【その後どう?】悔しさをバネに飛躍するアフィリエイト

セルフコントロール

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『悔しさをバネにするアフィリエイト』について書いていきます。

 

悔しい

超初心者p子

きぃぃい!

 

悔しいぜ・・・

 

apa

どうしたんですか?

 

なにかイヤなことでもあったんですか?

 

超初心者p子

「イヤなことがあった」どころの騒ぎじゃねぇっすよ!

 

apa

??

 

なにがあったんですか?

 

超初心者p子

なんかこの前、いっちょ前のアフィリエイターと話してたら、

 

「p子さんでは作業量が足りないですね。」

 

とかほざきやがったんです。

 

超初心者p子

ムカつきませんか?

 

だから、稼げないんだ。

 

ばりのこと言ってきやがって!

 

頭来て、ぶん殴ってやりたくなりましたよ。

 

apa

お気持ちはわからなくもないですけど、暴力はダメですよ。

 

超初心者p子

チィ!

 

口で言ってもわからないときは、手で黙らせるしかないんですよ!

 

apa

女性らしからぬ発言ですね・・・

 

超初心者p子

あん?

 

殴られたいんですか?

 

apa

す、すみません・・・

 

超初心者p子

ふん。

 

貧弱が!

 

apa

でも・・・

 

超初心者p子

まだなにか?

 

apa

口や手で黙らせる意外に、結果で見返すっていう選択肢はないんですか?

 

超初心者p子

あん?

 

誰にでも、こうした悔しい経験ってあると思うんです。

 

僕も、これまで何度も悔しい経験をしてきました。

 

なんだかんだで、僕もプライドは高い方だと思うんです。

 

いや、自分ではよくわからないんですけど・・・

 

会社員時代のときに、

 

「ケンジってプライド高いよな。」

 

って言われたような気がするんです。

 

確かに、プライドは高いかも。

 

とは思ったんですけど、でも、数値化できない部分なので、本当は比較のしようもないですよね。

 

あなたは、どうですか?

 

「悔しい!」

 

って思う経験、ここ最近したことないですか?

 

いや、もしかしたら。

 

アフィリエイトではそんなの日常茶飯事かもしれませんね。

 

一生懸命記事を書いたのに、中古ドメインも選んだのに、できること全部やったのに。

 

ライバルを抜き去ることができなくて悔しい!

 

こういう思いをしたことは、誰にでも多かれ少なかれあると思います。

 

それを考えたとき。

 

この悔しさとの向き合い方って、すごく大事になると思うんです。

 

例えば、今の僕の「思うんです。」という表現。

 

ある人のライターをやったときに、

 

「○○なんです。」

 

という表現が多いので、変えた方がいいと思いますよ。

 

みたいなことを言われて、実は最初カチンと来てしまったこともありました(笑)

 

まぁ、ライターなんだから、しょうがないのかもしれませんけど。

 

いわゆる悔しかったっていうやつですね。

 

他にも、悔しい思いはたくさんしてきました。

 

きっとあなたもそうだと思うんですけど。

 

大事なのは、その悔しさをどう、プラスに方向転換できるか?

 

ということだと思います。

 

悔しさの方向転換

超初心者p子

ふ・・・

 

わかったぜ・・・

 

apa

ん?

 

なにがわかったんですか?

 

超初心者p子

その、悔しさの方向転換ってやつがですよ。

 

apa

お!

 

わかっていただけたんですね。

 

ありがとうございます!

 

超初心者p子

ガッテンだ!

 

つまり・・・

 

ムカつくやつがいても、その人を直接殴らずに、他の人を殴ればいいというワケですね?

 

ようし!

 

さっそくa男をとっちめてやりますよ!

 

apa

コラコラ!

 

全然違いますよ!

 

そうではなくてですね・・・

 

超初心者p子

え?

 

違うの?

