アフィリエイトの進化のために楽を手段として活用する

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『楽するためじゃない。進化のために。』について書いていきます。

楽な道はない?

初心者a男

この前、p子が言ってきたんです。

 

apa

なにをですか?

 

超初心者p子
もっと楽にできる方法はないのかな~?

 

初心者a男
って。

 

apa

うーん、p子さんの場合、しょっちゅうそんなこと言っている気がしますけどね・・・

 

初心者a男

そうなんです。

だから、ビシッと言ってやりましたよ。

 

「アフィリエイトに楽な道なんてないんだよ。楽をしたらダメなんだよ。」

 

って。

 

apa

・・・怒られたんじゃないですか?

 

初心者a男

ええ・・・

 

ケンカになりましたよ・・・

 

初心者a男

もう、どうしてわかってくれないんですかね・・・

 

apa

うーん、でも、アフィリエイトにおいて、楽っていうのも時々に応じて必要かもしれません。

 

初心者a男
え?

 

アフィリエイターの人と話していると。

 

稼いでいる人と、稼げていない人の考え方が結構極端にわかれているように思えます。

 

やっぱり、稼げている人と稼げていない人の考え方で一番大きな違いというのが、

 

「楽」

 

に対する考え方だと思います。

 

この「楽」というキーワードがひとつのポイントのように思えます。

 

人間、誰だって楽を求めます。

 

それ自体は特に特別なことではなくて、誰でも当たり前。

 

でも、稼いでいる人は・・・

 

「楽」をしてその空いたリソースで別のことをやるために「楽」を求めているように思えます。

 

一方で、稼げていない人は、

 

「楽」して稼ぐために「楽」を求めているように思えます。

 

この違い、わかりますか?

 

どちらも楽を求めていることに変わりはないんです。

 

でも、同じ「楽」でももたらす結果と未来が大きく違います。

 

あなたはどうですか?

 

過去、求めてきた「楽」。

 

それは単純に、「楽」をして稼ぐための手法でしたか?

 

それとも、「楽」して空いたスペース、リソースで別のことをやるための楽でしたか?

 

いずれにしても。

 

僕はこの「楽」に対する考え方が少し誤っていたように思っています。

 

「アフィリエイターは楽をしてはならないんだ。」

 

ずっとそんな風に考えていました。

 

いや、間違ってはいないんですけど・・・

 

そうして、ずっと。

 

自分の手で全てをやろうとしてきたことから、若干非効率な作業形態になっていたと反省しています。

 

楽を求めることは悪だとすら思っていました。

 

でも、それはまた、少し違う考え方なのかもしれません。

 

進化のために楽を求めるのと、

怠惰のために楽を求めるの。

 

同じ楽への追求でも全然違います。

 

進化のために楽を追求する

初心者a男

どういうことですか?

 

楽を求めたら進化はなくなってしまうんじゃないですか?

 

apa

そうですね。

 

そう、考えたくなる気持ちもよくわかります。

 

だけど、結局。

 

どこかで楽をしないと、全部の作業を進めるのはむずかしいんです。

 

手抜きと楽は全然違います。

 

初心者a男
??

 

手抜きと楽の違い

シンプルに言えば、手抜きと楽の違いみたいな。

 

手抜きって、そもそもの言葉があまりよくないですよね。

 

どちらにしても。

 

アフィリエイトは手抜きをしたらダメだと思います。

 

例えば、外注。

 

僕は外注はしたことがないのでよくわかりませんけど。

 

自分で文章を書いたこともないのに、アフィリエイトの文章を外注に依頼するのはあまりよくないかもしれません。

 

指示もうまく出せませんし、記事を書いてもらっても、それがいいのか悪いのか、よくわかりません。

 

それは完全な手抜きになります。

 

やはり、外注するにしても、ツール記事にするにしても。

 

自分で文章を書いて稼ぐ経験っていうのは絶対に必要不可欠だと思います。

 

楽を求めないのは効率を捨てること?

かくいう僕は。

 

本当に楽をもとめなさすぎました。

 

いや、変な聞こえ方になってしまいますが、悪い意味で、です。

 

楽を求めるのは悪いことだと思っていました。

 

アフィリエイトをやるなら絶対に楽なんてしてはならない。

 

楽をしたら稼げるはずがない。

 

そうとすら、思っていました。

 

だから、アフィリエイトをはじめて4年目。

 

専業になって3年目になりそうな現在でさえ。

 

ずっと自分で記事を書いてきました。

 

自分で全部の記事を書くというのは、ある意味誇りであるように思えますが、全然そんなことないです。

 

結局、アフィリエイトも結果がすべての世界です。

 

結果を出すことができなければ、アフィリエイトでは生き残ることもできません。

 

注目されることはありません。

 

僕は曲がりなりにも、アフィリエイト報酬、最高250万円いったことがあります。

 

自分でのライティングで。

 

でも、いまのところ、そんなの全然自慢にもなんにもなりません。

 

目標には到底及ばないですし、まだまだ自分、足りないと思っています。

 

だから、楽をしてはならないと思っていました。

 

もっと、自分を追い詰めないとならないと思っていました。

 

だから、外注もツール記事も使わず、全部自分でやることにこだわろうとしてきました。

 

それはいい意味でいえばストイック。

 

悪い言い方をすれば効率を捨てていたと言えます。

 

効率を最優先しないとならないのがアフィリエイト

いいんです。

 

それで、自分で書いて、全部の文章を、他人や機械を頼らず、自分で書いて、報酬1,000万円いくなら。

 

それで、その道を貫き通せばいいんです。

 

でも、自分で全部の文章の記事を書いてきて、ここ最近、やっと気づいたことは・・・

 

圧倒的にリソースが足りない

 

ということでした。

 

気づくのが遅い?(笑)

 

こうと決めたら、周りが見えなくなってしまうタイプなんですよね・・・

 

とにかく。

 

リソース不足をここ最近痛感させられました。

 

新規サイトを自分でつくっている間は、既存サイトのテコ入れまでなかなか手が回らない、時間が足りない。

 

時間があったとしても、新規サイトをつくるエネルギーでパンクすることが多い。

 

逆に、既存サイトのテコ入れをしたら、新規サイトをつくるだけの時間と体力が足りなくなる。

 

そういう、悪循環に陥っていたように思えます。

 

さらに、中古ドメインでつくった新規サイト、ドメインが外れドメインだったら、つくった時間と体力が無駄になる。

 

そんなことの繰り返しをずっとしていました。

 

自分を責めるつもりはないのですが、若干非効率なやり方でやっていたと反省しています。

 

楽を進化のために使う

楽をしてはならないといのが、僕の考え方のひとつでしたが、それまた執着だったのかもしれません。

 

もちろん、堕落、怠惰、手抜きのために、楽を求めるのはダメです。

 

それでは、アフィリエイトでは稼ぐことはできません。

 

でも、そうじゃなくて。

 

次の進化のために楽を使う

 

っていうのは、アフィリエイトで生き残るために必要な手段なのではないでしょうか。

 

つまり・・・

 

楽を目的ではなくて手段として使う。

 

のであれば、アフィリエイトの将来のために有効活用できるのではないかと考えました。

 

あなたはどうですか?

 

アフィリエイトの楽。

 

目的として用いていますか?

 

それともアフィリエイト進化の手段のために用いていますか?

 

どちらも同じ「楽」ではあるけれど。

 

角度を変えれば活かし方が全然変わってきます。

 

「楽」に対する考え方を改めてみるのも大切かもしれません。

 

まとめ

初心者a男

そういうことなんですね・・・

 

楽を目的ではなくて手段として用いる

空いたリソースでアフィリエイトを進化させる

同じ楽でも使い方次第でアフィリエイトの未来が変わる

 

ということなんですね。

 

apa

そうですね・・・

 

楽を求めてはならない。

 

のではなくて、楽をどう活用するか?

 

ということが一番重要です。

 

初心者a男

わかりました。

 

僕自身、今まで楽をしないようにばかりしてきて、非効率だったように思えます。

 

今後は、楽をアフィリエイトの未来のために活用していきたいと思います。

 

ありがとうございます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“アフィリエイトの進化のために楽を手段として活用する” への2件のフィードバック

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    あぱさんの視点はいつも他の方とは違うと思います。
    意思貫徹力だけでなく、楽を活用するという考え方は
    とてもユニークだと感じました。

    • apa より:

      こんばんは!
      おお!素敵なお言葉をありがとうございます!
      そうですね・・・
      僕はその辺少し考え方が逆に固執しすぎていたかな、と反省していました。
      楽を活用するって言うのも、もしかしたら一つの手段かもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です