メルマガ登録フォーム

【捨てる技術】アフィリエイトの戦略選びの重要性

選択する女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『捨てる戦略』について書いていきます。

アフィリエイトのテクニックについて調べると、いろんなことがわかってきます。

このやり方もよければ、あのやり方もいい。

手法というのはほんとうにたくさんあるので、その中でどれがほんとうに必要か?

ということを考え出すと、解決策もなかなか浮かびません。

でも。

アフィリエイトにおいて、最も重要なのは、そうした数ある技術の中で、

「捨てること」

だと考えています。

今日の投稿では、そんな「捨てる技術」について書いていきます。

apa
アフィリエイトではその「捨てる技術」を以下に活用するかが鍵を握ります。

 

手法に悩む

初心者a男
うー、どうすればいいんだ・・・

 

 

apa

どうしたんですか?

a男さん。

 

 

 

初心者a男

あ、apaさん。

うーん、ちょっと悩んでいることがありまして・・・

 

 

apa
なんですか?

 

 

初心者a男

ほら、アフィリエイトっていろんな戦略とか手法があるじゃないですか?

 

apa
そうですね。

 

 

初心者a男

その中のどれが一番いいやり方なのか?

考え出したらワケがわからなくなってしまったんです。

 

 

 

apa

確かに、ネットの情報もそうですし、本の情報、SNSの情報を見ると、どれがほんとうに正しいのかどうか?

わかりづらくなりますよね。

 

 

 

初心者a男

そうなんです。

だから、もう、このままのやり方でいいのか?

それとも、ネットの情報を参考にすればいいのか。

参考にした方がいいなら、どの情報を参考にすればいいのか?

全くわからなくなってしまったんですよ。

 

 

 

apa

なるほど・・・

確かに、それはむずかしい問題ですけど・・・

個人的には、

「捨てる技術」

がなにより重要だと思いますよ。

 

 

初心者a男
捨てる技術?

 

アフィリエイトの情報を精査していると。

ほんとうにいろんな情報があることがわかります。

 

ひとつひとつの情報を見ていると、しかも、どれも正しい情報のように思えてくる。

そう考えると、アフィリエイトはやっぱり正解のないビジネスだけに、迷いたくなってしまう気持ちもあると思います。

 

あなたはどうですか?

アフィリエイトをやっていて。

 

たくさんある情報の中から、どれが正しいかわからなくて、困惑してしまったこと、ありませんか?

 

アフィリエイトの情報をすべて、ひとつひとつ探していると、ほんとうになかなか大変なものです。

正解がないから。

 

だけど、そんな、正解がないとも言えるアフィリエイトにおいて。

やっぱり、戦略の取捨選択というのは重要になります。

 

もっというと。

「情報」、「戦略」、「手法」。

これらの中から、「捨てる技術」が何より重要であるように思えます。

 

捨てる戦略

 

初心者a男

どういうことですか?

よく本とかでは、

「捨てる技術」

とかありますけど、そういうことですか?

 

 

 

apa

はい。

たぶん、そういうのに近いと思います。

アフィリエイトも、ほんとうにたくさんの情報があります。

人によってやり方も千差万別で。

何が正しいのか全く分からないのが現状だと思います。

そんなアフィリエイト業界においては、個人的には、

「捨てる技術」

というのは何より重要だと考えています。

 

 

初心者a男
うーん、イマイチよく分からないです。

 

情報の取捨選択

アフィリエイトは、何回も書いてきましたが。

ほんとうにたくさんのやり方、やるべきことがあります。

 

それを、全部自分のサイト内に組み込むことがベストなんでしょうけど。

それを全部やろうとしたら、時間も労力も、人手も足りません。

 

あなたは、アフィリエイト関連で、教わった技術、学んだことをすべて実践しようとしていませんか?

 

もちろん。

 

それはそれで重要なんですけど。

 

現状のアルゴリズム、SEOにおいては、情報が過多すぎて全部の情報を取り入れるのはかなりむずかしいと思います。

 

むしろ、全部を詰め込んでしまうと、ユーザーの利便性も、Googleの評価も低下することになってしまいます。

 

少し抽象的な話になってしまいましたね。

 

Googleか?ユーザーか?

要するに。

Googleか?

ユーザーか?

 

というのを選択することが必要だと思います。

 

Googleのアルゴリズムはかなりユーザーの求めるものに近づいているとは言われていますが。

 

それでもまだ、完璧ではない。

 

ユーザーの求めているもの

Googleの求めているもの

 

に乖離が生まれている場合が多くあります。

 

だから。

 

理想は、ユーザーの求めているものを満たしつつ、Googleのアルゴリズムを攻略するのがベストなんでしょうけど。

 

口で言うほど、たやすいものではないですよね。

 

僕もかなり苦心しています。

 

ここ最近。

 

あるアフィリエイトサイトを見たんですけど。

 

正直、ユーザーインターフェースはあまり良くないなと思いました(笑)

 

文字がぎっしり埋め込んであって、ハッキリ言うと、見づらい(笑)

 

でも、なのに。

 

上位表示している。

 

もちろん、そのサイトの作りで売れるのかどうかはまた別問題なんでしょうけど、とにかく。

 

「Google」には評価されているのは確かなようです。

 

そう考えたら。

 

そのサイトはもしかしたら、ある意味。

 

「ユーザーに気に入られるサイト作り」

 

というのには距離を置いて、Googleの評価を最優先していたのかもしれません。

 

もちろん、ユーザーのことを考えたら、あまりよくないのかもしれませんけど。

 

ある意味それも、戦略のひとつだなと思いました。

(厳密には戦術ですが・・・)

 

捨てる戦略。

 

そのサイトは、「ユーザー満足」を捨てて、「Google満足」を選択しているようでした。

 

両方を満足させることはむずかしい

ユーザーと、Google。

正直、両方を同時に満足させるコンテンツは、現状ではなかなかむずかしいように思えます。

 

ほんとうに。

 

Googleに評価されるサイトで、その上で、ユーザーが大満足するようなサイトであればいいんですけど。

 

簡単ではありません。

あなたはどうですか?

 

ユーザーに満足されるサイト、かつGoogleに評価されるサイト。

 

その両方を目指してサイトを作成していませんか?

 

もちろん、その気持ちは大事なんですけど。

 

現状のアフィリエイトはあるところにおいては、

 

捨てる技術

 

というのがとても大事なように思えます。

 

言い方を変えると、

 

拾う技術

何かを捨てて。

 

何かを拾う

 

そうした情報の取捨選択がアフィリエイトで結果を出していく上では必要不可欠なように思えます。

 

僕自身、まだ完璧にできているわけでは全くないのですが。

 

何かの戦略を捨てて、別の方法を拾う。

 

そうした戦略の立て方がアフィリエイトにおいては重要なのかもしれません。

 

まとめ

 

初心者a男

なるほど・・・

 

  • Googleの満足、ユーザーの満足。両方を得ることはむずかしいかもしれない
  • 捨てる戦略で、ある部分の情報を捨てることも戦略のひとつ
  • 言い方を変えると、ある手法を「拾う」ことでそちらに集中する

 

ことが大事なんですね。

 

 

 

apa

そうですね。

もちろん、本当は捨てないで、ひとつひとつを丁寧にできればいいんですけど。

特にまだやり方が固まっていないウチはそうして、ある部分を捨てる選択も凄く大切だと思います。

 

 

 

初心者a男

確かに、僕は少し、意固地になっていた部分があったかもしれません。

ほんとうに今やるべきことに集中して臨むようにします。

ありがとうございました!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【捨てる技術】アフィリエイトの戦略選びの重要性” への2件のフィードバック

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    学んだことを取捨選択するって難しいと思いましたが、
    必要なのかもしれませんね。ありがとうございます。

    • apa より:

      こんにちは。
      そうですね。
      簡単にできることではないですけど、取捨選択も大事なのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です