こだわりのTPO?今本当にやるべきことを見極め取り組む

優先順位

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『こだわりは時として邪魔になる』について書いていきます。

こだわりが強すぎる?

モン吉

ふんふ~ん♪

 

えっとね~・・・

 

ここをこうして・・・と。

 

えいや!

 

apa

お!ゴキゲンだね!

 

どうしたんだい?

 

モン吉くん。

 

モン吉

べつにキゲンがいいわけじゃないよ。

 

ただ、サイトにテコイレをしているだけさ!

 

apa

へぇ!

 

どんなテコ入れをしているんだい?

 

モン吉

ん?

 

んっとねぇ・・・

 

まずは、サイトのデザインをおおきくへんこうして、こまかいボタンとかもつけたりかなりのこだわりをみせているとおもうね!

 

apa

おお!

 

いいね!

 

ところで、そのサイトの順位は何位なの?

 

モン吉

ふぇ?

 

じゅんいなんてまだついてないよ!

 

apa

あ、そうなの?

 

だったら、もしかしたら、こだわりが強すぎるかもしれないね・・・

 

サイトのテコ入れと言ったら、いろいろなことが考えられます。

 

人によって、

 

「テコ入れ」

 

と言ったときに、やることはマチマチ。

 

全然違うと思います。

 

でも、むずかしいのは。

 

どの順位のときにどんなテコ入れをすればいいのか?

 

ということ。

 

SEOは今、どんどんむずかしくなっています。

 

そんなこと、ここで書くまでもなく。

 

アフィリエイターなら誰もが多かれ少なかれ実感していることだと思います。

 

そんなアフィリエイトだからこそ。

 

今、どんなSEO対策をやっていけばわからず。

 

戸惑っている方も多いはずです。

 

で、僕が、4年間曲がりなりにアフィリエイトをやってきて思ったことは。

 

「こだわりが強すぎる方が多い。」

 

ということ。

 

もちろん、偉そうなことを言える立場ではなくて。

 

自分自身、まだまだそういう傾向が強いな、とは思います。

 

だけど、強すぎるこだわりは、時として作業の邪魔になってしまうことがあります。

 

時として、マイナスの効果を生む可能性もあるんんです。

 

だからこそ。

 

強すぎるこだわりをできるだけもたないようにして。

 

まずは、ひとつひとつ、ステップアップしていくことが何より大切です。

 

あなたは、こだわりを捨ててアフィリエイト作業に集中できていますか?

 

これはなにも。

 

アフィリエイトに限った話しではなくて。

 

実生活においても、普段の買い物にしても同じ。

 

強いこだわりは、時間を浪費する結果を生んでしまうかもしれません。

 

こだわりは、捨てる

モン吉

バカにするな!

 

apa
??

 

モン吉

ぼくだって、こだわりをもちすぎるのがよくないことくらいわかってるよ!

 

だけど、これはひつようなことなんだよ!

 

apa

ごめんよ・・・

 

モン吉くんの気分を害してしまったのであれば、謝るよ。

 

apa

だけど、順位があまり高くないとき・・・

 

あるいは順位がついていないときは、デザインとか細かい設定は後回しにした方がいいと思うよ。

 

モン吉
ふぇ?

 

このブログでも、何回かそのことは書いてきたんですけど。

 

改めて、ここ最近、そんなことを考えるようになりました。

 

ここからは趣味の話しですみません。

 

ここ最近、レコードを買ったんです。

 

まぁまぁ、久しぶり。

 

でも、そのレコード。

 

すでに持っている盤。

 

だけど、元々持っているやつは、かなり冒頭のノイズが目立つ。

 

余談ついでに、この曲。

 

 

今は、ジャズはレコードで聴くのが中心になっていますけど、その前まではCDで聴いていました。

 

そのCD時代から大好きだったレコード。

 

の、オリジナル盤。

 

そこまで人気盤ではないので、レコードのオリジナル盤にしては安く、1,380円。

 

でも、元々、持ってたのも、1,500円くらいで買ったヤツなのですが、冒頭が静かなのに、メインなのに。

 

その冒頭の部分でかなりノイズが目立つ。

 

ということで機会があったら買い換えを検討してたまたま見つけたので購入。

 

確かに、新しいレコードは冒頭のノイズは目立たないんだけど、なんか音が違う気がする・・・

 

それもそのはず。

 

同じオリジナルレコードでも若干規格番号が違っていました。

 

元々持っていたのは、

 

3-245

 

の規格番号。

 

新しく買ったのが、

 

3245

 

の規格番号。

 

The Dave Brubeck Quartet - Jazz At Oberlin
Discogs: 1957 Red Vinyl, Jazz At Oberlin. リリースのクレジット、レビュー、トラックを確認し、購入。

 

まぁ、なんのことはないんですけど、同じオリジナルでも若干規格番号が違うんです。

 

規格番号が違うと言うことは、出た時期も違うと言うこと。

 

だから、なんとなく、音に違いがある気がする・・・

 

つまり、新しく買ったレコードの方が音に臨場感がないような気がする。

テナーサックスの音に。

 

ということで少し迷ったんですけど。

結局、ノイズがない方を選んで、ノイズがある、古い方は売ることにしました。

 

まぁ、どうでもいい話しに付き合わせてしまってすみません(笑)

 

例えばあまりよくなかったんですけど、要するに。

 

こだわってもそんなに変わらない

と思うんです。

 

話しを、サイトアフィリエイトの話しに戻すと。

 

確かに、サイトのデザインや、ボタン、細かい設定にこだわることは大切といえば大切です。

 

だけど、順位が低いとき。

 

あるいは、順位が低いときに、そんな部分にこだわっても、順位に影響はありません。

 

なんというか、

 

こだわりにはTPOがある

と思うんです。

 

例えば、またレコードの話しで申し訳ないのですが、

 

僕のレコードに対するこだわりも。

 

例えば、僕がプロの音楽家であったり。

 

ジャズプレーヤーであったら、こだわりは必要だと思うんです。

 

あるいは、家のオーディオシステムがすごく高級なものであったら。

 

やっぱりそれに見合ったオリジナルレコードが必要だと思うんです。

 

だけど、僕の持っているレコードプレーヤーはそんなに高いものでもありません。

 

むしろ、どちらかというと、オーディオシステムの中では安物の部類。

 

だから、そんなに、いい盤にこだわっても大きな違いがあるようにも思えなかったんです。

 

アフィリエイトも同じ。

 

いいデザインやボタン、システムを設定することはすごく大事なんだけど。

 

順位が低いときにその辺。

 

ボタンやシステム、デザインにこだわっても、ユーザーの目に届かない可能性が高いです。

 

ユーザーの目に届

 

 

かないこだわりは意味を持ちません。

 

なにがいいたいかって、

 

順位が上がるまでは文章中心にテコ入れ

することが大切です。

 

もちろん、それだけではないんですけど。

 

最低でも、狙っているキーワードで20位前後に来ていないと、デザイン面、システム面にこだわりを見せてもあまり意味がありません。

 

それよりも、順位に直接的な影響を及ぼすのは、テキストの方です。

 

だから。

 

できれば「こだわり」を捨てて、今やるべき優先順位の高い方から先に取り組むことが大切だと思います。

 

まぁ、「今やるべき」、「優先順位の高い方」って同じ意味なんですけど・・・

 

とにかく。

 

強すぎるこだわりは時として邪魔になり。

あなたのアフィリエイトを足止めしてしまう危険性があります。

 

まずは、今本当にやるべき。

 

優先して注力すべき事はなんなのか?

 

ということを省みて、そちらに力を入れることが最優先だと思います。

 

まとめ

モン吉

そういうことなんだね・・・

 

  • こだわりは時として選択や前進の足止めになる
  • こだわりにはTPOがある
  • 今本当に「こだわる」べきことがなんなのか見極めて取り組むこと

 

がたいせつなんだね!

 

apa

そうだね!

 

こだわることも大事なんだけど、今本当に、何に注力すべきなのか?

 

冷静に見極めることが大事かもしれないね。

 

モン吉

わかたよ。

 

ぼく、まず、ほんとうにやるべきことがなんなのか?

 

かんがえるようにするね。

 

ありがとう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました