歪んだ愛と利他の精神?外の世界に触れて異世界転生級の変化を得る

セルフコントロール

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『利他と自他』について書いていきます。

アフィリエイトは綺麗事ではダメ?

超初心者p子

全くよー・・・

キレイ事ばかり言いやがって。

 

apa

どうしたんですか?

p子さん。

期限が悪そうですね。

 

超初心者p子

あ、apaさん。

そうなんですよ。

a男の野郎が、キレイ事ばっかり言ってやがるんで、殴ってやりたくなってきたんですよ。

 

apa

あんまりそういう、暴力に走るの早めたほうがいいと思いますよ・・・

で、何があったんですか?

 

超初心者p子

a男の野郎がよう、

「僕は世のため人のために仕事をするんだ。」

とかなんとかほざいてやがるんですよ。

そんなこと、キレイ事ばっかり言ってるからモテないんだよ。

って、言ってやりましたよ。

 

超初心者p子

なるほど・・・

a男さんは利他の心が強いんですね。

 

超初心者p子

利他だか、なんだか知らないけど、そんなんで飯食えるなら誰も苦労してないっての。

あいつは、なんにも苦労してきてないからそんなこと言えるんだろうな。

 

ちょっと、辛辣な聞こえ方になってしまうかもしれませんけど・・・

 

こういう、人のため、世の中のためにがんばるっていうの。

 

人によっては綺麗事のように捉えられてしまいます。

 

そういう僕も。

 

社会人の時はそれを目的にして仕事をしていたので、なんだか耳が痛い話です。

 

僕は社会人のとき。

 

とにかく、自分に自信がなかった。

 

自分のことが好きになれなかった。

 

それはまぁ、どちらかと言うと学生時代の延長に近い話なんですけど。

 

とにかく、自己肯定感の低い人生を送ってきました。

 

そんな人生を送ってきたから、仕事をやっていてもなんだかモチベーションが上がらなくて。

 

自分を変えるために、

「世のため人のためになる仕事をしよう。」

 

と考えるようになりました。

 

つまり、会社で与えられた目標とかを。

会社のためとか自分のために達成するのではなくて。

 

この目標件数を達成することで、お客さんに良いことができる。

 

そんな考えで仕事に取り組むようにしていました。

 

実際、そんな考えを持って仕事に取り組むようになってからは、以前よりも仕事により、モチベーション高く臨めるように思えます。

 

自分で言うのはなんですけど、気持ちを切り替えて、そうして利他の精神を持って物事に臨むことはすごく大切だと思います。

 

僕たちが普段取り組んでいるアフィリエイトだって。

 

自分の利益のため。

という考えだけではなくて。

 

「この商品を紹介することで、買った人がもしかしたら幸せになるかもしれない。今までの悩みを解決できるかもしれない。」

 

そういう考えで臨んだほうが、結局はいい結果にたどり着けるような気がします。

 

だけど、この記事で書きたいのはそんなことではなくて。

 

もちろん、そういう利他の心を持つことはすごく重要なことなんですけど。

 

だけど、大前提として。

自分のことを認められる。

自分のことを肯定できる。

自分のことを愛することができる。

 

それが必要なんじゃないかと思います。

 

利他の前に自分を認める

超初心者p子

ま、どうせapaさんも綺麗事がお好きな方なので、a男派だとは思うんですけど。

 

apa

うーん、どっちか派っていう話ではないんですけど・・・

でも、p子さんを養護するわけではありませんけど。

p子さんの言うことにも一理あると思います。

 

超初心者p子

なぬ?

 

これまた僕の話ばかりで大変恐縮なんですけど。

 

利他の精神を持つことはすごく大切だと思います。

 

もし、今の自分が10年前の社会人だった自分と会うことができるのであれば。

 

そう伝えてあげると思います。

 

そうして、利他の精神を持つことはとても大切なこと。

そうして、物事に向かうことで、物事のいい面を捉えようとするのはとても大切なことです。

 

だけど、それは、大前提として、自分を認めてあげることが必要です。

 

僕の場合。

 

利他の精神を、「自分の中の足りないもの」を埋めるために使っていた面がありました。

 