 

apa

全然違いますよ・・・

 

そうじゃなくて、要は、その悔しさをバネにして、よりアフィリエイトに励むしかないということです。

 

超初心者p子
はん?

 

まぁ、あんまり月並みなことは言いたくないんですけど。

 

かといって、奇をてらったことを書こうとしているわけでもないんですけど。

 

やっぱり、悔しいっていう思いをバネにすることはとっても大切なことだと思うんです。

 

「悔しい!」

 

っていう思いを抱いたときに、僕的には、3種類の反応があると思っているんです。

 

悔しいときの3つの反応

ひとつは、そのまま言い返すタイプ。

 

僕はこういうの、全くニガテで・・・

 

人から言われたら、言い返すことが全くできずに。

 

周りを見て、悔しいという感情を爆発させてうまく言い返している人を見ると、羨ましく思っていました。

 

例えば、一応、僕も会社員だったとき。

 

それなりの立場にいたりして。

 

例えばコンビニの副店長だったときに。

 

バイトの子に、

 

「こうこうこうしてほしい。」

 

といったら、

 

「そんなの、あなたに言われたくないです。店長から言われるならまだわかるんですけど!」

 

と言い返されてしまいました。

 

今振り返れば、きっと僕の言い方に問題があったんだろうな、と思うんですけど。

 

でも、よくそうやって感情を表に出すことができるな、と思いました。

 

僕は昔からそういうの、相手に言い返すとかができなかったので・・・

 

繰り返しますが、それはそのバイトの子を責めているのではなくて。

 

僕がたぶん、言い方が悪かったからだと思うんです。

 

だから、非は僕にあると思っています。

 

とにかく、そんな感じで。

 

いい意味で、自分の感情を表に出して、「悔しい」と思ったら言い返せるタイプ。

 

あとは、全く言い返せないタイプ。

 

優しいと言えば優しいんですけど、逆を言えば言い返す勇気がないとも言えます。

 

よく僕も上司の方から言われていました。

 

「なんでケンジは言い返してこないの?もっと言い返してきなさいよ!ほら!」

 

と、何度も罵られてきました。

 

でも、やっぱり言えないんですよね・・・

 

悔しいっていう感情はもちろんあっても、それをどうやって表に出していいのかわからない。

 

っていうか、まぁ・・・

 

うーん、こう書くとあまりよくないかもしれませんけど、僕は今振り返ると、軽度の吃音症に陥っていたんだなと思いました。

 

それは以前も書いたんですけど、

 

【使える会話術】ASPとの会話では『イシュー』を大切にする
アフィリエイトにおいて。SEOのテクニックやライティングのテクニックと同じく。欠かせないと思えるのが会話術です。どんなにすごいテクニックを持っていても。コミュニケーションがうまく取れないと、案件を紹介してもらえません。この記事ではそんな「会話術」について書いていきます。

 

接客業なのに、「いらっしゃいませ」が言えない。

 

正確には、

 

「いらっしゃいませ」の「い」が言えない。

 

声を出そうとすると、逆に詰まる。

 

どんなに力を入れても、逆に出ない。

 

目を見開いても、喉に本気で力を入れても声が出ない。

 

でも、そのたびに、お客さんがたくさん来る。

 

いちスタッフとして働いているときも、副店長、店長として働いているときも、「いらっしゃいませ」の声が出ない。

 

お客さんからすると、

 

「んだよ。この店は、『いらっしゃいませ』も言えないのかよ。」

 

と思われてしまう。

 

だから、「声を出さなきゃ。」と思っても、なかなか声が出せない。

 

考えてみれば、その違和感に初めて気づいたのは、高校生の頃のコンビニでのバイト時代。

 

その当時は、

 

「あれ?変だな、声が出ないときがある・・・?」

 

と思った程度でしたが、バイトだったので、短い期間でやめて、そのまま忘れていました。

 

でも、就職してからその症状が顕著になって、悩みの種になっていました。

 

