誘惑のワナに負けない3つの方法

作業全般

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『広告の誘惑』について書いていきます。

広告に惑わされる

初心者a男

自分って、なんでこんなに意思が弱いんだろう・・・

 

apa

なにかあったんですか?

 

初心者a男

そうなんです。

 

つい、アフィリエイトの作業をやっていても、気になる広告が流れてきてしまったりすると、そっちに気が行ってしまって作業が中断してしまうんです。

 

apa

なるほど・・・

 

例えば、どんなのですか?

 

初心者a男

例えば、過去にショッピングサイトで見ていた情報が流れてきたりすると、やっぱり気になる物なので、ついネットで詳しく検索してしまうんです。

 

apa

なるほど・・・

 

その気持ち、よくわかります。

 

確かにネットの誘惑ってすごいですよね。

 

初心者a男

そうなんです。

 

それがちょっとした情報とかならいいかもしれないんですけど、すっごく気になる情報とかだと、動画で見たり、そのまま関連動画をクリックしてしまったりで、気づいたら時間がなくなってしまうんです。

 

apa

確かに、そういう誘惑ってすごいですよね。

 

本当に、世の中の広告って巧みにできてるなって思います。

 

初心者a男

そうなんです。

 

そういう過去を振り返ってみると、まだまだ自分は意思が弱いなと思うんです。

 

apa

なるほど・・・

 

世の中の誘惑って、本当にすごいと思います。

 

a男さんの言うとおり。

 

いろんな広告で誘惑が出てきます。

 

例えばこれ。

 

ワンパンマン

 

ワンパンマンの原作。

 

もう何回目になるかわからないんですけど、また読み返してしまいました。

 

でもやっぱりオモシロいですね。

 

で、このワンパンマン。

 

無料で配信されているので、当然ですけど広告が入ります。

 

追尾型っていうんですかね?

 

あまりアド系詳しくなくて恥ずかしい限りなんですけど。

 

漫画を読んでいる間、ずっと広告が出てきます。

 

読んでいる間、ずっと出てくるのでさすがに目についてしまうんですよね。

 

で、僕の場合。

 

ついて回る広告は、ビビッドアーミーの広告。

 

そんなに、エロ系に反応してるのかな?

 

少なくとも、ゲームとか全くやらないから、そういう広告来ても、絶対にダウンロードしないんだけどな・・・

 

と思いつつ。

 

やっぱり、可愛い女の子のイラストで広告が出てくるとつい見てしまったりしまわなかったり・・・

 

男って、なんか、しょうもないですね。

 

とにかく。

 

今回のは漫画を読んでいたときの話ですらそうなのだから。

 

普段から、仕事でパソコンにふれあっている僕たちは、まさに広告の格好の餌食といえるのかもしれません。

 

どうしたら、こうした広告のワナから逃れることができるのでしょうか?

 

広告のワナからの脱出の術?

初心者a男

あわわわ・・・

 

いったい、どうしたら僕はこの広告のワナから抜け出すことができるんだ・・・

 

それとも、僕は広告の魔の手から一生逃れることはできないんだろうか・・・

 

apa

うーん、結構、悩んでいますね・・・

 

でも、広告の魔の手から一生逃れることができないとなると相当の重症ですよね。

 

とにかく。

 

できることをひとつひとつやっていくしかないかもしれません。

 

色のワナからの脱出

広告って、やっぱり色が大切だと思うんです。

 

ちょっとむずかしい言い方をすると色彩感覚というのですか。

 

そういうのがあるから、人間は、つい広告にハマってしまうんじゃないかと思います。

 

【快適】余計な機能をオフにして気持ちいいくらいパソコンの動作を速くする方法
アフィリエイトの生命線はやっぱりパソコンです。パソコンの動作が重かったら、作業効率も低下します。一般的には、パソコンの買い換えを検討するのもひとつでしょうけど、その前に。余計な機能をオフにすることで、パソコンの動作は気持ちいいくらい早くなります。今回はそのための方法をひとつだけご紹介します。

 

例えばこの前の記事で書いたコレ。

 

カラーフィルターの設定ですね。

 

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 020640

 

