メルマガ登録フォーム

【節約】中古ドメインを安く買う裏技

喜ぶ女性

 

apa

apa(あぱ)です。

今日は、 『中古ドメインを安く買う裏技』について書いていきます。

あなたは中古ドメインを買うときに、どのようにして買っていますか?

僕自身、副業時代はとにかく安く中古ドメインを買うことに命をかけていました(笑)

でも、そのくらい、「安くていい中古ドメインを買う」ことは大事なことだと思っていたんです。

ここでは、副業時代から専業になった現在に至るまで。

共通して続けている中古ドメインを安く買う裏技について触れていきます。

中古ドメインを安く買う方法とは?

モン吉

どうしよう・・・

せっかくアフィリエイトをはじめたのにおかねがなくて、「ちゅうこどめいん」がかえないよ・・・

ぼくはアフィリエイトとをあきらめるしかないのかな?

apa

モン吉くん、前回もそうだったけど、あきらめるの、早いよね(笑)

【サルでもわかる】SIRIUSのサイトをエックスサーバーでSSL化する方法

大丈夫。中古ドメインを安く買う方法はいくらでもあるんだよ。

今回はその中でも僕がよくやっている方法を3つ紹介するね。

 

中古ドメインの取得の方法についてはこちらの記事で書いていますので、参考にしてください。

【もう迷わない】アフィリエイトの中古ドメイン取得方法

 

アフィリエイターをやっていると、特にそれが副業であればなおさら、「限りある資産」というのは常々気になるものです。

 

僕自身、そうでした。

 

副業でやっていたとき。

 

特にかなりの額の借金があったので、あまりお金が使えない。

 

でも、かといって。

 

僕のサイトアフィリエイトのやり方が中古ドメインを取得してそれでサイトをつくるというやり方だったので、中古ドメインを買い続けないとならない。

 

でも、中古ドメインの販売業者から買うだけの経済的余裕もない。

 

・・・そんな悪循環に陥っていました。

 

生活もかなり困窮で、毎日のご飯すらちゃんと食べれていませんでした。

 

副業のときは、

 

  • 朝食:ナッツorパン
  • 昼食:カップラーメン
  • 夜食:ドンキの200円くらいの冷食

 

そんな生活でした。

 

副業時代といっても、去年の話なので、生活はかなり苦しかったです。

 

といっても、いまだにその貧乏性は抜けない部分があるのですが(笑)

 

ともかく、そんな生活だったので、アフィリエイト関係にお金を費やすことはあまりできませんでした。

 

「この借金さえなければな・・・。」

 

何回、こう思ったかわかりません。

 

とにかく、そんな状態から這い上がるために、毎日アフィリエイト作業を粛々とやっていました。

 

そんな中で、なんとか中古ドメインのコストを抑えるためにやっていたことが主に3つあります。

 

中古ドメインの運用コストを少しでも抑えたいという方はぜひ参考にしてください。

 

TLDを.bizか.netにする

まずはコレ。

まぁ、裏技でもなんでもないんですけど(笑)

 

単純に.bizか.netだと安くていい中古ドメインが買える可能性があります。

 

TLDに関しては人によって考え方は基準が全く異なります。

 

『.bizや.netはダメ。やっぱり.comか.jpだけ。』

 

という人も多いと思います。

 

もちろん、その考えには僕も同意です。

 

でも、.bizや.netでも上がる可能性は十分あります。

 

特に、.bizに関しては、2~300円で買える激安ドメインとして、逆にアフィリエイターの中で敬遠されている節もありますが、僕が副業の時に。

 

はじめて30万円を越えたサイトも.bizの中古ドメインでした。

 

最近.bizでつくった中古ドメインのサイトも上位表示してそれなりに売り上げを出してくれています。

 

正直、去年に比べると.bizの上がり方があまりよくないな、と思いますが、アフィリエイト初心者で少しでも安く中古ドメインを買ってサイトを運営したい。

 

と思うのであれば、.bizはまだまだおすすめです。

 

さらに、.netもおすすめです。

 

.comと並列に扱われることも多いこのドメイン。

 

キャンペーンで、600円近くで買えることも多々あります。

 

通常は1,000円以上するドメインなので、.netが600円代キャンペーンをやっているときに、大量に仕入れておけば、かなり効率的にサイトの順位を上げやすくなります。

 

とにかく安くて良質な中古ドメインを買いたいなら.bizや.netがおすすめです。

 

レジストラはお名前.comもしくはバリュードメイン

レジストラ、つまり、ドメインを登録して、アフィリエイターに提供してくれる会社です。

 

レジストラはドメインを登録する事業者をいいます。ドメインのデータベースを管理しているレジストリに対して、新たなドメイン情報を登録する権限を持っているのがレジストラです。

出典:レジストリとレジストラ|ドメインの基礎知識|名づけてねっと


僕たちアフィリエイターはこの「レジストラ」を介して中古ドメインや新規のドメインを購入することになります。

 

ドメインの価格はこの「レジストラ」によって誤差があります。

 

僕は副業時代。

 

とにかく安く中古ドメインを買いたかったので(笑)

 

どのレジストラが一番安く中古ドメインを買えるのか、ずっと模索していました(笑)

 

お名前.comやバリュードメインの他に、スタードメインやFC2ドメイン、ムームードメインなど数多くのレジストラで価格比較しましたが、結果的には、お名前.comが一番安くドメインが買えました。

 

ただし、今年からはちょっと状況が違うようで・・・

 

月によっては、バリュードメインの方がお名前.comより安い場合もあります。

 

まぁ、とにかく。

 

中古ドメインを少しでも安く買いたかったらお名前.comかバリュードメインをチェックしてみてください。

 

どちらの会社も大元は同じGMOなんですけどね(笑)

 

お名前.comはメール通知が多い?

 

モン吉

でも、「おなまえどっとこむ」ってめーるでのおしらせがおおいんでしょ?

まえに、しりあいのおにいさんがそういってたんだ。

apa
確かに他社レジストラに比べればメール通知は多いかも知れないけど、そんなに気にならないと思うよ。

 

「お名前.comは安い。」

 

っていう声と同時に聞くのが、

 

「お名前.comはメール通知が多い。」

 

という声です。

 

僕も副業のときはよく先輩アフィリエイターからこのことを聞かされていました。

 

「お名前.comは更新時期が近づくとウザいくらいに知らせが来るからやめた方がいいよ。」

 

と。

 

でも、僕は当時、「背に腹は代えられない」と思って、お名前.comから中古ドメインを取得していました。

 

で、1年後どうなったか・・・?

 

全然お名前.comのメール通知は気にならない

 

です。

 

っていうのも、いま僕が使っているメールサービスはgmail。

 

さすがGoogleといわんばかりに、Gmailはいま、すごく便利になっていて。

 

そうした「業者からの知らせ」に関しては自動的にフィルタリングされて「ソーシャル」という項目に入ります。

 

つまり、受信ボックスには一切お名前.comの更新通知メールは入りません。

 

もちろん、目に見えないだけでちゃんとメールを受信しているので容量をくっていることに変わりはないのですが、微々たる物。

 

お名前.comでのメール通知は、少なくともGmailを使っている限りはあまり気にしなくてもいいと思います。

 

お名前.comはドメインが自動更新される

 

モン吉

でもでも!

ほかのおにいさんがいってたんだ!

「お名前.comで取得した中古ドメインは自動更新されるから嫌なんだ。

この前なんてすごい『香辛料』がかかっちゃったよ・・・」

って。

きっとすごい「からいおもい」をしたんだろうね・・・

かわいそうに・・・

だから、ぼくも「おなまえどっとこむ」はつかわないことにきめたんだい!

ぼくは、からいのにがてだから・・・

apa

モン吉くん、それいろいろ間違えてるよ・・・(笑)

モン吉くんが言ってるのは「香辛料」。

辛(から)い方だね。

そのお兄さんが言ってたのは「更新料」。

毎年かかるドメインの更新費用だね。

さらにきっと、僕が思うにそのお兄さんは、「辛(から)い思い」をしたんじゃなくて、「辛(つら)い思い」をしたんじゃないかな・・・

 

たしかに。

 

もうひとつのお名前.comの問題点として、

 

「ドメインが自動更新されてしまう。」

 

ということがあります。

 

他社のレジストラは、ドメインを購入した時点では「自動更新しない」になっていることが多く、ドメイン更新料が発生しない設定となっています。

 

たいして、お名前.comはドメイン購入当初は「自動更新する」設定になっており、変更を忘れる中古ドメインの更新料が発生します。

 

ちなみに、購入する中古ドメインのTLD(トップレベルドメイン)にもよりますが、更新費用は購入費用の倍以上かかるのが相場です。

 

1,000円で購入した中古ドメインだったら更新費用は2,000円以上かかることが多々あります。

 

そのことを忘れていて、中古ドメインがたくさん更新されてしまって、更新費用だけで○十万円、○百万円かかったという声もききます。

 

それを聞くと恐ろしくもなりますが、正直、どのレジストラで中古ドメインを買ったとしても更新するかしないかの精査は必須です。

 

もちろん、僕もこれまで何度もドメインの更新精査をしたことはあります。

 

なかには、更新時期を見落としていて、もう使わない中古ドメインなのに更新してしまったことは確かにあります。

 

でも、それは、逆もまたしかり。

 

「自動更新しない」設定にしていたために、必要な中古ドメインを手放す結果になってしまうこともあります。

 

どこのレジストラを使っていても、中古ドメインの更新精査は必要になります。

 

だから、

 

「お名前.comだから自動的に更新されて困る」

 

とかいう以前に、定期的に中古ドメインの要・不要、更新するかしないかの精査をするように心がけましょう。

 

それだけで同じ中古ドメインが安く買えるなら嬉しいですよね。

 

お名前.comのクーポン

実はこれが最大のメリットだったりします。

 

中古ドメインを安く買う方法として一番注目したいのがお名前.comのクーポンです。

 

とにかく安く中古ドメインを買いたいならお名前.comが圧倒的におすすめです。

 

・・・実はココの内容、かなりがっつり書いていたのですが、あまりにも無料ではもったいないので、ちょっと改修しました・・・

 

ごめんなさい。

 

中古ドメインを安く購入する裏技まとめ

 

モン吉

「ちゅうこどめいん」をやすくかうほうほうってそんなにたくさんあるんだね!

・・・で、なんだっけ?

apa

ちょっとモン吉くんにはむずかしかったかな?(笑)

 

今回の内容をまとめると・・・

 

  • 初心者は.bizや.netのTLDを買うのもアリ!
  • レジストラはお名前.comかバリュードメインが最安
  • お名前.comはドメイン代割引クーポンがもらえる

 

このようになっています。

 

モン吉

ぼくは「わりびきくーぽん」よりも「ばなな」がもらえたらずっとそこをつかうね!

どこかに「ばなな」をおくってくれるかいしゃさんはないの?

 

apa

残念ながらいまのところはなさそうだね(笑)

っていうか、割引クーポンで浮いたお金でバナナを買えばいいんじゃないの?(笑)

 

ぜひこの中古ドメインの購入方法、実践してみてください。

 

特に初心者の方にはおすすめですよ(^^)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です