「いらっしゃいませ」の「い」が言えない。

 

ネットで調べて、

 

「そういうときは、『い』を抜いて、『らっしゃいませ。』と言えばいい。」

 

と書いてあったので、

 

「らっしゃいませ。」

 

ということにした。

 

最初は言えていたんですけど、今度はしばらくしたら、

 

「らっしゃいませ。」の「ら」が言えない。

 

だから、

 

「しゃいませ」

 

と言うようにしたら、今度は「し」も言えない。

 

結局、「いらっしゃいませ」は調子のいいときくらいしか言えなかったんです。

 

 

最近、この漫画を買って読んで、改めて、あのときの、

 

「いらっしゃいませ」が言えない症状が、吃音だったんだな、とわかったから。

 

まぁ、だいぶ話しが蛇足しましたが・・・

 

要するに、「悔しい!」という感情はあっても、それを表に出すことができないタイプだったんです。

 

「悔しい」を言葉じゃなくてバネにするタイプ

で、「悔しい」と感じたときの3種類の反応の最後のひとつ。

 

「悔しい」っていう感情を表に出すことはできない。

 

だけど、バネにする。

 

悔しいと思ったら、グッとこらえて、それで飛躍するタイプっていると思うんです。

 

僕がそういうタイプなのかどうかはわかりませんけど。

 

僕は副業時代。

 

会社員の最後の方は、本社で経理をやっていたのですが、会長に罵倒され、人格まで否定されるような陰口を何度も言われながらも、言い返さずに一年過ごしてきました。

 

「絶対に、この悔しさは忘れない。絶対に結果を出してこの会社をやめてやる!」

 

という執念というか、信念というか。

 

そういう気持ちでアフィリエイトに向かっていました。

 

悔しさは心のバネにに変換する

そういうわけで。

 

悔しいと思ったときには、3種類の反応があると思います。

 

  • 感情を露わして言い返す。
  • 悔しくても何も言い返せない。
  • 言い返さずにバネにして結果で返す。

 

どれが正解ということは全くなくて。

 

結局、一番大事なのは、そのあとにどう行動するかということ。

 

悔しくて言い返しても、言い返せなくても。

 

そのあとで結果で返すことができればそれが一番です。

 

この記事で一番言いたいのは・・・

 

「悔しい!」

 

って感情が生まれたときに、僕たちはつい、その場そのときの視点だけにスポットライトをあてて考えてしまいます。

 

「あのとき、言い返しちゃったけど、ガマンした方がよかったのかな?」

「あのとき、言い返せなかったのが悔しい!なんで自分はこんなんなんだろう?」

 

と。

 

悔しいと感じた瞬間、その場そのときを考えると、いろいろ思い浮かびますけど、本当に大事なことはそうじゃない。

 

そのあとに、どんな行動をしたのか?

ということ。

 

あなたがもし。

 

「悔しい!」

 

と感じるようなことがあったのであれば。

 

それがアフィリエイトであってもなくても。

 

「結果で相手を見返してやる!」くらいの気持ちになって、自分の本来やるべきことに実直に向かう。

 

自分の本当にやるべきことのバネにして飛躍する。

 

くらいの心持ちが大事なのかもしれません。

 

まとめ

超初心者p子

そういうことすか・・・

 

  • 悔しさを感じたときの反応は3種類
  • 大事なのはその場でどう反応するかよりもその後どう行動するか
  • 悔しさをバネにして、結果で飛躍すること

 

が大事なんすね。

 

apa

そうですね・・・

 

結局、大事なのは悔しいと感じたそのあとに、何をするかということだと、僕は思います。

 

超初心者p子

ち・・・

 

わかりました。

 

この振り上げた拳をドコに降ろせばいいのか?

まだわかりませんけど・・・

 

今は、黙ってアフィリに向かってやりますよ!

 

ああ・・・

悔しいぜ!

 

apa

がんばってください!

 

応援していますよ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました