【適当レベルUP】リラックス状態でハイパフォーマンスを発揮する

作業全般

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『適当のレベルをあげる』について書いていきます。

 

毎日のアフィリエイト作業

初心者a男

apaさんは大変だと思いませんか?

 

apa

なんですか?いきなり。

 

なんのことですか?

 

初心者a男

いえ・・・

 

アフィリエイトを毎日やることですよ。

 

毎日やり続けるのって、やっぱり大変ですよね・・・

 

飽きたりダレたりしないんですか?

 

apa

しません・・・

 

って言ったらウソになりますね(笑)

 

やっぱり、

 

「またアフィリエイトか~。」

 

っていう気持ちになることも、当然ありますよ。

 

初心者a男

そうなんですね・・・

 

いったいどうしたら、アフィリエイトの作業を毎日同じレベルでやることができるんだろうか・・・

 

apa

うーん、それは正解のないことだし、アフィリエイターなら誰もが悩むことかもしれませんけど・・・

 

でも、僕が思うこと、ですけど。

 

適当のレベルをあげることはとても重要だと思いますよ。

 

初心者a男
はい?!

 

うーん、確かに考えてみれば大変なことですよね。

 

専業であっても、副業であっても。

 

毎日作業をし続けるのは決して楽なことではありません。

 

なおさらそれが、アフィリエイト作業をやるのであれば。

 

下手をすると、毎日代わり映えのしない作業になってしまう危険性もあるわけです。

 

そう考えると、アフィリエイトってある種苦行のように思えてしまうかもしれませんね。

 

昨日の投稿でも書きましたが、

 

やりたくないことをムリにやるアフィライフでいい?
アフィリエイトは多かれ少なかれガマンが必要なことは確かです。だけど、やりたくないことをムリに続けることが本当に正しいのでしょうか?人生もアフィリエイトも同じ。やりたくないことをムリに続けるのではなくて、どこか自分の心に素直になることも大切です。

 

やりたくないと思っていることをムリにやる必要はないと思うんです。

 

心が望まないことをムリに続けることなんて、誰だって不可能です。

 

マラソンだって、毎日毎日ひたすら走り続ける仕事。

 

僕も、まぁ、マラソンはやったことがないのでわかりませんけど。

 

中学、高校と陸上部をやっていたので、ある程度そういうのはわかります。

 

走るのって、端から見ると楽しくなさそうですけど。

 

やっぱり辛いけど、「楽しい」っていう面があるから続くんです。

 

それと同じで。

 

アフィリエイトも多かれ少なかれ、自分の希望がないと続かないと思うんです。

 

いずれにしても、ハッキリ言えるのは、毎日絶え間ない努力を積み重ねないとならないことだけは確かです。

 

あなたはどうですか?

 

毎日続くアフィリエイトの作業に疲れたりしていませんか?

 

このまま同じ毎日が続くのかと考えると、心が折れそうになったりしていませんか?

 

その気持ち。

 

すごくよくわかります。では、そういう状態を避けるために。

 

あるいはそういう状態になってもアフィリエイトを同じレベルで、テンションでやり続けるためにはどういう心づもりでいればいいのでしょうか?

 

適当のレベルをあげる

初心者a男

それはどういうことですか?

 

もっと適当に生きろという意味ですか?

 

意味がわかりません・・・

 

apa

いえ、そういうわけではなくてですね・・・

 

適当というのは言葉のアヤであって。

 

力を抜いた状態でできる仕事のレベルを上げるという意味です。

 

初心者a男
??

 

僕がよく取り扱うドラゴンボールのシーンなんですけど。

 

セル編。

 

孫悟空と孫悟飯が、セルを倒すために精神と時の部屋に入ります。

 

そのときに、孫悟空が息子の孫悟飯にこういいます。

 

『これからはなるべくスーパーサイヤ人の状態を維持するんだ。まずはスーパーサイヤ人でいるときの落ち着かない気持ちをなくすことから始めよう。遠回りなようだけどそれが近道だと思う。』

 

このようなことを言います。

 

つまり、スーパーサイヤ人という異常な状態を通常に移行して、パフォーマンスを最大限に発揮しようというわけです。

 

これ、アフィリエイトにも全くもって同じことが言えます。

 

アフィリエイト作業をやる状態が、異常な状態だと、作業が継続できません。

 

毎日同じ作業を続けるんです。

 

それが、「ただ辛い。」だけだと続かないのは当然です。

 

文章だって全く同じです。

 

僕は最初文章を書くのが苦手でした。

 

文章を書くこと、そのものはできるんですけど。

 

でも、文章を書いても、人の心に何かを響かせることなんてできないとそう思っていました。

 

だから、文章を書くのが恐ろしくてしょうがありませんでした。

 

未だに、人の心に響く文章っていうのはうまく書けないんですけど(笑)

 

でも、文章を書くことそのものには慣れました。

 

でも、未だに。

 

このブログ記事にしても、正直、そんなに力を入れていません。

 

たまに、コメントや直接会ったときに、ありがたいことに、このブログ記事のお褒めの言葉を頂戴するのですが、正直。

 

そこまで力を入れていないんです(笑)

 

むしろ、いかに力を抜いて、このブログ記事を書けるかということを考えています。

 

だいたい、このブログ記事。

 

文章を書いて、細かい設定をして、「投稿予約完了」するまでは40分くらいかかります。

 

正直、遅いと思っているんです。

 

もっと早く書いて、もっと早く終わらせたい。

 

でも、今の自分ではそのスピードが最大限なんです。

 

とにかく、そうしていかに力を抜いて、いかに早く終わらせられるか、ということは意識しています。

 

ただ、クオリティは落とさないように意識はしているつもりです。

 

なにが言いたいかって。

 

つまり、このブログ記事もそうなんですけど、アフィリエイト作業も。

 

適当のレベルを上げることが重要だと考えています。

 

自分の中では、「適当にやっている」。

 

つもりでも、それを毎日やり続けていれば、「適当」でやっているつもりがハイレベルになっていく可能性があります。

 

話しを例に戻すと。

 

スーパーサイヤ人である状態に慣れて、リラックスすることができれば、スーパーサイヤ人のポテンシャルを最大限発揮することができるんじゃないか?

 

孫悟空はそう考えたわけです。

 

僕たちアフィリエイターはスーパーサイヤ人にはなれません。

 

だけど、同じ作業を毎日繰り返すことで、慣れてきて、パフォーマンスを最大限発揮することはできるかもしれません。

 

つまり、いかに力を抜いて、リラックスした状態でハイパフォーマンスを発揮できるか?

 

アフィリエイトではそれが最も大事なことであるように思えるんです。

 

あなたはどうですか?

 

アフィリエイトをやるにあたって。

 

いかに、力を抜いてパフォーマンスを発揮する。

 

ということにどれだけ力を置いていますか?

 

楽をすればいいというわけではありません。

 

アフィリエイトはやっぱり辛くて、苦しいことが多いと思います。

 

だけど、やり続ける必要があります。

 

力を抜いて、精一杯がんばることが大切だと、僕は思います。

 

もしあなたが。

 

これまでに、

 

初心者a男

ようし!

アフィリエイトもっと精一杯がんばるぞ!

 

と、つい力んでしまって逆効果になっているのであれば。

 

逆に辛くなって、継続できなくなってしまっているのであれば。

 

ひとつ視点を変えてみて。

 

リラックス。

 

力を抜いた状態でハイパフォーマンスを発揮する。

 

つまり、適当のレベルを上げる。

 

ということを意識するのも大事なことだと思います。

 

まとめ

初心者a男

そういうことなんですね・・・

 

  • 適当のレベルを上げる
  • リラックスした状態でハイパフォーマンスを発揮する
  • そのためにも継続を意識する

 

ことが大事なんですね。

 

apa

そういうことです。

 

さっきは言っていなかったんですけど、結局、リラックスした状態でハイパフォーマンスを発揮するためには、継続が必要不可欠ということです。

 

初心者a男

よくわかりました・・・

 

僕ももっと、毎日の継続の中でパフォーマンスを発揮する術。

 

見出していきたいと思います。

 

ありがとうございます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました