広告

広告

【十人十色じゃなくて一時が万事】一人の動きを参考に変化を取り入れる重要性

アフィリエイトサイトの動きは十人十色よりも一時が万事の要素は強いです。一人の動きがそのまま他の人の動きに繋がる可能性は高いです。きちんと考えて変化、対応していく必要があります。
広告

【読み飛ばしのプロ?】読む理由のあるアフィリエイトリンクと導線を考える

アフィリエイトサイトの記事を一生懸命書いたとしても、導線を考えたとしても、読むリユがないと読者は読み飛ばします。プロなので。そのへんをきちんと考えて記事を書く導線を考える必要があります。
広告

【広告センサー】ユーザーにとってタップは重い。選択肢をユーザーに与える重要性

今アフィリエイトサイトの動向は大きく変化しているように感じます。本当に広告が出ると、華麗に読み飛ばします。だからこそ、そうならないように自然な誘導を心がけることが大切なのかもしれません。
広告

【条件付け(フラッシュバック)の導線】自分ごとになるよう条件付けする

アフィリエイトサイトにおいてはただたんに広告を貼るだけでは今は商品は売れにくいです。きちんと関連性があって、他人事から自分ごとになるように広告を貼ることが、結局のところビジネスの基本と言えるのかもしれません。
広告

【頭で考えない】キーワードも広告文もツールや知恵袋でユーザーの声から模索する重要性

アフィリエイトをやっていると、どうしても。自分の頭の中で色々と考えて取り組んでしまいがちです。だけど、今のSEOや広告は頭の中で考えて模索してもいいことはありません。ツールや知恵袋でユーザーのリアルな声を反映させることが大切です。
広告

【読者置いてけぼり】文字数関係なく文章を書き削り読者の目を惹く重要性

アフィリエイトサイトにおいて、インパクトのある文章を心がけるのであれば、最初は文章の長さを制限せずに、読者に響く文章を考えることが大切です。そのうえで、文章を削って見栄えする文章を考えるのが最優先なのかもしれません。
広告

【なんだこれ!】キラカードのようなときめきで広告を目立たせる重要性

アフィリエイトリンクをクリックしてもらうためには、キラカードのようなときめきをユーザーに与えることが大切です。ユーザーに好奇心や刺激を与えることができなければ上位表示してもクリックしてもらえません。そのことについて書いています。
広告

【読者にメッセージが届かない】クリックゲームで広告を意識する重要性

どれだけPV数を増やすことができても、順位を高めることができても、広告に注力できていないと、コンバージョン数は増えません。コンバージョン数が増えないと、結果も思うように出てくれません。しっかりと結果を出せるように、クリックゲームの意識を持つことが大切です。
構成

【見た目の整合性を取る】第一印象を良くするようサイトの見た目にこだわる

アフィリエイトサイトにおいて、見た目に拘ることはとても大切です。見た目をおろそかにしていると、どうしてもサイトの商品の売れ行きが下がってしまう可能性があります。まずは第一印象がどのようになっているか?しっかりと意識することが大切です。
広告

【これだ!の誘発】一般キーワードにおける背中を押す広告の重要性

特に一般キーワードでサイトを作ってアフィリエイトしているのであれば「これだ!」と思える感情を誘発する必要があります。きちんとユーザーの背中を押す広告を作らないと、広告がクリックされることはありません。そのことについて書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました