メルマガ登録フォーム

【演出と文章と誘導】リンクSEOはユーザーを正しく導くためのもの

誘導する女性

 

apa

こんばんは!

apa(あぱ)です(^^)

今日は、 『リンクの効果』について書いていきます。

あなたは、アフィリエイトをする上で。

リンクの効果をどれくらい重要視していますか?

僕自身は、アフィリエイトをはじめて2年くらいなので。

その前のことは知らないんですけど。

僕がアフィリエイトをはじめる少し前までは、リンク全盛期だったらしいです。

リンクを送れば、サイトが上位表示する。

そんな鉄則(?)みたいのがありましたが、今はそうではなくなってきています。

では、リンクは意味がないんでしょうか?

今回の記事では、僕なりの、SEOとリンクについての見解を書いていきます。

 

 

リンクでウハウハ?

超初心者p子
apaのダンナ!

 

 

apa

どうしたんですか?

今日ははじめから悪い方のp子さんですね。

 

 

 

超初心者p子

き、聞き捨てならない・・・

けど、いいでしょう。

apaのダンナ!

ちょっと教えていただきたいことがあるのですが・・・

 

 

 

apa

な、なんですか?

 

 

 

超初心者p子

ケッケッケッ・・・

実は、あるツテでいい情報を得てしまいましてね・・・

 

 

 

apa

ゴク・・・

と、というのは?

 

 

 

超初心者p子

ええ・・・

どうやら、アフィリエイトサイトって、「リンクの効果」がかなり重要らしいじゃないですか?

 

apa
??

 

 

超初心者p子

まったくとぼけちゃって。

おぬしも悪よのう・・・

ほら、アフィリエイトサイトに自分のブログとかからリンクをあてると上位表示するっていうじゃないですか?

 

 

apa
ああ・・・

 

 

超初心者p子

全く・・・

あなたって人も悪ですね・・・

そんなこと全然私たちに教えてくれなかったじゃないですか?

ダンナもヒドイお人だ・・・

わたしたちに稼がせたくないからって、回りくどい表現で、それらしいことを言って、わたしたちを煙に巻いていましたね?

 

 

apa
え?いや、そんなことは・・・

 

 

超初心者p子

まぁまぁ。この際だから、そんな小さいことは水に流そうじゃないですか・・・

で、ダンナ。a男とa子には黙っておくんで、ダンナのリンク術をわたしだけに教えてくれませんか?

カモン!

 

 

 

apa

え、いや・・・

別に黙っていたわけではないですし、僕はあまりリンク、やってませんよ?

 

 

 

超初心者p子

もう!

そういうのいいから!

早く私に、リンクSEOを教えて、わたしをウハウハにしてくださいよ!

ダンナ!カモン!

 

 

apa
だから!僕は、リンクSEOはやってないですって!

 

 

超初心者p子

カッチーン!!

あったま来た!

殴りますよ!!

 

 

apa
ぼ、暴力はやめてくださいよ・・・

 

 

超初心者p子

貧弱め・・・

じゃあ、もし仮に、仮にですよ!

apaさんが、本当にリンクSEOをやっていないって言うなら、何のためにリンクはあるんですか?

 

 

 

apa

うーん、僕も正解を知っているわけではないのですが・・・

ユーザーを正しく導くためだと思います。

 

 

 

超初心者p子

は?

 

リンクSEO。

 

僕がアフィリエイトをはじめたときも、確かに、重要視はされていました。

 

でも、結局。

 

今思うことは、今のアルゴリズムだと、あまりリンクSEOは効きづらくなっているんじゃないかな?

 

と思います。

 

ただ、全く効かないというわけではないと思います。

 

この投稿っていうのは実は。

 

こうしてブログを書いていると、たまに質問をいただくんですけど、

 

『リンクSEOってなんですか?』

『リンクSEOってまだ効果あるんですか?』

 

みたいな質問があるんです。

 

ちょっと答えるのもむずかしいんですけど、でも、まず。

 

リンクには主に2種類あります。

 

外部リンク

自分のサイト以外から、自分のサイトへ遷移(せんい)するためのURLが貼り付けてあること。

 

これを外部リンクといいます。

 

大雑把に言うと、ですよ。

 

例えば、たまたま入ったラーメンやがすごく美味しかったとして。

 

それを友達に、LINEで店のURL情報を送るのも外部リンクのひとつですね。

 

まぁ、LINEでURLを送ることにどれほどのSEO効果があるのかはわからないのですが・・・

 

概念だけでも掴んでいただけると幸いです。

 

もっとわかりやすくいうと、Facebookのシェア機能ですね。

 

やっぱり、自薦より他薦。

 

誰かに紹介してもらっているサイトの方が、評価しやすいというのがあります。

 

内部リンク

もうひとつが内部リンク。

 

自分のサイト内で。

 

別のページに誘導するためのリンク。

 

外部リンクに比べれば、SEO効果は弱いと言われていますが。

 

「リンクSEO」と言うと、これら、外部リンクと、内部リンクの2種類を指す場合が多くあります。

 

自作自演リンク

で、よく問題視されるのが自作自演リンク。

 

今回、p子さんが質問してきているのはこのことだと思いますが。

 

「自薦より他薦。」

「シェアが一番評価されやすい。」

 

というのであれば。

 

自分でサテライトサイト(衛星サイト=リンクをあてるためのダミーサイトのようなもの)をつくって。

 

そこから、自分のアフィリエイトサイトにリンクをあてれば上位表示するのではないか?

 

という理論です。

 

以前、リンクSEOがバリバリに効いていた頃は、このやり方でリンクをあてて。

 

サイトを上位に上げていたみたいですね。

 

僕も、アフィリエイトはじめたてのころはバリバリやっていました。

 

でも、今はだいぶ様相が変わって。

 

リンクっていうのは、ユーザーを正しく導くためものになっているように思えます。

 

リンクは楽をするためのものじゃなくて

 

超初心者p子

でたでた。

そういうさ、偽善者論はいらないんですよ。

リンクSEOで稼げればそれでいいんですよ!

今度からは、偽善者パさんって呼びますね。

 

 

 

apa

偉い変わりようですね・・・

でも、本当にそう思いますよ。

つまり、Googleの評価が。

本来の人間の評価に近づいていると思うんです。

 

 

 

超初心者p子

・・・どういうことですか?

偽善者パさん。

 

 

apa
・・・できればその呼び方、やめてもらえませんか?

 

リンクそのもののSEOパワーは減ってきている

僕が思うに、ですけど。

リンク、そのもののSEOパワーはかなり減ってきているように思えます。

 

リンクを貼れば、サイトが上位表示する。

 

少なくとも、そんなことはなくなってきていると思います。

 

だから、もう。

 

僕自身、自作自演のリンクというのはやっていません。

 

もちろん、やれば上げられる方法もあるのかもしれません。

 

いわゆる、「ブラックハットSEO」というやつですね。

 

まぁ、僕の場合は、中古ドメインを使ってサイトを作っているので。

 

完全な、「ホワイトハットSEO」でもない。

 

どちらかというと、「グレーハットSEO」でしょうか・・・

 

まぁ、呼び名はどうでもいいんですけど。

 

でも、リンクが全く効かないということもないと思います。

 

ただ、少なくとも。リンクのやり方は変えていく必要があります。

 

繰り返しますが、リンクをただ貼ればサイトが評価される、上位表示するということはありません。

 

大事なのは・・・

 

リンク先のユーザーの動向

だと思います。

 

さっきの例で。

 

知り合いに、気に入ったラーメン屋のURLを。

 

LINEで送ったとしても。

 

知り合いがそのサイトを閲覧してくれなかったら。

 

サイトの評価は上がりません。

 

例えば。

 

ジャニーズの応募って。

 

自薦で送る場合もあれば。

 

他薦で送られる場合が多いって言うじゃないですか?

 

あれも同じで。

 

いくら、他薦で、書類をジャニーズ事務所に送っても。

 

書類選考を通らなくて。

 

面接ができなければ、なにも意味がない。

 

対して、書類選考で、他薦で。

 

ジャニーズ事務所に送って。

 

書類選考を通って、実際に面接になれば、ジャニーズに入れるチャンスがあるかもしれない。

 

ちょっとわかりづらいかもしれないんですけど、リンクSEOの概念もそういうことだと思うんです。

 

紹介しても、誰にも見られなければ意味はない

 

んです。

 

じゃあ、なにが必要かっていうと・・・

 

リンク元でつい、リンク先を閲覧したくなるような演出

が大切になります。

 

例えば。

 

ものすごいラーメンマニアから、LINEで。

 

『ここのラーメンやマヂでガチでおいしいよ!

行くかどうかはともかく、マジでこのサイト見てみて!

もう、見るだけで涎が止まらんぜよ!』

 

なんて言われたらサイトを見たくなると思うんです。

 

だから、そこに必要なのは、ひとつは

 

信頼

です。

 

信頼出来る人からの紹介だったら、リンク元でどんな文章を書いていても。

 

リンク先がどんなサイトであったとしても。

 

まずは見ちゃうと思うんです。

 

信頼があれば、リンクの質に対してこだわらなくても、

 

見ちゃうと思います。

 

でも、そうでなくて。

 

サイトSEOで、見ず知らずの人にサイトをクリックして、アクセスしてもらいたいのであれば。サイトを閲覧してもらいたいのであれば

 

演出

が大事になります。

 

つい、リンク先のサイトをくまなく見てしまいたくなるような。

 

そんな演出のある、上手な文章が書いてあれば。

 

知らない人のサイトであっても。

 

つい開いて見たくなってしまうと思うんです。

 

だからこそ。

 

リンクをあてるあてないの前に。

 

リンクSEOをあれこれ考える前に。

 

思わずクリックして、サイトをくまなくチェックしてしまいたくなるような、文章の誘導

 

が出来ているかどうかが大事です。

 

つまり、リンクそのものに効果がないんじゃなくて。

 

リンクをクリックした先でユーザーがちゃんと満足できるような演出と文章

 

これが今のリンクSEOでは大事だと思います。

 

だから、『ユーザーを正しく導くこと』が大事なんですね。

 

リンクSEOの見解まとめ

 

超初心者p子

ぐぐぐg・・・

 

わ、わかりましたよ・・・

 

  • リンクSEO『だけ』ではウハウハにはなれなそう・・・
  • ユーザーがリンク先で満足するようなコンテンツを考える
  • 結局、リンクはユーザーを正しく導くためのもの

 

ということなんですね。

 

 

 

apa

まぁ、もっとSEOの権威の方からすると、もしかしたら、違った考え方があると思うのですが。

少なくとも、僕はそう、勝手に考えています。

 

 

 

超初心者p子

わかりましたよ。

じゃあ、偽善者パさんの、リンクSEOの考え方の変換への遷移。

受け取ってやってみますよ。

 

 

apa

なんだか、むずかしい言葉で、小バカにされているような気もするのですが・・・

がんばってください!

応援していますよ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【演出と文章と誘導】リンクSEOはユーザーを正しく導くためのもの” への2件のフィードバック

  1. ケンイチ より:

    apaさん、いつも有益な情報ありがとうございます^^

    リンクの効果やSEOも、ブログ運営では大事な要素ですが、
    もっとも大事なことは、
    「ユーザーを正しく導き、満足していただく 想い」
    ということを学ばさせていただきました!

    ありがとうございます☆

    ちなみに、
    超初心者p子の「カモン!」はツボに入りました(笑)

    • apa より:

      ケンイチさん
      すいません!
      返信が遅れました!!
      したはずだったと思ったのに、反映されてませんでした。失礼しました。

      そう言っていただけてうれしいです!
      p子も喜んでいると思います(笑)
      ありがとうございます!

      って、返信したんですけど、反映されていませんでした。失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です