メルマガ登録フォーム

【小説】アフィリエイトサイトの文字と画像と外部リンクのバランス

読書する女性

 

apa

こんばんは!

apa(あぱ)です(^^)

今日は、 『サイトのバランス』について書いていきます。

あなたは、サイトをつくっていて。

サイトのバランスに悩んだことありませんか?

僕も、サイトを作り始めた当初はよくわかりませんでした。

つまり、文字と画像と外部リンクをどのくらいのバランスで織り交ぜればいいのか?

ということです。

今回の記事では、僕なりのサイトのバランスについての見解を書いていきます。

 

画像、多すぎ?

初心者a子
うーん、どうなのかな?

 

 

apa

どうしたんですか?

うなっちゃって。

 

 

 

初心者a子

あ、apaさん。

そうなんです・・・

ちょっと自分のサイトを改めて見直してみたら、

「バランスがおかしいかな?」

と思うようになってしまったんです。

 

 

apa
どういうことですか?

 

 

初心者a子

はい・・・

適度に画像を挿入するようにしているんですけど。

これが多すぎるのか、それとも少なすぎるのか?

ちょっとよくわからなくなってしまったんです。

 

 

 

apa

なるほど・・・

サイト内の文字と画像のバランスですか・・・

確かに悩むところですね・・・

 

 

初心者a子
apaさんはどうしているんですか?

 

apa
うーん、特に正解があることでないんですけど、やはり画像の利用は適度がベストでしょうね。

 

 

初心者a子

やっぱりそうですよね・・・

もしよろしければ、具体的に、教えていただけると助かります。

 

 

サイト内の文字と画像のバランス。

僕自身。

 

まだサイト作りに慣れていない頃、かなり頭を悩ませていました。

 

僕の場合。

 

文章を書くのは元々、苦には感じていなかったので。

 

ちょっとa子とは違うのかもしれませんが。

 

「文字が多すぎるんじゃないか?」

 

という疑問を抱いたことがあります。

 

逆に。

 

サイト内に使う画像が、どんなものが適切かわからなかったので。

 

初めのうちは、記事画像くらいしか入れておらず。

 

ほとんど、文字だけでサイトを構成していました。

 

すると、当然のことですが・・・

 

「見にくい!」

 

と思ったことが何度もありました(笑)

 

サイトの見やすさを考えたら。

 

やはり適度に画像も必要です。

 

更に言うと、適度に外部リンクも必要です。

 

 

もちろん、自身のサイトだけで、すべての情報を網羅できているのであればともかく。

 

そうでなければ、適度に外部リンクをして。

 

ユーザーの理解を促進することが大切です。

 

僕自身。

 

このブログでは、ちょくちょく外部リンクをしています。

 

もちろん、リンクジュースが外部に流れてしまう危険性はあるものの。

 

それによって、ユーザーの理解が促進されて。

 

よりユーザーのサイト満足度が向上するのであれば、そっちの方がいいと思うんです。

 

いずれにしても。

 

適時に適所に外部リンクを貼ることは、大事なんじゃないかな?

 

と僕は思っています。

 

そうすると、それも含めて3つ。

 

文字と画像と外部リンクのバランス。

 

サイト内でこれら3つをどのように、バランスよく散りばめていけばいいのでしょうか?

 

サイトの文字と画像と外部リンクのバランス

 

初心者a子

なるほど・・・

たしかに、外部リンクを含めれば3つですね。

文字と画像と、外部リンクのバランス。

いったいどういうバランスが適しているんですか?

 

 

 

apa

これまた、正解はないことだと思っているんですけど・・・

結論から言うと、画像と外部リンクはサイト全体の4分の1以内に抑えるのがベストだと思っています。

 

初心者a子
4分の1?

 

特にここに正解があるわけではなくて。

 

僕が、自分のサイトとか。

 

他人のサイトを見た上で、思った感覚値なんですけど・・・

 

ちょっとひとつひとつについて解説していきます。

 

文字数のバランス

まずは、サイトの骨子となるともいえる「文字」。

 

どんなメディアであっても。

 

やはり文字というのは基礎というか、土台になります。

 

文字がしっかり書かれていないと、サイトとして「ペラペラ」な印象を与えてしまいます。

 

たまに。

 

他人のサイトを見させていただくことがあるのですが。

 

画像が多くなってしまって、文字が少なくなってしまっている場合が多くあります。

 

このブログでは何度も書いてきましたが、僕はアフィリエイトの基本というか、最も大事なことは、「紹介すること」だと思っています。

 

もっと言うと、昨日も書きましたけど。

 

ユーザーに「伝える」んじゃなくて、「伝わる」こと

 

だと思っています。

 

【伝えるんじゃなくて】アフィリエイトサイトのポジショニング

 

やはりそのためには、文字が必要になります。

 

画像も、ユーザーにイメージを伝える上では欠かせないツールであることに変わりはないのですが。

 

やはり、鮮明に。

 

筆者の気持ちを伝える上では、文字が欠かせません。

 

もし、この記事を読んでくださっているあなたが、「小説」を好んで読むのであれば、その気持ちある程度わかっていただけるんじゃないかと思います。

 

僕も、小説は好きです。

 

・・・といっても、最近はほとんど読みませんが。

 

以前は、村上春樹とか、伊坂幸太郎をよく読んでいました。

 

ああやって、小説を読んでいると、不思議なことに。

 

そこにあるのは「文字情報」でしかないのに。

 

その文字情報から、必死に僕たちは想像力をかき立てて世界観を作り上げる。

 

今こうして、文章を書いていて、頭に思い浮かぶのは、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』

 

村上春樹の作品ですね。

 

あれ、相当むずかしいといか(笑)

 

だいぶ想像力が必要なんですけど、世界観がすごいんですよね。

 

グイグイ引き込まれて、まるであの動物が頭の中に浮かんでくるイメージ。

 

ユニコーンでしたっけ?

 

とにかくすごかった・・・。

 

話を戻して。

 

文字だけであれだけの世界観を演出できるってすごいですよね。

 

もちろん、村上春樹バリの文章を書くことなんて、僕みたいな凡人にはまずできないと思うのですが(笑)

 

それでも。

 

やっぱり文章で、読者の想像力をかき立てたり。

 

読者の興味を惹いたり。

 

読者に「伝わる文章」を書くことは大事だと思うんです。

 

そうした意味でも。

 

文章というのは、サイトの構成としては欠かせません。

 

画像

続いて画像。

 

文字情報は、サイトの骨子であるとしても。

 

文字だけだと、ユーザーにはすべてが伝わり切りません。

 

読んでいて、途中で疲れてしまうと思います。

 

だから。

 

文字だけじゃなくて。

 

ときには画像でイメージをかきたてる。

 

小説だって、たまに画像が挿入されていますよね?

 

文字だけでもいいんですけど。

 

やっぱり画像があった方が、イメージしやすい。

 

反面、画像だらけになってしまうと。

 

漫画レベルじゃないと、本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまう。

 

だから、適所に画像を挿入してユーザーのイメージを手助けする。

 

そのくらいのイメージが大事だと思います。

 

外部リンク

画像と同じく。

 

あった方が、ユーザーの理解が促進されます。

 

ちょっと違うかもしれませんけど。

 

小説でいうところの、「注釈」とか「参考文献」みたいなものだと思います。

 

注釈とか、参考文献がないと。

 

小説を読んでいても、ところどころわからないところが出てきてしまう。

 

そこでつまづいてしまっては、読者の想像力をかき立てることもできない。

 

だから、補助的に注釈や参考文献を入れる。

 

それと同じように。

 

アフィリエイトサイトにおいても、外部リンクを入れて、ユーザーの理解を補助する意識が大事です。

 

アフィリエイトサイトは小説みたいなもの?

そう考えると。

 

アフィリエイトサイトって、小説みたいなものなのかもしれませんね。

 

基本的には文章があって。

 

でも、文字だけだとすべてが理解しきれないから。

 

イメージを促すために、画像を挿入する。

 

また、その本の中の情報だけだと、わからなくなってしまうような。

専門知識や、複雑な文章を。

注釈や参考文献を絡めて、理解を促す。

 

 

アフィリエイトサイトも全く同じですね。

 

基本は文章。

イメージを促すために画像を挿入。

専門的な部分や専門外な部分は外部リンクで補足。

 

そう考えると。

 

「画像や外部リンクは4分の1」

 

と書きましたけど、あくまでそれはイメージで。

 

小説みたいなイメージを持っていると、適切な文字と画像と外部リンクのバランスがわかりやすいと思います。

 

小説を読まない方、すみません・・・

 

文字と画像と外部リンクのバランスまとめ

 

初心者a子

なるほど・・・

 

  • 基本となるのはやはり文章
  • イメージを手助けするために画像や外部リンクを挿入
  • 小説のようなイメージで考える

 

ということなんですね!

 

 

 

apa

そうですね!

もしより具体的な数値というか、感覚を示すのであれば、やはり、サイト全体の4分の1以内に画像や外部リンクを抑えるようなイメージだと思います。

 

 

 

初心者a子

わかりました!

その観点でサイトを見直してみます!

ありがとうございます!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【小説】アフィリエイトサイトの文字と画像と外部リンクのバランス” への2件のフィードバック

  1. ロナウド より:

    apaさん
    ロナウドです。
    やはり画像があると見やすさはありますよね。
    外部リンクというには、他人のブログ器などの事を意味するのでしょうか?
    初心者の質問で申し訳ありません。

    • apa より:

      ロナウドさん、こんにちは!
      そうですね!画像があると見やすくなったりしますよね!
      外部リンクはURLのことです。たまに青文字でアンダーラインが引いてあって、そこをクリックすると、別のサイトに飛びますよね?
      そのクリック先が、全く別のサイトだった場合、外部リンクということになります(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です