【電車アフィリ】限られた条件下で力を発揮するアフィリエイト

電車で本を読む女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『時間のなさ』について書いていきます。

アフィリエイターにとって時間というのは死活問題と言えるのかもしれません。

時間があればもっとできるのに。

これは誰もが考えることだと思います。

実際僕も、時間のなさを嘆くことは毎日のようにあります。

でも、アフィリエイトで結果を出す上では、

そうした時間との向き合い方が非常に大切なように思えます。

今回の投稿では、そうした時間の使い方について書いていきます。

apa
ない時間を嘆くよりも、ある時間をどう使うか?の方が大切です。

 

時間がない

初心者a男
どうしてこんなに、時間がないんだろう・・・

 

 

apa

どうしたんですか?

 

 

初心者a男

apaさん。

そうなんです。

ここ最近、時間のなさについて悩むようになりました。

 

apa
どういうことですか?

 

 

初心者a男

一生懸命、アフィリエイトで結果を出そうと、自分なりにがんばっているんですけど。

でも、平日は会社員をやっている立場からすると、なかなかアフィリエイトをやる時間がつくれないんです。

そりゃあ、結果も出ないよな~。

と思うようになったんです。

 

apa
なるほど・・・

 

 

初心者a男

かといって、今の自分には会社を独立して専業になる勇気もないし。

どうしようかな・・・

といろいろ考えてしまっているんです。

 

 

apa

そうですね・・・

確かに、アフィリエイターにとって、時間は死活問題とも言えるかもしれませんね。

 

初心者a男
ですよね・・・

 

多くのアフィリエイターの方が、なかなか思ったように結果を出せずに悩んでいる。

その要因のひとつは、「時間のなさ」にあると思います。

 

ずっとアフィリエイトの作業に勤しむことができれば、まだ結果は違うのかもしれませんが。

会社員をやっている限り、そこまで集中することができない。

時間を割いて作業しようにも、生活のための仕事の優先度を下げることができない。

 

思いと裏腹に、時間のなさというのは嘆かわしい問題だと思います。

 

僕も会社員時代。

 

そうした時間の問題には何度もぶつかりました。

 

考えてみれば、あのときには精神的にも時間的にも追い詰められていたように思えます。

 

ともかく。

アフィリエイターにとって、時間というのは死活問題で。

 

どうやってその問題をクリアにするのかっていうのはひとつの大きな課題のように思えます。

 

時間との向き合い方を考えることはとても大切なことだと思います。

 

時間がないならある時間をフル活用

apa
でも・・・

 

初心者a男
??

 

apa
時間がないなら、ある時間をフル活用するしかないかもしれませんね。

 

 

初心者a男

え?

だから、時間がないんですって・・・

 

時間がない

仕事の都合や、家庭の事情。

 

いろんな理由で時間ができない事情はあると思います。

 

時間がない

 

という問題自体はむずかしい問題ですけど。

 

でも、アフィリエイトで結果を出すためにはその時間との向き合い方が本当に大事です。

 

もちろん、

 

がんばればがんばった分だけむくわれる

 

とか、

 

作業時間が長ければ長いほど結果が出るとか。

 

単純にそういう問題ではないと思いますけど。

 

それでも、やっぱり。

 

アフィリエイトで結果を出すためには、作業時間の確保というのはとても重要な問題です。

 

時間の活用

この記事を思いついたのは昨日。

 

横浜線の電車に乗っていたとき。

 

ここ最近は、家にこもりきりでアフィリエイトをやっていたので。

 

あまり外に出ることはありませんでした。

 

そんな中、たまたま一昨日と昨日、電車で移動する予定がありました。

 

そこで改めて時間の活用について考えました。

 

使える時間をフル活用する心構え

繰り返しますが、仕事で時間がないのは仕方ないと思います。

 

生活のためには仕事をしないとならないのは確かで。

 

いきなりやめることはできません。

 

でも。

 

本当に使える時間をフル活用できているか?

 

ということを考えることは大切だと思います。

 

それを、否定するつもりはありませんが。

 

昨日の電車の車内。

 

隣の席では、マンガを読んでいる方。

 

他の席ではスマホを見ている方や、寝ている方がいました。

 

時間は本当に貴重だと思います。

 

結論から言うと、そういう電車の時間。

 

移動時間など。

 

使える時間をフル活用する心構えが大事だと思います。

 

僕自身、会社員のときはそうでした。

 

仕事中はどうしても、アフィリエイトの作業ができないので。

 

電車の移動時間や、車での運転移動時間。

 

信号が赤になって停車している間に作業したりしていました。

 

別にそれを特別なことと思う気持ちはありませんし、それでどうこう言うつもりはないんですけど。

 

時間がないと嘆く前にある時間をフル活用できているか?

と顧みることはとても大切だと思います。

 

時間がないのは誰もが同じ。

 

その状況を嘆いてばかりで。

 

実際には作業ができていないと、アフィリエイトの結果もなかなか出ません。

 

時間がないと嘆くのではなくて。

 

使える時間をすべてフル活用する。

 

その気構えが本当に大切です。

 

偉そうなことを言うつもりは全くなくて。

 

僕自身、まだそうした時間の活用はできていないんですけど。

 

でも、少なくとも。

 

もし、この記事を読んでくださっているあなたが、

 

「思ったようにアフィリエイトの時間が確保できない。」

 

と悩みを抱えているのであれば。

 

もう一度、一日を振り返って、できることはないか、考えてみることが大事だと思います。

 

電車の移動時間。

 

椅子に座って、スマホを見ていませんか?

 

寝ていませんか?

 

マンガを読んでいませんか?

 

それを否定するつもりは全くないんですけど。

 

そうした時間を少しでも多く、アフィリエイトに費やす。

 

もちろん、他人に迷惑はかけないようにしないといけませんけど。

 

アフィリエイトの本を読んだり、セミナー動画や音声を見聞きしたり。

 

周りに人がいなければパソコンを広げて作業だってできるはずです。

 

電車の移動時間の中でできることは限られています。

 

けど、

 

制限時間が逆にいい

制限時間があるのが逆にいいと思っています。

 

例えば、家で作業する場合。

 

「1日作業するぞ!」

 

と思って、途中で集中力が切れてしまう可能性があります。

 

ところが、電車の中で座ってアフィリエイト作業をすると、自ずと時間制限ができます。

 

昨日の僕でいうと、

 

15時20分の電車に乗って、

 

目的の駅につくまでの時間が約40分。

 

その40分の中でできることをやろうと思って作業に勤しみました。

 

確かに、電車の中でできる作業には限界があるかもしれません。

 

でも、その限りある条件下でこそ、人間は普段以上の力を発揮することもあると思います。

 

火事場の馬鹿力的な?

 

ちょっと違う?(笑)

 

とにかく。

 

電車の移動時間こそ最大のアフィリエイト作業環境

だと、昨日改めて思いました。

 

時間制限がある。

 

っていうことがどれほど、作業に適しているか。

 

僕自身は昨日痛感しました。

 

もちろん、家で、きちんと自分をコントロールして作業に勤しむことができるのであれば、それもいいかもしれませんけど。

 

それもいつか限界が来るかもしれません。

 

電車の移動時間を最高のアフィリエイト環境

 

と思って、作業してみるのも、時間のフル活用に繋がるのかもしれません。

 

それはまさに、電車アフィリとも言えるかもしれませんね。

 

まとめ

 

初心者a男

時間がないってずっと考えていたけど・・・

 

  • ない時間を嘆くよりある時間をフル活用
  • 電車の移動時間は最大のアフィリエイト環境
  • 限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮すること

 

が大事なんですね。

 

 

 

apa

そうですね。

僕自身は、電車の中で作業していて、そんなことを考えました。

 

 

初心者a男

わかりました。

もう一度、自分の持ち時間を再確認してみます。

ありがとうございます。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です