メルマガ登録フォーム

【縦横無尽のサイト作成】リサーチして商品に適したサイト作成を目指す

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『縦横無尽のサイト作成』について書いていきます。

あなたはサイトをつくるときに、どんな風に構成を意識していますか?

サイトを作る際に気をつけないとならないことは、当然のことながらたくさんあります。

それらひとつひとつ、意識しながらサイトを作り続けるのは決して楽なことではないですね。

でも、特に。

中でも意識しないとならないことはあると思います。

今回はそのうちのひとつ。

縦横無尽のサイト作成について書いていきます。

apa
縦横無尽のサイト作成こそ、もしかしたら目指すべき方向性なのかもしれません。

 

サイトの型がわからない

初心者a男

最近、どんな文章を書けばいいのか、よくわからなくなりました。

 

apa

どういうことですか?

 

初心者a男

自分なりに、いろんな文章をつくってきましたけど、どれが正解かわからなくて、文章をつくるのに時間がかかります。

 

apa

その気持ち、よくわかります。

 

初心者a男

ありがとうございます。

 

きっと、型さえ決めてしまえば、あとはつくればいいだけなんでしょうけど、なかなか簡単にはいかないですね・・・

 

apa

うーん、実は型さえ決めてしまえばいいっていう、そんな単純な問題でもなかったりするんですよね。

 

初心者a男
そうなんですか?

 

よく、このことは訊かれます。

 

「型さえ決まっていればどんどんサイトをつくっていけるのに・・・」

 

というお声。

 

確かに、サイトを量産していくのであれば、型があるかどうかはかなり大切です。

 

でも、型さえあれば、なんにでも応用が利くのか?

 

というとそうでもありません。

 

逆に型にはめてしまうことで、本来必要なサイトの形が作れなくなってしまう可能性があります。

 

型は確かに大事なんですけど、型だけに頼りすぎるのも危険ということができます。

 

あなたはどうですか?

 

サイトをつくるにあたって型をつくっていますか?

 

例えば、このブログにしたってそう。

 

一応、ある程度の型にそって文章を作成しています。

 

だけど、このブログは、まぁ、収益化を狙っているわけではなくて。

 

半分は趣味の部分もあるのでいいといえばいいんですけど。

 

でも、やっぱりこのブログの型も、

 

「見やすい」

 

という方もいれば、

 

「見にくい」

 

という方もいるかもしれません。

 

そう考えると、アフィリエイトサイトも全く同じで。

 

ひとつの型をつくってしまえばそれでOKか?

 

と言われるとそんなこともありません。

 

常に探求と追求が必要になるのがアフィリエイトです。

 

そういう意味では、アフィリエイトに求められているサイト作りというのは、もしかしたら、

 

縦横無尽のサイト作成と言えるのかもしれません。

 

縦横無尽のサイト作成

初心者a男
どういうことですか?

 

apa

性別や年齢層に応じて読みやすいサイト構成、読みにくいサイト構成というのがあります。

 

それを、商品に応じてつくりわけるのがアフィリエイトのコツと言えるかもしれません。

 

初心者a男
はい?

 

年齢層による違い

ここ最近、それを感じるようになりました。

 

年齢層による違い。

 

例えば、高齢層向けの商品や、主婦向けの商品と。

若い女性、20代向けの商品ではつくるべきサイトの構成が変わってきます。

 

高齢層や主婦の場合、縦に長い文章を読むのになれていない場合が多いです。

 

もちろん、若い奥様の場合は話は別ですけど。

 

つまり、スマホの文章を読むのになれていないケースが多いんです。

 

実際、僕のこのブログは、縦に長い傾向があります。

 

一文一文がすごく短い。

 

その代わり縦に長い。

 

それを、ある高齢層向けの商品でやってみたところ、どうも読まれている印象がありません。

 

対して同じように縦に長い文章を若い年齢層向けの商品でつくってみたところ、ちゃんと読まれているような印象がありました。

 

一概に絶対的なことはいえないんですけど。

 

どうやら傾向として、

 

高齢層向けの商品の場合、横に長い文章はOK。だけど、縦に長い文章はNG。

若年層向けの商品の場合、縦に長い文章はOK。だけど、横に長い文章はNG。

 

そんな傾向があるように感じます。

 

あ、留意していただきたいのは、あくまで僕の感覚です。

 

絶対的な正解でもないし、もっと凄腕のアフィリエイターからすると、見解が全く違うかもしれません。

つまり、あまり信用しないでくださいということです(笑)

 

でも、年齢層によってサイトの構成を変えないとならないって言うのは、恐らく間違いないと思います。

 

性別による違い

性別による違いもかなりあります。

 

ひとつ、僕が3年間、アフィリエイトでライティングしてきて感じる違いは、ストーリー性。

 

僕が感じる印象としては。

 

女性向けの商品の場合、多少ストーリー性があった方が読まれる、あるいはストーリーがあってもちゃんと読んでくれる傾向にあるように思えます。

 

反面、男性向けの商品の場合、あまりストーリーは見られていないように思えます。

 

繰り返しますが、あくまでも僕の経験と勘による見解です。

 

扱い商品が男性向けか?

 

それとも女性向けか?

 

によっても多少文章の構成を変える必要が出てきます。

 

商品による違い

細かい点を挙げれば、取り扱う商品によってもサイトの構成に違いが出てきます。

 

医薬品などであれば、細かい成分の説明とかが必要になるかもしれません。

 

でも、ダイエットサプリや、スキンケア商品などで細かい説明の文章があるとむずかしくて読まれにくいように思えます。

 

どんな商品を扱うかで、サイトの構成も文章の中身もガラッと変わってきます。

 

縦と横

僕はそれらの違いを勝手に縦と横の違いと考えています。

 

さっきの、縦はOK、横はNGを例にとって。

 

もちろん、変えないとならない点は縦の長さ、横の長さ以外にもいろいろとあるんですけど、代表的な違いのひとつとして縦と横をとりあげて。

 

いずれにしても、

 

性別・年齢・商品に適したサイト作成を考えるのがポイント

です。

 

サイト作成の型をつくったとしても、ただバカの一つ覚えみたいにその型に従ってサイトをつくればいいというわけではありません。

 

商品で見極める

その商品を購入する人が女性なのか?男性なのか?

 

年齢層は何歳くらいなのか?

 

もっといえば、職業はどういう人たちなのか?

 

どういう目的でその商品を買うのか?

 

商品に応じて、TPOを見極めることが大切です。

 

そのためには当然、

 

リサーチ

が欠かせません。

 

だからこそ、リサーチをせずにサイトを作成してしまうと、誰の心にも響かないサイトとなってしまいます。

 

リサーチの方法に関してはこのブログでも何回か取り上げてきましたし、他のアフィリエイターも様々な方法を展開しているのでここでは割愛します。

 

しかし、結局。

 

リサーチしないと、縦横無尽のサイト作成はできないと考えた方がいいです。

 

縦横無尽のサイト作成を目指す

ひとつのテーマとして。

 

もちろん型をつくることも大事なんですけど、それだけに富満らっず、縦横無尽のサイト作成を目指すことが大切だと思います。

 

もちろん、偉そうなことを言うつもりはなくて。

 

まだまだ自分自身ができていないことなんですけど。

 

しっかりとリサーチして、

 

  • どの年齢層の
  • どの性別の
  • どういう職業の人たちが
  • どういう目的で購入するのか

 

しっかりとこのあたりを認識して、その人達に適した読みやすいサイト作成を心がけることが大切だと思います。

 

まとめ

 

初心者a男

なるほど・・・

気をつけないとならないことはたくさんあるんですね。

 

  • しっかりとリサーチして年齢層や性別などを見極める
  • 商品に応じて適したサイト作成を心がける
  • 縦横無尽のサイト作成がアフィリエイトの鍵を握る

 

ということなんですね。

 

apa

そうですね。

 

僕自身、まだまだできていないことですし、簡単なことではないんですけど、

常々そういうことを意識してサイトを作ることが大事だと思います。

 

初心者a男

わかりました。

 

もう一度、リサーチすることから始めてみようと思います。

 

ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です