【メッセージ性】不自然な定石よりも自然で想いを伝えるサイトタイトルを

サイトタイトル

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

いつも応援していただき、ありがとうございます。

apa(あぱ)です(^^)

今日は『サイトタイトルの考え方』について書いていきます。

サイトタイトルがわからない

初心者a男

うーん、やっぱりサイトタイトルってむずかしいな・・・

 

apa

どうしたんですか?

a男さん。

なにか悩み事でもあるんですか?

 

初心者a男

あ、apaさん。

そうなんです。

 

改めて考えてみると、サイトタイトルってむずかしいな、と考えるようになりました。

 

apa

どういうことですか?

 

初心者a男

サイトタイトルの決め方って特に正解があるわけではないじゃないですか。

 

だから、最近、サイトタイトルについて悩んでいるんです。

 

初心者a男

特に、サイトタイトルでは、重要なキーワードは左詰で入れないとならないって言われているじゃないですか。

 

なんか、そう考えたらすごくむずかしいな、と考えるようになったんです。

 

apa

なるほど・・・

 

確かにその気持ち、よくわかるかもしれません。

 

サイトタイトルもそうですけど。

 

エイチタグも含めて。

 

SEOって決めないとならないことが多いから疲れますよね(笑)

 

僕もいまだに。

 

サイトタイトルの正解というのがよくわかっていません。

 

なんとなく、定石と言われることは頭の中ではわかっています。

 

さっきも書いたように重要な語句は左詰で書かないとならないとか。

 

一番最初に狙っているキーワードを入れるとか。

 

そういう、一般的に言われる定石みたいのはわかりますけど、正解はわからない。

 

どういうサイトタイトルが本当の正解なのかどうかは、正直どのアフィリエイターにもわからないんじゃないかと思います。

 

あなたはどうですか?

 

サイトタイトルを決めるとき。

 

どういう基準で決定していますか?

 

どんな基準を持っていますか?

 

サイトタイトルの決定基準は本当に人それぞれだと思います。

 

だけど、大事なのは。

 

「想い」

 

なんじゃないかと思い始めました。

 

って、そのことは、このブログでこれまでも何回か書いてきたような気もするのですが・・・

 

それでも顕著に。

 

最近はこのことを感じるようになりました。

 

左側に狙うキーワードを入れるとか。

狙っているキーワードや複合語を左詰にするとか。

「口コミ」という言葉を必ず入れた方がいいとか。

 

それよりも。

 

それももちろん大事なのは確かですけど。

 

そういうのよりももっと大事なことがあるんじゃないかとも思います。

 

今回の記事では、そんな悩ましいサイトタイトルについて再考を深めていきたいと思います。

 

サイトタイトルで重要なのは定石?

初心者a男

やっぱり、サイトタイトルは定石を守って、その通りに作っていった方がいいのでしょうか?

 

apa

うーん、もちろん、人によって正解は異なると思うんですけど・・・

 

定石が必ずしも、正解を導き出すとは限りません。

 

もちろん、一般的にSEOで大事と言われるサイトタイトルの付け方を参考にすることはとても大事なことですけど・・・

 

あまりそこにとらわれすぎるのも危険かもしれません。

 

初心者a男

??

 

apa

とにかく、大事なことは、サイトタイトルでしっかりと思いを伝えることだと思います。

 

【アハ体験】感情が動くまで商品を学んだ上でサイト作成
商品の勉強とか理解って、どこまですればいいのか、わかりづらい面があります。だけど、しっかりと感情が動くまで、アハ体験ができるまで学んだ上で書く文章と。そうでない文章では差がでます。量産のために焦らないで、しっかりとそうして学んで文章を書くようにすると思いも寄らない熱のこもった文章が書けます。

 

昨日の記事とも関連していることなんですけど。

 

大前提として、きちんと商品のことを理解していることが大切です。

 

商品知識が曖昧なのに。

 

商品のことについてきちんと理解できていないのに。

 

いいサイトタイトルがつけられるはずがありません。

 

まず、大前提として、サイトタイトルをつけるまえに。

きちんと商品のことを理解している必要はあると思います。

 

そしてその上で。

 

定石にとらわれないサイトタイトル

をつけることが本当に大事だと思います。

 

まぁ、この定石にとらわれないっていうのも、人によって捉え方が違う、曖昧な表現のような気もしているのですが・・・

 

あくまで、僕自身、最近すごく考えるようになったことがあります。

 

ムリヤリ口コミ、必要?

僕は最近まで。

 

サイトタイトルをつけるときに、無理にでも「口コミ」というキーワードを入れていました。

 

まぁ、商標なら無理もない話しだと思います。

 

というか、当たり前。

 

商標の複合語で一番検索されるキーワードは口コミなので、口コミというキーワードをサイトタイトル前半に入れるのはすごく当たり前のことであるように思えます。

 

だけど。

 

どうなんですかね。

 

それで不自然になるくらいなら、無理にサイトタイトルに口コミって入れなくてもいいんじゃないかと思いました。

もちろん、口コミで上位表示したいなら、サイトタイトルに「口コミ」というキーワードが会った方がいいのは確かだと思います。

 

Googleからしてもわかりやすいですよね。

 

それは確かです。

 

でも、今までの僕の場合は。

 

多少不自然でも、ムリヤリに口コミというキーワードをサイトタイトルの中に埋め込もうとしていました。

 

あとから読み返してみると、多少不自然でも、それが正解だと思おうとしていました。

 

でも、本当にそうなんでしょうか?

 

例えば、サイトタイトルに

 

「○○の評価!」

 

と書いてあったとしても。

 

サイトの本文の中にきちんと、「口コミ」のコンテンツが含まれていれば、Googleは、そのサイトを「口コミに関するサイト」とも評価してくれるのではないでしょうか?

 

つまり、

 

「商標+口コミ」

 

でも、上位表示できるのではないだろうか?

 

そんなことを、今更ながら考えるようになりました。

 

自然に想いを伝えるサイトタイトル優先

そう考えたら。

もし、その仮定が100歩譲って正しいとするのであれば。

 

サイトタイトルってやっぱり自然なのを意識するべきなんでしょうね。

 

もちろん、ただ思いのままにサイトタイトルを付ければ良いというわけではなくて。

 

SEO的にクリックされやすいサイトタイトルの付け方などの工夫は必要だと思います。

 

だけど、不自然な定石のタイトルの付け方をするくらいなら、自然で想いを伝える、メッセージ性のあるサイトタイトルの方がいいんじゃないかと思い始めました。

 

まぁ、そんなの。

 

冷静になってみたら当たり前のことだし、アフィリエイトをやっていない人からしたら、そんなの議題に挙げるほどの問題ではないかもしれません。

 

だけど、僕にはそんな当たり前のことがわかりませんでした。

 

SEOを意識して、Googleの評価を意識して。

不自然な定石タイトルをつけるくらいなら。

 

多少、SEO的にダメだと言われていても。

自然で、本文の内容に則していて。

読者に伝えるメッセージ性のあるサイトタイトルの方がいいんじゃないでしょうか。

 

最近、そんなことを考えるようになりました。

 

あなたはどうですか?

 

定石にとらわれて、不自然なサイトタイトルをつけてしまってはいませんか?

 

もしそうなら。

 

まだ、データがとれているわけではないので、偉そうなことは言えないんですけど・・・

 

あえて、自然なサイトタイトルを狙ってつけてみるのもいいかもしれません。

 

まぁ、正直、このブログのサイトタイトルはそんなに熟考せずにパッと決めているのであまり、なんの参考にもならないんですけど(笑)

 

でも、たまには。

 

そうして、SEOよりも伝えるメッセージ性を最優先して、サイトタイトルを決めてみるのもありかもしれません。

 

もし、今まで既存の常識にとらわれてサイトタイトルをつけてしまっていたのであれば。

 

たまにはそうした視点の切り替えも大事だと思います。

 

まとめ

初心者a男

そういうことだったんですね。

 

  • 不自然な定石サイトタイトルよりもメッセージ性。
  • サイト本文に則した想いを伝えるタイトルを考案する
  • Googleは中身のコンテンツを加味して正当に評価してくれるかもしれない

 

ということですね。

 

apa

もちろん、実際の正解は、Googleが持っているのでわからない部分ですが・・・

 

もしa男さんが今までのサイトタイトルの付け方で納得いっていないのであれば。

 

そうして改めてメッセージ性の観点でサイトタイトルをつけてみるのは大事なことかもしれません。

 

初心者a男

わかりました・・・

 

改めて。

 

サイト本文をしっかりと考えて、商品のことも理解して、その上で。

 

伝えたいメッセージをサイトタイトルに載せるようにして、考えてみるようにしてみます。

 

ありがとうございました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました