【疲れが美徳?】アフィリエイトの本質を追い求めた作業スタイル

作業全般

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。八王子ケンジです。

今日は『疲れの美徳?』について書いていきます。

努力が足りない?

超初心者p子

ふぅー・・・

 

今日も作業終わり、だぜ!

 

初心者a男

え?もう終わりにするの?

早くない?

 

超初心者p子

なにがよ?

 

ちゃんとやることはやったわよ。

 

初心者a男

でも、全然疲れてる感じがしないよ?

 

超初心者p子

なによ。

 

疲れてないとならないわけ?

 

初心者a男

いや、そういうわけではないんだけどさ・・・

 

でも、一生懸命やったの?

 

本当に真剣にやったらもっと疲れるはずだと思うんだけど・・・

 

超初心者p子

なによう?

 

疲れてないから真剣に作業をやってないんじゃないか?

っていうこと?

 

考え方が古くさいのよ。

体育会系かっての。

 

ねぇ、a子。

 

初心者a子

いや、私に言われても・・・

 

 

初心者a男

真剣にやってたらもっと疲れるだろう?

 

全然疲れてない感じだからもうちょっとがんばった方がいいんじゃないの?

 

超初心者p子

ちゃんとやってるわよ!

 

なんなのよ!

 

そんなんだからモテないのよ!

 

初心者a男

な・・・

 

関係ないだろう!

 

そんなこと!

 

初心者a子

またはじまった・・・

 

なんなのよ、アンタたち・・・

 

八王子ケンジ

ふむ。

 

どうやらa男は疲れが美徳とする固定観念にとらわれてしまっているようだな。

 

初心者a子

あ!八王子ケンジさん!

 

超初心者p子

珍しく、今回はわたしの味方なのね。

 

初心者a男

どういう意味ですか?!

 

疲れを美徳とする文化。

 

特に日本にはあるように思えます。

 

あなたはどうですか?

 

毎日のアフィリエイト作業。

 

会社での仕事も同じかもしれませんけど、疲れていないと、なんだか変な背徳感みたいの、生まれてきたりしませんか?

 

「本当はもっとできるんじゃないか?」

 

などと考えてしまったりしませんか?

 

その気持ち、すごくよくわかります。

 

疲れていないと、まだ努力が足りないんじゃないか?とか。

 

本当はもっとできるんじゃないか?

 

と、ツイ考えてしまいます。

 

でも、疲れるために仕事をしているわけではありません。

 

もちろん、アフィリエイトも。

 

本当に「疲れが美徳」とする社会のシステムは正しいんでしょうか?

 

僕も会社員時代。

 

かなりそれを教養された気がします。

 

「疲れた?」

 

と訊かれて、

 

「いや、そんなでもないです。」

 

と答えると、冗談半分で、たぶん、どこか本気で。

 

「まあがんばりが足りないんじゃないの?」

 

と言われたことがありました。

 

会社での仕事って特に。

 

どこか疲れが美徳とされている部分があるように思えるんです。

 

疲れていればがんばっている。

 

疲れていないとまだ努力が足りない。

 

そんな風に考えられている部分があるように思えます。

 

あなたはどうですか?

 

社会のそういう見えないシステムのようなもの、感じたことないですか。

 

少なくとも、アフィリエイトは違うと思うんです。

 

疲れたらいいというワケではありません。

 

むしろ、疲れていなくても。

 

SEO的に、サイトの順位を上げることができていたら、そっちの方が美徳といえます。

 

効率的な仕事をできているということになります。

 

これからの時代は特に。

 

疲れを美徳とするのではなくて、本当に本質を追い求めていかないとならないように思えます。

質の高い仕事を追い求める。常に

八王子ケンジ

そのまんまの意味だ。

 

もちろん、疲れていることはいいことなのかもしれない。

 

だけど、どんなに疲れていても、作業の中身が伴っていなければ意味がない。

 

逆に、大して疲れを感じていなくても、質が伴った作業ができているのであれば、そっちの方が美徳といえる。

 

今の時代はより、質の高いビジネスが求められている。

 

どれだけ時間をかけたか、どれだけがんばったか、よりもどれだけ質の高いビジネスをできたか?

の方が重要になってくる。

 

質の高いビジネスが求められている。

 

よく言われることですけど、アフィリエイトにおいても全く同じ事がいえると思います。

 

僕自身、アフィリエイトの作業をしていてそんなことをよく考えます。

 

以前までの僕は、疲れることを美徳としていました。

 

一生懸命アフィリエイトの作業をして・・・

その当時はスタバでやっていました。

特にそのときのことが印象的です。

あとは、町田のコワーキングスペースでやっていたときもそうでした。

 

で、クタクタになって家に帰ってくる。

 

それが素敵なことと、心のどこかで思っていたのかも知れません。

 

素敵なことって、表現としておかしいように思えますけど、とにかく。

 

「今日もがんばったぞ!」

 

という気持ちになっていました。

 

でも、今考えればそれは自己満足だったように思えます。

疲れることが美徳ではない

以前は、一生懸命やって疲れているのがいいことのように思われていました。

 

僕もそう思っていました。

 

疲れていないのは仕事を真剣にやっていないことだと思っていたんです。

 

小学校の時間割にA、B、Cとありませんでしたか?

 

今はどうかわかりませんけど、C時程の日って、学校がすぐ終わるので全然疲れる感じがしないんですよね。

 

ちょうどそんな感じでしょうか。

 

「なんか物足りない。」

 

気がしてしまうんです。

 

いつもだったらもっとクタクタになっているはずなのに、全然疲れていない。

 

そのことに違和感を感じてしまいます。

 

そして、そのことは、会社員になっても同じ。

 

やはり、疲れていないことに違和感を覚えてしまいます。

 

だから疲れるまでやる。

 

で、結局途中で切り上げることができずに、残業してしまって翌日の出勤が応える。

 

なんてことが頻繁に起ります。

 

あなたはどうですか?

 

なんだか疲れが足りなくて、本当に真剣にやったのか?

 

って自分に問いただしてしまうことないですか。

質の高い仕事を追い求める

別に、疲れていなくてもいいと思います。

 

ここ最近、僕自身、大きく仕事のスタイルを変えました。

 

正直、以前までに比べると疲れは溜まりません。

 

っていうか、作業の時間も比較的早く終わらせています。

 

その代わり、毎日同じリズムで。

 

 

仕事中は基本的には余計なものをみないで。

 

これが簡単ではないんですよね。

 

スタバでさぎょうをしていたとき。

 

時間を決めずにキリのいいところで終わらせていたとき。

 

つい、どうしても。

 

仕事中に変な物を見てしまって、時間を無駄にしてしまっていました。

 

変な物って、余計な物という意味です。

 

当時は、「いけない」とわかっていても、ついレコードを検索したり、調べ物をしたりして、時間を無駄にしてしまっていました。

 

その結果、確かに仕事が終わる時間が遅くなって心も体もクタクタなんですけど・・・

 

絶対に、余計な調べ物をしていなかったらもっと早くに仕事が終わっていました。

 

それはむしろ、早くに仕事を終わらせることに抵抗を覚えていたのかもしれません。

 

仕事は、遅くまでがんばってやるもの。

 

そういう、会社の中で植え付けられた固定観念があったから、余計な調べ物をしたとしても遅くまで仕事をしている自分にどこか酔いしれていたのかもしれません。

 

でも、本当に大事なことはそういうことじゃないと思うんです。

 

別に早く仕事が終わったっていいと思うんです。

 

それでも。

 

ちゃんと質が伴っていれば。

 

質の高いサイトをつくれてればいいと思います。

 

もっといえば、

結果を出すことが目的

結果が出ていればいいんです。

 

5時に仕事が終わったとしても、6時に仕事が終わったとしても。

 

変な話し、3時、4時に仕事が終わったとしても。

 

ちゃんと質の高いサイト作成をできているのであれば、それでもいいと思うんです。

 

もし、あなたが。

 

以前の僕と同じように。

 

余計な調べ物をして、結局結果的に仕事が終わるのが遅くなっているのであれば。

 

そして、それでクタクタになって、なんとなく仕事をがんばっている気になっているのであれば。

 

改めて質に意識を置いてみることが大事かもしれません。

 

仮に、早くに仕事が終わってもいいと思います。

 

それでも、ちゃんと質の高い仕事をしていれば。

 

余計な調べ物をしてグダグダと8時まで仕事をするのと。

全く余計なことをせずに仕事に集中して6時に仕事を終わらせるのでは、意味合いとしては全く同じです。

 

むしろ、高い集中力を維持できている分、後者の方が有益かもしれません。

 

あなたもし。

 

長い時間まで仕事をして、アフィリエイトの作業をしてそれで、仕事をした気になっていて。

 

でも、実は中身が伴っていないと思うのであれば。

 

改めて質の高い仕事に従事してみるのがおすすめです。

 

そして、個人的にはそのために。

 

【眠るように集中する】リラックスと時間を決めて取り組むアフィリエイト
アフィリエイトは、毎日やり続けていくものです。ビジネスなので短期決戦ではありません。あなたは自分を追い込みすぎていませんか?焦る気持ちはわかりますけど、集中とリラックスは表裏一体です。時間を決めて落ち着いた状態でアフィリエイトに臨むのがおすすめです。

 

こちらの記事に書いたやり方を実践するのがおすすめです。

 

記事内でも書いていますが、事情があってあまり大々的に書けないのですが(笑)

 

まとめ

初心者a子

そういうことなんですね・・・

 

  • 疲れることがビジネスの本質ではない
  • 疲れていなくても早く終わったとしても質の高い仕事をしていればそっちの方がいい
  • 疲れることが美徳という固定観念を取り払って作業に集中すること

 

が大事なんですね。

 

八王子ケンジ

うむ。

 

つい、仕事をするときに、長い時間がんばって仕事をすることがいいことのように思えてしまうが、そんなことはない。

 

大事なことは質を追い求めて、集中して取り組むこと。

そして、結果を追い求めることだ。

 

初心者a男

確かに・・・

 

僕は、長い時間仕事をすることが美徳だと思っていました。

 

だけど、その実。

 

余計な調べ物とかをして時間を無駄にしているのも確かでした。

 

反省します。

 

超初心者p子

はっはっはっ。

 

やっとわかったか。

 

多いに反省しなさい!

 

初心者a男

なんかp子に言われるとシャクだな・・・

 

それに、p子は余計な調べ物をせずにアフィリエイトの作業に集中できているの?

 

超初心者p子

ギック!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました