メルマガ登録フォーム

【やらない理由をつくらない】ライバルリサーチの注意点

リサーチする手

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『やらない理由探しとライバルリサーチ』について書いていきます。

あなたは、アフィリエイトをやっていて。

「ライバルリサーチ」をして、ライバルに勝てないと思って、諦めてしまうこと、ありませんか?

確かに、狙う商品・キーワードでライバルサイトがあまりも強くて、ひしめき合っているようであれば。

どこかである程度諦めることも必要になってしまうのかもしれません。

・・・でも。

それが、「必要なライバルリサーチ」なのであればいいんですけど。

下手をすると、「ライバルリサーチ」しているつもりが、「やらない理由探し」になってしまう危険性があります。

気をつけなければ、ライバルリサーチしているつもりが、「やらない理由探し」に没頭してしまって、作業が進まなくなってしまうかもしれません。

今回の投稿では、そんな「ライバルリサーチ」と「やらない理由探し」について書いていきます。

apa
リサーチと「やらない理由探し」は紙一重です。

 

ライバルサイトに勝てません

初心者a男
しょうがない、諦めるか・・・

 

 

apa

a男さん、どうしたんですか?

何を諦めるんですか?

 

 

 

初心者a男

あ、apaさん。

すいません、聞こえていましたか。

 

 

apa
はい、なにかあったんですか?

 

 

初心者a男

そうなんです。

最近、ある案件でいい感じに上位表示してきたので、もっと上を目指そうとしていたんですけど・・・

いくらコンテンツを足しても、ぜんぜん上位表示しなかったんです。

で、調べてみたら、ライバルサイトのDR(Ahrefsの数値)の数値がみんな異常に高かったんです。

僕が今使っている中古ドメインの数値では勝てなそうだったので、その案件は諦めることにしたんです。

 

 

apa

そういうことだったんですね・・・

確かに、それは辛いですね。

自分が上位表示を狙っていた案件で、DRの数値でライバルがあまりにも強いことがわかったときは・・・

 

 

初心者a男

そうなんです。

だから、思い切ってもう別の案件に取り組もうと思ったんです。

 

 

 

apa

なるほど・・・

でも、a男さん。

 

 

初心者a男
はい?

 

apa
それはもしかしたら、「ライバルリサーチ」じゃなくて「やらない理由探し」になっていませんか?

 

初心者a男
はい?!

 

ライバルサイトをリサーチして、ライバルサイトがあまりにも強力だと。

単純に凹みますね(笑)

せっかく上位表示を目指して、いろいろとコンテンツを足してきたのに。

 

初心者a男
ぜんぜん勝てないじゃん・・・

 

と、思ったら、実はそこにはドメインパワーの違いがあったりして。

 

そういうときは、結構ダメージがデカイですよね。

 

特に、DRの数値が顕著に違ったりすると、愕然とします。

 

DRの数値に限らず。

ライバルサイトをチェックしてみて、あまりにもライバルサイトの方が優れているとわかったときの絶望感?

みたいなものは、かなりのものです。

 

でも。

 

それが。

 

もちろん、ライバルリサーチそのものは必要なんですけど。

 

一歩間違えると、「やらない理由探し」になってしまっている危険性があります。

 

やらない理由探し

 

初心者a男

ヒドイですよ!

僕は僕なりにライバルリサーチをして、やらないことをきちんと決めたのに!

それを逃げてるみたいな言い方をするなんて!

 

 

 

apa

すみません・・・

でも、確かにライバルリサーチそのものはすごく大切です。

しっかりとやって、その上で、そういう結論を出したのであれば、それはそれでひとつの選択しかもしれないんですけど。

ライバルリサーチは一歩間違えると、「やらない理由探し」になってしまいます。

 

 

初心者a男
どういうことですか?

 

 

apa

実は、「やらない理由探し」と「ライバルサイトのリサーチ」は表裏一体なので、どちらにもなり得る可能性があるんです。

 

 

初心者a男
??

 

ライバルリサーチと「やらない理由探し」

ライバルリサーチをしているつもりが、気が付いたらそれが、「やらない理由探し」になってしまう危険性があります。

 

ライバルサイトを見ると。

 

それは、中古ドメインの強さという意味でもそうですし、ライバルサイトのコンテンツという意味でもそう。

 

ライバルサイトを見ると、自分の非力さを感じて、つい、落胆してしまうことがあります。

 

そこが非常にむずかしいです。

 

ライバルサイトをチェックすることはすごく大切ですけど。

下手をすると、それが悪影響をもたらして、作業する手が止まってしまう危険性があります。

 

そうなると、マイナスになります。

 

もちろん、諦めるということもひとつ大切なことです。

 

どうあがいたって、ライバルサイトを抜けないかもしれない。

 

そこに注力をするよりかは、別の。

 

勝てそうで、稼げそうな案件を狙うというのも必要な選択肢のひとつですが。

 

ですが、ライバルリサーチが「やらない理由探し」になってしまうと、少し意味合いが変わります。

 

やらなくなってしまうくらいなら見ない方が良い

と、僕は思います。

 

僕も、確かに、最初案件に取り組む時点では、ライバルサイトのリサーチはある程度しますけど。

 

必要以上には見ないようにしています。

 

ライバルサイトのコンテンツを見ると、中身まで精査すると。

 

どうしても、ライバルサイトが優れて見えてしまうから・・・

 

根拠もないのに。

 

上位表示しているサイトってなんだかすごく良いサイトのように思えてしまうんですよね。

 

だから、僕も。

 

案件に取り組む前のライバルリサーチの時点でも、必要以上にライバルサイトを見ようとはしません。

 

また、上位に上がってきて。

 

「もしかしたら、より上位に立てるかも。」

 

というときになっても、あまりライバルサイトは見ないようにしています。

 

「もう少しで上に行けるかもしれない。」

「でも、なかなかライバルを抜けなくて悔しい」

 

というときに。

 

例えば、ライバルサイトの中身やDRの数値を見ると、そこで諦めてしまう危険性があるから。

 

確かに、なんでライバルサイトを抜けないのか?

 

原因を調べてみたくなる気持ちもわかります。

 

でも、それが。

 

ライバルサイトを抜くための手立てになるのであればいいんですけど。

 

ライバルサイトの強みを知って。

 

自分のサイトの足りない部分ばかりが目について手が止まってしまうなら、考えものです。

 

つまり、ライバルリサーチは・・・

 

自分がライバルサイトを抜くための手立て探し

です。

 

この記事を読んでくださっているあなたは。

 

ライバルサイトを見て、それをベースにライバルサイトを抜く方法を見出すことが多いですか?

 

それとも・・・

 

ライバルサイトを見て諦めてしまうこと

の方が多いですか?

 

ライバルリサーチに限らず、他にも言えます。

 

例えば、自分のASPの報酬画面を見て。

 

その月の報酬が少なくて、モチベーションがダウンするくらいなら。

 

最初から報酬画面は見ずに、自分のやるべきことに集中した方が良いと思います。

 

ライバルサイトのリサーチも。

報酬画面を見るのも。

 

自分の活力になる。

やる気になる。

希望になる。

 

ならもちろん、やった方がいいんですけど。

 

それをすることで逆効果になる。

 

やる気が下がってしまうなら、必要以上にやらない方が良いかもしれません。

 

つまり、

 

やる気が減退するならライバルサイトは見ない方がいい

 

ということです。

 

あくまで必要なのは『上』を目指すこと

コクな話かもしれませんけど。

 

アフィリエイターはあくまでも『上』を目指す上で必要な事だけを実践しないとならないと思うんです。

 

ライバルサイトをリサーチ、チェックすることで、モチベーションが上がって、やる気が出るならいいんですけど。

 

反対になってしまうなら、やらない方が良い。

 

自分のやるべきことに実直に集中する方がいいのかもしれません。

 

ライバルサイトを見て、「諦めるクセ」がついてしまっているのであれば。

 

ライバルサイトを必要以上には見ないで。

 

自分のやるべきことに集中する方がいいと思います。

 

まとめ

 

初心者a男

そうなんですね。

確かに、僕はライバルサイトを「諦める理由探し」で見ていたかもしれません。

 

  • やらない理由探しとライバルリサーチは表裏一体
  • ライバルリサーチでやる気減退するなら見ない方が良い
  • あくまで『上』を目指して作業し続けること

 

これらが大事なんですね。

 

 

 

apa

そうですね。

もちろん、ライバルリサーチは必要不可欠ですけど、やり過ぎることで、逆にモチベーションが低下するなら、やらないで、自分のやるべきことに集中するのも手だと思います。

 

 

 

初心者a男

わかりました!

もう一度、できることがないか、見つめ直してみます!

 

 

 

apa

はい!

応援しています!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

“【やらない理由をつくらない】ライバルリサーチの注意点” への2件のフィードバック

  1. れいこ より:

    本当にそう思います❣

    自分のやるべきことをやる事をフォーカスをするとうことが  ライバルサイトのリサーチも活かせるという意味だと 知りました。

    今日も良き学びさせて頂きました。
    ありがとうございました

    • apa より:

      そうですね!まずは自分のやるべきことにフォーカスをあてることがなによりも大事かもしれませんね!
      こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です