【カラー】商品の特性を表すキーワードをチョイスするセンスを磨く

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。八王子ケンジです。

今日の投稿では、ワード選びの重要性について書いていきます。

文章を書くのって、意外とむずかしいと思います。

っていうのも、ただ思ったままに文章を書けばいいわけではなくて。

アフィリエイトで言えば、しっかり言葉選びに力を入れる必要があります。

どんなキーワードを選定して含むことができるか。

それが、アフィリエイトの重要なポイントとなります。

もちろん、キーワード選びだけしっかりとできていればいいというわけではないんですけど。

キーワード選びは、今後のアフィリエイトを生き残っていく上でかなり重要なポイントになるのも確かです。

特にここ最近、そういうキーワードの選び方というのが改めて重要だなと思うようになりました。

今回の投稿では、そんなキーワード選定について私なりの考え方を書いていきます。

八王子ケンジ
アフィリエイトは言葉のチョイスとも言い換えられるかもしれません。

 

ライバルの存在が脅威

初心者a子

最近、やたらとライバルが強くなってきているような気がしない?

 

初心者a男

あ、わかる!

 

今までと同じレベルのドメインでサイトをつくってもなんだか上位表示しにくくなったよ・・・

 

超初心者p子
そりゃあ、あんたのアフィリセンスの問題でしょう。

 

初心者a男

なんだと!

 

そういうp子はどうなんだよ?

 

超初心者p子

あたし?

 

あたしは相変わらずマイペースでやってますよ。

 

初心者a子

p子は私たちみたいな憂き目に遭っていないのね・・・

 

初心者a男

いや、たぶんそういうことじゃないと思うよ・・・

 

初心者a子

困ったな・・・

 

いったいどうしたら、今のアルゴリズムで上位表示できるようになるんだろう・・・

 

八王子ケンジ

意識しないとならない点は多数あるが・・・

 

特に言葉選びのチョイスが鍵になってくると思うぞ。

 

初心者a子
あ!

 

初心者a男
八王子ケンジさん!

 

超初心者p子

はいはい。八王子ケンジさんね。

もうこの登場パターン飽きたって。

 

最近のアルゴリズムの変動は本当に落ち着かない。

 

知り合いのアフィリエイターの方と会うと、大概そういう話になります。

 

でも、本当に確かにそうですね。

 

ここ最近、なんだかアルゴリズムがずっと落ち着いていないように思えます。

 

僕のサイトもめまぐるしく動いているように思えます。

 

そんな中で、絶対的に上位表示できる方法というのは、僕も全くわからないのですが(笑)

 

ですが、ひとつハッキリ言えるのは、キーワード選びのチョイス。

 

これが鍵を握っているような気がします。

 

キーワード選びのチョイス?

超初心者p子
ぷぷ・・・

 

八王子ケンジ
??

 

超初心者p子
アンタそれ、日本語おかしいよ(笑)

 

超初心者p子

だって、「選び」と「チョイス」は同じ意味だよ。

 

アンタ、偉そうな態度してるくせに学がないんだね。

 

八王子ケンジ

いや、わかっている。

 

わかっているが、この場合、このニュアンスの方が、私にとってしっくりくるんだ。

 

超初心者p子

悪い教え!

 

言葉選び

ちょっと僕も言葉としておかしいかな?

 

と最初は思ったのですが、あえてそのまま進めます。

 

アフィリエイトにおいては言葉選びは重要なエッセンスです。

 

どにょうな言葉をチョイスするかというのは、アフィリエイトにおいて重要。

 

で、サイトに載せるキーワード。

 

あなただったらどうやって選定していますか?

 

ライバルサイトからの抜き出し

ツール記事のサジェスト

LPからの抜き出し

 

いろんな方法が考えられますけど、このワード選びというのが今後のアフィリエイトでより重要になってくるように感じます。

 

ライバルサイトの抜き出し

例を取って、ライバルサイトの抜き出しで考えてみます。

 

昨今のSEO、単純なコンテンツ力だけで上がっているサイトばかりとはいえなくなっています。

 

メディア力。

 

ドメイン力。

 

も大きく関わってきます。

 

そうなってきたときに、ライバルサイトのキーワードを抜き出すと、

 

「関係ないワード」

 

が抽出されたりすることがあります。

 

もしくは関係なくはないけど、その商品を表す言葉とは限らない抽象的なワードが出てきてたりします。

 

うーん、この辺のことは言葉にするのは少しむずかしい気もするけど、

 

当たり障りのないキーワード

があったりします。

 

ライバルサイトのキーワードを抜き出したりすると。

 

で、そういうキーワードを自分のサイト内に入れたりするのって実はかなり危険なように思えます。

 

例えばこんなキーワード。

 

  • 場合
  • セール
  • 期間
  • 最終
  • 時期

 

今、パッと思いついたワードを勝手に入れただけなのでなんの参考にもなりませんが。

 

例えば、ライバルサイトのキーワードを抜き出したときに、こうしたキーワードが頻出していたとする。

 

で、

 

初心者a男

ライバルサイトが入れているキーワードなんだから遮二無二入れてしまえばいいんだ!

 

となってしまうと危険。

 

チョイスするとありきたりなサイトになる

要は、

 

当たり障りのないキーワードをチョイスするとありきたりなサイトになってしまう

 

ように思えます。

 

そういう意味で、「言葉選びのチョイスがむずかしい」というフレーズにしました。

 

ややこしいですえn(笑)

 

商品の魅力を最大限伝えるためのワードを選ぶセンス

今後のSEOにおいては、そのセンスがかなり重要になると思います。

 

同じ、ワードを与えられたとしても。

 

どの言葉が一番最大限に商品の魅力を伝えるのに適しているか?

 

それを瞬時に、的確に見抜くセンスが必要であるように思えます。

 

あなたはどうですか?

 

ライバルサイトのキーワードを抜き出したとき、ただ単に、自分のサイト内に散りばめるようなこと、していませんか?

 

もちろん、それもひとつのやり方なのかもしれませんけど。

 

今最も、必要とされているのが、ワード選びのセンスだと思います。

 

その商品の魅力を最大限伝えるために、どのキーワードをチョイスするか。

 

しっかりと考え抜くことが大切だと思います。

 

言い換えると、

 

なんの商品でも使えそうな言葉は構想に含めない

ことが大切です。

 

どの言葉が、その商品の魅力を伝えるために、必要なのか。

 

あるいは不必要なのか。

 

その辺の千差万別がアフィリエイトでは重要です。

 

抽象的な表現で伝わりにくいかもしれませんけど、

 

その商品のカラーを伝えられるワードを選ぶこと

が今後のアフィリエイトで必要になってきます。

 

どうしたらその商品の魅力を十分読み手に伝えられるのか?

 

しっかりと考えてサイトの構成を組む。

 

それは絶対的に必要になってくると思います。

 

これは昨日、ちょうどある商品のサイトをつくっていて思ったこと。

 

ライバルサイトのキーワードを抜き出したはいいものの、商品の魅力を伝えるためには不明確、抽象的な表現があまりにも多かった。

 

だから、ただ抜き出したワードを散りばめればいいわけじゃないんだな。

 

と思ったことから考えた記事です。

 

もし、あなたが同じように、ライバルサイトからキーワードを抜き出してサイトの構成を組み立てているようであれば、

 

その商品独自のカラーを伝えるキーワード以外はできるだけ除外した方がいいと思います。

 

考えてみれば当たり前のことですが、作業ベースでやっているとつい見落としてしまいがちです。

 

注意してみるのも大切だと思います。

 

まとめ

初心者a子

そういうことなんですね。

  • ただライバルサイトのKWを抜き出すだけだと抽象的なワードも含まれる
  • その商品独自のカラーを表すキーワードをチョイスすること
  • 経験を積み重ねることでセンスを磨く

 

ということなんですね。

 

八王子ケンジ

うむ。

 

まずは、本当に入れ込もうとしているそのキーワードが、商品の特性を表すものなのか?

 

考えてみることは大切だと思う。

 

初心者a男

わかりました。

 

僕もその観点で自分のサイトを見直してみることにします。

 

ありがとうございます!

 

初心者a子
ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です