【後回し理論】アレもしたい、コレもしたいは「したくない」の裏返し?

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『欲望との向き合い方』について書いていきます。

アレも欲しいしコレも欲しい

初心者a子

最近、自分のダメさ加減に嫌気が差してきます。

 

apa

なにかあったんですか?

 

初心者a子

そうなんです。

 

なんだか、アレもコレも欲しくなってしまって、欲望にキリがないな、と思うんです。

 

apa

例えば、どういうのですか?

 

初心者a子

例えば、好きなアーティストのCD買ったり、漫画買ったり、服買ったり。

 

欲しい物がいっぱい出てきてしまいまして・・・

 

それから・・・

 

apa

それから?

 

初心者a子

素敵な男性とかと会うとつい、キュンとしてしまうんですよね・・・

 

apa

あらら。

 

確かに、自分の中にある欲望というか、アレもコレも欲しいという気持ちを抑えるのって楽ではないですよね。

 

初心者a子

そうなんです。

 

どうしたら、こういう気持ちを抑えることができるんだろう?

 

人間は欲望の生き物。

 

そういったら過言と思われてしまうかも知れませんけど。

 

でも確かに。

 

言葉という便利なツールがあるから、ついあれもこれもと踊らされてしまいます。

 

むずかしいのが、安い物と欲しい物との違い。

 

初心者a子

あ、あれ欲しい!

 

と思った物が、本当に欲しい物なんかどうかの線引きが意外とむずかしいものなんです。

 

つまり・・・

 

「安いから欲しい」

 

ものと、

 

「欲しい物が安い」

 

というのは似て非なる物。

 

だけど、お店側・・・

 

つまり、売る側はあの手この手で、僕たちを誘惑してきます。

 

「本当に欲しい!」

 

と思っていたわけではないものも。

 

お店側が、

 

「セール中です!」

 

というと、なぜか欲しくなったりしてしまうんですよね。

 

欲しい物ではないのに。

 

例えば、前から欲しいと思っていた物が今回だけの特別価格!

 

とかなら、まだ買う価値はあると思うんです。

 

だけど、以前は別に欲しいともなんとも思っていなかった物も。

 

「これは安い!お買い得!今だけ価格!」

 

とか言われると、欲しくなってしまう物なんです。

 

言い方を変えると、

 

「欲しい」

 

という熱が湧き上がってきてしまう物なんです。

 

そういう感情をコントロールするのって、案外むずかしいんですよね。

 

僕でいうとレコード。

 

毎週行われるディスクユニオンのレコードセールで、

 

「このレコード、特価です!」

 

と言われると、以前欲しいと思っていなかった物も。

 

あるいは、以前持っていたけど、状態が悪くて売ってしまったものも、

 

「欲しい」

 

と思えてしまうから不思議なものです。

 

アフィリエイターに限らず。

 

こうした、欲望との向き合い方というのは一つの問題というか、向き合うべき課題なのかもしれません。

 

後回しの術を身につける

apa

確かに。

 

そうした、「欲しい」という感情の揺らめきを、抑えるのってかなりむずかしいと思います。

 

自分の感情のコントロールほど、むずかしいものはないといえるかもしれません。

 

初心者a子

ですよね・・・

 

apa

でも、そういうときは。

 

後回しにするしかないと思います。

 

初心者a子

??

 

後回しにする。

 

って、何気ない言葉だけどすごく大事な言葉だと思うんです。

 

一般社会的なことはよくわかりません。

 

でも、アフィリエイトにおいては。

 

とにかく、アフィリエイトを最優先しないとならないんです。

 

んー、なんかこういうと、精神論的な話しというか、

 

「気持ちで乗り切れ!」

 

っていう言い方に近いような印象も受けてしまうのですが(笑)

 

でも、後回しにしてしまう感情は大切です。

 

僕も今。

 

欲しい物はたくさんあります。

 

特に、ジャズの中古レコード。

 

毎週行われる、ディスクユニオンのセール。

 

ネットショッピングでの、ジャズのレコードの情報。

 

そういうのを見ていると、あれもコレも、本気で欲しくなってきます。

 

どれも、気軽に買ってしまったら、どれだけ気が楽だろう。

 

と、すら思えてしまいます。

 

人間関係においてもそう。

 

もっとあの人と仲良くなりたい。

 

と思ったり。

 

あるいはお店。

 

あんなオシャレなお店行ってお酒飲みたいな、とか。

 

あんな美味しそうな店、入ってみたいな。とか。

 

そういう欲望にキリはないんですけど。

 

アフィリエイトで目標額稼ぐまでは全部後回し

 

でいいと思うんです。

 

で、

 

後回しにしてもまだ残ってる物をそのときになって考える

っていう程度でいいと思います。

 

まぁ、そんな理論的に納得出来るほど、人間の感情はシンプルにできていないので。

 

そうそう簡単に、自分を説得できるものではないと思いますが。

 

アレもしたい。

 

コレもしたい。

 

欲望にキリはないんですけど。

 

全部とにかく後回しにする。

 

時間をおく。

 

それでも残っていたら、そのときに考えてみればいいんです。

 

僕の例で申し訳ないんですけど。

 

中古レコード。

 

欲しい物がたくさんあります。

 

あれもこれも欲しいんですけど。

 

「今最優先すべき、お金の使い道は?」

 

と考えたとき。

 

やっぱり、アフィリエイトなんです。

 

もっというと。

 

ぼくは中古ドメインでサイトをつくっているので、中古ドメインの購入価格とか。

 

ツールの稼働料金とかそういうの。

 

そういうのにこそ、最優先でお金を使うべきなんです。

 

そう考えたら、まず、アレもしたい、コレもしたいは後回し。

 

んで、アフィリエイトで目標額稼げるようになったら、そのときに。

 

もう一度冷静に考えてみればいいんです。

 

その欲望は、逃避行?

そもそも。

 

アレもしたい、コレもしたいは、

アレもしたくない。コレもしたくない。

 

の裏返しかもしれません。

 

中学校、高校での宿題を思い出せばそれに近いかもしれません。

 

「宿題をやらないとならない。」

 

と、思えば思うほど別のことをしたくなる。

 

ゲームしたくなる。

音楽聴きたくなる。

漫画読みたくなる。

寝たくなる(笑)

 

なんて。

 

でも、それはもっともらしい理由を付けても。

 

結局は、「やりたくないこと」の逃避行でしかないのかもしれません。

 

要するに。

 

アレもしたい、コレもしたい。

は、

アレもしたくない、コレもしたくない。

の裏返し。

 

なのかもしれません。

 

だから優先アフィリエイト

だからこそ。

 

僕たちは、まず、アフィリエイトを優先しないとなりません。

 

やりたいこと、したいこと、欲しい物。

 

たっくさんある気持ちはわかります。

 

だけど、そういうの後回しです。

 

まずは、アフィリエイトに費やす。

 

時間も、お金も、労力も。

 

アフィリエイトを最優先させることが、今後何よりも大事になってくると思います。

 

あなたがもし。

 

今、アレも欲しい、コレも欲しいという欲望に埋もれてしまって。

 

本来のアフィリエイトに、取り組めていないのであれば。

 

とりあえず、「後回し理論」

 

そうした欲望を無理に抑え込む必要はないので、

 

「あとでやろう。」

 

くらいの気持ちでいるのがいいのかもしれません。

 

そんなの、頭の中の問題というか、言葉遊びのような側面もあるかもしれませんけど。

 

そう考えるだけで少し気が楽になるかもしれません。

 

「あとにしよう。で残ってたらそのときに考えよう。」

 

そうして、アフィリエイトを優先することが大切です。

 

まとめ

初心者a子

そういうことなんですね・・・

 

  • まずはアフィリエイトを優先させる
  • アレも欲しいは、アレをしたくないの裏返しかも。
  • 後回し理論で労力と時間とお金をアフィリエイトに費やす

 

ことが大事なんですね。

 

apa

そうですね。

 

まずは、欲望は、「したくない」の裏返しとしっかりと認識して。

 

後回しにする。

 

で、本来やるべきことを優先させることが大切です。

 

初心者a子

わかりました。

 

自分自身に、そう言い聞かせて、少しずつやっていきます。

 

ありがとうございました!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です