メルマガ登録フォーム

【熾烈なSEO時代を生き残る】多様性を持たせた一字入魂アフィリエイト

パソコンに向かう女性

 

apa

こんばんは!

apa(あぱ)です(^^)

今日は、 『一字入魂のアフィリエイト』について書いていきます。

サイトアフィリエイトにおいて重要なことは、人によっていろいろとあると思います。

その中で、やはり「文章」というのはとても大切です。

どんな文章を、どんなキーワードを織り交ぜて書くか?

というのはある種、サイトアフィリエイトのキモとなる部分と言えます。

でも、その文章も、ただ思ったことを書き連ねていればいいわけではないですよね。

今回の記事では、そんな、サイトアフィリエイトにおけるライティングについて書いていきます。

 

 

アフィリエイトの手応えがない

初心者a男
apaさん、実は最近、少し行き詰まっているんです。

 

apa
何かあったんですか?

 

初心者a男
はい・・・

 

 

初心者a男

実は少し悩んでいる部分がありまして。

今までも、apaさんから教わったやり方でアフィリエイトに臨んでいるのですが・・・

思ったように結果が出ないんです。

ライバルサイトを全然抜けないんです。

いったいどうしたら、サイトを上位に表示させることができるのかな?

と思っていまして・・・

 

 

 

apa

なるほど。

サイトを上位表示させるのは、ある種アフィリエイターの命題とも言えることですからね。

悩ましいところですね。

 

 

初心者a男
そうなんです。

いったいどうしたらいいんだろうか・・・

 

 

 

apa

なるほど・・・

a男さん、サイトの記事はどうしていますか?

 

 

初心者a男

え?

どうしてるって、普通に自分で書いていますけど・・・

 

 

 

apa

もしかして・・・

自分の頭の中だけで文章を考えていませんか?

 

 

 

初心者a男

??

どういうことですか?

 

 

サイトアフィリエイトを。

記事を、自分で書いている人にとって。

 

どんな文章を書くのか?

 

というのは、常に悩む部分だと思います。

 

どんなキーワードを入れ込むのか?

 

とか。

 

どんなコンテンツにするのか?

 

とか。

 

いわゆる設計の部分は、アフィリエイトにおいては必要不可欠ですが。

 

この記事を読んでくださっているあなたは、そんな、「文章」。

 

どうやって書いていますか?

 

最近。

 

この「アフィリエイトサイトの文章」において、僕自身、いろいろ思うことがあります。

 

「このままでいいのかな?」

 

とふと思うことがありました。

 

一字入魂のアフィリエイト

 

初心者a男

どういうことですか?

頭の中だけで文章を考えていないか?

って。

文章は自分で考えて書くって言うのは当然じゃないんですか?

外注でもしない限り・・・

 

 

 

apa

そうですね。

外注でもない限りは、基本的には自分で文章を書くと言うことにはなるんですけど。

でも、だからといって。

ライバルサイトの「コンテンツの質」が上がっている今。

「自分の頭の中だけ」で文章を構築、構成していては、群雄割拠のアフィリエイトの世界で生き残ることはできません。

 

 

 

初心者a男

??

ますますわからなくなってきました。

 

 

apa

 

つまり・・・

「一球入魂」ならぬ・・・

「一字入魂」の気持ちで偏りをなくして、多様性を打ち出す必要がある。

ということです。

 

 

 

初心者a男
??

 

偏りをなくして多様性を出す

これは本当に大事だと思います。

 

僕自身。

 

まだまだ、ライティングに関しても、アフィリエイトに関しても。

 

至らない部分がたくさんあると、自分自身、思うのですが。

 

中でも。

 

文章。

 

自分の中ではスラスラ書けているつもりでも。

 

それだからこそ。

 

偏りが出てしまっていることがあります。

 

自分が書いたアフィリエイトサイトの文章。

 

あとになって、読み返したり、ツールでキーワードに分解してみたりすると。

 

だいぶキーワードに偏りが出ていることがわかります。

 

ずっと自分で書いてきたので。

 

気づかぬ内に、自分の中で「文章のクセ」みたいのができてしまっていて。

 

自分の中では、自然な流れで文章を書いているつもりでも。

 

偏った、読みづらい文章になっていたかも。

 

と最近反省しています。

 

このブログは・・・

 

正直、思ったことを書いているだけなのでいいんですけど(笑)

 

アフィリエイトサイトは、それだと上位表示しきれないですよね。

 

それで、ふと思ったんです。

 

スラスラ書けていると言うことは偏りが出ている

と。

 

文章をスラスラ書けると言うことは。

 

一見すると素晴らしいことのように思えます。

 

でも、逆に。

 

文章がスラスラ書けていると言うことは、自分の頭の中でしか文章を書けていない。

 

と言うことにもなり得ます。

 

もしかしたら、この記事を読んでくださっている方の中にも、同じように感じる方もいるかもしれませんね。

 

少なくとも、僕はそう思います。

 

2年間。

 

アフィリエイトをやってきて。

 

2年半以上。

 

ブログを書き続けてきて。

 

文章を書くことには慣れてきたつもりだったので。

 

スラスラ文章を書けていることに、なんら違和感を感じていませんでした。

 

でも、文章をスラスラ書けていると言うことは。

 

それだけ、自分の頭の中からしかワードを出せていないと言うことだと思ったんです。

 

さっきも書きましたけど。

 

改めて、自分の書いたアフィリエイトサイトの文章をキーワードで分解してみたら、その傾向が顕著にあることに気づきました。

 

それが、ちゃんと上位にいるサイトであれば問題ないと思うんです。

 

でも。

 

上位に上がり切れていなくて。

 

ライバルサイトとキーワードやコンテンツ、文章を比較してみて。

 

明らかにライバルと比べて自分のサイトのキーワード等が偏っていたとしたら問題です。

 

僕はその傾向にあったと思います。

 

この場合の「偏る」というのは、ほとんど似たような言い回しやフレーズ、キーワードばかりがサイト内で羅列しているということです。

 

逆に・・・

 

時間をかけてリサーチしながら書けば多様性が出るかもしれない

絶対とは言い切れないんですけど。

 

時間をかけて。

 

ライバルサイトとか、情報サイトとか雑誌とかを調べながら文章を書けば。

 

大変ではありますけど、「自分の脳外から情報を取り入れている」ということになると思います。

 

そうすると、キーワードの偏りも減って、むしろ、「文章の多様性」が出てくる可能性があります。

 

Googleは「偏りのあるサイト」よりも「多様性のあるサイト」を好む?

Googleの正確なアルゴリズムはわからないので。

 

僕の考えでしかない部分もあるかもしれませんけど。

 

「偏りのあるサイト」

 

よりも、

 

「多様性のあるサイト」

 

の方が評価されるのは自然な流れだと思います。

 

同じようなことばかり書いていても。

 

ユーザーからしたら、

 

 

超初心者p子

なんだこのサイト。

同じようなことを言い回しを変えて書いてるだけじゃん。

別のサイト見よう。

 

となってしまうかもしれません。

 

そのようなサイトをGoogleが評価して上位表示するとは考えづらいですね。

 

だからこそ。

 

スピードも大事だけど質もしっかりと意識していかないとならない

と思います。

 

アフィリエイトにおいてはスピード感もすごく大事です。

 

特に初心者の内は、サイトを量産して経験値を積まないと、何が上がって、何が上がらないのか?

 

というのがわかりづらいと思います。

 

だから、サイトを量産する意識というのはすごく大事なんですけど。

 

でも、どこかで。

 

「時間をかけてでも質を上げる」

 

取り組みも大事になります。

 

それは、偉そうなことを言おうとしているわけではなくて。

 

自分自身にも言い聞かせる意味も含めて。

 

一字入魂の気持ちで熾烈なSEO時代を生き残る

くらいの覚悟が大事なんじゃないかなと思います。

 

一字一字に気持ちを込めて。

 

きちんと文章を書き連ねる。

 

もちろん、精神論をいうつもりではないので。

 

「一字一字に魂を込めればサイトが上位表示する」

 

とかそういうわけではないんですけど。

 

一字一字に全力を込めるくらいの気持ちで、きちんとリサーチして、ユーザーが求めているコンテンツを提供すること。

 

が大事なんじゃ無いかと思います。

 

それくらいの気持ちで、全力で向き合っていかないと、今の熾烈なSEO時代を生き残ることはできないんじゃないかと思います。

 

繰り返しますが。

 

偉そうなことを言うつもりは全くなくて。

 

自分自身に言い聞かせる意味も含めて(笑)

 

一字入魂のアフィリエイトまとめ

 

初心者a男

なるほど・・・

少し僕は考え方が違っていたかもしれません。

 

  • スラスラ文章を書けていると言うことは自分の頭の中での文章しか書けていないと言うことかも
  • 一字入魂の気持ちでしっかりとリサーチをして、必要なコンテンツ、キーワードを埋め込んでいくこと
  • それくらいの気持ちで向き合って、ひとつひとつのサイトをつくりあげることも大切

 

ということなんですね。

 

 

 

apa

そうですね。

そういう考え方も、きっと僕は大切だと思いますよ。

 

 

 

初心者a男

わかりました。

気持ちを一新して、がんばっていきます!

ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【熾烈なSEO時代を生き残る】多様性を持たせた一字入魂アフィリエイト” への2件のフィードバック

  1. こばみち より:

    こんばんは、こばみちと申します。
    ランキングから来ました。
    ブログを書くにしても、工夫しないとダメなんですね。

    • apa より:

      ありがとうございます!
      そうですね!
      やはり上位表示を狙う記事は工夫が必要なのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です