自分の欲求を抑えるのは精神力と後付け?

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『結局精神力?』について書いていきます。

欲求が抑えられない?

超初心者p子

がぁ!

 

チキショウ!

 

食べたいぜ・・・

 

apa

ど、どうしたんですか?

 

いきなり叫びだして・・・

 

食べたい?

 

超初心者p子

そうなんです。

 

p子は今、猛烈な欲求不満に駆られているのです。

 

apa

どういうことですか?

 

超初心者p子

p子は本気でアフィリエイトに取り組むことに決めたので、余計なお金を使わずに。

 

アフィリエイトにだけ投資しようと決めたんですけど・・・

 

apa

おお!

 

いいですね!

 

大事なことですね!

 

超初心者p子

でしょう?

 

それなのに・・・

 

apa

それなのに?

 

超初心者p子

食べ物に対する欲求が抑えられないんです。;

 

あー!

 

甘いプリンが食べてぇ!

 

うっまいラーメン食いてぇなぁ~・・・

 

apa

なるほど・・・

 

自分の欲求を抑えるのって、実は一番難しいことなのかもしれませんね・・・

 

あなたはどうですか?

 

自分の欲求を抑えること、できていますか?

 

人間、欲求がある生き物なので、それをムリに抑えようとすると逆効果。

 

いいことはありません。

 

欲求を無理に抑えようとすると、逆にバクハツしてしまうこともあります。

 

実際、僕も。

 

いろんな欲求と戦うのに苦戦しています(笑)

 

本当は・・・

 

使うお金、全部をアフィリエイトに費やさればいいのに・・・

 

僕の場合、あまり食にこだわりはないものの。

 

レコードとかゲームとか、マンガとか小説とか。

 

そういう趣味的なものにお金をかけることが多くあります。

 

そして、そういう欲求を抑えるのって、決して楽ではないんですよね。

 

自分の中の、

 

「あれがしたい。」

「これもしたい。」

「あれも欲しい。」

 

こうした気持ちを抑えようとしても、簡単に抑えられるものではありません。

 

あなたは、そうした自分の中の欲求。

 

どうやって抑えていますか?

 

このブログでも。

 

そうした欲求の抑え方的なことは何度か書いてきましたけど。

 

うーん、こう書くと元も子もない話のように思えるんですけど。

 

結局はやっぱり精神力の問題なのかな?

 

という気がします。

 

そして、僕にはその精神力は全然ありません・・・(泣)

 

あまり、精神論的なことは、このブログでは極力書きたくないと思っているのですが。

 

でも、今回はそんな精神論的な部分にも目を向けてみたいと思います。

 

結局精神力?

超初心者p子

そうなんですよ。

 

わたしは、食べることだけが生きがいなので、その生きがいを押さえつけたら、逆によくないと思うんです。

 

そうでしょ?

 

だから、p子はやっぱりガマンしないことにしました。

 

ということで、今からラーメン屋に行ってきます!!

 

apa

ちょっとちょっと!

 

気持ちの移り変わりが早すぎませんか?

 

apa

でも、p子さんのその気持ち、よくわかります。

 

僕も本当に自分自身のコントロールがうまくできていないと、思います。

 

apa

うーん、そうした欲求を完全に抑え込もうとすると、p子さんの仰るように逆効果かもしれません。

 

でも、結局は。

 

そうした欲求を抑える方法なんて・・・

完全に押さえ込む方法なんてなくて。

 

自分の精神力の問題なのかもしれませんね・・・

 

超初心者p子
精神力??

 

目に見えないことの話なんですけど。

 

うーん、やっぱりなんだかんだいって。

 

少なくとも、僕が自分の欲求を抑えられないでいるのは。

 

自分の精神的な甘さが原因なんだと思います。

 

もちろん、ムリに押さえ込もうとする必要はなくて。

 

そうした、欲求。

 

あれしたい

これが欲しい

 

という欲求が出てくることそのものは仕方ないと思うんです。

 

でも、最後のところでは踏みとどまる。

 

そういう、最後の防衛ライン的なのは自分の精神力の問題のように思えます。

 

白状します。

 

自分自身、今、そのことで悩んでいます(笑)

 

相変わらずのレコード・・・

 

実は今年になってからほとんどレコードは買っておらず。

 

もう、2020年が始まって3ヶ月経とうとしているのに、まだ、これまでに買ったレコードは2枚。

3,000円です。

 

いや、これでも、去年までの自分から考えると考えられないくらいすごいんですよ(笑)

 

去年は、ディスクユニオンに行ってはレコードを買って。

 

ネット通販のジャズレコードショップを見ては、そこでも中古レコードを際限なく買っていたので・・・(泣)

 

今年はよく買わずにガマンしているな・・・と(笑)

 

といっても、しばらく実家の引っ越しの関係で伊勢にいたので、買えなかったっていうのが実情なんですけど。

 

最近は、コロナの影響で外出を控えているので。

 

いろんな理由でレコード買っていません。

 

でも、やっぱり欲しくなる(笑)

 

すでに、何百枚と持っていて、十分に楽しめるだけもっているはずなのに、本当に欲求にキリはないんだな、と思います。

 

自分の精神力と向き合う

結局は、ここまでも何回も書きましたが、自分の精神力の問題だと思います。

 

僕の場合は、レコードですが、今回のp子さんのように。

 

食べ物に出費してしまう方もいると思います。

 

あるいは、ゲームとか、遊びとかにお金を使ってしまう人もいると思います。

 

だけど、アフィリエイトのことを本気で考えたら。

 

やっぱり、そういうのも控えないといけない。

 

カンペキに押さえ込まなくても、あるところではガマンして、使うべきところ・・・

 

例えば中古ドメインだったり、セミナーの受講代金だったり、テキスト、コンサルにお金を使った方が、アフィリエイト的には有意義です。

 

まさに投資マインド的な。

 

で、そういう。

 

アフィリエイト優先でお金を使っていくためには、やっぱり自分の精神力が必要だと思うんです。

 

目には見えないけど大切。

 

例えば、重いものを持ち上げようとしたら、筋力が必要ですよね。

で、筋力を鍛えるためにトレーニングをしたりする。

 

ソレと同じように。

 

「自分の欲求」という重いものを持ち上げるためにはやっぱり精神力が必要で。

その精神力を何らかの方法で鍛えるという考え方も大切だと思います。

 

買わない理由を考える

結局、人間の欲求をムリに抑えることはむずかしいです。

 

ひとつ、まず精神力という点に着目する・・・

 

つまり、欲求を抑えるかどうかは自分次第。

 

自分の欲求のコントロール権は、自分が握っている。

 

そう、ちゃんと思って、欲求をコントロールするように努めることが大事だと思います。

 

あとは、後付けでもいいので。

 

買わない理由を考えるというのも手。

 

まさに、

 

 

この記事で書いていることのように。

 

「欲しい!」

 

という欲求がわいてきたら、あとから「欲しくない理由」を付け足してみる。

 

「あのレコード欲しいな・・・」

「だけど、そのお金があったら中古ドメイン何個買えるだろう・・・」

 

そんな風に、無理矢理でもいいので後付けで。

 

買わない理由を考えてみる。

 

そうすることで、少しは気持ちも抑えられるんじゃないでしょうか。

 

もちろん、このケースは僕の考えですけど、この記事を読んで下さっているあなたにはあなたなりの、後付けできる、「買わない理由」というのがあるはずです。

 

そうして、精神力。

 

後付けでいいから、買わない理由を探してみる。

 

という、ちょっとした考え方の違いで、自分の欲求を抑えて。

 

アフィリエイトに向かっていくしかないのかもしれませんね。

 

まとめ

超初心者p子

そういうことなんすか。

 

  • 自分の欲求を抑えるには精神力が必要
  • 自分の欲求のコントロール権は自分で握ること
  • 後付けでもいいから変わらない理由を考えてみる

 

ことで気持ちを抑えられると?

 

apa

そうですね・・・

 

自分の欲求と向き合うことは楽なことではないですよね。

 

そうして少しでも、自分の気持ちを軽くする。

 

欲求を抑えることが大事なんだと思います。

 

超初心者p子

わかりました。

 

わたしは精神力には自信がありますのでがんばりますよ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です