メルマガ登録フォーム

【普通の極意】アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違いは普通さ

 

apa

今回の記事では、アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違いについて書いていきます。

アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違い。

これを考え出すとなにが正解でなにが不正解か、いっけんわからなくなってしまいます。

少なくとも、短期間で稼ぎ続けることは誰にでもできることですが、長く稼ぎ続けるのはアフィリエイトの世界では誰にでもできることではありません。

あなたがもし、アフィリエイトで大きな実績を上げられていないと思うのであれば、まずは「普通」を極めることが大事なんです。

今回はそんな「普通の極み」について書いていきます。

 

この記事は、中里さんの記事を読ませていただいて感銘を受けて、書いた記事です。

ぜひこちらをご覧ください。

⇒  https://tsuukasa.com/?p=1131

 

アフィリエイトで必要なのは正しい努力

モン吉

ぼくは、けっこう「あふぃりえいと」、がんばってるんだよ。

でも、まだぜんぜんかせげないんだ・・・。

どうしたらいいんだろう?

やっぱりサルには「あふぃりえいと」はできないんだろうか?

 

 

apa

「自分にはアフィリエイトは無理なんじゃないか。」

そう思いたくなる気持ち、本当によくわかるよ。

僕も、アフィリエイトをはじめたときは、アフィリエイトで稼げている人なんて別次元の人間。

アフィリエイトで生活できている人たちは「宇宙人」とすら思っていたから(笑)

でも、実際はそんなことないんだよ。

正しい努力をコツコツ続けていれば、いつかきっと道が開けるようになるんだよ。

もちろん、モン吉くんにもね。

 

冒頭で書いた中里さんの記事にもあったのですが、アフィリエイトで稼げるか稼げないかの違いは、「正しい努力を継続できるかどうか」の違いです。

 

モン吉くんが言っているように、自分が稼げていない間は、稼げている人がうらやましく思えます。

 

とても輝いて見えます。

 

そうしたとき。

 

つい人は、こう考えてしまいがちです。

 

「成功に近づくためのショートカットがなにかあるはずだ・・・!」

 

と。

 

それはまるで、TVゲームのマリオカートでショートカットできるコースを見つけたら、その道ばかり走ってレースに勝つように。

 

それはまるで、ドラゴンボールを見て、いきなり怒りに目覚めた孫悟空がスーパーサイヤ人になってフリーザをやっつけてしまうかのように。

 

でも、現実にはそんなことはないんです。

 

アフィリエイトで稼げるようになるまでの道のりにショートカットはなければ、スーパーサイヤ人になる道のりなんてないんです。

 

アフィリエイトで稼げるようになるまでは、本当に「地味な道のり」が続きます。

 

これが、言葉で書く以上に辛いモノです。

 

なぜなら、「稼げるかどうかがわからないから。」

 

世間一般的にはアフィリエイトは稼げると言われているし、あなたが何かしらのアフィリエイト塾に入っているのであれば、その塾の中にも稼げている人はたくさんいるでしょう。

 

でも、他の人が稼げているからって自分が稼げるという保証はないんです。

 

実際、アフィリエイトで稼げている人たちはほんの一握りと言われています。

 

そんな一握りの人たちが、アフィリエイトで成功をしている。

 

そうなると、アフィリエイトで稼げている人たちは、何か特殊な能力を持った人間である。

 

あるいは、もともと優秀な人間で、社会的にもなんらかの実績を残した人間であると思えてしまいます。

 

僕もそうでした。

 

はじめてネットビジネスの世界に脚を踏み入れたとき。

 

僕のネットビジネスのメンターについていろいろと調べました。

 

で、公表されているメンターの経歴を見てみると・・・

 

「過去、自分が運営していた塾で表彰を受けました!」

 

という輝かしい経歴を持っている。

 

それに比べて、自分には誇れる過去はなにもない。

 

そうして、なんとか「稼げている他人」と「稼げていない自分」と違いを明白にして、稼げていない自分を正当化しようとしていました。

 

 

実際、アフィリエイトをはじめる「きっかけ」なんて細かくは違うものの、だいたい同じだったりします。

 

総じて言うと、「今の現実を変えたくてアフィリエイトをはじめた」という方が多いと思います。

 

なのに、現実は稼げている人と稼げていない人がいる。

 

他人は稼げているのに、自分は稼げていない。

 

その現実を「経歴」を言い訳にしてやらない理由をつくってしまう。

 

つまり、逃げ道をつくってしまうんです。

 

でも、アフィリエイトは正しい努力を続けていれば稼ぐことができるんです。

 

少しだけ、僕の話をさせてください。

 

社会的劣等生

僕は、社会的劣等生でした。

 

別に、持っているわけでも、さげすんでいるわけでも、自分を低く見せようとしているわけでもなくて。

 

僕は本当に、社会的無価値人間だったと思っています。

 

22歳まで大学に通って、卒業後に一般企業に就職。

 

5年後に退職して、離婚した父が経営している会社に就職。

 

一般的な普通の経歴。

 

むしろ、「父が会社の会長」というレッテルが「うらやましい」とされることも多々ありました。

 

でも、現実は反対。

 

僕はなにをやっても失敗ばかりでした。

 

誇れる成功体験がなにひとつなく。

 

それまでの人生を振り返ると、失敗ばかりが思い浮かびました。

 

本当になにをやってもうまくできず、怒られていました。

 

人に嫌われないように一生懸命努力して、誰より自分で自分が嫌いになっていました。

 

ちょっと重い話になってしまいましたね(笑)

 

さらに、悪いことに。

 

28歳まで彼女ができたことがないといのも、自己評価の低さに繋がりました。

 

自分に自信が持てませんでした。

 

自信を持つために、自己啓発のセミナーに参加したり、自己啓発の本を読んでも、やはり仮初め自分。

 

本の魔法が解けるといつも通り、自信のない自分に逆戻りしていました。

 

ちょっと余談ですが、そんな中でも、根本 橘夫さんの本だけには救われました。

 

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 

 

とにかく。

 

そんなこんなで、強い自己無価値感を持っていた僕は、とにかく常に人に怒られないように気を遣って生きていました。

 

人の機嫌や顔色ばかりをうかがって生きてきました。

 

正しい努力

あまり、こういう場で自分の話をするのはよくないかなと思うのですが(笑)

 

とにかく、そんな僕がアフィリエイトをはじめた当初はやはり、不安だらけでした。

 

いままでの社会人生活で失敗だらけで、なにひとつ成功体験がない自分に、

 

「本当にアフィリエイトで稼げるんだろうか?」

 

という疑問は常に拭えなかったです。

 

常に、「不安」と「疑念」という重たいタイヤを引き釣りながら走っている状態でした。

 

車に乗って、ブレーキペダルを踏みながらアクセルを全開にしている状態でした。

 

うまく走れるわけないですよね。

 

ただ、アフィリエイトで魅力的だったのは・・・

 

「自分の責任がすべて自分に乗ってくること」

 

でした。

 

いままでは失敗したら誰かに怒られるのがイヤでイヤで仕方なかったんですけど、アフィリエイトは失敗しても稼げなくても、降りかかってくる火の粉は自分にだけ。

 

そのあたりが、僕にとっては気が楽でした。

 

加えて、僕が入ったアフィリエイトの塾、AMC

 

これがよかったです。

 

パソコンほぼ初心者の僕が、パソコンの使い方からアフィリエイトとはなにか?というところまで事細かに学ぶことができました。

 

わからないことがあれば、Skypeやメールで訊けたことが救いでした。

 

継続

結局、なにが言いたいかっていうと、「正しい努力が大事」ということなんです。

 

社会的劣等生で、強い無価値感を持っていた僕が、アフィリエイトで生計を立てるまでに至ったのは、「正しい努力を継続できた」からだと思っています。

 

これは、副業社長の中里さんもおっしゃっていることですが、あっちゃこっちゃ、いろいろな情報を取り入れると、なにが正しくて、なにが間違っているのか、わからなくなります。

 

特にアフィリエイトは、人や企業によってやり方が千差万別です。

 

例えば、僕のアフィリエイトのやり方ひとつとってもそう。

 

僕のアフィリエイトのやり方は、たぶん、一般的には邪道だと思います。

 

外注しないから。

 

すべての記事を自分で書いているから。

 

でも、なんとかそれで生計を立てるまでに至っている。

 

ただそれが正解とかどうとかじゃなくて、外注して、僕なんかとは比べものにならないほど稼ぎを上げている人は五万といる。

 

そんな感じで。

 

アフィリエイトのやり方はひとそれぞれ、全く違うモノなんです。

 

だから、「情報は1つのところから取り入れる」ことが大切です。

 

それが正しい努力を継続するということに繋がります。

 

まず大事なのはあなたが「ここ!」と思ったところでしっかりと学ぶことが大切なんです。

 

正しい努力を継続するためには?

モン吉

わかったよ・・・

たしかにぼくは、なにかといいわけをつけて、さぎょうしなかったりしていたよ・・・

「サルだからできない。」

っていうのはいいわけでしかないよね・・・

でも、ぐたいてきにどうやったら「ただしいどりょく」をけいぞくできるんだろうか・・・

 

apa
ひとつの例だけど、ぼくは「マクドナルド」に行くことがおすすめだよ。

あとは、「普通のことを異常なレベルでやる」ということも大切だね。

 

マクドナルド

急に話が横展開になりすぎていますけど(笑)

 

僕は、とくに。

 

アフィリエイト学び立ての頃は、マクドナルドに行くことがおすすめです。

 

アフィリエイト初心者の頃って、あんまりお金がないんですよね・・・

 

で、僕の場合。

 

家では集中できない性格だったので(笑)

 

仕事が終わったら真っ先にマクドナルドにいって、マクドナルドでアフィリエイト塾AMCのテキストを見ていました。

 

もちろん、マクドナルドでないとならないというわけではないんですけど(笑)

 

安いんですよね(笑)

 

あなたがスターバックスとかドトールコーヒーが好きだったらそれでもいいんですけど。

 

マクドナルドは便宜上言っているだけであって、とにかく、努力をしっかりと継続したいならまずは環境を変えることがおすすめです。

 

その辺のことはコチラの記事でも書いているので、ぜひ参考にしてください。

 

【八王子メソッド】第二の王子でホメオスタシスをコントロールせよ!

 

一例としてはマクドナルド。

 

安くて、気軽にいけるので継続できます。

 

スターバックスとかでもいいんですけど、コーヒー一杯の価格もそれなりにします。

 

マクドナルドであれば、コーヒー一杯100円で居座れるので、個人的には継続的に環境を変えて学ぶというのであればマクドナルドがおすすめです。

 

普通のことを異常なレベルでやる

なにげに、アフィリエイトで成果を出すためには、これが一番大事かなと思っているんです。

 

アフィリエイトで成果を出すためには、ものすごい努力が必要なように思われます。

 

いや、必要なんですけど・・・

 

例えば、稼いでいる人に、

 

「1日何時間くらい作業していますか?」

 

と聴くと、

 

「うーん、10時間くらいかな?」

 

と平気で答えてきます。

 

稼げてない当時は、

 

「やっぱりそれくらい作業しないとダメなんだ・・・」

 

と愕然としていました。

 

いや、しなきゃならないんですけど・・・(笑)

 

さっき紹介した記事でも書いたんですけど、

 

【八王子メソッド】第二の王子でホメオスタシスをコントロールせよ!

 

人間には「ホメオスタシス」という習性が備わっています。

 

異常なことをやると元に戻ろうとする習性が備わっている

 

んです。

 

いくら、アフィリエイトで稼げている人が、

 

「俺は1日10時間作業しているよ。」

 

と言っていたとしても、いままでアフィリエイトをやってこなかった人が、

 

「よし!俺も毎日10時間アフィリエイトの作業をしよう!」

 

と思っても無理なんです。

 

人間はそんなに強くできていません。

 

それは現実的な時間の意味ではなくて、ホメオスタシスの習性によって、

 

「いままでアフィリエイト作業を10時間もやったことないじゃん・・・

疲れるよ。やめよう。」

 

と心が言ってくるんです。

 

だから、いきなり、異常なことをやろうとしても習性上ムリなんです。

 

アフィリエイトで正しい努力を継続的にする上で最も大事なこと。

 

それは・・・

 

 

普通のことを異常なレベルでやること

 

 

なんです。

 

これだけは絶対に忘れないでください。

 

アフィリエイトを始めたての頃は、30分とか20分とか、極端な話10分でもいいと思うんです。

 

作業時間は。

 

でも、大事なのは続けること。

 

「アフィリエイトの作業をするのが当たり前の状態をつくること」

 

が何より大事なんです。

 

ここがわかっていなくて、アフィリエイトで成果を出したくて、1日に10時間も作業をしようとして1日、よくて3日で挫折してしまう人が多くいるんです。

 

繰り返しますが、アフィリエイトで大事なことは「作業をするのが当たり前の状態に自分を高めること」なんです。

 

言い換えると、「異常を普通に変えること」なんです。

 

「普通のことを異常なレベルでやる。」

「異常を普通のレベルに変える。」

 

矛盾するようですが、意味合いとしてはほとんど同じです。

 

だからこそ。

 

最初のうちは、30分でも20分でも30分でもいい。

 

アフィリエイトする時間を決めて毎日作業を続けること

 

を意識してみてください。

 

僕自身最初は「最低でも1時間は毎日アフィリエイト作業をする」というのをルール化していました。

 

それが普通の極意

 

普通のことを異常なレベルでやるということなんです。

 

30分のアフィリエイト作業を毎日やるなんて、普通なんです。

 

たいした苦労ではないんです。

 

でも、案外やっている人が少ないんです。

 

それを続けている人が稼げているんです。

 

もちろん、ずっと30分ではダメですよ。

 

少しずつ負荷を上げていく。

 

それが、「普通のことを異常なレベルでやる」ということなんです。

 

稼げる人と稼げない人の違いは結局、「普通のことを継続できているかどうか」がベースになるんです。

 

もちろん、ずっと普通のことを続けているだけではダメなんですけど、それが最低ラインとなります。

 

アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違い。まとめ

 

モン吉

そうなんだね。

たしかに、ぼくはまいにち「あふぃりえいと」のさぎょうを「やらなきゃいけない」とおもってつらくなってにげていたかも・・・

まいにちすこしずつでも、「あふぃりえいと」のさぎょうをつづけること。

そして、「すこしずつふかをあげていくこと。」

それがだいじなんだね!

 

apa
そうして、少しずつ普通のことを異常なレベルでできるように積み上げていくことが大切だね。

 

 

モン吉

わかったよ!

ぼくもきょうから「まくどなるど」にいって「あふぃりえいと」のさぎょうをしてみるよ!

ありがとうね!

 

apa
あ!待ってモン吉くん!!

 

 

 

マクドナルド

 

 

モン吉

すいません!

「あいすこーひー」と「ばなな」ひとつくださいな!

きょうからここで「あふぃりえいと」のさぎょうをがんばるんだ!

よろしくね!

 

 

マクドナルド店員

すみません・・・

おさるさんのご入店はちょっと・・・

それにバナナ単品ではご用意はございません・・・

 

 

モン吉

えええええええ!!!!!

そんなぁ~・・・・・・

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

↓↓コチラをクリックしてapaを応援

 

 

“【普通の極意】アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の違いは普通さ” への4件のフィードバック

  1. ちひろ より:

    こんにちは!
    私も一瞬AMCとCBAに入っていましたが、教材がめちゃくちゃわかりやすいですよね。

    「普通」の自分のままでいいから、ただひたすら信じた教材の通りに進めばいい
    アフィリエイトをはじめたころはそれが理解できませんでしたが、最近ようやくわかりかけてきました。
    わかりやすい言葉で諭されると励みになります。
    いつもありがとうございますm(__)m

    • apa より:

      ちひろさん、こんにちは!

      >私も一瞬AMCとCBAに入っていましたが、教材がめちゃくちゃわかりやすいですよね。

      おお!そうなんですね!
      そうなんですよね~。

      僕みたいな、パソコン初心者だった人間にはすごくありがたい環境でした(^^)

      >「普通」の自分のままでいいから、ただひたすら信じた教材の通りに進めばいい
      アフィリエイトをはじめたころはそれが理解できませんでしたが、最近ようやくわかりかけてきました

      そうなんですよね。
      僕も、最初の頃は全然わからなかったんですけど(笑)
      経験値が増えるとだんだんわかってくるんですよね(^^;)

      >わかりやすい言葉で諭されると励みになります。
      いつもありがとうございますm(__)m

      こちらこそ、自分が書いた記事をあらためて俯瞰して見返すことができて感謝しています。
      こちらこそいつもありがとうございます(^^)

  2. はまぞふ より:

    apaさん、こんにちは。
    はまぞふです。

    > アフィリエイトの作業をするのが当たり前の状態をつくること
    確かにそうですよね。

    作業は続けなければならないし、
    アフィリエイトを実践する以前は、そんな習慣はありませんから、
    自分で無理やりでも、やる環境を作らなきゃならないから、
    それが当たり前になるくらいじゃないとダメですよね。

    作業時間10時間もあれば稼げるかもしれませんが、
    まとまった時間が2時間じゃ無理かっと言うとそうでも無くて、
    2時間でも十分作業は出来るし、必要なインプットは、
    細切れの時間を活用して、インプットできますし、

    ま、何とかなりますよね。

    忘れていたこともありますので、
    勉強になりました^^;

    応援完了です。

    • apa より:

      はまぞふさん、こんにちは(^^)

      >作業は続けなければならないし、
      アフィリエイトを実践する以前は、そんな習慣はありませんから、
      自分で無理やりでも、やる環境を作らなきゃならないから、
      それが当たり前になるくらいじゃないとダメですよね。

      ほんとう、そうなんですよね・・・
      自分で環境をつくる努力がいかに重要だったか、今考えるとヒシヒシと感じます。

      >作業時間10時間もあれば稼げるかもしれませんが、
      まとまった時間が2時間じゃ無理かっと言うとそうでも無くて、
      2時間でも十分作業は出来るし、必要なインプットは、
      細切れの時間を活用して、インプットできますし、

      ま、何とかなりますよね。

      そうなんですよね!
      結局時間が報酬をつくってくれるわけではなくて、質なんですよね。
      で、質を高めるためにも、継続的にやり続けることが大事なんですよね。

      >忘れていたこともありますので、
      勉強になりました^^;

      応援完了です。

      こちらこそ、僕もあらためて勉強になるようなコメントをしていただきありがとうございます(^^)
      またサイト、訪問させていただきますね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です