メルマガ登録フォーム

【感度】ライバルに先を越されてしまった中古ドメインからも学ぶ意欲

意欲

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『中古ドメインの情報』について書いていきます。

あなたは、中古ドメインによるサイト運営をやっていますか?

中古ドメインによるサイトの運営。

以前から強いと言われていますけど、

上位表示しているサイトもあれば、していないサイトもあります。

ひとことにいって、カンタンに。

中古ドメインだから上位表示できる

とも限らない面もあると思います。

そんな中古ドメインにおいて。

もし、今後も、中古ドメインでサイトを運営していくのであれば、

「情報」に敏感になることが大切だと思います。

それは、いろんな意味で。

今回の投稿では、そんな「中古ドメインの情報」について書いていきます。

 

apa
中古ドメインの運用を続けていく上では、「情報の感度」というのがとても重要になるように思えます。

 

中古ドメインの取り方がわかりません

初心者a子
なんだか、最近、ますますわからないな~・・・

 

 

apa

どうしたんですか?

a子さん。

なにか悩んでいるみたいですね。

 

 

 

初心者a子

あ、apaさん。

そうなんです。

最近、ますます中古ドメインの取り方がわからないな、と思っちゃって。

 

 

apa
??

 

 

初心者a子

いろいろ、apaさん含めて、いろんな人から中古ドメインの取り方については教わってきたんですけど。

やっぱり、なにが正解なのかイマイチわからなくって・・・

 

 

 

apa

確かに。

最近、中古ドメイン取得の競争も激化の一途をたどっているようですしね。

 

 

 

初心者a子

そうなんですよね。

いったいどうしたら、良い中古ドメインを取れるんだろう?

 

 

中古ドメイン取得の基準は、人それぞれあると思います。

 

今までも。

 

僕自身、いろんなアフィリエイターの方とあってきましたけど。

 

「全く同じ基準で中古ドメインを取得している。」

 

と言う方はいませんでした。

 

人によって千差万別。

 

十人十色というかなんというか。

 

それが中古ドメイン取得の特色だと思います。

 

もちろん、僕もここで書くことはできませんけど。

 

中古ドメイン取得には自分なりの基準を持ってやっています。

 

ある程度、自分の中で中古ドメイン取得の明確な基準があるのであればいいのですが。

 

そうでないと、中古ドメインの運用で頭を悩ませている方も多いと思います。

 

とはいえ、中古ドメインの取得~運用というのはアフィリエイト・・・

特に物販新着案件のアフィリエイターにとっては重要な要素のひとつです。

 

この記事を読んでくださっているあなたはどうですか?

 

中古ドメインの取得について頭を巡らせていたりいませんか?

 

具体的な取得から運用については今回は書けないのですが・・・

 

今後の中古ドメイン運用について、少し考えるところがあります。

 

中古ドメインの情報が鍵を握る?

 

apa

そうなんですよね。

中古ドメインの取得と運用も一筋縄ではいかないですよね。

ここ最近、Googleのアップデートの頻度も多くなってきましたし。

中古ドメインで上位表示してきている方が増えてきていることもあって、ほとんどネット界隈で中古ドメインの情報が開示されることも少なくなりましたよね。

 

 

 

初心者a子

そういえばそうですね。

ここ最近、あんまり中古ドメインの情報、出なくなりましたね。

apaさんも・・・

 

 

 

apa

す、すいません・・・

でも、だからこそ。

中古ドメインで上位表示したいと思うなら。

情報に敏感になることが大切だと思います。

 

 

初心者a子
え?

 

中古ドメインの情報を集める

繰り返しになってしまいますが。

 

ここ最近、ネットなどでの中古ドメインの情報が少なくなってきたように思えます。

 

以前は、ネットを調べれば中古ドメインの情報って結構いっぱいあったような気がするんですけど・・・

 

僕が探してないから?

 

っていうのもあるかもしれないんですけど。

 

以前までは、ちょくちょくいろんな人が中古ドメインの取得~運用セミナー。

 

あるいはメルマガなんかで情報を発信している人たちがいたように思えます。

 

今ではそういう情報や人たちは、影を潜めているようにすら思えます。

 

かといって。

 

無料で・・・

 

それこそ、Googleの検索結果に出てくる中古ドメインの取得基準に関する記事が。

 

どれだけ信憑性があるのか?

 

っていうのはわかりづらい部分ではあります。

 

初心者の間は。

 

そうしたネット検索、Google検索で出てきた情報を取得して。

 

中古ドメインの運用を考えるのも手かもしれませんが。

 

ある程度のレベル以上になると。

 

正直、Google検索で得られる情報だけだと、信憑性が心配になります。

 

では、どうすればいいのか。

 

中古ドメインの情報に敏感になること

が大事だと思います。

 

これだけだとやや抽象的な表現になってしまいますが。

 

ネットや、様々なところにある中古ドメインの情報。

 

以前に比べると、発信されている中古ドメイン情報の数も少なくなってきましたけど。

 

それでも、アンテナを立てておいて。

 

中古ドメインの情報に敏感になっておくことが大切だと思います。

 

ここからは、現状のSEOにおいて、どのように中古ドメインの情報を取得すればいいのか?

 

僕なりの考えをまとめていきます。

 

SNSやネット

少し矛盾するような気もしますが。

 

SNSやネットにある情報に敏感になっておくことが大切です。

 

もちろん。

 

無名というか。

 

そんなに名の知れていない人の情報だと、少し情報の信憑性が心配な部分もありますけど。

 

それでも、稼いでいるアフィリエイター。

 

名の知れた有名アフィリエイターの方が、中古ドメインについての情報を開示していることがあったら。

 

それをくまなくキャッチアップすることが大切です。

 

僕も。

 

SNSはほとんどやっていません。

 

twitterもほとんどやっていません。

 

というか、フォローしているのは一人だけなんですけど(笑)

 

ただそうした、限定的でもいいので。

 

「この人の情報だけは欠かさずキャッチしよう」

 

と思って。

 

限定的に中古ドメインの情報を集めることが大切です。

 

まぁ、それは中古ドメインに限った話ではないような気もしますが。

 

セミナー

また、中古ドメインに関するセミナーがあったら、特に今は。

 

積極的に参加することをおすすめします。

 

今、個人的には。

 

「中古ドメインの情報」

 

というのは「プレミアの価値」がついているように思っています。

 

それは言い過ぎかもしれませんけど、ニュアンスとして。

 

それだけ、中古ドメインの情報を開示してくれるセミナーなどがかなり減りました。

 

だからこそ。

 

もし、あなたの界隈で。

 

中古ドメインに関するセミナーがあったのであれば。

 

積極的に参加することをおすすめします。

 

多少、遠く離れていても。

 

それだけ、中古ドメインのセミナーは活きた情報を得られる機会なのでかなり価値が高いです。

 

中古ドメインに関するセミナーを見つけたら、

 

もう、この機会を逃したら次はないかも!

 

くらいの気持ちで足を運んでみるのがおすすめです。

 

他の人に取得されてしまった中古ドメイン

中古ドメインを、自分で探して、取得している方なら。

 

誰もが、経験はあると思うんですけど。

 

「自分が取得しようとしていた中古ドメインが誰かに取得されてしまった!」

 

という経験。

 

誰にでも、多かれ少なかれあると思います。

 

僕も、

 

「お!この中古ドメインいいな!」

 

と思って、レジストラで調べてみると、もうすでに誰かに取得されてしまっていたりします。

 

一番悔しいのは、最後の、

 

「支払い」

 

の画面までいっていて。

 

そこで迷っているウチに誰かに取得されてしまうケース。

 

本当に悔しいですよね。

 

でも、そこにこそビジネスチャンスがあるんじゃないかと思っています。

 

すでに誰かに取得されてしまったドメインというのは価値のあるドメインである可能性が高いです。

 

もちろん、素人の人が、適当に取得したドメインの可能性もあるのですが。

 

なので最低限。

 

自分自身の中古ドメイン取得基準は必要にはなりますが。

 

知識も必要になりますが。

 

その上で。

 

誰かに取得されてしまった中古ドメインに強さを見れば、今後取るべき中古ドメインの方向性がなんとなく見えてきます。

 

取ろうと思っていた中古ドメインが、誰かに取られてしまうのは本当に悔しいと思います。

 

でも、そこで。

 

「ああ!悔しい!」

 

で終わらせるのではなくて。

 

今後の糧にする。

 

「もしかしたらこの中古ドメインの基準はいいのかも?」

 

ライバルに先を越されてしまった中古ドメインからも学ぶ学習意欲

 

というのが非常に大切だと思います。

 

忘れてはならないのは

とはいえ。

 

ここまで、中古ドメインの情報の取得に関する。

 

僕なりの今の考えを書きましたけど。

 

忘れてはならないのは、

 

結局のところ、運用してみないとわからない

 

ということです。

 

頭でっかちに、中古ドメインの知識だけがあっても。

 

実際にそれを運用していかないと。

 

何が正しくて、間違っているのか?

 

ということは正確にはわかりません。

 

一時的に、ある程度わかったとしても。

 

情報の鮮度はすぐに失われてしまうので。

 

知識だけをかきあつめるのではなくて。

 

実践していく中で、肌感覚で中古ドメインの取得、運用の方法を学んでいくことが大切だと思います。

 

まとめ

 

初心者a子

そういうことだったんですね・・・

 

  • 中古ドメインの情報はかなり希少になってきている
  • SNSやネット、セミナー、誰かに取得されてしまった中古ドメインで情報を集めて基準を確立する
  • 知識だけをかき集めるのではなくて、きちんと運用して肌感覚を高める

 

ことが大切なんですね。

 

 

 

apa

そうですね。

中古ドメインの情報が少なくなってきている現状だからこそ。

そうした、得られる情報というのは大切にした方がいいと思います。

 

 

 

初心者a子

わかりました。

アンテナを張って情報収集に勤しみます。

ありがとうございました!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【感度】ライバルに先を越されてしまった中古ドメインからも学ぶ意欲” への2件のフィードバック

  1. ばやし より:

    ブログランキングから来ましたばやしです。
    中古ドメインの活用方法があることすら知りませんでした。
    勉強になりました。
    また訪問します。

    • apa より:

      こんにちは!
      そうなんですね!
      そう言っていただけてうれしいです!
      ありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です