんです。

 

昨日の記事は、まさにパソコンに詳しい人だったら書くまでの価値もない、当たり前のことだったかもしれません。

 

僕みたいにパソコンに疎いからこそ書ける記事だったと思うんです。

 

何が言いたいかって要するに。

 

あなたにはあなたにしか書けない記事があるはずなんです。

 

あなたにはあなたにしか提供できない価値のアドオンがあるはずなんです。

 

そこに注目して、アフィリエイトサイトを作成していけばきっと。

 

誰にも負けないオンリーワンな記事になるはずです。

 

まとめ

初心者a子

そういうことなんですね。

 

アフィリエイトは、商品を横流しするビジネスではない

商品にあなただけの価値をアドオンすること

そうすることでオンリーワンな記事で、響く人に響くようになる

 

ということなんですね。

 

apa

そういう意味では、Googleのアルゴリズムっていうのは必要なのかもしれませんね。

 

順位を上げることができれば、必要な人に届く範囲を広げることができる。

 

むずかしい面もありますけど、可能性を広げるという意味では、アルゴリズムを攻略することでより多くの人に価値を届けることができるようになるということですね。

 

初心者a子

わかりました・・・

 

私、もっと自分の価値をアドオンできるようにがんばってサイトを作成していきます。

 

ありがとうございます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です