メルマガ登録フォーム

【すべり台理論】アフィリエイトサイトに悪い口コミは載せていいの?

すべり台で遊ぶ女の子
apa

こんばんは!

apa(あぱ)です(^^)

今日は、 『情報の取捨選択』について書いていきます。

あなたは、自身のアフィリエイトサイトをつくっていく中で。

「どこからどこまでの情報を載せていいのか?」

悩むことはありませんか?

実際、アフィリエイトサイトって、そういうところがむずかしかったりするんですよね。

どの情報をどれだけ載せていいのか?という問題。

僕自身、本当に悩むことがあります。

自分だけの日記ではなくて。人に見てもらうことが前提となるものなので、だからこそ、悩んだりするものです。

今日の投稿では、そんな情報の取捨選択について書いていきます。

 

載せていいの?

モン吉
あぱさん、ぼくね、どうしてもわからないことがあるんだ。

 

apa
なんだい?モン吉くん。

 

 

モン吉

うん・・・

ぼくね、がんばって、アフィリエイトサイトをじぶんでかいてつくってるんだけどね。

ふときになっちゃったんだ。

「どこからどこまでの『じょうほう』をのせていいんだろうな?」

って。

 

 

apa
っていうと?

 

 

モン吉

うん・・・

ほら、まえにあぱさんからおしえてもらったみたいに。

アフィリエイトサイトって、「くちこみ」をのせることがだいじなんでしょ?

 

 

 

apa

そうだね。

アフィリエイトサイトには口コミを載せるのが、必要不可欠と言えるかもしれないね。

 

 

 

モン吉

でしょ?

でもね、きになっちゃったんだ。

「そのしょうひんのわるいくちこみ」とかをのせちゃうと、よんでるひとは、そのしょうひんをかいたくなくなっちゃうんじゃないかな?って。

 

 

 

apa

さすがモン吉くん!

ただ、情報を載せるだけじゃなくて、常に現状に疑問を持ちながら進めるっていうのは大事なことだね!

 

モン吉
えっへん!

 

 

apa

うん・・・

確かに、どこからどの情報を載せていいか?

っていうのは悩ましい問題だよね。

特に、悪い口コミを載せちゃったら、買わなくなっちゃうかもしれないっていうのは、悩ましいところだよね。

 

モン吉
だよね・・・

 

 

あなたはどうですか?

自身のアフィリエイトサイトで。

 

「どこからどの情報までを載せていいのか?」

 

と悩むことありませんか?

 

僕なんかはしょっちゅうあります(笑)

 

特に、悪い口コミがそう。

 

どんなに人気の商品であっても。

 

多かれ少なかれ、悪い口コミというのは出てくるもの。

 

そういうのを載せるか載せないか?

 

悩むところです。

 

例えば、せっかくある商品を買おうと思って。

 

Googleで検索したのに。

 

サイトの中に、

 

「○○(商品名)は全然効果ありませんでした・・・」

 

なんて口コミがあったらどうですか?

 

購入を躊躇してしまいますよね?

 

そんな感じで。

 

悪い口コミっていうのはそれだけ影響力があるものなんです。

 

でも、アフィリエイトサイトには口コミを載せることが重要と言われる。

 

果たして、どこからどこまで情報を載せていいのか?

 

っていうのは悩むところです。

 

それは、口コミに限らず、どの情報に関しても同じ事が言えますよね。

 

悪い口コミは載せるべきなの?

 

 

 

モン吉

ねぇ!どうなの?

けっきょく、「わるいくちこみ」はのせるべきなの?

それとも、やっぱり、

「くさいものにはフタをするべき」

なの?

おとなのとくいな「しゅだん」なんでしょ?

 

 

 

 

 

apa

『臭い物に蓋をする』

なんてむずかしい言葉、よく知ってるね・・・

でも、そうだね。

確かに。

悪い口コミを載せないっていうのは、なんだか汚いものを隠すみたいな背徳心はあるかもね。

 

 

apa
結論から言うと、僕は悪い口コミもサイトの中に載せてるよ。

 

 

モン吉

ふぇ?

そうなの?

それじゃあ、しょうひんはうれなくなっちゃうんじゃないの?

 

 

apa
そうかもね。

 

モン吉
そうかもねって・・・

 

 

apa

でも、まず、原点に返って考えてみようよ。

「悪い口コミを載せる」っていうのは、なんのためなの?

 

 

 

モン吉

へ?

なんのためって・・・

そりゃあ、ほかのひとたちがいいっていってたからだい!

 

 

apa
いや、そうなんだろうけどさ・・・

 

これは、僕が考えることなので。

 

もしかしたら批判もあるかもしれません。

 

あくまで僕の見解として受け取っていただけるとありがたいのですが・・・

 

「悪い口コミを載せる」っていうのは、極端な話を言うと・・・

 

Googleに評価されるため

ですよね?

 

モン吉くんの言っているように。

 

悪い口コミを載せると、それを見た読者が購入を躊躇してしまうかもしれません。

 

ただし・・・

 

やっぱり、Googleは、悪い口コミも含めて、

 

「幅広い情報を載せるサイト」

 

の方が評価しているように思えます。

 

まぁ、それはつまり、ユーザーが悪い口コミの情報を求めているからということなんですけど。

 

紛らわしい話なんですけど、ここがかなり重要です。

 

  1. ユーザーは悪い口コミを含めて、その商品のあらゆる情報を求めている。
  2. 結果、Googleは悪い口コミも含めていろんな情報を載せているサイトを評価する。
  3. だから、悪い口コミも載せる方が順位が上がりやすい。

 

ということが言えると思います。

 

何度も言いますけど、あくまで僕の持論です(笑)

 

SEOの権威の方からすると、僕のこの考えは一蹴されてしまうかもしれません(笑)

 

 

要は。

 

悪い口コミだから載せる載せない、ではなくて、あらゆる情報をユーザーは求めている。だからこそ、悪い口コミを含む、あらゆる情報を載せる際とが評価される。

 

という話なんです。

 

そう考えると、

 

悪い口コミも載せるべき

ということになります。

 

でも、そうなってくると、問題になるのが・・・

 

だから!

「わるいくちこみ」をのせちゃうと、ゆーざーさんはかってくれなくなるんじゃないの?

 

ということ。

 

これまた、結論から言うと・・・

 

情報を精査するのは上位表示してからの話

です。

 

確かに、悪い口コミを載せると、その商品がどんなに魅力的であっても。

 

売れなくなってしまうかもしれないリスクがあります。

 

けれど、はっきり言うと、

 

上位表示していなければそこまでの影響力はありません。

 

まだ、検索結果圏外とか、100位とかなのに。

 

初心者a男
悪い口コミを載せると、商品が売れなくなってしまうよ・・・

 

って考えるのは、早すぎますよね?

 

逆に。

 

どんなにその商品の悪い情報であっても。

 

載せた方が上位表示できるのであれば、最初の内はガンガン載せるべきだと思います。

 

ただ、もちろん、

 

なんの情報を載せてもいいというわけでもない

 

です。

 

この文章を書いていて思いだしたのですが・・・

 

副業時代、あまりにも上位表示できなくて、自暴自棄になったのを思い出しました。

 

あの手この手を尽くしたのに、全然上位表示できなくて・・・

 

「じゃあ、どうしたら、上位表示できるんだよ!」

 

と、苛立って。

 

ついに・・・

 

このサイトは、アフィリエイトサイトです。

もし、このサイト経由でこの商品を購入すると、僕に報酬が入るシステムになっています。

 

みたいなことを書いてしまいました(笑)

 

ヒドイ話ですよね?(笑)

 

でも、そんなの関係ないんです。

 

その当時、僕のそのサイトは検索結果100位くらいでした。

 

ぶっちゃけて言うと。

 

検索結果が低い状態では、何をいっても読者には届かない。

 

んです。

 

僕はこのことを、勝手に、

 

すべり台理論

と名付けています。

 

例えば、知り合いにドッジボールのボールを投げるとき。

 

相手が100m離れていたらどうします?

 

普通に投げたら、全く届かないですよね?

 

よっぽど方のいい人でなければ。

 

じゃあ、その100m離れた相手にボールを届けるにはどうすればいいでしょうか?

 

 

例えば、よく。数字の理論はわかりませんけど。

 

100mの高さのすべり台から転がしたらどうでしょうか?

 

きっと、100m離れた相手にも届くんじゃないでしょうか?

 

平地で。

 

どんなに力を込めて、ボールを投げても、きっと相手には届きません。

 

きっと、何年も何年も体を鍛え続けて、トレーニングをすれば。

 

100m先の相手にも、ボールは届くかもしれませんけど。

 

それは、もう、途方のない話ですよね。

 

ところが。

 

辺りを見渡して、100mの高さのすべり台があって。

 

そこから転がせば。

 

重力の力を借りて、スルスルスルスルと100m先の相手にもボールが届くようになります。

 

これって、何も例え話ではなくて。

 

すごく現実的な話。

 

「ものすごい権威的な人の話」

 

がまさにそうですよね。

 

シンプルな例で言うと、安倍首相。

 

もちろん、安倍首相はすごい方なんですけど、全知全能の神というわけではないですよね?

 

安倍首相だって、知らないことはたくさんあるでしょうし、完璧なトーク術を持っているわけでも、心理学にも長けているわけではないと思います。

 

 

それでも。

 

安倍首相の発言には力があります。

 

それはやはり、すべり台理論。

 

高いところにいるから、その発言が、まるで重力の力を借りるかのように。

 

意味を持つんです。

 

影響力を持つんです。

 

それと、アフィリエイトサイトも全く同じ。

 

検索結果100位の地点で。

 

どんなに、

 

「この商品いいですよ!」

 

とか、

 

「この商品買った方がいいですよ!」

 

って言っても、誰にも届きません。

 

届くかもしれませんが、そんなのすごく限られています。

 

その、検索結果100位の地点でいかに「商品を売れるか?」

 

を考えるよりも。

 

いかに検索結果を上位に上げて、その時点で「いかにして商品が売れるか?」

 

を考える方がよっぽど大事です。

 

話を戻して。

 

悪い口コミを載せるのも載せないのも。

 

検索結果が低い地点で、大きく考える問題ではない。

 

んです。

 

言うなれば、僕が自暴自棄になって、検索結果100位の時に、

 

このサイトはアフィリエイトサイトです。

 

と言ったのも、正解でも不正解でもないんです。

 

検索結果が低いときは何を言っても、書いてもいいんです。

 

極端な話ですよ。

 

もちろん、人を愚弄したり、陰口、悪口を言ったりするのは、絶対にNGです。

 

検索結果が低い地点で考えるべきは。

 

「ユーザーがこのサイトで買ってくれるかどうか?」

 

ではなくて。

 

いかに検索結果上位に立てるかどうか?

ということです。

 

この情報を載せていいかどうか?

 

と考えるのは、上位表示してからです。

 

情報を精査するのは検索結果1ページ目に入ってからくらい

で、いいと思います。

 

悪い口コミを載せたら売れる売れないを考えるのもそのあとの話。

 

正論を言えば。

 

本来は、悪い口コミも含めてきちんと載せることが、アフィリエイトサイトの正しい形だと思います。

 

でも、どの情報を載せるか載せないか。

 

精査するのは、とにかく1ページ目に入ってからの話です。

 

検索結果が低い地点で、情報を載せる載せないを考えるのはあまり意味がありません。

 

まずは、検索結果上位に立つために必要なことはすべてやる

くらいの覚悟と決意と行動力が必要です。

 

もし、この記事を読んでくださっているあなたが。

 

モン吉くんと同じように。

 

「悪い口コミを載せるべきかどうか?」

 

情報の精度で悩むことがあるのであれば。

 

すべり台理論。

 

平地で100m離れたい相手にボールを投げるよりも。

100mのすべり台から転がした方がボールは相手に届きやすい。

 

この考え方で、まずは上位表示することを考えることがおすすめです。

 

できることはすべてやる。

 

若干根性論的な話になりますが、そのくらいの思い切りが大切だと思います。

 

情報の精度まとめ

 

モン吉

そうなのか・・・

 

  • 検索結果上位でなければ、情報を載せる載せないを考えてもあまり意味はない。
  • まずは検索結果上位に表示させるために必要なことはすべてやる。
  • 情報を精査するのは検索結果1ページ目にきたくらいで大丈夫。

 

ということなんだね。

 

 

 

apa

そうだね。

実際、僕もそうしてるんだけど。

やっぱり、まず、アフィリエイターが考えるべきは、検索結果上位に、サイトを上げることであり。

発言力っていう観点で言うと、すべり台の上に立ってボールを投げるような。

重力の力を使うような。

そんな気持ちで、まずは上位に表示させてから、文章の精度を高めることが大事なんだろうね。

 

 

モン吉

よくわかったよ!

よーし!ぼくもサイトをじょういひょうじさせるために、できることはぜんぶやるぞー!

まずは・・・

 

 

apa
ま、まさか・・・!

 

モン吉
「スベリダイ」であそぶんだい!!

 

ビューン!!

走り去るモン吉くん・・・

 

 

apa

だから、違うってモン吉くん!!

って、行っちゃったよ・・・

本当にすべり台で遊んでどうするんだよ・・・

もう・・・

 

すべり台

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です