apa

サイトタイトル

【メッセージ性】不自然な定石よりも自然で想いを伝えるサイトタイトルを

サイトタイトルについて悩む方も多いと思います。アフィリエイトを勉強すると、いろんなサイトタイトルの付け方があるからそれで悩む方もいるんじゃないかと。確かに定石はいろんなものがありますけど、不自然なサイトタイトルは読みにくいです。それよりも、自然でメッセージ性のあるサイトタイトルが大事です。
アルゴリズム

【アハ体験】感情が動くまで商品を学んだ上でサイト作成

商品の勉強とか理解って、どこまですればいいのか、わかりづらい面があります。だけど、しっかりと感情が動くまで、アハ体験ができるまで学んだ上で書く文章と。そうでない文章では差がでます。量産のために焦らないで、しっかりとそうして学んで文章を書くようにすると思いも寄らない熱のこもった文章が書けます。
タイピング

【カスリ撲滅】「手」じゃなくて「指」タイピングで精度向上

タイピングの問題って、パソコンを使う人であれば、多かれ少なかれあると思うんです。僕がずっと悩んできたのはカスリミスによるミスタイピング。このミスタイピング。「指」じゃなくて「手」を動かしてタイピングしていることが原因でした。カスリミスによるミスタイピングを撲滅する方法を書いていきます。
サイトの質

【強み】サイトの独自カラーで魅力を前面に打ち出して差別化

ここ最近のアルゴリズムの変動で心が落ち着かない日々を送っている方が多いと思います。もちろん、僕もそのうちの一人。でも、結局。大事なことは、ただ似たようなサイトを量産することじゃなくて。そのサイト独自のカラーをきちんと打ち出すことだと思います。それが何よりもの差別化につながると考えます。
未分類

【依存の脱却】マイナーチェンジして可能性を淘汰。不透明な正解に透明性を見出すアフィリエイト

アフィリエイトの可能性を探ろうとするとキリはありません。正解を持っているのはGoogleで、不透明な部分が多いから。でもだからといって。ひとつのやり方や中古ドメインに依存しすぎるのはすごく危険です。サイトをマイナーチェンジして、少しずつ正解の可能性を淘汰していくことが大切です。
タイピング

タイピングの基本のフォームを確認

私たちが普段、当たり前の様に行っているタイピング。このタイピング。つい疎かにしてしまいがちですけど、フォームが大切です。何事にもフォームの基準というのはありますけど、タイピングに関しても同じ。僕がここ最近学んだ、タイピングのフォームについて、少しシェアしていきたいと思います。
八王子メソッド

【本質と末梢】力を入れるべき部分とそうでない部分を自問自答

迷いって、人生を生きていると多かれ少なかれ生まれてくると思います。だけど、迷っている時間。特にそれが末梢的なことであったら、その迷いの時間は無駄になってしまいます。少しでも本質的なことに時間を割けるように。その迷いが必要なのか?自問自答することが大切です。
サイトの質

きちんとマジメに真摯に商品の魅力を伝えるアフィリエイトサイト作成に従事

アフィリエイトは、大前提として上位表示が必要です。だけど、つい上位表示ばかりに気をとられて。商品の魅力をユーザーに伝えるという役割を置き去りにしてしまいがち。だけど、本当に大切なことは。ユーザーに真摯に、マジメにきちんと魅力を伝えることなのかもしれません。
パソコン

【大正解】キーボードはR2TLA-JPV-IVが一番おすすめ!

いろんなキーボードでかなり四苦八苦しましたけど、最終的にREALFORCEのR2TLA-JPV-IVに落ち着きました。使い始めてまだ間もないんですけど、これ。かなりおすすめです。おすすめポイントが多いのでまとめるのも大変なんですけど。キーボードで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
構成

型破りなサイト作成で文字ではなくて情報を届ける

僕たちアフィリエイターはつい。サイト内にキーワードを敷き詰めることばかり考えてしまいます。もちろん、それも大事なことなんですけど。最も大事なことは情報。今までの型を捨ててでも。ユーザーにとって必要な情報を届ける努力をすることが、何よりも大切です。
タイトルとURLをコピーしました