この設定、スマホでもすることができます。

 

iPhoneの全画面を白黒表示にする - TeachMe iPhone
iPhone・iPadの全画面を白黒にする「グレイスケール」モードの設定方法。

 

【Android】画面を白黒(モノクロ)で表示する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor
設定内になくてもちょっとイジれば白黒モードが使えます

 

で、同じ広告を見るにしても。

 

白黒で見るのと、色つきで見るのとでは、見え方が全然違ってきます。

 

カラーがある状態だと、かなり目を奪われてしまっていた広告も。

 

色がなくなると全然気にならなくなりました。

 

確かに、カラーフィルターを設定して。

 

画面を白黒にすると、普段の操作はかなりしづらくなります。

 

でも、最低限の操作だけできればいいのであれば。

 

このカラーフィルターを設定して、色の誘惑を、色のワナをなくすようにするのがいいと思います。

 

欲しい物のワナ

欲しい物のワナに関する対策は昨日の記事で書きました。

 

【アフィリ投資】そのお金で中古ドメインが何個買える?
欲しい物が出てくる気持ちは人間として当たり前のことだと思います。その気持ちを抑えるのはとてもむずかしいことですけど。でも、アフィリエイト優先の考え方。アフィリエイトに投資する思考を持っていれば、そういう気持ちって自然と抑えることができると思うんです。その欲しい物をお金で中古ドメイン何個買えますか?

 

お金に対して、「投資する感覚」を持っていれば、お金をなにに使えばいいのか。

 

何に使うべきなのかということがわかってきます。

 

欲しい物に限らず、いろんな誘惑が溢れるこの世界ですが。

 

限りあるお金という資源を使って、なにに投資するのか。何にお金を使うのか。

 

そういうことを考えていれば、今、何にお金を使うべきなのかということがわかってくるはずなんです。

 

そうすれば、きっと。

 

欲しい物への誘惑からは解放されて、今使うべき物だけにお金を優先してくれるはず。

 

快楽のワナ

快楽のワナも多いですよね。

 

今、まさに僕が少しハマリかけてしまっている漫画もそうだし。

 

一生懸命がんばりたいと思っているときに限って、眠くなってきたり。

 

仕事終わりで疲れたり。

 

動画を見たくなったり、本を読みたくなったり。

 

そういう欲求を抑えるのもむずかしかったりします。

 

結局、自分の欲求を完全に抑える方法なんてなくて。ある意味、その場しのぎでしかないのかもしれませんけど。

 

今できることとしては。

 

どんどんやることを増やすしかないと思います。

 

うーん、すごく精神的な話しになってしまうようなんですけど。

 

でも、自分の中でやることを増やす。

 

その数を増やすことで、どんどん成長に繋がっていきますし、快楽に溺れている暇すらなくなります。

 

自分に課題を与え続けるというか、どんどん自分のやるべきことを増やすことで、不可も増えていって、快楽に溺れている暇すらなくなります。

 

中古ドメインを探す、記事を書く、リライトする、ライバルリサーチする。

 

やることを増やせば、自然と快楽の誘惑に負けそうになる気持ちも抑えることができると思います。

 

広告の誘惑に負けないために大事なこと

とにかく、様々な広告が流れるネット社会。

 

だからつい、流されてしまって、本当にやるべきことが後回しになってしまいがちです。

 

だけど、そこで誘惑に負けないための対策をとる。

 

さっきのカラーフィルターで画面を白黒にするというのもそう。

 

なにか具体的な策を講じることで、誘惑にも負けないでやるべきことに集中できるようになります。

 

広告などの誘惑に負けないように、様々な工夫をすることが大切です。

 

まとめ

初心者a男

そういうことなんですね・・・

 

白黒にするだけでも広告への誘惑は変わってくる

お金に投資感覚を持つ

暇がないくらいやることリストを増やしていく

 

その思考が大切なんですね。

 

apa

そうですね。そうした思考をしっかりと続けることでだいぶ、広告などの誘惑に負けないようになると思いますよ。

 

初心者a男

わかりました。

 

少しずつ、実践して広告に負けない自分をつくっていきたいと思います。

 

ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました