【目的?】ASPとの打ち合わせは話すことそのものに重きを置く

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。八王子ケンジです。

今日は『ASP巡りの重要性』について書いていきます。

 

コミュニケーションはむずかしい?

初心者a男

やっぱり、僕はコミュ障なんだろうか・・・?

 

超初心者p子

やっと気づいたか。

ヘタレめ!

 

初心者a子

ちょ、ちょっと!

 

落ち込んでいるのに、いきなりその言い方はないじゃない!

 

超初心者p子

いいのよ!

 

こいつにはこれくらい言ってやらないとダメなのよ!

 

初心者a子

もう!

 

まぁ、そんなp子は放っておいて・・・

 

どうかしたの?

 

a男。

 

初心者a男

そうなんだよ・・・

 

この前、apaさんのアドバイスに従ってASPに挨拶に行ったんだけど・・・

 

全然大した話しができなくて、良い案件情報を引き出すことができなかったんだよ。

 

超初心者p子

ププ!!

 

初心者a子

ちょっと!

 

そうだったのね・・・

 

それは悲しいね。

 

せっかく、ASPの会社まで挨拶に行ったのに、思ったような情報を得られなかったなんて・・・

 

初心者a男

そうなんだよ。

 

やっぱり、僕みたいなコミュ障じゃダメで、コミュニケーション能力が高い人じゃないとそういう情報を得ることはできないんだろうか?

 

八王子ケンジ

そんなことはないぞ。

 

それは、目的をはき違えてしまっているかもしれないな。

 

初心者a男
あ!

 

初心者a子

八王子ケンジさん!

 

超初心者p子

アンタもたいがい、コミュ障だよな。

 

ASPとのやりとりって、やっぱりとっても大事だと、僕は思うんです。

 

アフィリエイトは当然、一人でやるものではありません。

 

副業でアフィリエイトをやる人の中には、人とのコミュニケーションをとる必要がなく、楽だから、という理由でアフィリエイトをはじめる人も中にはいるみたいですけど。

 

でも、実際はアフィリエイトはそんなに楽なものではありません。

 

当たり前のことですよね。

 

他のアフィリエイターとのコミュニケーションも必要であれば、ASPとのやりとりも必要。

 

いろんな人とのやりとりが必要になってきます。

 

そういう意味では、自分でいうのはなんですけど、僕は、20代前半まではかなり極端なコミュ障でした。

 

まぁ、コミュ障の定義は僕にもよくわかりませんけど、本当に人と話すのが怖くて仕方ありませんでした。

 

特に女性。

 

僕にとって、女性というのがあまりにも未知すぎて、喋るのがとにかく怖かったです。

 

ただ、そんな自分を変えるために、あえてビジネス交流会の場に参加したり、街コンとかに参加して自分のコミュニケーション能力を鍛えたのはよかったと思います。

 

まぁ、そんな僕のコミュ障話しはどうでもいいんですけど(笑)

 

アフィリエイトをやっていく上では、コミュニケーション能力というのはかなり大切です。

 

特にASPとのやりとりは重要で、打ち合わせの機会を設けて、話すことなんかも大事なんですけど。

 

この打ち合わせ。

 

目的をはき違えると、逆効果になってしまう危険性があります。

 

ASPとの打ち合わせの真の目的とは?

初心者a男

どういうことですか?

 

ASPとの打ち合わせの真の目的?ですか?

 

八王子ケンジ

うむ。

 

a男。

 

君は、最近、ASPとの打ち合わせに足を運んだようだが、なんの目的で、打ち合わせにいったのだ?

 

初心者a男

なんの目的って・・・

 

そりゃあ、良い案件を紹介してもらって、そのサイトをつくって稼ぐためです。

 

八王子ケンジ

うむ。

 

最もな回答だな。

 

だが、a男よ。

 

そのASPの担当者とはどれくらいの仲なのだ?

 

初心者a男

どれくらいもなにも、それが初対面でしたけど・・・

 

それがなにか?

 

八王子ケンジ

うむ。

 

ASPとの関係性がある程度構築できるまでは・・・

 

つまり、仲良くなれるまでは。

 

打ち合わせを「案件目的」で行ってはならないのだ。

 

初心者a男
ええ?!!

 

案件目的?

ASPとの打ち合わせの目的を考えたとき。

 

ひとつ、考えられるのは案件目的。

 

今回のa男のように、案件を教えてもらいたくて、打ち合わせに行くというの。

 

これはなにも悪いことはありませんし、すごく普通・・・

 

当然のことではあると思います。

 

だけど、少し考えてみてください。

 

例えば、あなたの一番仲のいい親友を思い浮かべてみてください。

 

世代、年代は問いません。

 

小学校、中学校、高校、大学、社会人。

 

その中で、あなたが「一番仲がいい」と思う人を一人挙げるとしたら誰ですか?

 

想像してみてください。

 

できましたか?

 

では、その人と。

 

仲のいいその人と二人っきりで遊ぶようになるまでどれくらいの期間を要しましたか?

 

知り合ってスグ?

 

もちろん、そういう方もいるかもしれませんが、そればかりとは限らないかもしれません。

 

少なくとも僕は違いました。

 

今、僕の仲で、「親友」と思い浮かべる人が一人いますが、その人と会って、一緒に遊んだりするようになったのも、やっぱり知り合ってからしばらくしてからでした。

 

案外そういうものなんだと思うんです。

 

本当に仲のいい人と思える人でも。

 

実はその人と、本当に仲良くなるまでは、ある程度の期間を要しているはずなんです。

 

で、話しを戻して。

 

ASPとの打ち合わせの目的を、

 

「案件目的」

 

でいくというのは何も間違ったことはありません。

 

すごく自然なことだと思います。

 

だけど、友達でさえ、一緒に遊ぶようになるまである程度期間がかかるんです。

 

ASPとの関係だって、そうそうカンタンに構築できるわけないですよね?

 

もちろん、交友関係とビジネス関係が違うのは重々承知しています。

 

だけど、ASPだって当然、一人の人間。

 

自分が好きな人とそうでない人。

 

どちらに案件を紹介したいかと言われたら、もちろん、仲のいい人に紹介したくなるのは当然だと思います。

 

そう考えたら、やはり大事なのは、距離感です。

 

回りくどくなってしまいましたが、つまり。

 

ASPとの打ち合わせって、

 

距離感を縮める目的で行くべき

なんじゃないかと僕は考えています。

 

もっと言い方を変えると、

 

話す内容よりも話すことそのものに目的がある

 

と言い換えることができます。

 

実際、最近は自分自身スッカリ忘れていましたが。

 

以前までASPと打ち合わせをするとき、開口一番で僕が言うのは決まってこれでした。

 

「今日は、○○に行ってきたお土産を渡すために来ました。なので別になにか話しがあったとかそういうわけではないんです(笑)」

 

と。

 

以前はそうやってかなり気を配っていました。

 

そうでないと、ASPからすると、

 

「案件を紹介しないと・・・!」

 

とプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

 

そこで、本音がどうあれ、

 

「お土産を渡すのが目的です。」

 

といえば、相手も気が楽になるんじゃないかと思ったんです。

 

といっても、もう、僕も2年専業をやっていると、ASPもだいたい知った顔なので、そういう決まりきった謳い文句みたいなのも言う必要がなくなってきたんですけど・・・

 

それでも、担当が変わったときは改めてそういう言い方しないとな、と思ったんです。

 

内容よりも話すことそのものが目的

少し話しが逸れましたが、とにかく。

 

ASPとの打ち合わせは、その打ち合わせの中でどんな案件情報をゲットするか?

 

よりも。

 

どれだけそのASPの人と仲良くなれるか。

 

どれだけ話すことができるか。

 

距離を縮めることができるか?

 

という。

 

内容よりも話すことそのものを目的にすることが大事だと思います。

 

そう考えたら、こっちとしても気が楽ですよね。

 

必ず、この打ち合わせで起死回生の良い案件を教えてもらおう!

 

と気を張るんじゃなくて、ただ話しに行けばいいだけ、と思えば(笑)

 

そういう風にして、ASPとの打ち合わせは、とにかく気軽に。

 

仲良くなる目的で行くのが一番です。

 

まとめ

初心者a男

そうか・・・

そういうことだったんですね。

 

  • ASPとの打ち合わせの目的は案件情報を得ることではない
  • 距離を縮めること
  • 話す内容よりも話すことそのものに重きを置くこと

 

が大切だったんですね。

 

八王子ケンジ

うむ・・・

 

もっというと、いかにASPを楽しませることができるか。

 

「この人と話していると楽しい!」

「話していると安心する!」

「ついいろいろ話してしまう!」

 

そう思わせることが大事なんだろうな。

 

それこそ、それはまるで恋愛のようなものだ・・・

 

超初心者p子

あーあ。

 

じゃあ、今日のアンタのアドバイスも台無しね。

 

八王子ケンジ

??

 

どういうことだ?

 

超初心者p子

a男はね。

 

恋愛ベタなの。

 

恋愛もうまくできないのに、ASPとの人間関係構築なんてできるわけないっしょ?

 

初心者a男

な、なんだとう・・・!

 

た、確かに、僕は恋愛には奥手だけど・・・

 

でも、ASPとの人間関係構築はきっとがんばれるよ!

 

超初心者p子

ふ。

 

どーだか?

 

初心者a子

もう!

 

p子ったら!

 

気にしないでいいわよ。

 

a男、がんばってね!

 

応援してるから!

 

初心者a男

ありがとう!

 

あの・・・

 

もしよかったら今度、一緒にASPに挨拶にいかない?

 

初心者a子

絶対にイヤ!!!!

 

初心者a男

ガーン!!!!

 

超初心者p子

言ってる側から振られてやんの。

 

キッシッシシ・・・

 

これだからa男イジリはやめられないぜ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【目的?】ASPとの打ち合わせは話すことそのものに重きを置く” への2件のフィードバック

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    ASPと交流することが大事だったとは知りませんでした。
    よく考えれば当たり前のことかもしれませんね。
    人と実際に会って話をしながらでしか本当の情報は得られないと思いました。
    ありがとうございます。

    • apa より:

      こんばんは!
      そうですね。
      僕は、かなりそこで生き残れたと思う部分が多いので、そうして得る情報は大事かもしれませんね。
      こちらこそ、ご丁寧にコメントしてくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です