メルマガ登録フォーム

【差別化】アフィリエイトの商品知識の集め方

勉強する女性

 

apa

こんばんは(^^)

apa(あぱ)です。

今日は、 『アフィリエイトの商品知識の集め方』について書いていきます。

アフィリエイトをやるにあたって、商品知識は欠かせません。

もちろん、アフィリエイトで稼ぎ続けるためには、他にも覚えなくてはならないことが山のようにありますが、まず何より大事なのがその、商品知識の集め方です。

あなたはきちんと、商品知識を集めていますか?

激動のSEO時代を生き残るためには商品知識は必要不可欠です。

アフィリエイトで商品知識は必要?

初心者a子

わたし、こう見えて結構アフィリエイト、がんばっているつもりなのに、なかなか結果が出ない・・・

どうしたらもっと報酬を増やすことができるんだろう?

 

apa

a子さんの悩む気持ち。

とってもよくわかります。

一生懸命作業しても結果が出ないときってほんとうに辛いものですよね・・・

ところで、a子さんは商品知識はどのようにして集めていますか?

 

初心者a子

商品知識ですか?

いやとくに、これといって・・・

まぁ、公式サイトに書いてあることは一通り網羅しているつもりですけど・・・

 

 

apa

なるほど。

アフィリエイトでライバルに打ち勝って、自分のサイトを上位表示させるには、いまや商品知識は必要不可欠です。

 

「あなたは商品知識をどのように集めていますか?」

 

知り合いにこのような質問をしても、たいがい返ってくる答えは同じ。

 

「特にこれといって・・・」

 

まず、結論から言うと、アフィリエイトに商品知識は必要不可欠です。

 

もちろん、一般的にはサイトアフィリエイターは、「サイト作りの専門家」であって「商品の専門家」ではありません。

 

そう考えたときに、商品知識は「最低限あればいい。」そう思っている人も少なくないようです。

 

でも、はっきりいいます。

 

「商品知識が最低限あればいい時代」はもう終わっています。

 

っていっても、僕自身アフィリエイト歴がまだ1年半くらいなのでたいして偉そうなことは言えないのですが(笑)

 

ただ、アフィリエイトで結果を出そうとするならば、つまり、あなたのサイトを上位表示させるためには「他のサイトにない情報を入れる」必要があります。

 

そうしたときに。

 

どうしたらライバルサイトと差別化が図れるでしょうか?

 

・デザインの凝ったサイト?

 

もちろんそれもそうでしょう。

 

でも、それには、それなりのセンスやスキルが必要ですし、外注するにはお金もかかります。

 

・漫画風?

 

かなり効果的ですね。

 

サイトを見る人にとって、「文字だけの情報を見る」というのはかなり苦痛です。

 

個人的な話で申し訳ないのですが、僕の彼女も、文字だけの情報とかはあまり好きでないみたいであまり読んでくれないです(笑)

 

そのように。

 

文字だけの情報を嫌う人は多いので、漫画コンテンツがあればかなりの差別化が図れるといえます。

 

ただし、それもセンスやスキル、外注するならお金がかかります。

 

・体験談?

 

これはいまや、あまり差別化とは言えないですね。

 

体験談を載せるサイトはかなり増えているので、いまや、体験談をサイトに載せるのはある種「最低限」ということができます。

 

では、ライバルサイトと差を付けるにはどんな方法がベストなんでしょうか?

 

ライバルサイトとの差別化には商品知識が最強

 

なんです。

 

これは僕自身、かなり痛感していることです。

 

何回か書きましたが、僕自身は、まだサイトアフィリエイトを始めて1年半と少し。

 

決して、アフィリエイト歴が長い方とは言えません。

 

つまり、「経験値」としてはあまり多くはないでしょう。

 

でも、僕が他の方に負けないと思っている部分は商品知識です。

 

もちろん、別になにかの専門資格を持っているわけではありません。

 

自分が扱っている商品について徹底的に勉強して、その内容をサイトにアップしています。

 

それだけで、ライバルサイトとの差別化が顕著に図れます。

 

もし、あなたが、

 

ライバルサイトとの差別化を図りたい

 

 

オリジナルコンテンツを強化したい

 

そう思うのであれば、ぜひ「商品知識の向上」というのを意識してみてください。

 

ただ、その際、注意しないとならないことがあります。

 

それは・・・

 

トップページにあまり情報を詰め込みすぎないこと

今回お伝えしている、「ライバルサイトとの差別化は商品知識で図れ」という内容は、正直、誰かに教わったことではなくて、僕自身がテストにテストを重ねてわかったSEO対策です。

 

だから、僕自身。

 

かなりの失敗も繰り返しました。

 

特に顕著な失敗が、トップページに情報を詰め込みすぎたことです。

 

「商品知識でライバルサイトとの差別化を図ろう」

 

と思ったのは今年の1月頃。

 

去年の12月まではバリバリブラックSEOでやっていて、自演リンクを貼ってサイトを上げていました。

 

でも、これは僕の実感値なんですけど、今年になってから自演リンクが上がりにくくなっているように思えます。

 

少なくとも、かなり上下動の並が激しくなっているように思えるんです。

 

だから、その対策として、今年の1月。

 

「商品知識でライバルサイトと差別化を図ろう。」

 

そう思ったんです。

 

で、最初にやったのがとにかくトップページに情報を詰め込むことでした。

 

自分なりにネットで調べた内容を、トップページに詰め込んでサイトをアップロードしていたのですが、全然効果がありませんでした。

 

そこで、今年の4月くらいから、商品知識の細かい情報を個別ページで解説するようにしたら、その施策がピタッとはまって、サイトが上位表示するようになりました。

 

つまり、商品知識をサイトに載せる上での注意点としては、トップページに情報を詰め込みすぎないことです。

 

商品知識はどうやって集めるの?

 

初心者a子

たしかに、私はそこまで商品知識をサイトの中に入れてなくて、「薄っぺらいサイト」になっていたと思います。

でも、apaさん。

残念ながら私、扱っている案件が美容案件なんですけど、化粧品の成分とかそういう専門知識はぜんぜんないんですよ。

そういう場合はどうすればいいんですか?

 

 

apa

商品知識を集める方法は主に3つあります。

すごく簡単で、誰にでもできる方法なので、ぜひ実践してみてください。

 

商品知識を集めるのはすごく簡単です。

 

ただし、注意しないとならないのは、ネットで得られる情報です。

 

これだけはとにかく注意が必要で、どんなに一生懸命情報を集めても、ネットだけで情報収集を完結してしまうと、結局、差別化にはならないんです。

 

いうなれば、「自己満足」で終わってしまうリスクがあります。

 

あなたが扱う商品の知識を集めるには以下の3つを意識してやってみてください。

 

本で情報収集

とにかく、これが最強です。

 

正直、本で商品知識の情報を集めるのは手間がかかります。

 

お金がかかります。

 

時間もかかります。

 

本で情報を集めることは

 

  • 時間
  • お金
  • 労力

 

この三重苦が乗ってきます。

 

一見、非効率なように思えますが、これがいいんです。

 

他の人はやらないんです。

 

僕も、アフィリエイトをはじめてからそれなりにたくさんの人たちと会って話してきましたけど、僕と同じように、本で情報を収集しているという人に会ったことがありません。

 

いても、ネットで情報を収集している人くらい。

 

だって、本で商品知識の情報を集めようとしたら、お金も労力も時間もかかるから。

 

でも、それがいいんです。

 

本で書いてある情報はかなり事細かに、その上「お金を払って得られる情報」なのでわかりやすく解説されています。

 

その上、他のサイトには載っていない情報なので、どこよりも詳しく情報を書くことができます。

 

アフィリエイトサイトでライバルサイトと差別化を図りたいなら、本で情報を集めることが一番です。

 

まぁ、このやり方が浸透してしまうと、それも差別化ではなくなってしまうんですけど(笑)

 

しばらくは大丈夫だと思います。

 

案件セミナーに参加

ASPに登録していると、ちょくちょく「案件セミナーの誘い」メールがきませんか?

 

僕は副業時代。

 

ほとんどそうしたメールは無視していました。

 

なぜなら・・・

 

「案件セミナーで紹介されると、一緒に参加しているライバルとの競い合いになる。どうせ俺じゃ、勝てないだろう・・・」

 

そう思っていたからです。

 

でも、杞憂でした・・・。

 

僕の場合は、専業になってから案件セミナーに参加するようになりました。

 

それがすごく勉強になるんです。

 

僕の扱う案件は主に美容案件なんですけど、どの成分がどのような効果をもたらすというのが事細かに解説されます。

 

案件セミナーは、圧倒的に商品知識を付ける大チャンスなんです。

 

さらに、質問をすることができるので、その案件に直接関係なくても成分の勉強になります。

 

ちょっとわかりにくかったですね・・・

 

例えば、あまり好ましくないですが、Aという案件アフィリエイトしようとして、似た成分が配合されているBという案件のセミナーに参加する。

 

そこで、成分の質問をすれば、Aという案件の商品知識が集められることになります。

 

具体例を出すと、コラーゲン。

 

ある案件のセミナーに参加して、正直、その案件をアフィリエイトするつもりはなかったのですが(笑)

 

コラーゲンについて深い知識が学べそうだったので、案件セミナーに参加したら大当たり。

 

だいぶ、コラーゲンについての知識が深まりました。

 

とにかく。

 

何かしら案件セミナーに出ると、成分の勉強になります。

 

ぜひやってみてください。

 

商品サンプルから知識を得る

もうひとつおすすめなのが、商品サンプルから知識を得ること。

 

商品サンプルについてくる、取扱説明書にはちょくちょく、配合されている成分についての解説が書かれています。

 

これを熟読して、実際に自分のサイトに書くだけで相当商品知識が高まります。

 

商品サンプルをもらったら試すだけじゃなくて、ぜひ、解説書にも目を通してみてください。

 

アフィリエイトの商品知識の集め方まとめ

 

初心者a子

なるほど。。。

そんな特別なことをしなくても、商品知識を集めることはできるんですね!

 

  • 本で学ぶ
  • 案件セミナーで学ぶ
  • 商品サンプルで学ぶ

 

それでライバルサイトとの差別化が図れるならいいですね!

 

apa
むずかしいことではなくて、誰にでもできることなので、ぜひ実践してみてください。

 

アフィリエイトにおいて「差別化」は必要不可欠です。

 

それはつまり、「商品知識の必要性」にも繋がっています。

 

ぜひ、今回の3つ。

 

実践してみて下さいね(^^)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です