メルマガ登録フォーム

サイトの順位が落ちたときの行動。悔しさをバネに行動?

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『悔しさを行動力に』について書いていきます。

アフィリエイトのサイトの順位が下がってしまったとき、あなたはどのような対応をとっていますか?

順位が下がってしまったときの対応はひとによって全く異なります。

順位が下がったと言うことは、なにかが悪かったと言うことだから、急いで手を加える人もいれば、順位が下がったときはアルゴリズムの変動の可能性があるから手を着けずに様子見。

と言う方もいます。

どちらが正解ということもないんじゃないかと思います。

だけど、順位が下がったときの行動を決めるとき。

定説とか、理論とか、そういうのももちろん大事だけど、でも、気持ちとか気概とかそういう面も大事になってくると思います。

今日の投稿では、順位が下がったときの行動について書いていきます。

apa

精神的な話になってしまいますが、順位が落ちたときの行動は気持ちの面に目を向けるのも大事かもしれません。

 

順位が落ちたとき?

モン吉

ふー。

ごくらくごくらく。

 

apa

お!モン吉くん、気持ちよさそうだね。

なにしてるんだい?

 

モン吉

あ、あぱさん。

 

サイトのじゅんいがさがったからやすんでいるのさ。

 

apa

ん?

どういうこと?

 

モン吉

まえにしりあいのおにいさんが、じゅんいがさがったときはへたにうごかないほうがいい、っていってたんだ。

 

で、じゅんいがさがったから、ひとときのなつやすみをエンジョイしているっていうわけさ!

 

apa

うーん、たぶんそのお兄さんは、順位が下がったからといって休んでいいとはいってないと思うんだけど・・・

 

apa

でも、確かに。

 

順位が落ちたときは、下手に手を加えない方がいいっていうのはあるかもしれないけどさ・・・

 

それが定説かもしれないけどさ。

 

でも、やっぱりそれって、悔しくない?

 

モン吉

へ?

 

確かに、アフィリエイトサイトの順位が落ちたとき。

 

焦って行動しない方がいいっていうのはよく聞きます。

 

実際、僕自身副業時代、順位が下がって急いで手を加えて失敗することがたくさんありました(泣)

 

確かに、順位が落ちたときは焦って行動しない方がいいとは思います。

 

順位が下がったとき以外でも。

 

定説と言われるアフィリエイトテクニックはいろいろとあると思います。

 

だけど・・・

 

理論的にはその大切さはわかるんですけど。

 

 

悔しいとか

負けたくないとか。

 

そういう気持ち的なモチベーションも大事にした方がいいと思います。

 

感情優先のアフィリエイトをすればいい、というわけではないんですけど。

 

そういう感情面での意志決定も大切にした方がいいと思います。

 

悔しさを行動力に

モン吉

だってさ!

 

しりあいのおにいさんが、じゅんいがおちたときはなにもしないほうがいいっていってたんだよ!

 

ひていするつもりなの?

 

apa

いや、否定するつもりもなにも、そのお兄さんって誰よ・・・

 

apa

確かに、それもよくわかるんだけどさ。

 

でも、そのままなにもしなければ順位が落ちていく一方かもしれないよ。

 

それを指を加えて、ひとときの夏休みをエンジョイしていていいの?

 

悔しくないの?

 

モン吉

そりゃあぼくだってくやしいさ!

 

apa

だったら、その悔しさをバネに、できるだけのことはやってみたら?

 

定説

繰り返しますが、アフィリエイトでは数々の定説というのがあります。

 

電気をつくるなら電球をつくることからはじめてはならない。

エジソンの教えを無視してはならない。

 

そんな言葉があります。

 

アフィリエイトも同じで。

 

ゼロからアフィリエイトを、完全な独学ではじめるよりも。

 

誰かがすでに築いてくれているテクニックや知識を学んで活用した方が成果には近づきます。

 

そういう意味では、誰かに教わるテクニックや、知識。

 

ノウハウや定説っていうのは本当に大事だと思います。

 

でも、逆を言うと、アフィリエイトはそれだけでは稼ぐことができないと思います。

 

定説は数多くあれど、ノウハウは山のようにあるアフィリエイトですが、それだけで稼ぎ続けるのはむずかしいです。

 

仮に、順位が落ちたときには下手な行動はしない方がいい。

 

そういう定説があったとしても、

 

できるだけのことをしてみる

そういうことは大切だと思うんです。

 

今まで学んで、培ってきた知識やテクニック。

 

それも本当に大切なんだけど、それだけに頼りきるんじゃなくて。

 

定説に関係なくできるだけのことをやってみる。

 

例えば、順位が落ちたときに下手な手を加えない方がいいっていうのは、

 

「アップロードしない方がいい」

 

というだけなので、順位が落ちた原因を探るとか、ライバルサイトとキーワードの比較をしてみるとか、誤字脱字を修正してみるとか。

 

できることなんてたくさんあると思うんです。

 

できる限り、最低限の行動をとってみることが大切だと思います。

 

確かに、なにか下手なことをして順位が落ちたら悔しい。

 

下手なことをして順位が落ちたら悔しい

っていうのもよくわかります。

 

だから、僕も順位が落ちたときなんかはかなり慎重な動きになるんですけど、

 

だからといって、なにおしないのはもっと悔しいものです。

 

だからといって、なにもせずに負けるのはもっと悔しい

根性論的な話かもしれませんけど、やっぱりそういうの、あると思うんです。

 

理論的には手を出してはいけない。

 

一般論ではこうと言われていることがあったとしても、そういう悔しさとか。

 

気持ちとか気概も大切にしないとならないと思うんです。

 

行動力に繋がるなら

なんだかんだと。

 

アフィリエイトはテクニックやら知識はもちろん、山のようにありますけど、勇気とか行動力とかもものすごく大事だと思うんです。

 

そういう勇気や行動力みたいなものがないと、本当に意味でアフィリエイトをやり続けるのはむずかしいと思います。

 

悔しさを行動力に

で、そのアフィリエイトの行動力とか勇気とか。

 

そういうのを培うにはやっぱり悔しさを大事にした方がいいと思います。

 

順位が落ちたときは下手に手を加えない方がいい。

 

それ定説だったとしても。

 

それが、よく言われる技法、テクニック、ノウハウだったとしても。

 

悔しいという思いをバネに行動していっていいと思うんです。

 

もちろん、全部が全部そんな感情論ではまかり通りませんけど。

 

ときにはノウハウとかテクニックとかの枷を外して。

 

悔しさをバネにアクションしていいと思います。

 

失敗したら・・・

 

確かにそれは悔しいけど。

 

でも、ときにはそうして戦うのも、いいんじゃないんですかね。

 

まとめ

モン吉

そういうことなのか・・・

  • 定説やノウハウ、テクニックも大切
  • でも、アフィリエイトには勇気も大切
  • 悔しさをバネに行動してみるのも手

 

ということなんだね。

 

apa

そうだね。

 

もちろん、そういう根性論だけでは通じない場合もあるけど。

 

やっぱりそういう考えを持っておくことも、とっても大事だと、僕は思うよ。

 

モン吉

そうだよね・・・

 

わかったよ!

 

ぼくのなつやすみはきょうまでさ!

 

きょうからは、ふゆやすみにむけてかんばるぞ!

 

apa

モン吉くんのモチベーションは長期休暇なのかい?(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です