アフィライフメルマガ登録フォーム

【発掘】アフィリエイトのキーワードは自分の頭の中で考えない

キーワードを発見した女性

 

apa

こんばんは(^^)

apa(あぱ)です。

今日は、 『キーワードの発掘』について書いていきます。

あなたはアフィリエイトのサイトを作成するときに、どうやってキーワードを発掘していますか?

アフィリエイトの手法って言うのは人それぞれ、たくさんありますが、やはり共通して大事と言えるのはキーワードですね。

もっと言えばキーワード発掘スキルです。

あなたはこの、キーワードの発掘、どうやっていますか?

このキーワードの発掘、言葉で言うのは簡単ですが、実は意外と奥が深いものなんです。

今回はそんなキーワードの発掘方法について書いていきます。

 

キーワードが決まらない?

初心者a子
あー、どうしよう!!

 

apa
え?どうしたんですか?a子さん??

 

 

超初心者p子

はい、実はアフィリエイトのサイトをガンガンつくって経験値を積もうと考えているんですけど、キーワードをどうやって決めたら良いかわからなくて、なんかもう、頭の中がごちゃごちゃしてきました・・・

 

 

apa

あー、キーワードですね・・・。

確かに、狙う商品関連のキーワードをうまく詰め込むのってむずかしいものですよね・・・

 

 

初心者a子

そうなんですよ・・・

もっとうまくキーワードを発掘する方法とか、狙う商品の関連キーワードが載っている、「キーワード辞典」なんてあったらいいのに・・・

 

 

apa

はは(笑)

確かにそんなのあったらいいですね!

(つくってみようかな・・・)

でも、キーワード辞典はいまはないけど、狙う商品の関連キーワードを発掘する方法はいくつかあります。

 

初心者a子
え?そんなのあるんですか?

 

アフィリエイトの悩みの種の一つと言えるのが、キーワードの発掘。

 

狙う商品の関連キーワードを発掘するのって案外むずかしいものなんです。

 

あ、そもそも、アフィリエイトにおいては、狙う商品の関連キーワードを詰め込むのが重要であると言われています。

 

理由は単純。

 

「狙う商品と関係のないキーワードが含まれていたらGoogleの評価が下がってしまうから。」

 

です。

 

単純なことなんですけど、例えば「ダイエットサプリ」のアフィリエイトサイトをつくるとしたら、関連する動詞は「飲む」ですよね?

 

誰に聞いても、それは当然だと思うんですけど、でも、サイトの中になぜか「飲む」というキーワードがなくて、「食べる」という動詞がたくさん含まれていたらどうでしょうか?

 

もっと言うと、「ダイエットサプリ」のアフィリエイトサイト内に、90個の「食べる」という動詞と10個の「飲む」という動詞が含まれていたら、サイトの関連キーワードとしては、

 

「ダイエットサプリ 食べる」

 

というキーワードで上位表示してしまいます。

 

そんなのおかしいですよね?

 

本来だったらあり得ない話ですが、記事のリライトなどをしていると起こりうる現象なので注意が必要です。

 

いずれにしても。

 

「ダイエットサプリ」に関するサイトをつくるのであれば、必要になってくる動詞は「飲む」です。

 

そんな感じで。

 

狙う商品には必ず、「関連したキーワード」があります。

 

ダイエットサプリだけで考えても、

 

飲む、効果、口コミ、副作用、成分、難消化性デキストリン、セルロース、痩せる、太った、綺麗、陰口、嘘、価格、楽天、amazon・・・

 

などなど。

 

いっぱいありますよね?

 

アフィリエイターの仕事は極論を言えば、この「関連キーワードを発掘すること」と言えるのかもしれません。

 

話を戻して。

 

で、その関連キーワードの発掘がむずかしい・・・。

 

自分の中では、「これだ!」と思っていても、実際は全然上位表示されなかったりします。

 

あなたはどうですか?

 

関連キーワードを入れているはずなのに上位表示しない・・・

なんてことありませんか?

 

僕自身、アフィリエイトをはじめての頃はほんとうにこれで悩んでいました。

 

キーワードをしっかりと詰め込んでいるつもりなのに、全然上位表示しない。

 

僕なりのやり方で、キーワードを見つけ出して、それを網羅的に詰め込んでいるのに全然上がらない・・・。

 

努力と結果が反比例で、とても悔しい、歯がゆい思いをしていました。

 

キーワードを詰め込んでいるのに上位表示しない理由はいくつか考えられます。

 

  • 関連キーワードが間違っているか。
  • 文章が不自然か
  • キーワード数が足りないか

 

これまた、考え出すとキリがないくらいの問題が出てきます。

 

ただ、一つはっきり言えること。

 

それは・・・

 

キーワードは自分の頭の中だけで考えないこと

これがとても重要です。

 

頭の中で浮かんでくるキーワードはあなたが「好んで」入れているキーワードです。

 

Googleが「このキーワードは重要だろうな・・・。」と思っているキーワードとは別物です。

 

でも、自分の頭の中に浮かんでくるキーワードだけで文章を構成していると、いつの間にか、的外れなサイトになってしまいます。

 

あなたはどうですか?

 

キーワードを自分の頭の中だけで考えて構成していませんか?

 

関連キーワードを発掘する方法はネットで調べればいくらでも出てきますが、基盤となるのはそこです。

 

自分の頭の中だけで考えないこと。

 

シンプルな言い方をすると、「独りよがりなサイトをつくらないこと」です。

 

キーワードは発掘するもの

もし、あなたが今まで、自身のアフィリエイトサイト作成において、自分の頭の中だけでキーワードを考えてサイトを構成していたのであれば、まずは一度視点を変えてみて、「キーワードを発掘すること」に意識をおいてみてください。

 

キーワードの発掘方法

初心者a子

ふーん、そうなんですね。

まぁ、確かに。

頭の中だけでキーワードを考えているじゃ、キーワードを関連キーワードを詰め込むことはできないですね・・・

私はずっと頭の中に浮かんでくるキーワードでサイトを構成していました。

それじゃあ、上がらないわけですね・・・

 

apa

もちろん、頭の中でキーワードを構成して考えるのも大事です。

でも、それだけだと、網羅性というか、自分の頭の中にないキーワードを含むことがむずかしくなります。

Googleに評価されて、アフィリエイトサイトを上位表示するためには、やはり幅広いキーワードをサイト内に詰め込むことが大事になります。

 

 

初心者a子

うーん、確かに。

でも、そのキーワードの発掘ってどうやってやるんですか?

 

apa
いくつかありますけど、ここで代表的な3つの方法について書いていきますね。

 

キーワードの発掘方法①:キーワードプランナー

まぁ、これは知ってる人も多いと思いますが。

 

一応、説明しておくと、Googleが公式に提供してくれているキーワードの検索数調査ツールです。

 

使い方はいろいろあるのですが、メインの使い方としては、「自分が含めようとしているキーワードの検索数」を調べます。

 

このキーワードプランナー。

 

実は、超超重要です。

 

頭の中で「これだろ!」と思っているキーワードも、実は調べてみると違ったりします。

 

つまり・・・

 

世間と自分の認識のギャップがわかるツール

だと僕は思っています。

 

例えば、「あしつぼ」っていうキーワードをキーワードプランナーで調べてみたとします。

 

そう、あの「あしつぼ」です。

あしつぼ

 

この「あしつぼ」。

 

僕は、「足ツボ」だと思っていたんです。

 

だから、アフィリエイトサイトも「足ツボ」という関連キーワードを詰めてサイトを構成するつもりでした。

 

でも、Googleキーワードプランナーで調べてみると衝撃的事実がわかりました。

 

実際に手順を解説します。

 

まずはキーワードプラナーにログイン。

キーワード プランナーでのキーワード探しとキーワード戦略 – Google 広告

 

(アカウントを持っていないとまずはアカウント作成からになります)

 

きちんとログインできれば以下のような画面になります。

キーワードプランナー1

(あ、僕は旧バージョンで使っているため、少し現在はデザインが違うと思います)

 

「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックします。

 

次に、検索数を調べたいキーワードを入力します。

キーワードプランナー2

 

そのあと、「検索ボリュームを取得」をクリックします。

 

すると、検索数の指数が・・・

キーワードプランナー3

 

足つぼ・・・月間平均検索ボリューム 165,000

足ツボ・・・月間平均検索ボリューム 22,200

 

圧倒的に「足つぼ」での検索数が多いことがわかりました。

 

これでもし、僕が「足ツボ」というキーワードでサイトをつくっていたら、上位表示できなかったかもしれませんね。

 

この結果を見れば、すくなくとも「あしつぼ」というキーワードを詰め込むのであれば、「足つぼ」と入れた方がいいことがわかります。

 

もちろん、「足ツボ」も入れないとダメなのですが・・・

 

「自分の頭の中だけでキーワードを考えると危険」

 

という顕著な例です。

 

ちなみに、Googleのキーワードプランナーで正確な数値を知るためにはアドワーズで広告を出稿している必要があります。

 

※Googleのキーワードプランナーには諸説があります。完全なデータではないという意見もありますので、あくまで参考のひとつとして覚えておいてください。

 

キーワードの発掘方法②:キーワード取得ツール

キーワード取得ツールを使うのも手です。

 

例えば、代表的なのがこのツール。

 

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

あまりにも有名なので知っている方が多いかもしれませんね。

 

念のために簡単に使い方を記します。

 

まずはキーワードツールのサイトの入ります。

 

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

キーワードツール1

 

で、このキーワードツールのトップ画面で調べたいキーワードを入力して、「取得開始」をクリックします。

 

しばらくすると関連キーワードを一覧で出してくれます。

キーワードツール2

 

たくさんでてくるので、キーワードには困らないですね!

 

あとは全キーワードリストをコピーしてメモ帳に貼り付けて保存したり。

キーワードツール3

 

キーワードツール4

 

さっきの応用で、取得したキーワードリストをキーワードプランナーに入れて検索ボリュームを調べたりできます。

キーワードツール5

 

キーワードツール6

 

この「関連キーワード取得ツール」はあくまで一例で、Googleで「関連キーワード取得ツール」と調べればいくらでも情報は出てくるので、ぜひチェックしてみてください。

 

キーワードの発掘方法③:ライバルのキーワードを詰め込む

あとは、ライバルサイトのキーワードを盛り込むことが大事です。

 

僕はどちらかというと、これを一番メインで使っていると思います。

 

ただ、これについては説明するとすごく長くなってしまうので、気になる方は、メルマガにご登録ください(笑)

 

メールマガジン登録

より詳しいキーワードの発掘方法も解説!

 

あ、あとこちらの記事でも一度書いてますので、ご参考にどうぞ。

【見なくていい?】アフィリエイトのライバルサイトチェック方法

 

キーワードの発掘方法まとめ

初心者a子

なるほど・・・。

 

  • キーワードプランナーを使う
  • 関連キーワード取得ツールを使う
  • ライバルのキーワードをリサーチ

 

アフィリエイトサイトに入れるキーワードはこうして発掘することができるんですね!

 

apa
はじめは大変かもしれませんが、慣れてしまえばスラスラできるようになるので、ぜひトライしてみてください!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

もしよければ、こちらから応援をお願いします。

 

よりお役に立てる記事を書けるようがんばれます(^^)

 

コチラ↓↓をクリックしてapaを応援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です