メルマガ登録フォーム

【文章は慣れ】アフィリエイトで書くネタがないときの対処法

タイピングする女性

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。八王子ケンジです。

今日は、アフィリエイトの文章について書いていきます。

アフィリエイトにおいて、文章はとっても大事です。

でも、その文章、どのような文章を書けばいいのか?

というのは悩ましいところだと思います。

外注にしても指示をするのがむずかしい。

アフィリエイトの文章を書くのをどうすればいいのか?

それは、たぶん多くのアフィリエイターが抱える問題なんじゃないかと思います。

今回の記事では、そんなアフィリエイトのライティングについて書いていきます。

疾風のアフィリエイター八王子ケンジ
アフィリエイトライティングにおいて欠かせないのは「慣れ」です。

 

文章はむずかしい

初心者a子
最近なおさら思うんだけどさ・・・

 

 

超初心者p子
何が?

 

 

初心者a子
アフィリエイトって文章書くのがむずかしくない?

 

 

超初心者p子
どういうこと?

 

 

初心者a子
ほら、アフィリエイトって文章が大事っていうじゃない?

 

 

初心者a子
でも、自分で文章書くのって限界があると思わない?

 

 

私なんか、もう何を書いても同じのにしかならないような気がして、手が進まないのよね。

 

 

初心者a男
あ、その気持ち、僕もわかる。

 

 

初心者a男
もう何を書いても同じことしか書けない気がするんだよね。

 

 

超初心者p子
ぜんぶ自分で書こうとするからよ。

 

 

初心者a子
あれ?p子は外注してるの?

 

 

超初心者p子
いや。わたしはそもそも作業してないから。

 

 

初心者a男
偉そうなこと言えないじゃないか(笑)

 

 

初心者a子
うーん、ほんとうは外注した方がいいのかもしれないけど、そんなお金もないし・・・

 

どうしたら文章をスラスラ書けるようになるのかな。

 

最近もサイトをつくろうと思ったはいいものの、手が止まっちゃったのよね・・・

 

 

八王子ケンジ
文章を書くこと自体に慣れていないと文章は書けないぞ。

 

 

初心者a子
あ!

 

 

初心者a男
八王子ケンジさん!

 

 

超初心者p子
ま~た来たのか・・・

 

文章はむずかしい。

 

こういう意見をよく聞きます。

 

確かに、アフィリエイトのSEOライティングっていうのは一筋縄ではいかないと思います。

 

アフィリエイトはもちろん、

 

「数打ちゃ当たる」

 

という理論が当てはまる世界ではありませんが。

 

数が必要なのも確かです。

 

とはいえ。

 

その「数の量産」というのが楽ではありません。

 

自分で文章を書くのであれば、それだけのネタを思いつかないとなりませんし。

 

外注するならそれだけの資産が必要になります。

 

いずれにしても。

 

ひとことに量産が大事といっても、簡単にできるものではないのがアフィリエイトのむずかしさです。

 

ですが。

 

基本的に。

 

「自分でライティングする」上で大事になるのは「慣れ」だと思います。

 

文章を書くこと自体に慣れていないとSEOライティングもできない

初心者a子
どういうことですか?

 

文章を書くこと自体に慣れていないと書けない?

 

 

八王子ケンジ
なにもそれは、ライティングに限った話ではないが、「慣れ」を味方につけることは、すべてにおいて大切なことだ。

 

 

超初心者p子
ま~た、むずかしい言葉でわたしたちを煙に巻こうとしてるな。

 

今日こそはそうはいかないんだからな!

 

 

初心者a子
ちょ、ちょっとp子・・・(笑)

 

文章を書くむずかしさ

たしかに、文章を書くのって楽ではないと思います。

 

知り合いのアフィリエイターからも、

 

「もう書くことがありません。」

 

という意見をよく聞きます。

 

その気持ちもよくわかります。

 

だけど、結局。

 

実は文章って慣れでしかないんです。

 

例えばそれが、小説家になるとか、文章で心理的誘導をしたいのであれば、もっと専門的なライティング術が必要になるのかもしれませんけど。

 

アフィリエイトにおいて、SEOライティングで量産するのであれば。

 

そこに専門的なライティングテクニックってあまり要りません。

 

もちろん、最低限の勉強は必要だとは思いますけど、例えばどこかの大学の入試に受かるような。

 

ものすごい勉強量などは特に要りません。

 

僕の話をしてしまって申し訳ないんですけど。

 

僕は、アフィリエイトサイトを、すべて自分で書いていますけど、

 

「もう書くことがない!」

 

と思ったことは、この3年間、一度もありません。

 

それは別に僕が特別な人間だからとか、特別な才能を持っているからとか。

 

あるいはすごい努力をしてきたからというわけではありません。

 

謙遜する意味ではなくて。

 

僕はいたって普通の人間だと思っています。

 

それでも、文章を書くのに、手が止まらないのは・・・

 

文章を書くのに慣れているから

に過ぎません。

 

そう、アフィリエイトの文章を書けるか書けないかの違い。

 

それは才能でも努力でもなくて。

 

慣れているか慣れていないか

 

の違いでしかないと思います。

 

脳の作りの違いでもありません。

 

慣れの問題です。

 

SEOのテクニック的な話では、僕はあまり偉そうなことを言える立場ではないんですけど(笑)

 

こと、文章についてだけはそう思います。

 

別に自分の文章力が優れているとは思いません。

 

むしろ、自分が書いたアフィリエイトサイトの文章を見返してみると、

 

「なんだこれ?(笑)」

 

と思ってしまうこともあったりします。

 

それでも、文章を書く手が止まったことはありません。

 

「もうお手上げ!書くことがない!」

 

と思ったことはありません。

 

それは特殊なことでもなんでもなくて、

 

ただ単に文章を書くことに慣れているから。

 

このブログがまさにそうなんですけど。

 

僕はこのブログの形を取る前から、前のブログも含めると、3年間毎日1日も欠かさず3,000文字以上のブログを書き続けてきました。

 

あまり、コレ書くの、自慢っぽくなってしまうから好きくないんですけど(笑)

 

でも、「文章は慣れ」っていうのを書くためにはどうしても例としてあげざるを得ないんです。

 

本当にそう思います。

 

「もう書くことがありません。」

 

と人から言われたときに。

 

直接は言わないけど、毎回そう思います。

 

本当は、

 

「それはただ文章を書くのに慣れていないだけ」

 

と内心では思っています。

 

直接言えないのが僕の悪い癖かもしれませんね(笑)

 

車の運転

わかりやすい例でいうと、車の運転なんてそうですね。

 

普段から、当たり前の様に車を運転している人にとっては、遠方まで運転するのも大して怖くないかもしれません。

 

でも、たまにしか運転しない人がいきなり、

 

「よし!今日は住んでいる東京から日光まで車で行ってみよう!」

 

と思い立っても、かなり怖いと思います。

 

実際、僕ももう、かれこれ2年近く運転していないので、もう運転は心配ですね(笑)

 

車の運転もそうですが、いきなり遠出をしようとしても無理な話で、まずは近場で慣らしておくことが大切。

 

文章も継続が大事

文章も全く同じで。

 

いきなり、雷鳴が頭に落ちて、スゴイ文章が書けるようになる。

 

なんてことはないんです。

 

日頃から文章を書くのに慣れていれば、ごく当たり前、ごく自然に文章は書けるようになります。

 

継続していないと文章は書けるようになりません。

 

だからもし、この記事を読んでくださっているあなたが、

 

「書くネタが思い浮かばない!」

 

と思うのであれば、まずは、それはただ、

 

「書くのに慣れていないから」

 

と思うことが大事です。

 

その上で、ブログなどで毎日継続的に書いていくことが大切です。

 

ちなみに、メモ帳ではダメです。

 

アフィリエイトサイトは誰かに見てもらうことで、本当の価値が見いだせます。

 

同じように。

 

ライティングに慣れるための文章も、メモ帳に書いて誰に見られるわけでもなくて、自分だけしか見れない文章を書いても、練習にはなりません。

 

第三者が見ることができる、ブログに書くことで適度な緊張感があって、文章を書くスキルが向上します。

 

むしろそれが、ブログで文章を書く醍醐味だといえます。

 

テレビと同じで。

 

今毎日テレビに出ている芸能人も最初は緊張していたはずです。

 

それが毎日当たり前の様に、テレビに出ている内にそうした緊張を感じなくなっているんだと思います。

 

普段から、僕たちもブログで文章を書いていることで。

 

第三者が見ることができる環境で文章を書くことで。

 

誰かに見られることに慣れておく

 

ことがブログで文章を書くことの醍醐味です。

 

とにかくそうして。

 

文章を書くことに慣れるために継続する。

 

そうすれば、

 

「書くネタが見つからない!」

 

ということはまずなくなると思います。

 

まとめ

初心者a子
そういうことなんですね!

 

  • 書くネタが見つからないのは文章を書くのに慣れていないから
  • 毎日書き続けることで文章が書けないと言うことはなくなる
  • メモ帳ではなくて、第三者が見ることができるブログだから意味がある

 

んですね!

 

 

八王子ケンジ
うむ。

 

最初は誰だって、文章を書くのがむずかしく感じるが。

 

毎日書き続けることで、文章のスキルは確実に上がっていく。

 

そのためにも「慣れること」は必要不可欠だ。

 

 

初心者a子
わかりました!

 

普段から文章を書くことを習慣にしてみます!

 

 

初心者a男
僕もそうしてみます!

 

 

超初心者p子
がんばりなさいよ!あんたたち!

 

 

八王子ケンジ
p子はまずもう少し作業量を増やした方がいいだろうな・・・

 

 

超初心者p子
あれま!言われちった!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【文章は慣れ】アフィリエイトで書くネタがないときの対処法” への2件のフィードバック

  1. なかい より:

    自分も忙しいとできない。いや、やらない人間ですが、毎日書き続けることで、
    毎日文章が書けるようになる。ってことなんですよね。
    がんばらねば(;^_^A

    • apa より:

      そうですね。
      なかなか簡単ではないかもしれませんけど、継続が何より大事なのかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です