アフィリエイト

サイトアフィリエイト

アフィリエイトもWhyからはじめる。WhatやHowからWhyに移行

アフィリエイトに限らず、どんなビジネスでも。WhatやHowが先行していると、つい自分本位のビジネスになってしまいます。重要なことは、ユーザーがなぜその商品を購入するのか?と考えること。まずはWhyから始めることが何より大切だと思います。
作業全般

チャレンジャーの姿勢を忘れない。日清食品安藤社長から学ぶ

アフィリエイトに限った話しではありませんが、常にチャレンジャーの姿勢を忘れずに努力し続けることは大切です。その気持ちで毎日作業に臨むことで新たな次のステージに進むことができるようになるんじゃないかと思います。
セルフコントロール

できない理由、やらない理由は置いておいて、やることベースで作業

アフィリエイトの作業は、言い訳を考えてしまえばいくらでも作業の手を止めることができてしまいます。だけど本当に大事なことはやることベースで作業すること。手を動かし続けること。それがアフィリエイトにおいて大事なことです。
セルフコントロール

納得するまでやってみる、やらせてみる

あえて、納得するまでやってみるというのも一つの手。中途半端なところで止めると、結果も中途半端になってしまう可能性があります。まずはあえて、やるべきことをそっちのけにしてでも納得するまでやってみるのも大事だと思います。
セルフコントロール

「それでもやり続ける」覚悟を持って臨むアフィリエイト

今のアフィリエイトはどんどん厳しくなっていきます。薬機法も、アルゴリズムも。辛いことが多いと思いますが、だからこそ、今やり続ける気持ちを持って取り組むことが大切です。
インプット

アウトプット8割・インプット2割の法則。適度にインプットの習慣を作って変化の種をまく

アフィリエイトにおいては、アウトプットももちろん重要ですが、インプットして、常に新しい知識を取り入れることもすごく重要です。それができないと、アルゴリズムの変化に取り残されてしまうかもしれません。そんなインプットの重要性について書いています。
作業全般

【頭でっかちに要注意】情報の海に溺れないように必至に手を動かし続ける重要性

今、いろいろな情報があふれているからこそ、つい、その情報の海に溺れてしまいがちです。でも、大事なことは手を動かし続けること。間違っていたとしても手を動かし続けることで少しずつ正解に近づいていくことができます。今回はその重要性について触れていきます。
キーワード

【誰もが好きなものは誰も好きじゃない】何かや誰かに特化した文章、KWで心に刺さるインパクトを

文章やキーワードを考えるとき、つい当たり障りのないことを考えてしまいがち。だけど一番大事なことは、誰の心に響くかと言うこと。ターゲティングを絞ると言うこと。その考え方の重要性についてもう一度精査していきたいと思います。
セルフコントロール

攻める姿勢を持ち続けるアフィリエイトの重要性

アフィリエイトは辛いことが多く、つい手を緩めたくなってしまうこともありますが、そこで手を止めず、手を動かし続けることが大切です。失敗したらそこで学習して次に生かす。結局はその繰り返しでしかないように思えます。
セルフコントロール

リスクを負ってでもやるべきことに少しずつ注力するアフィリエイト

アフィリエイトは常に失敗の恐怖やリスクと隣り合わせ、背中合わせのようなビジネスです。そこで手を止めてしまいたくなる気持ちもわかりますが、そこで手を止めずに、動かし続ける。やり続けていくことが大切です。
タイトルとURLをコピーしました