焦り

集中力

目の前の物事、その先の予定にも、総体的に心に余裕をもたせることが大切

物事には常に冷静に向かっていく姿勢が必要です。焦っている状態だと物事はうまくいきません。本来であれば当たり前のような物事でも、つい潜在的な焦りにかられて、それが見えなくなってしまいます。潜在的にも顕在的にも常に冷静でいる心構えが大切です。
セルフコントロール

焦りの正体を知ることが冷静さの第一歩

どんなに表面的な対策をとっても冷静さを保つことができません。その原因は焦りの正体を知っていないから。まず大事なことは焦りの正体を知ってそこに対して対策を打つ。つまり根本的な原因を解決することで始めて本当の意味で落ち着きを取り戻すことができます。
八王子メソッド

焦らないことより大切な「気づく」力

気づく力って本当に大切だと思います。ミスしたときに、焦っているときにその事実に気づくこと。目を反らさないこと。そこから本当の意味での成長が始まると思います。そこに気づくことができないと、いつまでも同じ場所に留まり続ける結果となってしまいます。
セルフコントロール

【焦りがミスを生む】心に余裕を持てる環境を作る努力

時間というのは大切です。心に余裕を持てる時間設定、環境作りがパフォーマンスに大きく影響します。あなたがもし、ミスが目立つと思うようなことがあるのであれば、それは焦りが原因かもしれません。まずは落ち着いて、冷静に取り組むことができる環境作りに努めることが大切です。
セルフコントロール

焦りをコントロールするのが一番むずかしい

こんばんは! いつも応援していただき、ありがとうございます。 apa(あぱ)です(^^) 今日は『なんだかんだ言っても焦りたくなる気持ちを抑えることが一番むずかしい』について書いていきます。 焦り...
セルフコントロール

【上原ひろみ】焦ってもミスしない能力を選択するか?焦らない能力を選択するか?

焦りは物事のパフォーマンスを大きく低下させます。うまくいかないと思っている物事は大抵焦っていることが原因。焦らずに成功できる能力を養うか、それとも焦らないか。どちらの能力を選択するかで物事の成否は大きく変わることになります。
八王子メソッド

たまにはゆっくりでいいから冷静に情熱的にサイトを作ってみると見えてくることがあるかも

焦ってサイトを作成するといいことはありません。もちろん、スピード重視でサイトを作成することはアフィリエイトにおいてはとても重要なことです。だけど焦ってサイトを作成してしまうと中身が雑になってしまうだけではなくて変な癖がついてしまいます。まずは冷静にそれでいて情熱的にサイトを作ってみることが大切です。
作業全般

焦りが生む歪み

物事がうまくいかないとき、大抵人は焦っているのかもしれません。まずはその「焦り」に気づくことが物事の成否を分ける重要な鍵なのかもしれません。大事なことは、まず焦りに気づいて冷静に臨むこと。それが結果的に成功確率を高める手段となります。
セルフコントロール

次にうまくいけばいいだけ。成功への過剰な期待をやめて失敗を前提に取り組む

アフィリエイトに限らず、タイピングに限らず。成功への過剰な期待は逆にパフォーマンスを低下させてしまいます。大事なのは、失敗を前提に。失敗しても次にうまくいけばいいや。くらいの気持ちで、冷静に。それでいて果敢に物事に挑戦することだと思います。
セルフコントロール

ミスタイピングは心の黄色信号?

タイピングをしていて、急にミスタイピングが増えるようになったら。それは心が出している黄色信号なのかもしれません。そこで冷静さを失ってしまうと、ますますタイピングは酷く、荒くなってしまいます。そうした心の黄色信号に気づいて、冷静さを取り戻すことが、タイピングにおいてはとても大切です。
タイトルとURLをコピーしました