つまり、どうしても、自分のことを好きになれないから。

だから、利他の精神で人の役に立つ自分になる。

そうすれば、自分のことを認められるように。

愛することができるようになるんじゃないかと考えていました。

 

要するに。

自分のことを愛することができないから、他人の役に立つことで、他人に自分のことを認めてもらおうとしていたのかもしれません。

 

社会人になって、数年経ってから、そういう考えがずっと頭の中にはびこっていたように思えます。

 

自分のことを愛することができない愛は不誠実

繰り返しになりますが、誰かのため。

他人のため。

お客さんのため。

従業員のため。

家族のため。

大切な人のために。

 

がんばることはすごく重要なことです。

 

欠かせない考えの持ち方だと思います。

 

決して、その考えを否定するつもりはありません。

 

だけど、僕の場合は、それを、「自分を愛するための道具」として用いていた部分があったように思えます。

 

自分を愛することができないから。

自分で自分を認めることができないから。

 

せめて、人様の役に立つことで、他人に自分を愛してもらいたい。

そうして、自分で自分を認められるようになりたい。

 

そう思って、躍起になっていた部分があるように思えます。

 

だけど、結局。

 

自分のことを愛することができない愛は不誠実なんですよね。

 

自分を愛することができないから。

他人を愛することで。

他人の役に立つことで、自分を認められるようにがんばる。

 

それほど、不誠実なことはありません。

誰よりも自分に対して。

 

僕はそうして、自分に対して、不誠実な向き合い方をしていたと反省しています。

 

目の前のことに従事する、視野を広げる

ちょっと、精神論的な話になってしまっているんですけど。

 

その当時、歪んだ愛を持っていた僕は、結局、仕事も。

人生も。

恋愛も。

 

すべてうまくいきませんでした。

 

結局、そう考えている間は。

 

つまり、人の役に立つことで、誰かに認めてもらいたい。

と思っている間は、まだどこかに心の余裕みたいのがある状態なのかもしれませんね。

 

つまり、目の前のことに本気で取り組んでいない。

 

だから、仮にもし。

 

この記事を読んでくださっているあなたが、僕と同じように。

 

今のアフィリエイト作業、仕事、人生、ビジネスに本気になれない。

 

自分を愛することができない。

だから、人の役に立つことで、誰かに認めてもらおうとしてしまう。

 

そういう状態になってしまっているのであれば。

 

まず大事なことは改めて、目の前のことに向き合うことだと思います。

今、自分が本当に。

本気で向き合えるような重要なことをライフワークにしているのであれば。

 

余計なことを考えずに目の前のことに集中することができれば、そうした、利他の精神を自分の歪んだ愛の為に使う。

ということもなくなると思います。

 

もしくは。

それでも、今の仕事に本気で向き合うことができない。

 

どうしても、

「本当にこのままのやり方でいいのか?」

という疑問が浮かんできてしまう。

 

というのであれば、視野を広げていったほうがいいと思います。

 

そうして、目の前の物事に集中できないということは。

自分の中で迷いが生じているということ。

今向き合っている物事が、どこか自分にあっていないということなのかもしれません。

 

だから、視野を広げて、いろんな世界に触れてみることが大切です。

 

僕自身。

最初は、

「会社員で仕事をしていくのが当たり前。」

そう思って生きてきました。

 

でも、以前も書いたように。

ちょっと外の世界に足を踏み出して、

 

「こんなビジネスがあるんだ。」

「こんなビジネスで生計を立てている人がいるんだ。」

 

というのを知ると、社会人としてしか生きていくことができない。

 

と考えていた自分がすごく小さく思えてきました。

 

そうして、視野を広げて行動してみる。

 

今の目の前の世界だけに、自分の中の世界観を広げない。

 

それが結局。

 

巡り巡って、本当の意味での自分を愛することに繋がるんじゃないかと思います。

 

ちょっと、精神論的な話が多くなってきてしまいましたけど。

 

もし、あなたが。

今の自分を愛することができない。

そして、そんな愛することができない自分から目をそらすために、利他の精神を使っているのであれば。

 

それはきっと、今自分が普段、向き合っている世界が、あなたに合っていないからかもしれません。

違和感が生じているからかもしれません。

 

「ここは本当に自分が生きているべき世界なんだろうか?」

 

と。

 

最近、流行っている漫画の「異世界転生」じゃないんですけど。

 

でも、本当に。

自分の外の世界に触れるだけで、その「異世界転生」級の変化が出てくるかもしれません。

 

少なくとも、僕はそうした。

異世界転生級の変化を実感しました。

外の世界に触れることで。

 

今、時勢的にセミナーとかそういうのは減っていますけど。

 

その分、You Tubeとか、動画で学べる学校とかが増えています。

 

余談ですけど、最近、僕は、スクーで毎日学んでいます。

 

Schoo - 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ
Schooは365日、無料のオンライン生放送授業を開催。「未来に向けて今あなたが学んでおくべきこと」をテーマに、働き方・お金・健康・テクノロジー・ビジネス・ITスキルなどの最先端を皆で一緒に学んでいきます。

 

これはちょっと、どちらかと言うと、堅い内容が多いので。

「外の世界に触れる」というのとは少しニュアンスが違うかもしれませんけど。

 

でも、何でもいいと思うんです。

 

本でも、ウェブセミナーでも、You Tubeでも、動画学習でも。

 

そういうので、できるだけ外の世界に触れていくことで、

「自分がなんて狭い世界で生きてきたんだろう。」

 

ということに気づくことができます。

 

そうすることで、利他の心で自分への歪んだ愛をごまかす必要すらなくなってきます。

 

ものすごい速度で現実が変化していくので、

「自分は本当にこのままで良いんだろうか?」

 

なんて悩んでいる暇すらなくなってきます。

 

結局そうして。

 

今の悩みから払拭することができないのであれば。

 

外の世界に触れてみる。

 

今、携わっている世界とは別の世界に目を向けてみることで色々と変わってくることがあるかもしれません。

 

まずはそこから。

 

そうして視点を広げてみることで、本当に自分が今やるべきことが見えてくるかもしれません。

 

そうして、外の世界に、フィルターを外して触れていくことが異世界転生級の変化を呼び起こして、本当に自分が真剣に向かい続ける何かを見つけることができるのかもしれません。

 

自分を愛することができない。

だから、人の役に立つことで人に認められる自分になりたい。

でも、本当にそれでいいんだろうか?

 

という疑問が生じているのであれば。

ぜひ、一度そうして。

外のいろんな世界に触れて視野を広げてみることをおすすめします。

 

まとめ

超初心者p子

そうなんすよね。

わたしもそれが言いたかったんですよ。

 

  • 自分を愛することができないから利他の心を持ち込むのは歪んだ愛かも
  • まずは目の前の現実にしっかりと向き合うことが大切
  • それでも疑問や疑念が払拭できない時は外の世界に触れる
  • You Tubeでも、動画でも、ウェブセミナーでも
  • そうして外の世界に触れ続けることで異世界転生級の変化が生じる

 

ということですよね。

わたしがa男に言ってやりたかったことを代弁してくれてありがとうございます。

 

apa

うーん、なんだか疑わしいところがいっぱいあるんですけど・・・

でも、そうですね。

今の自分のやっていることに疑念が生じるのであれば。

そうして、少しずつでもいいから、外の世界に触れていくことが大切だと思います。

結局、それが巡り巡って、自分の中での異世界転生級の変化。

つまり、大きな荒波となって自分の人生を大きく変えていくのかもしれませんね。

 

超初心者p子

わたしがa男に言ってやりたかったのはそういうことなんですよ~。

いやぁ。言いたいことを言ってくださってありがとうございます。

 

apa

なんだか、漁夫の利って感じだけどな~・・・

殴ってやりたいとか言っていたくせに・・・

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

  1. 若ちゃん より:

    はじめまして

    若ちゃんといいます。

    わかります。自己承認のために他者の幸せを考える人いますね。
    自分が満たされない限りは、人を幸せにはできないのでは?
    と私も思います。

    仕事にも通づるものがありますね。

    • apa より:

      はじめまして(^^)
      ですよね。僕も、今までは自分を満たすことができないから、他人を満たそうとしてしまっていました。でも、それはある意味とても不条理なことなのかもしれませんね(^^)

タイトルとURLをコピーしました