嫌われる勇気

セルフコントロール

【岸見一郎先生の話】ツラい現実。可能性の中に生きるのをやめて今を着実に生きる

つい僕たちは理想の中に。可能性の中に生きようとしてしまいがち。「もっとこうだったらなぁ。」と。でも、あるのは今現在の現実だけ。僕たちは絶えず、現実を生きていかないとならないんですよね。そのことを「嫌われる勇気」の著者、きしみ一郎先生から学びました。
セルフコントロール

相手の行為に感情の選択権を委ねない

世の中、本当にいろいろありますよね。心が乱れてしまいそうなこと、考えすぎてしまうようなこと。たくさんあると思うのですが、その中で。感情の選択権を委ねないことは本当に大切だと思います。自分で自分をしっかりとお去られるようになることが、人生においてもアフィリエイトにおいても重要だと思います。
タイトルとURLをコピーしました