アフィライフメルマガ登録フォーム

【ムダ打ち?】初心者が取得しない方がいい中古ドメイン3つの基準+1

 

apa

こんばんは!

apa(あぱ)です(^^)

今日は、 『取得しない方がいい中古ドメインの選定基準』について書いていきます。

あなたは、中古ドメインのサイト運営、していますか?

中古ドメインの取得基準って。

本当にいろいろあるからわかりづらいんですよね。

何をもって、良質な中古ドメインと言えるのか?

どんな中古ドメインを取れば、上位表示できるのか?

イマイチわかりづらかったりしますよね。

で、試しに中古ドメインを取得してみたはいいものの。

全然上位表示できなくて悔しい思いをしたり。

僕自身、今まで何度もそういうことがありました。

それはもしかしたら。

「取得しない方がいい中古ドメイン」を取得してしまっていることが原因かもしれません。

今回はそんな、「取得しない方がいい中古ドメイン」について書いていきます。

 

中古ドメイン、わかんない・・・

超初心者p子
中古ドメイン、わかんない・・・

 

 

apa

どうしたんですか?

p子さん。急にぼやいたりして。

 

 

 

超初心者p子

あ、apaさん。

はい、うーん・・・

いやー・・・

ここ最近、ちょっと悩んでいまして・・・

 

 

apa
なんですか?

 

 

超初心者p子

いやー、わたし。

apaさんに教えてもらったとおり、中古ドメインでサイトを運用しているんですけど。

なんか、思ったようにサイトが上位表示できなくて。

なんだか、うまくいかないなー、って思うんです。

 

 

 

apa

なるほど。

確かに、中古ドメインの運用って、むずかしいですからね。

 

 

 

超初心者p子

そうなんす。

わたしなりのp子’s eyeで選定した中古ドメイン。

今のところ、鳴かず飛ばずなんですよね・・・

 

 

 

apa

なんですか、そのネーミング・・・(笑)

うーんでも、確かに。

「中古ドメインでサイトを運用すれば上位表示できる」というわけではないので、そこは本当に悩ましいところですよね。

 

 

 

超初心者p子

そうなんですよね・・・

うーん、いったいどうしたらいいんだろう・・・

 

 

apa

もしかしたら、p子さんが取得している中古ドメイン、

「取得しない方がいい中古ドメイン」

になってしまっているかもしれませんね。

 

 

 

超初心者p子

取得しない方がいい中古ドメイン?

そんなのあるんですか?

 

あなたはどうですか?

中古ドメインでサイトを運用していて。

思うように上位表示できないもどかしさを感じたりすること、ありませんか?

 

中古ドメインのサイト運用って。

 

意外と本当にむずかしかったりするんですよね。

 

簡単にできそうでいて、案外簡単にはできない。

 

そういうむずかしい面もあったりします。

 

僕も、アフィリエイト始めたての頃は。

 

うまいこと、中古ドメインで上位表示することができなくて悩んでいました。

 

中古ドメインの取得基準が悪いのか?

それとも、コンテンツが悪いのか?

 

その辺りのことが、明確にわかればまだいいんですけど、もちろん、そんなこともない。

 

だから、大変なんですよね。

 

稼いでいるアフィリエイターに見てもらうのが一番早かったりします。

 

「中古ドメインが悪いのか?」

それとも

「コンテンツの問題なのか?」

 

というのは。

 

でも、なかなかそんな、稼いでいるアフィリエイターに、自身のサイトを見てもらう機会なんて、そうそうあるものではないですよね。

 

だから、僕も。

 

とにかく、中古ドメインによるサイト運営は、何回も何回も失敗しました。

 

で、ようやく今になって。

 

ある程度、中古ドメインの選定基準みたいのが固まってきましたが。

 

その中で。

 

「取得しない方がいい中古ドメイン」というのがあります。

 

特に、裏ワザとかそういう話ではなくて。

 

考えてみれば当たり前のことなんですけど。

 

意外と見落としがちだったりするので。

 

今回改めて、そうした、

 

「取得しない方がいい中古ドメインの選定基準」

 

について書いていきます。

 

取得しない方がいい中古ドメインの選定基準

apa
p子さんはウェイバックマシンーン(Wayback Machine)って使ったことありますか?

 

超初心者p子
Wayback Machine?なんですかそれ?

 

 

 

 

 

超初心者p子

へ、へぇ・・・!

初めて知りましたよ!!

 

 

 

 

apa

白々しい・・・

しかも、

【もう迷わない】アフィリエイトの中古ドメイン取得方法

この話の中では、

 

 

超初心者p子

わたしもTLD好きだよ!

わたしが好きなのはSEAの方だけどね。

 

apa
とか言ってくせに・・・

 

 

超初心者p子

ん?

なんかいいましたか?

 

 

 

apa

い、いえ。別に何も・・・

と、とにかく。

 

 

 

apa

取得しない方がいい中古ドメインというのは、Wayback Machineでチェックすることになります。以前までの話と若干かぶる話もありますが、復習としてぜひ確認してください。

 

取得しない方がいい中古ドメイン例①:リダイレクトのかかっている中古ドメイン

まぁ、正直。

藪から棒なんですけど。

リダイレクトに関しては諸説がありますよね。

 

「リダイレクトがかかっている中古ドメインは取得しない方がいい。」

 

という論もあれば、

 

「リダイレクトがかかっていても上がるサイトは上がる。」

 

という意見もある。

 

なので、「リダイレクトがかかっている中古ドメインは絶対にとっちゃダメ」というわけではないのですが。

 

ただ、少なくとも。

 

初心者の間は取得しない方が無難かもしれません。

 

僕自身、今、改めて、リダイレクトのかかっている中古ドメインで上位表示するかどうか、テスト中なので。

 

そのテスト結果がわかったらまたここでシェアしますが。

 

とにかく。

 

リダイレクトのかかっている中古ドメインは取得しない方が無難です。

 

「リダイレクトがかかっているかどうか?」

 

というのはWayback Machineでみることになります。

 

Wayback Machineの使い方はこちらを参考に。

【もう迷わない】アフィリエイトの中古ドメイン取得方法

 

で、リダイレクトがかかっている中古ドメインというのはこのような画面になります。

 

リダイレクトのかかっている中古ドメインの画面

リダイレクトの中古ドメイン

 

繰り返しますが、絶対にリダイレクトがかかっている中古ドメインを取得してはならない。

 

というわけではないのですが。

 

このような画面が出てくる中古ドメインは。

 

特に初心者の間は取得しない方が無難かもしれません。

 

取得しない方がいい中古ドメイン例②:アフィリエイトサイトの中古ドメイン

同じく。

Wayback Machineで見てみて。

「過去にアフィリエイトサイトとして使われていた中古ドメイン」

は取得しない方がいいです。

 

ただ、これも諸説があって。

 

「以前にアフィリエイトサイトとして運用されていた中古ドメインでも上がる」

 

という意見もあったりするので、ややこしくなるのですが(笑)

 

以前にアフィリエイトサイトで運用されていた中古ドメインは。

 

「上位表示できなかったから手放した中古ドメイン」

 

の可能性が高いので。

 

これまた、初心者の間は取得しない方が無難と言えます。

 

過去アフィリエイトサイトで利用されていた中古ドメインの画面

アフィリエイトサイトの中古ドメイン

 

過去、アフィリエイトサイトとして利用されていた中古ドメインの画面はこんな感じ。

まさにゴリゴリのアフィリエイトサイトですね(笑)

 

絶対に上位表示できないとは限らないのですが。

 

少なくとも、初心者の間。

 

中古ドメインの取得になれていない間は、このような中古ドメインは取らない方がいいんじゃないかと思います。

 

取得しない方がいい中古ドメイン例③:過去の運用と異なる中古ドメイン

結局、さっきの。

 

「以前にアフィリエイトサイトで使われていた中古ドメイン」

 

と、概念は同じなんですけど。

 

アフィリエイトサイトではなくても。

 

過去の運用とガラッと変わっている中古ドメインがあったらそれも取得しない方がいいと思います。

 

サイトがガラッと変わっている。

 

ということは、

 

「運用者が変わっている」

 

という可能性が非常に高いです。

 

そうすると、サイトの評価が低下してしまう可能性もあるので、過去の履歴を見てみて。

 

大きく運用が異なっている中古ドメインは取得しない方がいいと思います。

 

過去の運用と大きく異なっている中古ドメインの画面

運用歴

 

正直、今回、過去の運用が大きく異なっている中古ドメインが都合良く見つからなかったので。

 

一応例として、上の画像を参考に。

 

画面上部のグラフのようになっているのがサイトの運用歴。

 

この運用歴が長いと、サイトの運営者や、サイトの中身そのものが大きく異なっている場合があります。

 

もちろん。

 

単純にひとつのサイトがずっと長く使われている可能性もあるのですが。

 

僕の経験上、それはあまり多くはないです。

 

むしろ逆に。

 

それだけ長くサイトが運営されていて。

 

一つのサイトだけで貫かれているのであれば。

 

それはかなり高評価の中古ドメインと言えます。

 

ただ、だいたいは過去の運用が大きく異なっているので。

 

このように。

 

運用歴が長い中古ドメインの取得には注意が必要です。

 

取得しない方がいい中古ドメイン例④:アダルトサイト

これについてはいい参考画像が見つからなかったので。

 

・・・っていうかあっても載せれないので(笑)

 

文面だけの話になりますが。

 

アダルトで過去、運用されていた中古ドメインは取らないほうがいいいです。

 

これまたむずかしいところで、

 

「アダルトで運用されていた中古ドメインは絶対に上がらないか?」

 

といわれると、これもそうとは言い切れないのですが。

 

いずれにしても。

 

過去に、アダルトで運用されていた中古ドメインは。

 

Googleからあまりいい評価を受けていない可能性があるので。

 

初心者は取らない方が無難です。

 

結局、中古ドメインは肌感覚

 

超初心者p子

なるほどね。

 

  • リダイレクトがかかっている中古ドメイン
  • アフィリエイトで使われていた中古ドメイン
  • 過去の運用歴と異なる中古ドメイン
  • アダルトサイトで使われていた中古ドメイン

 

は取らない方が無難なんすね。

 

 

 

apa

そうですね。

まぁ、絶対に上がらないというわけではないのですが。

初心者の間は取らない方がいいかもしれませんね。

でも、いずれにしても、中古ドメインは肌感覚な部分が強いので。

【乱打戦のその先】中古ドメインの「肌感覚」を養う3つの方法

まずはいろいろと試してみるのがベストだと思います。

 

 

 

超初心者p子

結局、そこに行き着くのね・・・(笑)

りょうかいです!

p子、がんばりますよ1

 

 

 

apa

がんばってください!

応援しています!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です