【ガラケーからスマホに変わったように】時代が急速に変化した今だからネットビジネスについて考える

学び方

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『溢れ出る情報発信の波にさらわれないように・・・』について書いていきます。

※今回は、このブログを読んでくださっている方からいただいた問い合わせの中で、ひとつ気になったことを触れています。「ご質問に対する回答」はまた別の機会ですが・・・僕自身、気になったことがあったので、まずはそこに触れていきたいと思います。

 

なにがなんだか・・・

モン吉

うう・・・

もうなにがなんだかわからなくなってきた・・・

どーしよー・・・

 

apa

どうしたんだい?

モン吉くん。

なにがわからなくなったの?

 

モン吉

あ、あぱさん。

そうなんだよ・・・

 

モン吉

さいきん、アフィリエイトのことをべんきょうしようとして、

いろいろなキョウザイをネットでしらべてまなんでいるんだけどね・・・

 

apa

おお!

すごいじゃないか!

勉強熱心だね!

 

モン吉

えっへん!

 

モン吉

・・・そうじゃなくてね・・・

 

apa

ん?

 

モン吉

いろいろまなんでいるんだけど、けっきょく、どれがほんとうに「よいじょうほう」で、じぶんにあっていて、ぼくがまなぶべきものなのかが、まったくわからないんだよ・・・

 

apa

なるほど・・・

そういうことだったんだね・・・

確かに、最近はいろいろな情報がたくさん出ているもんね。

 

最近、本当にいろいろな情報発信が出ていますよね。

「アフィリエイト」

一つ学ぶのにも、いろいろなところにその厳選というか、

情報がネット上にあふれていて、迷子になってしまいそうです。

 

僕が、SEOアフィリエイトに出会ったのが2016年11月。

記憶は薄いのですが、その当時はまだ、アフィリエイト教材とか、塾とか、

情報とかそういうのネットにはそんなにはたくさんはなかったと思うんですよね。

 

まだ、副業が「当たり前」になりかけの時代。

ネットビジネスで専業というのが当たり前になりかけの時代。

だったのかな?

と思います。

 

ネットビジネスの鉄板も「メルマガ」だったように思えます。

でも、そこから、ラインアットとか、You Tubeとかがドカンと上がり始めて、

どんどん情報発信ビジネスが加速。

今では、ラーメン激戦区ならぬ、情報発信激戦区のように、

ネットを調べればわんさか、情報発信やアフィリエイトの情報が出てきます。

これ、疲れますね・・・

もう、迷子になってしまいそうです。

 

で、今回はいただいた問い合わせの中に、それについて考えさせられることがあったので、今回の記事テーマにしていこうと思いました。

 

情報発信のナゾ

モン吉

そうなんだよ・・・

「アフィリエイト」ってしらべても、みんなものすごいかせいでいるひとたちばっかりでてくるから、けっきょくのところ、だれからまなべばいいのか、よくわからなくなってしまうんだ・・・

 

apa

その気持ち、すごくよくわかるよ。

結局、大事なのは、モン吉くんが「誰にシンパシーを感じるか?」というところになるんだろうね。

 

モン吉

シンパシー?

 

ありふれた情報発信による会員募集

ハッキリいうと、ちょっとここ最近、アフィリエイトがヤバすぎて、

「いい加減、別のビジネスに取り組まないとまずいかな・・・」

と、思い、いろいろな教材やビジネスを学び始めたりしていました。

 

いわゆる、情報発信ビジネスというのも、少しいろいろ触れてみました。

SEOアフィリエイト以外も少し学んでみました。

 

で、その結果、今思うことは、

 

なんか疲れる・・・

ということです。

 

もう、本当に、いろいろ情報ありすぎ・・・

もちろん、そうやって、情報発信をサイト上とか、You Tube上にしている人、

そういう人たちが

「嘘」

をついているとは思わないのですが、

結局、どれが本当で、どれが、嘘なのか全くわからない・・・

 

「ちまたの教材では稼げない!」

「騙されないで!」

と、もっともらしいことを言っている教材やサイト、You Tubeも、もう逆に溢れかえりすぎて飽和している。

 

結局、そういうの、何を信じていいのか、全くわからないですよね。

 

僕自身、2015年くらいから本格的に金山さんからネットビジネスの基礎的なことを学び始めて、

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

 

言うなれば、そこで、僕は

「ネットビジネスへのブロック」

みたいなものが外れていきました。

 

うーん、そう書いていて思ったんですけど、

たった5年くらいですけど、そういう情勢も変わってきましたよね。

当時の僕の世代からすると、(ちなみに今の僕は36歳、当時というと30歳くらい、2016年くらいの話)ネットビジネスのブロックを外すのも大変でした。

 

「ネットビジネス?そんな怪しいもの、やめておけよ!」

と、世間からは言われそうな時代。

そもそも、ネットビジネスを学ぼうとしていること、学んでいたことすらひた隠しにしていました。

僕も、そもそもネットビジネスには怪しい雰囲気しか持っていなかったので、

(考えてみればそういうのはアムウェイとかの影響なのかもしれませんね。)

ネットビジネスへのブロックを外すのに1年くらいかかったんじゃないかと思います。

 

「ネットビジネスは怪しいものじゃない。」

「ネットビジネスも稼ぐための一つの手段。」

そういうのを、自分の中で、腑に落ちて納得できるまで、1年近くかかりました。

 

でも、その時間も無駄ではなかったと思います。

自分の中で色々と葛藤しながらも、学びながらも、

「自分で道を切り開いていこう。」

「辛いけどがんばっていこう。」

と、自発的に思うことができたから。

 

でも、たった5年で、時代は変わって、

もう今は自分でメンタルブロックを外す必要すらなくなってきています。

 

自分でネットビジネスへのメンタルブロックを外す必要がなくなった時代

まぁ、もう5年っていったら、古参ですよね・・・

なので、今の僕が思っていること、言っていることが正しいのかすらわからないんですけど・・・

なんとなく思うことで、

最近は、YouTuberが当たり前になったことで、

「ネットビジネス」

の概念が変わってきたように思えます。

 

違和感を感じる方もいるかも知れないので、念のために書いておくと、

僕の中では、You Tubeもネットビジネスのひとつと考えています。

 

つまり、

「会社の中で働かず、自分でビジネスを立ち上げてお金を稼ぐ。」

ということが当たり前になってきました。

 

僕が、そのマインドを持つのに、金山さんの情報発信から学んで、1年くらいかかりました。

けど、今のネット社会の中に生きている人たちは、

 

自分でネットビジネスへのメンタルブロックを外す必要なく、社会的にそれが当たり前になってきている。

ように思えます。

ここで言うネットビジネスは、You TubeとかSEOとかに限らず、

 

「会社に頼らず自分で稼ぐ手段を見つけて、実際に稼ぐこと。」

のことを指しています。

 

それって、とらえようによっては、

「良い面」

もあれば、

「悪い面」

もあるように思えます。

 

良い面としては、簡単にネットビジネスに挑戦できること。

敷居が低いので、

「ネットビジネス(You TubeやSEO、情報発信ビジネス)やってみようかな・・・はい!はじめました!」

っていうのができる時代。

要は簡単にスタートを切ることができるし、

そのための材料(情報)もネットを探せば無数に見つかる。

なんだったら、You Tubeを検索すればもっといろいろ学ぶことができる。

 

でも、悪い面としては、自分の中で、

「ネットビジネスへの覚悟が育つ前からスタートできてしまう。」

という面があるように思えます。

 

繰り返しますが、僕はもう、古い考えになってしまっているんでしょうけど・・・

僕の場合は、

「ネットビジネスをやってみようかな・・・?」

の状態から、

「実際にネットビジネスをはじめました!」

という状態に至るまで、最低でも1年、下手したら2年以上かかりました。

 

その間なにをしていたかというと、

会社員として働きながら

(その当時で言えば某有名カフェチェーンのの店長)

さっきも書いた金山さん、

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

のメルマガを読んでネットビジネスの基礎を学んでいました。

 

あ、念のために言っておくと、金山さんのビジネスを斡旋しているわけではないです。

もちろん、いまだにメンタル面でのメンターは金山さんだと思っていますし、

最近はお会いしていないですが、やはり、またお近づきになりたいと思う、

僕の中での一種のゴール的な存在です。

ですが、別に今回、金山さんへの斡旋をしようとして書いているわけではありません。

 

で、話を戻して。

会社員をしながら、

「副業」

すらせずに、ただひたすら、金山さんのメルマガを読んで、

ネットビジネスの基礎を学び、ネットビジネスへのメンタルブロックを、

一枚一枚剥がし続けていました。

かさぶたが一枚一枚剥がれていくように。

 

で、ようやく1年くらい経って、

本格的にネットビジネスをしようと思って、

コーチングやらメルマガやらをやったけど、一銭も稼げず、

2016年11月にようやくSEOアフィリエイトと出会って少しずつ稼げるようになった・・・

という遍歴だったんですけど・・・

 

ああ、なんかまとまりのない文章になってしまってすみません。

 

とにかく、僕がネットビジネスを学んだ5~6年くらいまでは、

ネットビジネス(会社に頼らずネットで自分の収入源を得る)ということに、

世間的にも抵抗、変なものを見る目みたいのがありました。

 

でも、今ではもうネットビジネスが当たり前になっている。

むしろ隣り合わせになっている。

 

ネットビジネス(自分で稼ぐ)が隣り合わせになっているのは良いこと?悪いこと?

思いっきり話がそれました。

 

でも、もう長くなってきたのでそろそろ切り上げようと思うのですが・・・

 

ネットビジネスが隣り合わせになっている現代。

 

  • twitter
  • You Tube
  • ネット検索

 

で、当たり前のようにネットビジネスが学べる、行われている今の時代は、果たして本当に「良いこと」だけなんでしょうか?

 

繰り返しで本当申し訳ないんですけど、

僕自身は、ネットビジネスをはじめるのに、

1年以上かけて、ネットビジネスへのメンタルブロックを外して、

「自発的に」

ネットビジネスに取り組もうと思うことができました。

 

けど、今はネットビジネスが当たり前になっていて、

なんだったら隣り合わせになっていて、

「自分自身でネットビジネスへのメンタルブロックを外す必要がない。」

状態になっています。

(少なくとも僕は勝手にそう感じています)

 

果たしてそれは本当に良いことだけなんでしょうか?

確かに、ネットビジネスを誰でも簡単に始められるようになったことはいいことですが、

 

  • なにから学べばいいのかわからない(指針や土台ができていない状態でネットビジネスが始められてしまう)
  • 下手すると情報弱者をターゲットにしている人たちのカモにされてしまう可能性

 

があるように思えます。

 

なぜなら、自分自身でネットビジネス(自分で稼ぐこと)へのメンタルブロックを外していないから。

ネットビジネスが日常のすぐ隣にあるから。

 

思い返せば、僕もネットビジネスを学び始めた頃は、本当にいろんな人から情弱のカモにされかけました。

 

  • 街コンで出会った女性にビジネスに勧誘される(ビジネスとは言わずに)。しかも2回も。
  • 出会い系のカフェ会合みたいのなので知り合った男性にネットビジネスに誘われそうになる
  • 同じ会合で知り合った別の女性に結局やっぱりビジネスに誘われそうになる
  • 勉強のために言ったビジネスセミナーで参加していた人から自分のビジネスへの投資を持ちかけられる
  • FBで知り合った人から自分のビジネスへの入会を促進される
  • ビジネス交流会でたくさんのビジネス勧誘の存在を知る

 

繰り返しますが、これらはもう、5~6年位前の話し。

それが今では、もう、日常の隣り合わせにネットビジネス(自分で稼ぐビジネス)があると考えると、今からネットビジネスをはじめるひとは、

 

どこから何を学べばいいのか本当にわからない!

 

という状態になってしまっているんじゃないかと思えます。

たとえは全然合っていませんが、大海原で一人難破しているような状態。

サハラ砂漠で遭難しているような状態。

たとえは全然違いますけど、でもそのくらい、もうネットビジネス、情報発信ビジネスの迷子になってしまいそうな、そんな感じがします。

 

日常に流される前に自分で考える視野を持つ重要性

えっと・・・

実は今回の記事で書こうとしたことは、全く別のことでした(笑)

 

ただ、記事のもともと書こうとしていた構想を追っていたら、

 

僕がネットビジネスを学び始めた5~6年前と、

ネットビジネスが隣り合わせに存在する現在

 

の違いについていろいろ考え始めてここまで来てしまいました。

 

たとえるなら、

僕がネットビジネスを学び始めた時代がガラケー時代。

今のネットビジネスが隣り合わせにある時代がスマホ時代。

みたいなものなんでしょうか・・・

 

余談ですが、僕は某携帯ショップに長年勤めていたので、

ガラケーからスマホに変わる時代を「ショップ店員」の立場で見てきました。

その観点から、なんとなく、そういう感じに近いのかな?

と考えています。

 

ネットビジネスの時代の移り変わりが、

ガラケーからスマホに移り変わっていったように感じる、

という話。

 

で、話はだいぶそれてしまったんですけど・・・

今回の記事で言えることは、

 

ネットビジネスが日常の隣り合わせにあるからこそ。

良い面としてはすぐにネットビジネスを始められる。

それだけの環境や社会の情勢が整っているということ。

 

悪い面としては、自分でネットビジネスへのメンタルブロックを

解き放したわけではないので、

ビジネスの土台や指針ができていない状態で始められる危険性があるということ。

つまり、下手をすると、実際には稼いでいない人から、

情報弱者として「カモ」にされてしまうということ。

 

決してそれも悪い面だけではなくて、

仮に「カモ」にされたとしても、それで結果的に稼ぐことができたのであれば、それでいいと思います。

 

けど、カモにされて、お金だけつぎ込んで結局、得るものがなかった。

自分自身で稼ぐことができなかった。

というのがとても痛い。

 

ネットビジネスの時代が、たった5~6年くらいで、

ガラケーからスマホに移り変わるように、

ものすごい速さで進化していったからこそ。

(考えてみればガラケーからスマホにかわるのだって10年以上かかってますよね。)

良い面だけにとらわれない。

悪い面も見つめることが重要に思えます。

 

自分でネットビジネスへのメンタルブロックを剥がしていないからこそ。

ネットビジネスの基礎や、自分の中の方向性、指針、覚悟が定まる前から、

ネットビジネスが当たり前になっているからこそ。

 

安定しない状態でネットビジネスを始めてしまうかもしれない。

そのことは常に考えておいたほうがいいように思えます。

 

繰り返しになりますが、今回の記事は結局、

「もともと書こうとしていたこと」

から大きく脱線して書いているので、

まとまりに欠けた記事になってしまっていますが・・・

 

時代に押し流されずに、

自分自身で

必要不要、

重要・非重要

を冷静に見極める観点が必要になっているように思えます。

 

つまり、

「今やろうとしているビジネスは本当に自分の意思なのか?情報に流されてやりたくもないことをやろうとしていないか?」

と考えることが重要に思えます。

 

本当は、今までの

「会社で稼いで生活をしていく。」

という観念を外して、

「ネットで自分で稼いで成功していく。」

というマインドに変換するのはものすごく大変なこと。

僕で言えば、まぁ、古い考え方だったからかもしれませんけど、

1年以上かかりました。

 

それが、今では当たり前のようにネットビジネスが横行している。

そんな時代だからこそ、

「自分自身で物事を判断する目」

が必要になってきています。

 

ネットやYou Tube、twitterに出てくる、入会促進の文面や動画に、

「あ、これよさそうだな・・・」

と、考える前に、自分自身の指針、

土台を整えることも、重要なように重えます。

 

少し今回、中身のない記事になってしまったかもしれませんが・・・

明日以降、そのことについてもう少し書いていきます。

 

なんか、だいぶ話がそれてまとまりのない記事になりすみません。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. カンソバン より:

    Apa様
    拝読致しました。まさに今の自分です。東京砂漠で彷徨い、狼狽え、そしてモヤモヤしながら、コクーン設定で気が狂いそうになっている自分です。
    これは正に慧眼であります。

    • apa より:

      いやぁ・・・よくわかります。僕もWordPressの設定が大の苦手で、かれこれ4年近く避け続けてきましたからね(笑)また、いただいた問い合わせの内容は順次回答していきますね!遅くなってすみません!今しばらくお待ち下さい。

タイトルとURLをコピーしました