メルマガ登録フォーム

【要注意】ライバルサイトのキーワード抽出ツールのリスク!

注意を促す女性
apa

こんばんは(^^)apa(あぱ)です。

 

今日は、 『ライバルサイトのキーワード抽出ツールの注意点』について書いていきます。

あなたは、ライバルサイトのキーワードの抽出、どのようにやっていますか?

アフィリエイトをやっていく上で、当然重要になってくるのは、「ライバルサイトのキーワードの抽出」です。

こちらの記事でも書きましたが、

【見なくていい?】アフィリエイトのライバルサイトチェック方法

 

僕自身、ライバルのサイトはほとんど見ませんが、ライバルサイトのキーワードだけは頻繁にチェックしています。

ライバルサイトのキーワードだけを抜け出せるツールはたくさんありますが、その中で注意しないとならない点があります。

もし、あなたがこれまで、流れのままにライバルサイトのキーワード抽出ツールを使っていたのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ライバルサイトのキーワード、抽出してるのに・・・

超初心者p子

あれ、おかしいなぁ・・・

なんでだろう・・・

 

apa
どうしたんですか?p子さん。

 

超初心者p子

はい・・・。

うーん、なんか、ライバルサイトのキーワードを抽出して、自分のサイト内に詰め込んでるはずなのに、全然わたしのサイトが上位表示しないんですよね・・・

なんでなんだろう?

 

apa

うーん、ライバルサイトのキーワードの抽出・・・ですか。

もしかして、p子さん、ツールであぶり出したライバルサイトのキーワードをそのまま自身のサイトに入れ込んだりしてませんか?

 

超初心者p子

え??

いちおう・・・そうですけど・・・

なにか問題でも?!!

 

apa

そうですね。

確かに、ライバルサイトのキーワード抽出ツールは時短になって便利なんですけど、注意しないと「全く関係ないキーワード」まで詰め込む結果になってしまいます。

 

超初心者p子

ふぇ??

そうなの??

 

あなたはどうですか?

 

ツールなどで抽出したライバルサイトのキーワード。

 

そのまんま自身のサイトに詰め込んだりしていませんか?

 

かくいう僕自身、最初はそうしていたんですけど・・・(笑)

 

僕も、ライバルのサイトのキーワードを抽出するとき、ツールを使っています。

 

ツールを使うこと自体は問題ないと思います。

 

手作業でライバルサイトのキーワードをすべてあぶり出していたら、時間がいくらあっても足りませんので・・・。

 

でも、問題なのは・・・

 

すべてツール任せにしてしまうこと

 

です。

 

僕の場合は、ツールを使って、狙うキーワードの1ページ目に出てくるライバルサイトのキーワードを抽出しています。

 

で、さっきも書いたように、以前までは全部をツール任せにしていたんですけど、あるとき「違和感」に気づきました。

 

「なにかおかしい・・・」

 

と。

 

ライバルサイトのキーワードをツール頼みで抽出する問題点。

 

それは・・・

 

関係ないキーワードまで拾えてしまう

という点です。

 

僕自身は、現在は全自動でライバルサイトのキーワード抽出はやっていないので、「自動抽出の精度のほど」はわからないのですが。

 

少なくとも僕が使っているライバルサイトのキーワード抽出ツールは、ただ単にライバルサイトのキーワードを持ってくるだけなんです。

 

実はそれだと、狙うキーワードと全く関係ないワードが入ったりしてしまいます。

 

それだけならまだしも、狙うキーワードと真逆のキーワードが含まれたりするんです。

 

例えば「ダイエットサプリ」で上位表示しようとしてライバルサイトを抽出した際、「ダイエットサプリ 飲む」というのが当然関係してくる動詞になるのですが、中には、「食べる」というキーワードが含まれたりしてしまいます。

 

理由は、ライバルサイトがオウンドメディアだったらい、キュレーションサイトだったりするから。

 

つまり、「いろんな商品を扱っているサイト」だとその分、様々なキーワードがそのサイトの中に含まれています。

 

で、ライバルサイトキーワード抽出ツールを使うと、「狙う商品とは全く関係ないキーワード」までも抽出できてしまうんです。

 

この辺のこと、実は言葉にするのが少しむずかしかったりするのですが・・・

 

シンプルな例えで、言うと、「ラーメン」と「コーヒー」みたいなもの。

 

よく聞く話だとは思いますが、お店の看板に

 

「ラーメン」、「餃子」

 

とか

 

「ラーメン」、「ビール」

 

と書いてあったら興味が惹かれますが、

 

「ラーメン」、「コーヒー」

 

と並んでいても、あまりそそられないですよね(笑)

 

それと同じで。

 

ただ単に、ライバルサイトのキーワードをツールだけで抽出すると全く関係ないキーワードだったり、正反対のキーワードが紛れ込んでしまっている可能性があるんです。

 

キーワード比率を気にしているサイト

もしくは、ライバルサイトの中に「キーワード比率を極端に気にしているサイト」があったりします。

 

さっきの例で言うと、

 

「ラーメン」と「コーヒー」

 

というキーワードはあまりそそられませんが、ただ、例えばライバル10サイトのうち、ある1サイトが極端に「ラーメン」と「コーヒー」という単語を入れ込んでいたとする。

 

それこそ、もう、1万文字以上「ラーメン」やら「コーヒー」を入れていたとする。

 

すると、他のライバルサイトが全く「ラーメン」、「コーヒー」と入れていなかったとしても、その極端に単語を詰め込んでいるサイトのせいで、「ラーメン」と「コーヒー」という単語が頻出ワードとして取り上げられてしまう。

 

全部ツール任せにしてしまっていると、そうした危険性があるんです。

 

ライバルサイトのキーワードを上手に抽出する方法

超初心者p子

うぇうぇ。

わたしは、ラーメンは好きだけど、コーヒーは苦手だから、ちょっとイヤだわ・・・

 

apa

いや、p子さん、これものの例えですからね(笑)

ともかく。

キーワード抽出ツールは便利な反面、気をつけないと、気がついたら「狙うキーワードとは関係ないワード」を入れてしまうリスクがあるんです。

 

超初心者p子

そうだったんか・・・

わたしは、完全にツール任せでライバルサイトのキーワードを拾ってましたよ・・・

じゃあ、どうやってライバルサイトのキーワードを抽出すればいいんですか?

 

apa
結論から言うと、「半自動」くらいがちょうど良いかもしれませんね。

 

僕自身のやり方で申し訳ないのですが、僕はライバルサイトのキーワードを抽出する際は「半自動」で拾っています。

 

さっきも書いたように、全自動でキーワードを抽出すると関係ないキーワードも拾い上げてしまうから。

 

そうすると、当然、あなたのサイトが上位表示しづらくなってしまいます。

 

言い換えると、ライバルサイトのキーワードを抽出するときに大事になってくるのは・・・

 

手作業と感性

これも重要になってくるんです。

 

つまり、ツールで抽出されたライバルサイトのキーワードを手作業と感性で仕分けることが大切なんです。

 

「感性」とか「手作業」とか聞くと、それだけで敬遠していまいがちですが・・・(笑)

 

至ってシンプルです。

 

抽出されたキーワードの中で狙うキーワードと関係なさそうなキーワードを省くだけなんです。

 

さっきの例で言うと、

 

「ラーメン」というキーワードで上位表示したいのに、ライバルサイトのキーワードをツールで抽出した際に「コーヒー」というキーワードが頻出してきたら、それを省く。

 

ただそれだけの話です。

 

自分の目で、手で、感性でライバルサイトを選出する作業も必要になる

 

ということなんです。

 

やや面倒なように聞こえてしまうかもしれませんが、考えてみればGoogleだって同じことをやっていますよね。

 

Googleはアルゴリズムができあがっているので、自動で上位表示するサイト、しないサイトを選別することができますが、ただ一部、Googleの中の人が目視で確認して、選別することがあります。

 

そう、「手動ペナルティ」ですよね。

 

Googleでさえ、全自動ではなくて、「半自動」で行っているのに、僕たちアフィリエイターが全自動でキーワードを抽出するというのはややオカシナ話にも聞こえます。

 

だからというわけではないのですが・・・

 

手動や手作業、目視というのは確かに手間と時間がかかりますが、ツールに全任させするのではなくて、一部自分の目で、手で、脳でキーワードを抽出する作業も必要になるんです。

ライバルサイトのキーワードをツールで抽出する注意点まとめ

超初心者p子

なるほどね~。

 

  • ツール任せだと関係ないキーワードを拾う可能性がある
  • 上位表示しているサイトの中にはキーワードを極端に詰め込んでいるサイトもあるから
  • 面倒なようでも目視、手作業、感性でキーワードを選別することも大切

 

ということなんですね。

 

apa

そうですね。

手間と時間はかかりますが、それは必要な作業だと思いますよ。

 

超初心者p子

ようし!

わたしも「コーヒー」のキーワードは含めないようにしよう!

 

apa
p子さん、だから、あれはものの例えですって・・・(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

“【要注意】ライバルサイトのキーワード抽出ツールのリスク!” への4件のフィードバック

  1. takeshi より:

    ランキングから来ました。
    apaさん、今日もお邪魔します。
    ライバルサイトのキーワード抽出についての注意点。とても参考になりました。また、例えもとても分かりやすく半自動がちょうど良いんですね。
    私はツールも使った事が無く、これからと思っていましたが、ちょうど良いタイミングで記事を読ませて頂きました。
    ありがとうごさいました。
    次回楽しみにしています。

    • apa より:

      takeshiさん

      こんにちは(^^)
      今日もありがとうございます(^^)

      >ライバルサイトのキーワード抽出についての注意点。とても参考になりました。また、例えもとても分かりやすく半自動がちょうど良いんですね。

      相変わらず、嬉しいお言葉をありがとうございます!!

      そうなんです!

      僕個人の感覚としては、半自動くらいがちょうど良いように思えます。

      >私はツールも使った事が無く、これからと思っていましたが、ちょうど良いタイミングで記事を読ませて頂きました。
      ありがとうごさいました。
      次回楽しみにしています。

      そう言っていただけてうれしいです。
      そして、お役に立てれば何よりです。

      コメントしていただきありがとうございます。

      僕もまたtakeshiさんの記事を読ませていただきますね。

  2. りのっぴ より:

    ツール。。そんなものが存在するとは。。。
    いやはや、便利な世の中ですな。
    しかしどんな便利なものでも、デメリットもある。そんなデメリットも理解した上で使えばそれは強い味方となってくれますものねw
    勉強になりますw

    • apa より:

      りのっぴさん
      こんにちは(^^)

      あ!そうか!職種が違うと、ツールに馴染みがないんですよね・・・

      すみません、当たり前の様に書いていました(笑)

      >しかしどんな便利なものでも、デメリットもある。そんなデメリットも理解した上で使えばそれは強い味方となってくれますものねw

      本当そうですね。
      着眼点がさすがです。

      メリットばかりに踊らされて、デメリットを見落としていると、本当に大切なことを疎かにしてしまうんですよね。

      素敵なコメントをありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です