メルマガ登録フォーム

【中古ドメインは楽?】中古ドメイン×コンテンツ×努力×継続=○○条件

楽する女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『中古ドメインでは楽できない』ということについて書いていきます。

この記事は、最近僕自身が中古ドメインを取得しようとして思ったことです。

たぶん、本文内でもこのあと書くと思うんですけど、

「お!この中古ドメインの数値スゴイ!」

と思って過去の利用歴を見てみると、すでにアフィリエイトサイトで使われていたりします。

そう考えると、不思議になります。

「なんでこのドメイン手放しちゃうんだろう?」

でも、コンテンツを見れば一目瞭然。

「中身」が伴っていないんです。

ある種当然のことですけど、中古ドメインを使っても「楽」することはできません。

あくまでも中古ドメインは、「上位表示にひとつの鍵」にしか過ぎません。

今回の記事では、そんな中古ドメインの運用について書いていきます。

apa
中古ドメインは起爆剤にはなるかもしれませんけど、楽する要因にはなりません。

 

中古ドメインで上位表示できないのはなんで?

超初心者p子
ちきしょー!なんでだよ!!

 

 

apa

どうしたんですか?

今日はなにに怒ってるんですか?

 

 

 

超初心者p子

apaさん。

クソ!

 

 

 

apa

え?

なにがあったんですか?

 

 

超初心者p子
おかしいんですよ!

 

apa
なにがですか?

 

超初心者p子
中古ドメインを使ってサイトを作っているのに、全然上位表示できないんですよ。

 

 

apa

サイトの上位表示ですか・・・

確かに、一筋縄ではいかないですからね・・・

 

 

 

超初心者p子

でも、apaさんは、

「中古ドメインを使えばバンバン上位表示してジャンジャン稼ぐことができるから、ドンドン中古ドメインを使った方が良い。」

ってよく言ってたじゃないですか?

 

 

 

apa

脚色が過ぎますよ・・・

そんなこと言ってませんよ。

 

 

超初心者p子
なぬ?

 

 

apa

確かに。

中古ドメインがサイトの上位表示の起爆剤になることはあるかもしれませんが、

コンテンツが伴っていないと上位表示することはありませんよ。

 

 

超初心者p子
ええ?!

 

さすがに。

今、アフィリエイトをやっている方の中で、このp子さんと同じような考えを持っている方はいないと思うんですけど・・・

 

最近、中古ドメインのパワーがますます注目されていますけど。

 

中古ドメインを使ったからと言って、必ず上位表示するとは限りません。

 

そういうと、中古ドメインは「取得」、「選定」だけでも大変なのに、気が滅入ってしまいそうな気もするかもしれないんですけど・・・

 

確かに、中古ドメインのパワーそのものはサイトの上位表示に大きく影響するのは確かです。

 

ですが、どんなに強い中古ドメインを使っても、コンテンツが伴っていないと上位表示することはありません。

 

中古ドメインのパワーを活かすコンテンツ

 

超初心者p子

そんなの聞いてないですよ!

強い中古ドメインは取得してサイト運営をすれば必ず上位表示するのかと思っていましたよ。

 

 

 

apa

うーん、残念ですけど、それはないですね。

今のGoogleのアルゴリズムでは、「ユーザーの利便性」がかなり重視されているので。

仮に、中古ドメインのパワーで上位表示することができたとしても。

ユーザーが利便性を感じなくて、すぐにサイトから離脱してしまうようだと、

上位表示を維持することができなくなってしまいます。

 

 

超初心者p子
そんな~・・・

 

冒頭でも書いたように。

ここ最近、強い数値の中古ドメインが放たれていることがあって。

取得しようとして、過去の運用歴を見てみると。

すでにアフィリエイトサイトやアダルトで運用されていたりします。

 

今までは、アフィリエイトサイトやアダルトで使われていたら、その中古ドメインは取得していなかったのですが。

ここ最近は、そういうドメインでも数値が強ければとりあえず取得するようにしています。

 

ただ、ここ最近なので、それで上位表示できるかどうかはわからないんですけど・・・

 

でも、その度に不思議に思います。

 

「なんでこの中古ドメイン放出されてるんだろう・・・?」

 

と。

 

それだけ強い値の中古ドメインなのに、使わなくなって手放してしまっている。

 

そんな状況を顧みると、中古ドメインの持ち腐れという結論に至ります。

 

中古ドメインの持ち腐れ

当然のことですけど。

どんなに基準の高い中古ドメインを取得したとしても。

それに伴うだけの「中身」がないと上位表示できません。

 

これは感覚的な話なので、どこまで言葉で表すことができるかわからないんですけど。

 

中古ドメインとコンテンツって器と中身だと思っています。

 

中古ドメインが器でコンテンツが中身。

 

どんなに、中身がいいものを詰め込んでも。

つまり、コンテンツがしっかりとしていても。

 

それを受け入れる器、中古ドメインの質が弱ければ、器は割れてしまいます。

もしくは、中身を受け取りきれずにあふれてしまいます。

 

だから。

 

どんなにコンテンツがいいサイトでも。

中古ドメインの数値が弱ければ、器に収まりきらず上位表示することがありません。

 

反対にどんなに器が大きくても。

つまり、どんなに数値の高い中古ドメインを持っていても。

その器の中が空っぽだったら。

つまり、中身がなにも入っていなかったら、コンテンツが何も詰まっていなかったら、

注目されるのは「器の大きさ」だけであって、結局人に注目されることはありません。

 

中古ドメインを使ったサイト運営は特にこの、

「器」と「中身」のバランスが大事だと考えています。

 

そう考えたときに。

 

いくら強い中古ドメインを取得しても。

コンテンツが薄かったら上位表示できないんです。

 

前述のように。

数値は高いのに、過去アフィリエイトサイトで運営されていた中古ドメイン。

そういうのを見ると、確かにコンテンツ、中身が薄いのが多いです。

 

まさにこれが、中古ドメインの持ち腐れ状態です。

 

少し前なら、それでもよかったかもしれません。

 

中古ドメインの数値が高ければ。

 

その中古ドメインに被リンクをあてて。

 

ある程度コンテンツを詰め込めば、それがツール記事であっても上位表示できたかもしれません。

 

でも、今は。

 

仮に同じやり方で上位表示できたとしても。

 

上位を維持し続けるのはかなりむずかしいです。

 

本当に。

 

今のアフィリエイトにおいては、中古ドメインの数値とコンテンツの質のバランスが重要だと思います。

 

では、中古ドメインの数値に関しては。

 

これまで、このブログで何回か解説してきましたので割愛しますが。

 

https://affilife.org/category/site-affiliate/old-domain/

 

コンテンツの質はどのように高めていけば良いのでしょうか?

 

これもこれまで書いてきたことと内容はかぶるのですが・・・

特に重要と思われる部分をピックアップして書きます。

 

ユーザーの役に立つコンテンツ

こんなの。

今更僕が書くまでもないことなんですけど(笑)

 

本当に、今はユーザーの役に立つコンテンツが重要視されているように思えます。

 

言い方を変えると、

 

付け焼き刃の知識では通用しない

 

というのが現状だと思います。

 

このサイトでも何回か書いていますけど。

 

今のアフィリエイトでは本当に「知識」が必要不可欠だと思います。

 

僕も。

 

アフィリエイトの作業はもちろん毎日していますが。

 

同時並行で、知識の蓄積もしています。

 

それはアフィリエイトの知識もそうですけど。

 

商品知識もそうです。

 

どの成分がどういう効果をもたらすのか?

 

体や皮膚の構造はどうなっているのか?

 

今のアフィリエイトではそういう知識がないと太刀打ちできないと思います。

 

化粧品を扱うにしても、前提となる美容知識がないと通用しませんし。

 

ダイエットサプリを扱うにしても、体のことをよく知っていないと、良い記事を書くことはできません。

 

本当に付け焼き刃のコンテンツは通用しなくなっています。

 

もちろん、それは大前提の話なので。

 

知識を付ければ「ユーザーの役に立つコンテンツが書けるようになる。」とは限らないんですけど。

 

あくまでそれが、前提。

 

アフィリエイターがしっかりと知識を付けて。

 

その上で、ユーザーの役に立つコンテンツを提供しないと。

 

中古ドメインの持ち腐れの状態が発生してしまうと思います。

 

ライバルサイトチェック

これも、このブログでは何回も書いていますけど。

ライバルサイトチェックはかなり重要です。

 

Googleは、アルゴリズムを公表はしていません。

 

だから、何をすれば上位表示するのか。

 

何をしたら順位が下がってしまうのか。

 

というのはわからないところですけど。

 

ある種、上位表示の正解は常に表出しています。

 

ライバルサイトですね。

 

特に狙うキーワードで1ページ目にいるサイトというのは、

 

「何らかのGoogleのアルゴリズムの正解を見出しているから。」

 

ということになります。

 

だから、ライバルサイトを研究することは上位表示には必須です。

 

かといって。

 

そこでライバルコンテンツをパクってしまうとなにも意味がありません。

 

上位表示しているサイトが、なんで上位表示しているのか?

 

ということを自分なりに、見解、検討をして、自分だけのオリジナルコンテンツで上位表示を目指していかないと意味がありません。

 

ライバルサイトの自分なりに研究して、決してパクることなく自分だけのオリジナルコンテンツで上位表示を目指すことが、中古ドメインの強みを活かす最大の秘訣だと思います。

 

努力が大切。楽しても上位表示できない

結局はそこに行き着きます。

 

確かに。

 

中古ドメインのパワーは強力です。

 

僕も全部のサイトを中古ドメインで運用しているので思うんですけど。

 

中古ドメインを使って楽して上位表示しようという考え方は捨てた方がいいと思います。

 

中古ドメインは、あくまでも上位表示の必要条件であって絶対条件ではありません。

 

中古ドメインを使えば、中古ドメインを使ったから、それだけで上位表示するなんてことはありません。

 

要は楽して上位表示はできないんです。

 

中古ドメインを使ったサイト運営でも、努力は必要不可欠です。

 

さらに卑しいことに。

 

中古ドメインは絶対条件ではなくて必要条件。

 

だけど、

 

中古ドメイン×コンテンツ×努力=上位表示の絶対条件

 

・・・ではなくて。

 

中古ドメイン×コンテンツ×努力=上位表示の必要条件

 

です。

 

中古ドメインを使って良いコンテンツをつくって、さらに努力をして。

 

それでも、上位表示できるとは限りません。

 

とにかく。

 

上位表示のポイントはアルゴリズム変動の関係でちょくちょく変わりますし。

 

絶対的な条件って言うのはないと思います。

 

だから。

 

上位表示の絶対条件っていうのはないと思いますし、少なくとも僕にはわからないんですけど・・・

 

中古ドメイン×コンテンツ×努力×絶対に諦めない継続=限りなく絶対条件に近い必要条件

 

のような気が勝手にしています。

 

それもまた、曖昧で、ハッキリとしたことは言えないんですけど。

 

少なくとも。

 

それで成果に繋がるかどうかはわかりませんけど。

 

いずれにしても。

 

アフィリエイトで成果を出し続けるためには。

 

中古ドメインによる運用だけじゃなくて。

 

コンテンツだけじゃなくて。

 

努力だけじゃなくて。

 

絶対に何があっても諦めない、やめない、やり続ける、絶対に折れない継続

 

というのが必要な気がします。

 

まとめ

 

超初心者p子

そういうことですかい・・・

 

  • 中古ドメインのパワーだけでは上位表示できない
  • コンテンツも必要になる
  • 中古ドメイン×コンテンツ×努力×継続は最低限必要

 

ということですね。

 

 

 

apa

そうですね・・・

僕自身、サイトアフィリエイトはまだ見えない部分、わからない部分は多々あるのですが・・・

最低限、それらは必要なような気がします。

 

 

 

超初心者p子

わかりました。

うーん・・・

 

apa
??

 

 

超初心者p子

「努力」と「継続」はわたしが一番苦手としているところなんですけど・・・

なんとかまかりませんかね?旦那!

 

 

apa
・・・僕に言わないでくださいよ(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です